すき家 の 牛 丼 レシピ。 すき焼のたれのレシピ一覧|おいしいレシピ

甘辛やわらか牛カルビに追いダレつきでガッツリ濃味のすき家「牛カルビ丼」を4種まとめて食べ比べてみました

すき家 の 牛 丼 レシピ

牛肉は牛薄切り肉を使っています。 一度冷ますと味がしみておいしくなります。 牛丼の人気検索で1位になったレシピです。 牛肉と玉ねぎを炒めてから5分煮て完成!牛肉は牛薄切り肉を使用。 玉ねぎと調味料を入れて火にかけ、しょうがと牛肉を加えて5~10分煮込んで完成。 約1分のレシピ動画があるので作り方がわかりやすいです。 牛肉は牛肉こま切れを使っていますが、牛バラでもOKです。 牛肉は牛バラ肉薄切りを使います。 先に調味料をひと煮立ちさせてから作ります。 レンジで簡単に作れるレシピもあってびっくりでした。

次の

すき家「牛すき焼き丼」。シンプルにすき焼きとごはんを楽しめる!

すき家 の 牛 丼 レシピ

すき家の牛丼の再現レシピ すき家の牛丼は玉ねぎと牛肉が中心の具材で、見栄えは基本的な牛丼のレシピそのもの。 でも、 牛丼のレシピはお店ごとに違うのはすき家でも同じです。 すき家の牛丼を自宅で、それも一般的に買える食材で再現できないだろうか。 すき家の牛丼が好きな方はそう考えてしまいますよね。 そんな独自のレシピを持つすき家の牛丼を自宅で簡単に作ってみた写真がこちらになります。 写真ではネギ玉牛丼に使われるネギと卵もセットに添えられていて見た目も本格的。 すき家の牛丼はトッピングさえ別につくってしまえばアレンジも自由自在なんです。 自宅で牛丼を作ればすき家に行けない時でも食べられるし、具材もご飯の量も自分好みに調整可能。 いつだって特盛りのキングサイズも楽しめますよ。 すき家の牛丼のレシピを覚えれば後に紹介するチーズ牛丼やネギ玉牛丼のレシピにも応用可能。 ここでは紹介しないトッピングのレシピでも美味しく作ることが可能です。 次の項目ではすき家の牛丼のレシピをご紹介しますので、是非作ってみてくださいね。 簡単にできる!すき家の牛丼の再現レシピ ここではお待ちかねのすき家の牛丼を自宅で再現できるお手軽レシピをご紹介。 家庭では難しいと思いがちなすき家の牛丼ですが、手軽な方法で作れてしまうんです。 材料はどれも 家庭で用意できるものばかりなので是非作ってみてくださいね。 以下のレシピに掲載されている材料は牛丼のメインである牛肉と玉ねぎはもちろん、 みりんやしょう油、だしの素に甜菜糖と、家庭ならではの調味料を使用します。 甜菜糖は自宅では使わない、手に入りにくいと感じられた方は似たような風味の 三温糖や きび砂糖でも美味しく仕上げられますよ。 こちらではすき家の牛丼の製法と同じく、野菜を炒めずじっくりと煮込んでいきます。 じっくりと煮込むことで野菜と牛肉の旨味が染み出たすき家ならではの味わいになります。 煮込む際のコツは玉ねぎを煮込みすぎないこと。 玉ねぎは時間と共に水分を含んで柔らかくなってしまい、シャキシャキとした歯ごたえがなくなってしまうので注意しましょう。 ダシダを使ったすき家の牛丼の再現レシピ 韓国料理では頻繁に使われる粉末調味料のダシダ。 牛肉と野菜の旨味成分がふんだんに含まれており、韓国料理以外にもハンバーグや餃子などの下味や炒め物にも使われます。 牛肉と野菜の旨味が含まれたダシダは牛丼の隠し味にもぴったり。 鶏がらスープや魚介ベースのだしの素よりも牛肉ならではコクのある味わいを生み出してくれます。 以下のレシピではダシダを使ったすき家の牛丼風の作り方をご紹介。 作り方の手順も簡略化され、 手軽に作れるようになっているのでおすすめですよ。 このレシピのコツは 白ワインで牛肉を柔らかくすること。 牛肉は筋があって長い時間を掛けないと固いままですが、白ワインを加えることですぐに柔らかくなります。 煮込む前に 白ワインのアルコールを飛ばしておくのも重要なポイントなので、忘れずに行ってくださいね。 味付けが薄くて物足りないという方は じっくり煮込むと更に味わいの濃いしっかりした牛丼になりますよ。 レシピを再現する上で気になるのは企業秘密でもあるチーズの種類ですが、ここで使われるチーズは チェダーチーズ、とろけるタイプのチーズ、モッツァレラチーズの3種類。 スライスチーズだけでも美味しいですが、チェダーチーズとモッツァレラチーズを加えることで チーズのコクと旨味を最大限に引き出し、丼を更に美味しくできるのです。 ここで紹介するチーズも家庭で手に入るものなので、再現しやすいところにもメリットがあります。 レシピは以下で紹介しているので参考に。 上記のレシピではレトルトタイプの牛丼を温めて作っていますが、先ほど紹介した 牛丼のレシピとコツを活用するとより一層忠実に再現できますよ。 本家すき家では仕上げにパセリを載せていますが、こちらのレシピのように ハーブや ブラックペッパーでアレンジしてもおいしいので試してみてくださいね。 ねぎ玉牛丼を再現する上で重要なのは青ネギに絡ませるコチュジャンたれ。 ピリっとした辛味の中に甘みも含んだコチュジャンは甘辛く煮込んだ牛丼も相性バッチリ。 使うネギも白ではなく、 きちんと青ネギを使うことが重要ポイント。 青ネギ独特の風味が牛丼の旨味を引き立たせ、脂身も気にせずさっぱり食べられるからです。 以下のレシピでは青ネギを載せる牛丼のレシピも掲載しているので、使う調味料は少し多めですが、 複雑な手順は一切無いので手軽に再現できますよ。 ここでは玉ねぎを炒めて柔らかくするという少し異なるレシピですが、牛肉をじっくり煮込む作り方はほとんど同じ。 煮込んだら30分ほど置いて味をしみ込ませるのも重要。 青ネギにかけるコチュジャンたれには更に旨味を引き立たせるために 牛丼のタレを加えるのがポイントです。 食べる直前に掛けたり、あらかじめ混ぜたりとお好みでどうぞ。

