楽天 モバイル sim 返却。 楽天モバイルはSIMカードの返却をして!返却方法や注意点を解説!

楽天モバイルはSIMカードの返却をして!返却方法や注意点を解説!

楽天 モバイル sim 返却

はじめに 格安SIMの中でも、聞き覚えのある会社名が付いていることから注目度の高い楽天モバイル。 運営元がなじみのある会社であることから、安心して利用できるイメージがあります。 そんな楽天モバイルのSIMには、魅力が盛りだくさん。 楽天モバイルSIMについて、詳しくご紹介します。 楽天モバイルのSIMは対応端末が多い 適切なSIMカードのサイズを選ぼう 楽天モバイルが動作確認を行った機種の詳細は公式ホームページで公開されていますが、楽天モバイルのSIMカードは、 Android端末でも iPhone端末でも利用可能です。 SIMフリーの端末か、手持ちの端末でSIMのロックを解除すると使えるようになります。 もしくは、 docomoで購入した端末なら、SIMカードのロックを解除せずに楽天モバイルで購入したSIMカードをそのまま挿し込んで利用可能です。 ただし注意が必要なのが、SIMカードのサイズ。 楽天モバイルのSIMカードには、 NanoSIMと MicroSIM、 標準SIMの3パターンのサイズが用意されており、使用する端末に適合したサイズを選ぶ必要があります。 特に端末とSIMカードを別々に用意する場合は注意が必要です。 機種変更時のSIMカードサイズ変更も可能 機種変更でSIMカードのサイズ変更が必要になる場合は、契約内容はそのままで カードのサイズのみを変更することが可能です。 料金は、 SIMカード1枚あたり3,000円。 SIMカードの破損や紛失による交換や再発行も同様です。 手続きはインターネット上か楽天モバイルの店舗で行えますが、 対応できる店舗が限られているので近隣にない場合はインターネットでの申し込みが必要となります。 変更の申し込みを完了した時点で新しいカードへと移行するため、手元に 新しいカードが届くまで不通期間ができる点には注意が必要です。 不通期間はWi-Fi経由での通信しか利用できなくなります。 SIMのサイズ変更対応可能な店舗では、即日発行も可能です。 楽天モバイルのSIMにかかる料金をご紹介 通話SIM これまでの携帯電話番号を引き継ぐことのできる、通話SIM。 低速通信のみ利用可能なベーシックプランは月々1,250円で、毎月最大30GBまで高速通信が利用できるプランは月々6,150円です。 この間で、高速通信を利用できるデータ量に応じて料金が変わります。 10GBプランでも2,960円と、 大手キャリアと比較すると格安です。 データSIM データ通信のみしか利用できないデータSIMは、ベーシックプランが525円、30GBプランが5,450円です。 10GBプランが2,260円なので、音声通話を利用しない人であれば更にお得に利用できます。 ただし電話番号が付与されないので、 データSIMではSMSが利用できません。 050データSIM 3つめのプランは、 IP電話番号が付与される050データSIM。 毎月の使用料はベーシックプランが645円、30GBプランが5,520円、10GBプランが2,380円です。 SMSが利用できるため、 LINEのSMS認証などアプリの設定時には役立ちます。 ただし、 緊急通報はできません。 楽天モバイルのSIMは簡単設定で利用できる 楽天モバイルのSIMを利用するときは、 APN設定という初期設定が必要です。 APNとはアクセスポイントネームのことで、サーバー接続の際に必要な情報なのでこれをしなければデータ通信が利用できません。 SIMカードが端末に正常に挿入されているのに通信ができない場合は、APNの設定不備を疑いましょう。 APNの設定時に必要な情報は、 楽天モバイル契約者向けのサイト、 メンバーズステーションの契約者情報ページで確認することができます。 あとは端末で、1度設定するだけです。 楽天モバイルのSIMは返却が必要な場合もある 楽天モバイルのSIMカードは、 解約時に返却が必要となります。 また、SIMカードのサイズ変更を行った際も、 旧SIMカードの返却が必要です。 返送先は申し込み種別により異なりますが、こちらもメンバーズステーションで確認することができます。 返送にかかる料金は契約者側の負担です。 また、通話SIMの解約は店舗やインターネット上では行えません。 電話受付のみとなります。 15日までに解約の手続きを行わなければ、翌月末日まで料金が発生するので注意が必要です。 楽天モバイル公式サイトのシミュレーションを使ってみよう 楽天モバイルは実店舗を構えていますので、近隣に店舗がある場合は店員さんに様々な相談ができるという大きなメリットがあります。 しかし近隣に店舗がなくどの契約プランが自分に適しているか迷ったとき、 楽天モバイルなら公式サイトでシミュレーションを行うことができます。 必要な情報は、1日あたりのLINEやメールの利用回数とインターネットの閲覧時間、動画の閲覧時間です。 シミュレーションを行う前に、どのぐらい利用しているのかチェックしておくとスムーズでしょう。 最適プランで無駄なコストはカットしよう 楽天モバイルは、データ通信量に応じて細かくプランが設定されており、契約者の使い方に応じて契約することができます。 そのため、使用している上で無駄なコストがかかっている感覚がないので、納得して利用することができるでしょう。

