きゅうり漬物長期保存。 きゅうりを長期保存させる簡単な漬物レシピ

きゅうりの長持ち保存方法と保存期間!【冷凍・冷蔵・常温】全て解説

きゅうり漬物長期保存

大量消費したいきゅうりはぬか漬けや酢の物、サラダなど前菜としてよく食べていますが「 世界一栄養が無い野菜」でギネスに認定されています。 もちろん 大量消費したいきゅうりにもビタミンCや食物繊維、カリウムなどが含まれていますが、他の野菜と比べて不含有量が少ないのです。 全体の95%が水分でできているきゅうりはみずみずしく、味噌やマヨネーズを付けてそのまま食べても美味しい野菜です。 実際ギネスには「Least Calorific fruit」最もカロリーが低い果実という意味があり、誤って栄養が少ないと広まったようです。 100gあたり14kcalとカロリーは低いですが消して栄養な無いわけではありません。 食物繊維はキャベツとほぼ同等で、カリウムはなすの1. 4倍、ビタミンCはトマトノ1. 26倍も多く含まれています。 それ以外にきゅうりの皮や種子にはミネラルが豊富で貧血やむくみなどにも効果があります。 また代謝や消化を助ける役割や、夏バテなどで食欲が落ちる場合も「ククルビタシン」とよばれる栄養に食欲増進の効果があります。 大量消費できるきゅうりの美味しい選び方は、緑色が濃くイボが尖っているもの新鮮です。 曲がっていても味に影響はありませんが太さは一定のものが良いです。 水や熱に弱い野菜なので保存する場合はキッチンペーパーなどで包み野菜室に入れてください。 また野菜は自然に育っている状態で保存すると長持ちします。 下ごしらえのポイントも抑えれば、きゅうりをより美味しく食べることもでき大量消費できます。 きゅうりの両端には「ククルビタシン」という苦みの物質があるため、両端を1cmほど切り落としてください。 大量消費したいきゅうりの青臭さが苦手な人も多いと思います。 そこで「板ずり」をすることで臭みを取ることができます。 塩をふったまな板にコロコロ転がしながらイボを取り、塩が緑色に変色したら水で洗い流すことで、きゅうりが苦手な人にも食べやすく大量消費できます。 下処理をきりんとするとより美味しく作ることができ量消費できます。 ささみ 4本• きゅうり 2本• 塩 A 少々• こしょう A 少々• 酒 A 大さじ1• ごま油 B 大さじ3• 塩 B 小さじ1• きゅうりは千切り、白ねぎはみじん切りにします。 耐熱ボウルにささみを入れて、 A の材料塩、こしょうをかけてラップをしたら、電子レンジ600Wで3分加熱します。 ぼうるに B の材料白ねぎのみじん切り、ごま油、すりおろしにんにく、塩を混ぜささみを手で裂きながら入れます。 最後にきゅうりを入れ全体を和えたら盛りつければきゅうりの大量消費人気レシピが完成です。 きゅうり 1~2本• たまご 2個• 白だし 小さじ1• マヨネーズ 小さじ1• しょうが チューブのもの 少々• 中華だしの素 小さじ1• ごま油 適量• きゅうりは縦半分にして7mm~1cmくらいで斜めに切ります。 きゅうりの中心部分の種をスプーンなどで取り除く• 砂糖、塩ひとつまみを振って1時間ほど置くと余分な水分を取り、軽く洗い流します。 たまごに白だし、マヨネーズを加えます。 きゅうりにしょうが、中華だしの素を加えて• フライパンを熱しごま油をお入れしっかり予熱します。 よく熱したフライパンにたまごを流し入れ、ふんわり固めていきます。 8割ほど火が通ったら、取り出します。 同じフライパンできゅうりを炒めます。 きゅうりが半透明になったらたまごを戻し入れたら、きゅうりの大量消費人気レシピの完成です。 牛肩ロース薄切り肉 150g• きゅうり 2本• ごま油 大さじ• 塩 A 少々• こしょう A 少々• 酒 A 小さじ1• すりおろしにんにく A 小さじ1• 片栗粉 A 大さじ1• しょうゆ A 大さじ1• みりん A 小さじ1• オイスターソース A 大さじ1• 糸唐辛子 適量• 牛肩ロース薄切り肉は2cm幅に切り、ボウルに入れて A の材料塩、こしょう、酒、すりおろしにんにく、片栗粉、豆板醤、しょうゆ、みりん、オイスターソースを混ぜておきます。 きゅうりはめん棒で叩き、3cmくらいの大きさにします。 フライパンにごま油を熱し、ボウルに合わせた材料と牛肩薄切り肉を入れて、ほぼ火が通るまで炒めます。 