テンション が 上がら ない。 会社員の給料が上がらない理由と「~手当」の闇!給料アップの方法とは

テンションが上がらない、そんな時はあえて頑張らないという選択肢

テンション が 上がら ない

テンションが高い人とは? テンションが高い人に共通する特徴• テンションが下がる原因• テンションをあげる方法• どうしてもテンションが上がらない時は一度立ち止まって休みましょう• まとめ 1. テンションが高い人とは? 「テンションが高い人」というのは、自分で自分の気分・感情を盛り上げて、「今の状況・イベント・関係」を前のめりの姿勢で思いっきり楽しめる人です。 テンションが高い人は、ポジティブ思考で元気が良いオーラに満ちており、話し声も大きくておしゃべりも大好きなのです。 テンションが高い人は、自分が今感じている「喜び・楽しさ・感動・興奮」を隠すことがなく、思いっきり言葉と行動でその気持ちを外に向けて表現します。 何事に対しても興味関心を持って新鮮な気持ちで取り組むことができ、周囲の人たちを盛り上げて一緒に楽しもうとするサービス精神もあります。 せっかく何かするなら、思いっきり楽しまないともったいないとテンションが高い人は考えるのです。 3-2. 自分の盛り上がり・ノリに周囲が付いてきてくれないとテンションが下がる テンションの高さのかなりの部分は、「周囲にいる仲良しな人の盛り上がり ノリ 」に支えられています。 自分が面白いことを言って周りを笑わせているつもりでも、周囲にいる人がくすりとも笑わず、一緒に盛り上がってくれなければ、自分のテンションも急激に下がってしまうでしょう。 「ノリが悪い人」ばかりに囲まれていると、テンションが下がりやすくなるのです。 自分一人だけで浮かれて、ハイテンションで騒いでいると、何だか虚しくなってしまうことが多いからです。 自分の盛り上がりやノリの良さに、周りが合わせて乗ってくれると、自分のテンションも上がります。 3-4. おでかけ前に腹痛・頭痛など体調を崩すとテンションが下がる テンションの高さを維持するためには、「心身の健康状態」もとても大切になります。 「さてこれから出かけるぞ! 」というおでかけ前の時間に、突然の腹痛や頭痛に襲われたとしたら、誰でもその不調・痛みが気になってテンションが大きく落ち込んでしまいます。 前から楽しみにしていたデートやイベントの前に、風邪をひいて高熱が出たりすれば必然的にテンションは下がることになるでしょう。 「みんなと一緒に思いっきり楽しみたい・明日のおでかけがとても楽しみ」という前向きな気持ちだけはあるのに、「心身の健康状態の悪化」によって、前のめりの気持ちに身体 健康 が追いついていかなくなると、テンションはどうしても下がってしまうのです。 4-2. 好きな音楽を大音量で聞く、好きな映画・ドラマを見る テンションを上げるための効果的な方法として、「好きな音楽を大音量で聞く」や「好きな映画・ドラマを見る」という方法があります。 いつもよく聞いている好きなアーティストの楽曲を聞いているだけで、その歌を思わず口ずさみやすくなります。 好きな歌によって気持ちが前向きになって、テンションが上がってくるという人は多いでしょう。 何回も繰り返し見たくなるようなお気に入りの映画・ドラマがあれば、それを見てみるのもテンションをあげる有効な方法になります。 いつも気持ちが盛り上がってくる「楽しみなシーン・好きな場面 好きな台詞回し 」を見ているだけで、あなたのテンションは上昇してくるはずです。 そんな時には、無理やりにテンションを上げようとしても、その反動としての気分の落ち込みが激しくなってしまいます。 どうしてもテンションが上がらない時には、一度立ち止まって休むことも大切です。 心身のバイオリズムが回復して、トラウマティックな出来事の記憶が薄らいでくれば、「本来のあなたのハイテンション」が戻ってくるはずです。 心身が疲れきってテンションが落ちた時には、できるだけ早めに休養を取るようにしてください。 テンションが高い人とは? 「テンションが高い人」というのは、自分で自分の気分・感情を盛り上げて、「今の状況・イベント・関係」を前のめりの姿勢で思いっきり楽しめる人です。 テンションが高い人は、ポジティブ思考で元気が良いオーラに満ちており、話し声も大きくておしゃべりも大好きなのです。 テンションが高い人は、自分が今感じている「喜び・楽しさ・感動・興奮」を隠すことがなく、思いっきり言葉と行動でその気持ちを外に向けて表現します。 何事に対しても興味関心を持って新鮮な気持ちで取り組むことができ、周囲の人たちを盛り上げて一緒に楽しもうとするサービス精神もあります。 せっかく何かするなら、思いっきり楽しまないともったいないとテンションが高い人は考えるのです。