次の

[楽天モバイル解約]SIM返却は必要?MNP転出・日割りも解説!

楽天 モバイル sim 返却

最近、楽天モバイルとの契約を解約したので SIMカードを返却しなきゃいけない状況になったわけですが どのような方法が一番安く安心して返送できるか調べてみました。 1) 郵便書簡(ミニレター) 通称ミニレターと言われる便箋付封筒です。 25gまでの重さでカードサイズ程度の小さいものを送ることが出来ます。 郵便書簡(ミニレター)62円 便利な郵便商品 - 日本郵便 特定記録を付けると追跡番号がもらえるので発送したことを証明できます。 YahooIDの登録とヤフーウォレットによるクレジットカード決済のみ ヤフーと郵便局が共同でやっているサービスです。 164円と追跡番号が付いているサービスとしては最安です。 3)レターパックライト 360円 レターパック 信書も荷物も大丈夫! - 日本郵便 専用の厚紙封筒に入れて発送できます。 追跡番号が付いていて専用の封筒はコンビニや郵便局で扱っています。 SIMを返却しないとSIM代として3000円(税抜)が請求されるようなので 発送したという証明として追跡番号はあったほうが良いでしょう。 特に気にしないなら 追跡番号なしの最安値は郵便書簡 62円 気になるなら 追跡番号ありの最安値はクリックポスト 164円 絶対的な安全を優先するなら 簡易書留を付けた郵便書簡 372円 自分に合った方法を選んで返送すればよいでしょう。 追記 SIMカード自体は薄くて小さいのでテープで覆うように貼り付ければ ハガキでも発送することは出来ると思います。 解約時のSIM返送はテープでSIMをハガキに貼って送ればok。 返送はSIMカットなどの不正を防止させるだけで、受け取ったところでゴミだよね。 — rundy rundy はがきの表面に紙を貼り付けて送ることはできますか? - 日本郵便 まあ確実性を求めるなら郵便書簡からでしょうね。 bobcoffee.

次の

【楽天モバイル】解約後のSIM返却先 申込種別の調べ方(同封するもの)

楽天 モバイル sim 返却

「楽天IDでログイン」か「SIM電話番号でログイン」のどちらかを選択 『』にアクセスすると、上画像のような画面が表示されますので「楽天IDでログイン」か「SIM電話番号でログイン」のどちらかを選択します。 今回私は「楽天IDでログイン」を選択し、その後「電話番号の選択」という画面で今回解約する電話番号を選択しました。 ) 2. 「ご契約者様情報」を確認後、「楽天モバイル解約申請」をクリック 解約手続き完了後、再度メンバーズステーションにアクセスし『楽天モバイル解約申請』をクリックすると、「解約手続き中です。 」という表示を確認することができる 無事に解約手続きが完了したか不安な方は、再度メンバーズステーションにアクセスして頂き『楽天モバイル解約申請』をクリックすると、上画像のように「 解約手続き中です。 」という表示を確認することができます。 この他、楽天モバイル契約時に設定したメールアドレス宛に『 [楽天モバイル] 解約手続き完了のお知らせ』という件名のメールも届いていましたので、こちらでも解約手続きが完了したか確認することが可能です。 スマートフォン端末から抜き出したSIMカードを自分で用意した封筒に入れて指定の住所へ送る 返却方法は「楽天モバイル解約手続き画面」または「 [楽天モバイル] 解約手続き完了のお知らせメール」に記載されている 『<返却先>住所』宛に自分で用意した封筒にスマートフォン端末から抜き出したSIMカードを入れて送ります。 封筒に入れる物はSIMカードのみで大丈夫ですが、SIMカードが破損している場合『SIMカード損害金』が発生する場合があると書かれていましたので、不安な方は厚紙などにセロハンテープで貼り付けて送り返すのが良いでしょう。 私は契約時に付いていたSIMカードの台紙を持っていましたので、これにSIMカードを貼り付けて返送しました。 ちなみに、 SIMカードの返却期限は『解約月の翌々月まで』となっています。

次の