エニタイム デメリット。 エニタイムフィットネスが選ばれる理由とデメリット!口コミなどは?

24時間営業のジムを使って感じたメリット・デメリット

エニタイム デメリット

エニタイムフィットネスに通うことになりました。 通い始めて1年くらいくらい経ちましたので、わかった メリットとデメリットについて触れてみたいと思います。 エニタイムフィットネスってなんやねん という方もいるかもしれません。 エニタイムフィットネスは カ生まれのフィットネスジムです。 2018年7月現在全世界で4000店舗以上あるとのこと。 (公式ホームページ調べ) 名前の通り24時間いつでも通うことができます。 また普通のジムと異なり、マシン、フリーウェイト この二つに特化することで低価格を実現しています。 こうした24時間ジムは他にもあるわけですが エニタイムフィットネスが大きく異なるのは 後で書く条件付きですが 会員となれば 全世界4000店舗以上ある 全てのエニタイムフィットネスに通うことができてしまいます。 べんりー なんて概説を書いてきました。 次に細かく特徴を見ていきましょう。 エニタイムフィットネスのサービス特徴 まず一つ言えるのは エニタイムフィットネスはグループだということです。 つまり、店舗によってサービス、料金、マシンはまちまちになります。 ただ、24時間営業そして料金は大体 平均7000円台前半から6000円台後半 最低限のマシン(胸、足、肩、腕、腹)そしてフリーウェイト シャワーなどなどが整っているのは 大体どこのエニタイムフィットネスでも同じでしょう。 設備 (私が利用している店舗) 私が通っているお店は 月額7549円税込み マシン ペックマシンから、レッグプレス、ラットプルダウンなど 一通りそろっています。 フリーウェイトはスミスマシンを含めて3台あり、 またルは40kgまでそろっています。 エニタイムフィットネスを利用している他の方の口コミ等を見ると 30kgくらいまでしかルがない、 という声が多いのでこれは特別かもしれません。 の方もいるので、 機材の使い方がわからない どうやって筋トレをすればいいのかわからない という方でも安心でしょう。 また、シャワー、タンニングマシンがあります。 筋トレをして例えば大会に出たい、 なんて方でも満足できる最低限の設備が整っているのです。 スタッフアワー等 エニタイムの低価格を実現するため 24時間のうち、スタッフがいない時間があります。 この辺りは少し不便かもしれません。 メリット いつでも使える 設備の割には価格が安い どこでも使える エニタイムフィットネスを使うメリットの一つはいつでも使える ということです。 いつでも使える ジム利用で、大きな問題になるのが時間の制限ではないでしょうか。 単純に忙しいからいけない、こともありますが、 場合によってはどうも反りが合わない あるいは、マナーが悪い人たちと同じ時間帯に使わざるを得ない せっかくお金を払っているのにやる気をそいでしまうこともあるでしょう。 その点エニタイムフィットネスは時間の融通が利きます。 24時間空いているので、 予定の合間にジムを入れることができるでしょうし 嫌な利用者がいたら時間帯を変えることで対処することができます。 (もちろん、運営に連絡を取ることができます。 ) また例えば初心者の方でどうも人に筋トレをしている姿を見られるのが恥ずかしい なんて方も時間帯を変えて、 人の少ない時間でトグすることもできます。 ちなみに深夜から早朝帯だと人が少ない傾向にあります。 (早朝の5時くらいだとほとんど人はいませんでした。 もちろんジムによります) 設備の割には価格が安い もう一つは一通りの設備が整っている割には価格が安いということです。 メンテナンスも一通り行き届いており、使いやすいという感じを受けます。 安いジムの代表例が、地域の体育館にあるような公立のジム。 1時間200円ほどということで非常にお得ですが、さびだらけのバーベルだったり そもそもマシンが少なかったりという問題がありますよね。 