さらにきゅうりを加えて炒めます。 器に盛りつけ糸唐辛子をのせれば、きゅうりの大量消費人気レシピの完成です。 合いびきミンチ A 200~300g• 玉ねぎ みじん切り A 1個• トマト みじん切り A 1個• ケチャップ A 大さじ3• ウスターソース A 大さじ2• しょうゆ A 大さじ1• 砂糖 A 小さじ1• カレー粉 A 小さじ1• コンソメキューブ A 1個• 薄力粉 A 大さじ1個• 角切りきゅうり A 1本• ケチャップ A 大さじ3• タバスコまたはチリソース A 適量• レタス B 適量• アボガド B 適量• ピザ用チーズ B 適量• 温玉 B 1個• チップス B 適量• タコイート A の材料合いびきミンチ、玉ねぎ、トマト、ケチャップ、ウスターソース、しょうゆ、砂糖、カレー粉、コンソメキューブ、薄力粉を耐熱ボウルに入れて混ぜます。 ふんわりラップをかけ600Wの電子レンジに5分温めます。 取り出して混ぜ合わせたらさらにラップをかけて5分温めします。 取り出して5分放置し粗熱を取ります。 別のボウルにフレッシュトマトチリソースの材料 B 、角切りトマト、角切りきゅうり、ケチャップタバスコかチリソースを全部入れて混ぜます。 お皿にご飯を盛り、全切りにしたレタスをのせてタコミート、フレッシュトマトチリソース、ピザ用チーズ、温玉、のぜれば、きゅうりの大量消費人気レシピがが完成です。 ごはん 300g• 青じそ 6枚• ほうれん草 4本• たくあん 50g• 焼きのり 2枚• 牛切り落とし肉 60g• 白いりごま 少々• 塩 適量• 酒 小さじ1• ごま油 適量• 白いりごま• 小さじ2• しょうゆ B 小さじ2• 砂糖 B 小さじ2• 酒 B 小さじ2• にんじん、たくあんは細切りにします。 ほうれん草は塩を入れた熱湯でサッと茹で、水にさらして水けを絞ります。 B のにんにくとしょうがはすりおろし、しょうゆ、砂糖、酒を混ぜます。 ボウルにごはんを入れてごま油と塩を加えて混ぜます。 別のボウルにほうれん草を入れて A のしょうゆとごま油を入れて混ぜます。 フライパンにごま油を入れて熱し、にんじんを弱火を炒めます。 しんなりしてきたら塩をふり、バットに取り出します。 フライパンにごま油を入れて牛切りおとし肉を入れて炒め、色が変わったら[B]白いりごま、おろしにんにく、おろししょうが、しょうゆ、砂糖、酒を入れて全体を絡め、水分がなくなるまで炒めます。 ごはんほ中央に青じそ3枚を並べ、にんじん、たくあん、牛肉、ほうれん草をのせます。 まきすごと手前からひと巻きし巻酢の上から軽く押さえて形をととのえ、いったんまきすを外し最後まで巻いていきます。 んおり巻きの終わりを下にして、まきすの上からしっかり巻き、5分ほど放置すれば、きゅうりの大量消費人気レシピの完成です。 とりむね肉 1枚 250g• きゅうり 1本• みょうが 2個• 白いりごま 適量• 酢 大さじ1• しょうゆ 大さじ1• 砂糖 小さじ1• 片栗粉 適量• ごま油• とり肉は余分な脂を取り除き、縦半分に切り、5mmの幅にそぎ切りにし片栗粉を薄くまぶします。 鍋に湯を沸かし、中火で約2分茹でてざるにあけ、粗熱が取れるまで5分置きます。 きゅうりは斜めに薄切りにしてから、千切りにします。 みょうがは千切りにし、水にサッとさらしペーパータオルで水気を拭きます。 ボウルにとり肉ときゅうり、みょうがを合わせごま油大さじ1をいれて混ぜます。 合わせt調味料、酢、しょうゆ、砂糖を混ぜ合わせ器に盛りつっければ、きゅうりの大量消費レシピが完成です。 乾燥春雨 40g• 薄切りハム 4枚• きゅうり 1本• 牛乳 大さじ1• 酢 大さじ4• 砂糖 大さじ2• チューブのしょうが 5cm• いりごま 適量• 鍋にたっぷりの水と牛乳を入れて火にかけます。 沸騰したら乾燥春雨を入れて茹で、茹でたらざるにあげて水気を切ります。 にんじんは千切り、ハムも細切りにします。 耐熱ぼうるににんじんを入れてふんわりラップをかけ、500Wの電子レンジで1~2分加熱し、水気を切ります。 ボウルに酢、砂糖、しょうゆ、ごま油、チューブのしょうが、いりごまを入れて混ぜ合わせすべての食材を合わせ混ぜれば、きゅうりの大量消費人気レシピの完成です。

次の

キュウリの長期保存の仕方〖塩ツケ等〗を教えて下さい。一日に1...