次の

すき家の牛丼再現レシピ集!チーズ牛丼・ネギ玉牛丼の再現レシピやアレンジレシピなど紹介

すき家 の 牛 丼 レシピ

ご飯を作りたくないだるい日の味方 『すき家の冷凍丼の具 牛丼・豚丼』。 電子レンジを使えば1~2分ですぐにお店の味を楽しめる人気の冷凍食品だ。 とはいえ、だるい日が連日続くとどんなに美味しいものでも飽きてしまう。 そんなときはアレンジレシピに挑戦してみよう。 丼の具だからといってご飯に乗せる必要はない。 今回は正月に余ったお餅を使ってオリジナルレシピに挑戦してみよう。 しっかりと噛むからお肉とつゆの味が口中に溢れるよう。 同社が200人にアンケートを取ったところ、95%の人がリピートしたいと答える人気商品だ。 すき家の味を手軽に自宅で食べられるので、仕事で疲れた日、ご飯を作る時間が取れない時、年末年始の気分が抜けない人など、冷凍庫にストックしておけば強い味方となる。 記者は以前にも食べたことがあるが、牛肉も豚肉も柔らかく印象的だった。 つゆたっぷりで醤油の風味が広がる濃厚な味わいは、まさにだるい気分にはうってつけだろう。 お茶漬けのようにがつがつとかきこんで食べられるので食欲が無い時にも食べやすい。 今回は『すき家の冷凍丼の具 牛丼・豚丼』をさらに楽しむために、アレンジレシピとしてお餅に乗せて食べてみよう。 お餅? と疑問に思う人も多いだろうが、実は岡山県の郷土料理に牛餅丼というのがある。 白ごはんの代わりにお餅を入れた料理で、つゆの甘さとの相性が良いらしい。 牛餅丼は茹でた柔らかいお餅を使うが、お手軽さは損ねたくないのでアレンジレシピでは焼いたお餅を使う。 目安は1袋あたりお餅2つ。 膨らまない程度に焼き、レンジで温めた「すき家の冷凍丼の具」を乗せる。 彩りをつけるためにきざみのりやねぎをのせても良いだろう。

次の