エニタイムは公立のジムに毎日通ったくらいの月額料金ながら マシン、フリーウェイト等設備が整っています。 体を作りたいなら便利なジムといえます。 どこでも使える そして個人的にはこれが一番のメリットだと感じている部分です。 利用開始から31日間経つこと、5割以上契約していない店舗でトグしていると、契約をし直す必要があるこれら条件がありますが、 エニタイムフィットネスの全店舗でトグをすることができます。 国内に限らず全世界4000店舗で利用することができるのです。 デメリット セキュリティ マナー スタッフがいない ただ、もちろんデメリットもあります。 正直に言うと結構 一番気になるところはセキュリティでしょう。 セキュリティ 監視カメラはあるが、やはり少し不安 セキュリティ面に関してですが、スタッフがいないとはいえ エニタイムフィットネスではこのようなカギを利用者に配布しており この鍵がなくては入ることができません。 利用者管理という面でのセキュリティはとれています。 また、ジム内部には数か所監視カメラが設置されており、 怪しい動きがあっても運営側が把握できるようになっています。 ただ、やはり女性の一人での利用は少し不安が残るのも事実でしょう。 深夜帯や早朝帯だと、他の利用者と二人っきりなんてこともあるのです。 何が起こるかわかりませんからね。 不安があるという方は利用時間帯を考える必要があるでしょう。 マナーが悪い人が多い 24時間ジム、低価格で気軽に始められる、かつスタッフが巡回していない こういう要素がそろってか、正直なところマナーが悪い方が多いです。 例えば私の事例でいえば30秒程度の短いインターバルで休んでいたら、置いていたタオルを何も言わずにどけられて、いきなり使っていたマシンを利用された(私は10分もトグしていませんでした) とか パンをはいてトグしているとか、プレートをそのままにしているなどなど 枚挙にいとまがありません。 お店によって利用者のマナーにはばらつきがあるようですが、やはりスタッフが巡回していないジムであることを考えると、ある程度は許容しなくてはいけないでしょう。 どうしても気になるという場合は、エニタイムフィットネスの利点を生かして、他の店舗でトグを試しに利用してみるのもいいでしょう。 汚い店舗がある 店舗によって清潔感がまちまちです。 前にちょっといった店舗ではシャワー室に汚物が捨てられており、そのままになっていました。 きれいなところが使いたいという場合は、いろいろと見学してみてからの方が良いかもしれません。 店舗によって設備がまちまち 当たり前といえば当たり前ですが店舗によって設備に差があります。 そもそもとして狭く、時間によっては入ることをためらうレベルで混雑しているところや、パワーラックが1台しかないところもあり、十分にができない、という場合もあります。 エニタイムフィットネスは自由にいろいろな店舗が使えるという強みがありますが、こういったデメリットもあるので頭に入れておいた方が良いかもしれません。 スタッフがいない スタッフが常駐しているわけではないので、気軽にマシンの使い方やトグ方法を聞くことができません。 いろいろなジムであるように、目的別の簡易的なメニュー表とかも置いてはいますが やっぱり、直接聞きたいですよね。 もちろんも常駐しているわけではありません。 ですので、時間に限りもあります。 19:00以降にならないと時間ができない、という社会人の方も多いかと思いますので、この辺は大きなネックでしょう。 またセキュリティ、マナーの面でもスタッフがいないのは悪い影響を与えているといえます。 まとめ エニタイムフィットネスはが高い!しっかりデメリットを意識しよう というわけで現在利用しているエニタイムフィットネスについてご紹介してきました。 を考えると非常に便利なジムです。 水泳をしたいとかでなければ多くの方の期待に応えてくれるでしょう。 ただ、マナーやセキュリティ、スタッフアワーなどデメリットがあるのも事実です。 しっかりデメリットを理解して利用するのがおすすめ。 t-ekitou.