次の

モチベが上がらない時の対処法 働き女子が実践してるコト8選|ウートピ

テンション が 上がら ない

吐くまで飲んでもテンションあがりません・・・ この前吐くまで飲んだのみました。 楽しかったんですが別にいつものテンションとあまり変わらず 多少はテンションあがってたかもしれませんが 本当普通のテンションで笑ってました。 意識ももちろんあるし自我も普通に保ってましたし 吐くときも本当何回か吐いたんですが介抱なしで一人でどうにかなり 意識もちゃんとありました。 よく飲んでハイテンションになって「いぇーい」みたいになる人や記憶なくしたりする人いますよね? 飲んでそんなテンションが上がるなんて羨ましいのですが・・・ だからって私は酒は強くなく逆に弱いです。 最近はましになりましたが昔は飲むとすぐ頭いたくなったり これは今でもですがすぐ顔や体が真っ赤になります。 やっぱり体質なのでしょうか ;_; アルコールは、緊張や理性の抑制を緩くするもので、あくまでもその時の気分や感情そのまま、時には増幅するものだと思います。 悲しい時に酒を飲むと、余計悲しくなったりしませんか? だから、根っからアルコール自体が好き、飲み会の雰囲気が好き、飲み会での他愛ないバカ話が好き、という人は、すぐに陽気になりますよね。 飲む前から既に楽しい訳ですから(笑。 酒が弱くても、すぐにテンションが上がる人はいますよ(笑。 飲んだら急にテンションが上がる人は、そういう「ハイテンションな自分」を演じている面がかなりあると思います。 テンションを上げないことには気が済まないというか(笑、飲み会はこういうノリでやってこそ飲み会だ!と思い込んでいるというか(笑。 若いのに多いですね。 それはそれで、実際のところどうなんだろ?とは思います(笑。 本人は、本当に心の底から楽しんでいるのだろうか、と(笑。 雰囲気に合わなかったら、ただのうるさいバカ扱いですし(笑。 個人的には、居酒屋やバーで気心の知れた人達とゆっくり談笑しながら呑むか、家で好きな酒をニヤニヤしながら呑むのが好きな方なので、テンションは特に気にならないというか(笑、自分が楽しめていれば何の問題もありません。 体質です。 お酒は自分の適量を飲むのがいいのです。 ほろ酔いの量を覚えておいて いつも、その量以上は飲まないようにしましょう。 お酒の強い人は、自分がお酒を勧めて欲しいので やたらに人に勧めます。 勧められても、「私が注ぎます」と注いであげればいいのです。 「俺の酒が飲めないのか?」という人は 既に飲み過ぎの酔っ払いなので近寄らないようにしましょう。 「ちょっとトイレ」と言って席を外し、離れて座りましょう。 貴方が羨ましがっている人達は お酒に溺れている人達で 彼らは翌日、二日酔いで後悔しているのです。 ほろ酔いが一番いいのです。 テンションが上がるとか上がらないとかは お酒の量ではありません。 場の雰囲気とか、自分に嬉しい事があったりとか 色々な事でテンションが上がったり下がったりするのです。 テンションを気にして飲んだら、テンションは上がりません。

