ロマサガrs ラウンド開始時。 【ロマサガRS】SSメイレンの評価とスキル おすすめの継承と覚醒

RSウイルス感染症とは?|知っておきたい!家庭の感染と予防|サラヤ株式会社 家庭用製品情報

ロマサガrs ラウンド開始時

6 23. 8 44. 4 57. 2 62. 4 58. 8 29 44. 4 LV50 34 37 60 76 82 76 43 60 スタイルボーナス Lv. 1 アビリティ解放1 Lv. 30 アビリティ解放3 Lv. 10 アビリティ解放2 Lv. さらに2覚醒させればBP6で威力Aの「セイバーレイ」をループで使えること、3覚醒させれば初手から威力SSの「日輪弾」を使えることなど、単体陽属性アタッカーとしてみれば悪くない性能と言える。 もちろんSSブルー2と比べるとアビリティ・補正値・SSカドゥケウス装備の有無といった観点から勝てないのは仕方ない。 ただブルーを持っていない人にとっては、陽属性弱点の単体イベントボスで代わりに採用しても良いレベルには活躍できるだろう。 静寂の化身持ちのヒーラー メイレンは敵からのヘイトを消すことができる サブ ヒーラーとしても活躍できる見込みがある。 全体攻撃が飛んでくれば意味ないとはいえ、単体の強攻撃を受ける確率をめちゃくちゃ減らせることを考えれば、やられてLPを消費してしまうパターンやオートプレイで自身を無駄に回復してしまうパターンを減らせるメリットがあるだろう。 また 「静寂の化身」持ちを複数体採用することで特定キャラに攻撃を集中させながら戦う方法も可能に。 これはメイレンが回復手段を持っているというのがやはり大きな要因になっている。 メイン周回でそこそこ使える 流石に全体攻撃連打のキャラには負けるが、Aメイレンから「太陽風」を継承させるとラウンド1とラウンド3で全体攻撃を使うことができる。 素早さ補正値も悪くないのがポイント。 🔷SSメイレンの 短所 トップにはなれない性能 全体攻撃型も単体攻撃型もヒーラーとしてもある程度の使い方ができる。 しかしどれも上位のキャラ・スタイルがいるため何をやっても器用貧乏で決して1番手には決してなれないのがこのメイレンの最大の短所と言える。 単体特化型はそれなりに強いが、やっぱりSS武器のカドゥケウスを装備した新ブルーという高い壁があるので知力枠を奪うのは厳しい印象。 そして腕力枠に限定最終皇帝 女 を入れればサブヒーラーとしての立ち位置も奪われてしまう。 もちろん周回でもまずは引率としてライトボーラーが最優先で使われるし、「太陽風」の利点である熱属性弱点の相手にもいけるという特徴もバルテルミーやミリアムがいれば基本OKなのでどうしてもトップには1歩2歩劣っている印象がある。 回復量は低め 気絶している味方を復活させても回復量がそこまで高くないので、ヒーラーとして扱うなら装備や聖石で愛を上げたり回復量アップを付けたりする必要がある。 サブヒーラーとしてならそこまでこだわる必要もないけど、それでもやっぱり回復量が少ないと何度も回復するハメになるパターンもあるし、その結果攻撃回数とか与えるダメージ量が少なくなる弱点があるかなと。 メイレンの全スタイル一覧 スタイル スキル•

次の

スタイル考察 SS配布キドラントの町長

ロマサガrs ラウンド開始時

メインで使うことはないスタイルだと思います。 マグマプロージョンを継承するくらいでしょうか。 バルテルミーの知力と器用さを上限まで上げたいなら、このスタイルでの育成が必須です。 バルテルミーの評価 本体は当然SSスタイルでしょう。 強いのか、弱いのかというよりも、ただひたすら便利なキャラといった印象です。 高速周回向きのキャラに感じました。 (アビリティもワンパン周回に特化したものが揃っています) 特にアバドンハンズはファストの術なので、「1Round目はバルテルミーでワンパン」みたいなクエストも探せばゴロゴロありそうです。 Aスタイルはガチャ運に左右されずにGETできるので、SS1枚あれば完成したも同然。 全体攻撃要員が不足している場合に重宝します。 装備は器+よりも火+ バルテルミーに装備させる小剣は、器+よりも火+がおすすめ。 器用さ依存の攻撃はカットインと、円舞剣しかありません。 カットインを使うくらいなら熱風で全体攻撃したほうがマシ。 円舞剣を使うくらいならファスト付きのアバドンハンズのほうが確実に先手が取れます。 よって装備するのは火+の小剣です。 バルテルミーのおすすめの継承と覚醒 バルテルミーのおすすめの継承は簡単です。 マグマプロージョンを継承するかしないか。 これだけです。 全体攻撃専用のキャラですが、熱属性の単体攻撃が欲しいときには一応使えます。 必要な覚醒は以下。 初手でアバドンハンズ、2ターン目以降は熱風の繰り返しも錬気旺盛の発動次第で可能です。 まとめ 以上、バルテルミーの性能&評価でした。 個人的には、全体攻撃による高速周回が便利なキャラという位置付けです。 「じゃあバルテルミーでワンパン周回できるクエストってどこよ?」 と聞かれると返答に困りますが、今のところVH15-2-4で使っています。 持っていないと詰むキャラではないですが、持っておくと使えそうなキャラではあります。 キャラ関連のまとめ ・ ・.

