たぬき 英語。 「たぬき」の英語|発音や日本語にある3つのフレーズを英訳

たぬきって英語でなんて言うの?

たぬき 英語

たぬきは「隠す」本音を隠していて、 きつねは「化ける」化けてだましている。 そんな感じにとっています。 たぬきはしらこいひと。 きつねはだますとかといういみでつかうことがあります。 ひとまえで本来の自分の姿を出さない人のことをこういいます。 違いといえば狸はそこそこ愛嬌もありますが、狐はもうちょっと陰険なかんじでしょうか。 簡単に言えば、「たぬき」は「表面はとぼけているが、実は裏で策略をめぐらしている悪賢い人のこと」。 「きつね」は「人をだましたり、たぶらかしたりする悪賢い人のこと」。 鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギスと言われるように忍耐強く一筋縄ではいかない老獪な人物というイメージ。 きつねは信用ならない小ずるい人物って感じかな。 ドラえもんに出てくるきつね顔の男の子が浮かびましたね。

次の

タヌキ

たぬき 英語

たぬきは「隠す」本音を隠していて、 きつねは「化ける」化けてだましている。 そんな感じにとっています。 たぬきはしらこいひと。 きつねはだますとかといういみでつかうことがあります。 ひとまえで本来の自分の姿を出さない人のことをこういいます。 違いといえば狸はそこそこ愛嬌もありますが、狐はもうちょっと陰険なかんじでしょうか。 簡単に言えば、「たぬき」は「表面はとぼけているが、実は裏で策略をめぐらしている悪賢い人のこと」。 「きつね」は「人をだましたり、たぶらかしたりする悪賢い人のこと」。 鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギスと言われるように忍耐強く一筋縄ではいかない老獪な人物というイメージ。 きつねは信用ならない小ずるい人物って感じかな。 ドラえもんに出てくるきつね顔の男の子が浮かびましたね。

次の

「狸(たぬき)」は英語で?「たぬき寝入り」「たぬき親父」もまとめて紹介

たぬき 英語

リスやたぬきなどの動物は私たちに身近なものですが、英語にすると難しいものも多い……。 動物にまつわる英語: リス 日本では普段リスを見かけることはありませんが、アメリカでは公園や大学キャンパス内など、日常生活の中でリスを見かけることが多くあります。 実は最近では増えすぎて、屋根裏に住みついたりなどの問題も起こっているそうです。 しかし、実は海外と日本ではメジャーなリスの種類が異なります。 海外ではこちらのリスが一般的です。 「リス」と聞くとこちらを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。 あまり馴染みのないこの単語ですが、海外では squirrelが一般的なので、まずはこっちを覚えましょう! 「リス」の発音 スペルだけ見ると難しそうで、どうやって発音すればいいのかわかりませんよね。 この「squirrel」という単語、「L」と「R」に注意しなければならず、実は発音が非常に難しいです。 カタカナで書くと「 スクワーォル」という発音になります。 リスが木の実を隠しておく習性が語源になっています。 」 動物にまつわる英語: たぬき たぬきは日本の昔話に登場したり、ことわざがあったり、私たち日本人にとって非常になじみ深い動物ですよね。 ですがたぬきの話って、海外では聞いたことがないような気がしませんか? あれ、そもそもたぬきって英語でなんていうんだろう…と思ったあなたのために、たぬきにまつわる英語をご紹介します。 「たぬき」は英語で? このたぬきですが、英語では 「 raccoon dog (ラクーンドッグ)」と言われています。 raccoonとはアライグマを意味しており、 アライグマに似ているイヌ科の動物、ということでこのように表現されています。 なのにどうしてアライグマの偽物みたいな名前なの?と思った方もいるかもしれません。 実はたぬきはもともとアメリカやヨーロッパには生息しておらず、日本とその周辺でのみ生息する生き物です。 現在では少しずつ海外にも渡っているようですが、今でもたぬきを知らない欧米の方もいるのではないでしょうか。 一方アライグマは北米に生息していた動物なので、海外ではアライグマの方がメジャーなんです。 「たぬき」にまつわる慣用句を英語で! 日本では「たぬき」を使った慣用句やことわざが沢山あります。 ですが「たぬき」自体が珍しい海外の人が、それを英訳したらどうなるのでしょうか。 Never spend your money before you have it. 非常にシンプルでわかりやすいですね。 こちらも同じ意味の慣用句として使われています。 英語にすると狸がひよこになるんですね! 海外の人にとって、ひよこがなじみのある動物なのかもしれません。 たしかにキツネは人に化けてだましたり、ずる賢いイメージがありますよね。 フラミンゴ Flamingo アヒル duck(ダック) インコ parakeet(パラキート) カラス crow(クロウ) スズメ sparrow(スパロウ) ツバメ swallow(スワロー) ツル crane(クレイン) ハト pigeon (ピジュン) フクロウ owl(アウル) ワシ eagle(イーグル) 有名なものばかりなので、聞いたことがある単語も多かったのではないでしょうか? 海外の動物の英語慣用句 また、海外にも動物を使った慣用句やことわざがたくさんあります。 なるほど!と思うものばかりなので、ぜひ使ってみてくださいね。 」 本当に強くて怖い犬はめったに吠えません。 ですが逆に、弱い犬は自分の弱さを見せないためにうるさく吠えます。 人間も同じく、怒鳴ったりやたらに自慢する人間は、怖かったりうるさかったりするけれど、実は実力が無くて何もできないような人だということのたとえです。 自分の地位を見せびらかすことで、周囲の人から無理やり尊敬を得ようとする態度を表すのに使われます。 ちなみにget onをget offにすると「威張るのをやめる、友好的になる」という意味になりますよ。 まとめ いかがでしたか? 今回はリスとたぬきを中心に、様々な動物の英語表現をご紹介しました。 ひとつの単語にも様々な意味が込められていて、知れば知るほど面白さが増しますよね。 なるほど!と思ったものは、ぜひ今後使ってみてください。

次の