きゅうり漬物長期保存

冷蔵庫で保存していたきゅうり、気がつくとブヨブヨ……になっていませんか? きゅうりは鮮度のいいうちに「丸ごと冷凍」すれば、約3週間も保存できるのです。 今回はそんな冷凍方法とともに、冷凍したきゅうりを美味しく食べるアイデアを紹介します。 【きゅうりの冷凍方法】丸ごと冷凍する 塩もみなどの下処理は不要。 そのまま冷凍するだけなのでラクちんです。 1 水でよく洗ってペーパータオルでふく ペーパータオルでしっかり水けをふき取る。 2 1本ずつラップで包む ラップできゅうり全体を覆い、ぴったりと包む。 3 冷凍用保存袋に入れ、冷凍庫で保存する ラップに包んだきゅうりを冷凍用保存袋に入れて口を閉じ、冷凍庫で保存する。 冷凍庫で2~3週間程度保存可能。 【きゅうりの解凍方法】半解凍にして食べやすく切る 1 流水で解凍する ラップで包んだまま、3分程度流水に当てて解凍する。 芯にかたさが残る半解凍状態になったら、ラップを外して手でぎゅっと水けを絞る。 解凍しすぎると食感が悪くなるので、半解凍状態での調理がおすすめ。 2 食べやすく切り、水けをさらに絞る 食べやすい大きさに切り、水けをさらによく絞る。 芯が凍っているため、ぐにゃぐにゃにならず切りやすい。 カット後は好みの料理に使いましょう。 薄切りは塩もみしたような状態に。 ぶつ切りやスティック切りは、みずみずしいシャクシャクとした食感が楽しめます。 材料(1人分)• 冷凍きゅうり…1本 A• はちみつ…大さじ1• 穀物酢…大さじ2• 塩、こしょう…各少々 作り方 ボウルにAを混ぜ合わせてぶつ切りにしたきゅうりを入れ、5分ほど漬ける。 きゅうりから水分が出るため、食べる直前に調理しましょう。 材料(1人分)• 冷凍きゅうり…1本• まぐろ(刺身)…80g A• ごま油…大さじ1• 砂糖…小さじ1• おろしにんにく…少々• 白いりごま…少々 作り方 まぐろは1. 5cmの角切りにする。 ボウルにAを合わせ、薄切りにしたきゅうりとまぐろを入れてさっくりと混ぜ合わせる。 器に盛り付けて白いりごまをふる。 粒マスタードが味を引き締めます。 材料(1人分)• 冷凍きゅうり…1本 A• プレーンヨーグルト、マヨネーズ…各大さじ1• 粒マスタード…小さじ1• 塩…少々 作り方 ボウルにAを合わせ、スティック切りしたきゅうりを入れて和える。

次の

【みんなが作ってる】 キュウリ つけもの 保存のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

きゅうり漬物長期保存

ボウルに入れて分量の塩をまぶしてよくもみ込みます。 アクを出すために一度ぎゅっときつくしぼっておきます。 漬けもの専用容器などにしぼった野菜と赤しそを入れ、そこにみりんと酢を合わせます。 箸で全体を混ぜ合わせてから、軽く重しをして、冷蔵庫に保存します。 煮切る場合はを参考に! 野菜がしっかり浸かる状態になれば重しを軽くし、 色や風味むらをなくすために、1〜2度途中で全体を混ぜるとよいです。 2日後くらいには全体に色もなじんで、美味しくなっています。 保存期間の目安は冷蔵庫で10日〜2週間ほどです。 できあがった柴漬けは汁気を軽くしぼってから食べるとよいです。 また特にごはんと食べるときは、 細かく刻んでから醤油をかけて食べると、とても美味しいごはんのお供になります!• このやり方は、下漬けまでは同じなのですが、下漬けした野菜をしぼって、赤梅酢と青しそを合わせて本漬けを行います。 まず、下漬けした野菜をしぼってから漬けもの専用器具などに入れます。 そこに、分量の青しそ、赤梅酢、みりんを順に混ぜ合わせ、軽く重しをします。 そのまま冷蔵庫で保存し、赤しそで漬けたものと同じく、2〜3日後から2週間ほどは冷蔵で美味しくいただけます。 赤しそで漬けたものよりも色がなじみにくいので、漬ける途中何度か全体を混ぜてあげるとよいです。

次の