次の

【ロマサガRSレビュー】戦闘に勝てない時に見る重要ポイントまとめ│Xi藤のサイト

ロマサガrs ラウンド開始時

本日から新しくロックブーケのスタイルが手に入るイベントが開始されました。 攻略では予想通り突キャラ構成が重要なのとスタイルのほうはネット上では微妙と話が飛び交っていますが、個人的には強キャラではないが、良キャラだと感じてます。 そんなわけで今回はロックブーケの紹介をしていこうと思います。 ロックブーケのスタイルについて SSスタイルの紹介。 ・スタイル固定値 レベル50時まで上がる数値は 全能力を除くと体力と愛のみ、あまりにも術キャラとはかみ合わない絶妙な固定値である。 ・成長傾向は知力のみ ・感想 感想はというと、 初手でエナジーストームを撃つためのキャラ、と個人的には考える 杖は現状1属性しか強化できないので、3段覚醒しても初手で撃てない大召雷はほぼ死に術となっている。 そう考えると 闇杖を装備し初期値から高い知力とHP満タン時の威力ボーナスを活かすためには全体攻撃を軸にした運用が理想となる。 ボス戦は 継承から単体で強力な技を所持しているので、こちらを使うのがいいだろう。 現状酷評を受けているSSスタイルだが 重要なのはLP6で生命の水を打てるというところ、これは現在存在するキャラではソフィアSSしかいないので回復キャラと割り切るのもいいだろう。 陰術キャラで回復が使えるという貴重なキャラになっている。 ターン開始時の魅了は完全におまけ程度に考えていいだろう。 今後魅了が効く相手やボスが出てきた場合対策キャラになる可能性がある。 ・成長傾向 体力と素早さと魅力に成長傾向あり ・感想 最大の強みは何といっても 魅了耐性低下とコスト10以下で魅了が狙えるゴーストライトと言える、さらにターン開始時に毒も狙えるので 状態異常に特化しているキャラ。 相手の魅了耐性が低下したときにゴーストライトが撃てるようにしておけばSSスタイルより魅了を付与することには長けており、さらに召雷はBPが軽くマヒを狙うついでに通常攻撃の代わりに使えるので 優秀な技がSSスタイルより多い。 知力の補正値は低いがSSスタイルよりこっちのほうが優秀なんじゃないかと思えるレベルである。 このスタイルに関しては重要なのは火力ではない。 現状運用するならSSスタイルがあっても闇杖装備1択かなと考える、魅了専用キャラかなというのが個人的な感想。 とはいえ SSスタイルがいる場合回復もできて、毒マヒ魅了が狙えるスタイルになるので SSスタイルとは違った運用方法になると言える。 ・ まとめ 一言でまとめるのなら、 SSスタイルは陰属性火力+回復キャラ(継承はゴーストライトかダークスフィア) Sスタイルは魅了、マヒ、毒の状態異常特化キャラ(SS継承できる場合は生命の水) という感じになり、 2つとも異なった運用方法が理想かなと考えてる、現状個人的には全体火力キャラは体術キャラ1択で回復+全体打撃が出来るクリスマスソフィアで間に合っているので、新規勢なら狙ってみてもいいのではという感じだが、Sスタイルも十分に強そうにみえる。 以上の点から実はSSより 役割がはっきりとしているSスタイルのほうが有能なんじゃないかと思ってる。 ・杖に関して 術が2種類あるせいで杖の関係で威力が微妙になると言っている人もいるようだが、これに関しては闇杖1択かなと思う。 水に関しては大召雷は死に技なのでノーカン、召雷はマヒ狙いが基本なので威力は低くても問題ない、生命の水も術威力の影響は少ないので 両方のスタイルとも闇術を強化したほうがいい。 今後 魅了耐性の無い敵が出てきた場合や 複数種類の術強化の杖が出てきた場合は少し評価が上がるかもしれないキャラと言えるだろう。 カテゴリー一覧•

次の