次の

吐くまで飲んでもテンションあがりません・・・

テンション が 上がら ない

<目次> ・ ・ ・ ・ 気分が上がらない原因とは 気分が沈んでしまうのはただの気まぐれではなく、明確な理由があります。 その原因となる状況や、気分が上がらなくなってしまう考え方をご紹介します。 原因を知れば、それだけでもスッキリするのではないでしょうか。 気分が上がらないのはなぜ? やらなければいけないことがいっぱいだから 「~しなければいけない」「~すべきだ」といったことがたくさんある場合、責任感が強い人ほど、仕事の負荷を重く感じるでしょう。 それらを全部こなさなければならないことに、ウンザリしてしまいます。 また、「本当はやりたくないことなのに、誰かにやらされている」と思うと、なおさらその仕事に抵抗を感じるもの。 「もうこれ以上はがんばれない」と心が悲鳴を上げているので、モチベーションも気分もなかなか上がらないのです。 ところが、このがんばりの結果で得られるのは「ダメな自分がバレなくてよかった」というその場だけの安堵感で、「私はよくがんばった」「何かを成しとげられた」となどといった達成感ではありません。 自分がダメだと思っていると、どんなにがんばってもよい気分にはなれないので、意欲がわきにくく、気分が上がらなくなります。 完璧主義だから 完璧に仕事をしなければと思っていると「あれも完璧に、これも完璧に」とどんどんプレッシャーがかかります。 ある程度のところまでは気力を保ってがんばれますが、「完璧にするのはもう無理」と思ったところで緊張の糸が切れてしまい、その仕事への情熱も失われてしまいます。 完璧主義者の深層心理には「完璧にできないものはやりたくない」という気持ちがあるので、結果的に気分が上がらなくなってしまうでしょう。 「感じ方のクセ」・考え方のクセ」が気分にかかわる!? 気分というのは、「起きたできごとから何を感じるか」という「感じ方のクセ」と、「起きたできごとをどう理解するか」という「考え方のクセ」が関係しています。 たとえば、同じ部屋にいる上司が咳払いをしたら、どう感じるでしょうか。 「私何かミスしたかな?」と不安に思う人もいれば、「うるさいなぁ」とイラッとする人もいるでしょう。 「風邪でも引いたのかな?」と心配する人もいるかもしれません。 不安に思う人は、ほかの人との関係でも「迷惑をかけていないだろうか」と気にしやすいでしょう。 イラッとする人は、ほかのことにもイライラしやすいのではないでしょうか。 上司を心配する人は、どちらかというと人を思いやる気持ちが強いのかもしれません。 同じできごとでも、その人がそのできごとをどう理解するのか、そのことから何を感じるのかは人それぞれ。 つまり、感じ方・考え方次第でものごとのとらえ方は異なります。 気分は感じ方や考え方から影響を受けるので、このように「感じ方のクセ」・「考え方のクセ」が関係してくるのです。 気分が上がらない場合は、自分が苦しくなる考え方や自分が否定される気持ちで、いろいろなものごとを受けとめている可能性が高いでしょう。 このような「考え方のクセ」・「感じ方のクセ」がついていると、自然と毎日気分が上がらない状態になってしまいます。 上司や取引先から仕事を依頼されたとき、さまざまな事情で引き受けるのが難しいこともあるのではないでしょうか。 自分でやれるか不安、ほかの仕事が忙しいといったこともあるかもしれませんね。 そこで今回は仕事を引き受けられないと思ったときのうまい断り方を紹介していきます。 この機会に自分もまわりも大切にできる断り方をマスターしていきましょう。 断ってもいいか、断ってはいけないか判断するには、自分で相手に納得してもらえる自信があるかをひとつの基準にするといいでしょう。 あとは、ひとりで抱え込まずに、同僚に相談して決めるのもいい方法ですね。 仕事を断れないのはなぜでしょうか? ここでは断れない人の特徴を5つ紹介したいと思います。 助けを求める、相談するといったことが苦手で、ひとりで仕事を抱え込んでしまうというケースですね。 その気持ちが強すぎると仕事をなかなか断れなくなってしまいます。 上下関係を重んじていて、断ってはいけないと思っているケースもありますね。 なかには自分が傷つくのを恐れて、自分のことを振り返りたくないと考えている人もいます。 断り方をイメージできていないと、仕事を引き受けることしかできなくなってしまいます。 たとえば次のようなことがあげられます。 残業時間が増え、プライベートの時間が減ることにもつながりますし、ほかの仕事にも影響が出てしまいます。 相手が上司の場合と取引先の場合に分けて紹介していきますね。 順番に確認していきましょう。 期待していない人に難しい仕事を振ることをはないはず。 仕事内容に興味があるということ、本当はやりたいと思っているということを合わせて伝えるのもいいでしょう。 結論を早く言ってほしい思っている上司も多くいるからです。 ただし、あまりにもすぐに断ってしまうと上司への印象が悪くなるので注意しましょう。 まったく協力できないという断り方ではなくて、「今すぐは難しい」や「一部ならできる」といったように譲歩の姿勢を示すことも大切なポイント。 上司への敬意を忘れないようにしましょう。 「自分が担当することで迷惑がかかる」「ほかの仕事に影響が出てしまう」「クオリティが下がってしまう」「スケジューリングが厳しい」など思っていることを正直に伝えるといいでしょう。 代わりにやれそうな人を推薦するという方法もありますが、その際は事前に推薦する人にも相談しておいたほうがいいですね。 断るといってもこのようなプロセスが必要です。 「次はやってくれそうだな」という期待感を上司に思ってもらえるように、きっちりと説明しましょう。 順番に確認していきましょう。 「私の力不足で、ご提案を社内で通すことができなかった」 「繁忙期のためラインが手一杯になっている」「品質面で問題が生じてしまうかもしれない」などと現状をきっちりと伝え、社内で検討したということがわかるように説明するといいでしょう。 期日が厳しいのであれば「来月までであればお届けできる」といったように伝えることもできますね。 取引先の本当の目的を理解して、代わりの案を提示すれば満足してもらえる可能性もあります。 無理して仕事を抱え込んでしまうとまわりにも迷惑をかけ、自分の評価を下げてしまうことにもつながります。 自分もまわりも大切にできるような断り方を身につけて、円滑に仕事を進めていきましょう。

次の