次の

エニタイムフィットネス24時間ジムの特徴【口コミ・評価】│ダメダメサラリーマンの雑記ブログ

エニタイム デメリット

「エニタイムフィットネスに通ってみたいけど評判が気になる」 「実際にエニタイムフィットネスに通っている人の評判が知りたい」 「エニタイムのメリットとデメリットって何?」 など、エニタイムフィットネスに入会しようか迷っている方。 近頃は24時間ジムが増えてきて、その中でもエニタイムフィットネスの店舗数はかなり多いと思います。 職場や自宅の近くにエニタイムフィットネスがあり「入会してみようかな?」と悩んでいる方も多いと思います。 そこで本記事では、 エニタイムフィットネスの評判はメリットやデメリットについて解説していきます。 この記事を書いている私は、現役のパーソナルトレーナーで私自身も1年以上エニタイムに通い続けて、都内10店舗以上は利用しています。 そんなエニタイムを熟知した 私が実際通ってみて感じたことや、メリットとデメリットをお伝えしていきます。 ぜひ24時間ジム選びの参考にしていただければと思います。 エニタイムフィットネスの評判はいいですが、一部の店舗ではマナーの悪い人がいるようです。 地域や店舗によって違いはあるかもしれませんが、店舗数が多いので悪い評判もたってしまうのかもしれないですね。 しかし、私が1年以上通っていて目立ってマナーが悪いと感じるような人にはあったことがありません。 私は実際にエニタイムフィットネスに1年以上通い続けて、都内10店舗以上を利用してきました。 店舗によって感じたことは多少の違うのですが、エニタイムフィットネスを利用してみた感想をお伝えしていきます。 まず、 筋トレマシンがかなり充実しています。 店舗によってはあのゴールドジムにも負けないような設備を揃えている店舗もあります。 筋トレマシンだけではなく、トレッドミルも豊富にあるので順番待ちをすることも少ないと思います。 大手のフィットネスジムはフリーウエイトエリアが小さくて、パワーラックが1台しかないところも多いです。 しかし、エニタイムフィットネスには最低でも2台のパワーラックがあります。 多いところでスミスマシンとパワーラック合わせて4台ある店舗もあるので、かなり充実しています。 また、料金的にも大手のフィットネスジムなどに比べると安く利用できて、 7,000円~8,500円に設定されている店舗が多いと思います。 エニタイムフィットネスにはスタジオやプールがない分だけ、価格も安く設定されているようです。 料金は安いですが、筋トレ以外の運動もしたいという方にはエニタイムフィットネスはオススメできません。 私の場合は筋トレが目的でエニタイムフィットネスに通っているので、かなり満足しています。 料金面・設備面ともに、筋トレを目的とするのであれば十分すぎると思います。 ただ唯一気になる点は、ロッカーにカギや扉がないので荷物や貴重品が心配なところです。 そこをなんとか目をつむれば、利用しやすいと思います。 料金が安い 大手のフィットネスジムだと、最低でも月会費は1万円以上はします。 しかし エニタイムフィットネスの場合は、7,000円から利用できる店舗が多いので低価格で通えます。 エニタイムはスタジオやプールがない分だけ、少ないスペースで営業していて人件費も節約できるため、安い料金で利用できます。 都内の中心部だと8,500円くらいの料金になりますが、私が行っている都内の店舗は7,000円で利用できます。 注意が必要なのは、入会した店舗が安かったとしてもほかの月会費が高い店舗ばかりに通っていると、通う頻度の高いジムの会費を払うことになります。 安いところに入会しても、近くの会費の高い店舗に通い続けると料金が高くなってしまいます。 それでも、2,000円くらいの違いなので、利便性や設備を考慮して所属店舗を決めましょう。 月会費が7,000円ちょっとなのは、ありがたいね! 24時間利用できる 24時間利用できる点は、どんな生活環境の人にとってもメリットになるところですよね。 24時間利用できれば、仕事で遅くなったからジムに行けないということはなくなります。 一般的なフィットネスジムは、夜遅くても23時に閉店するので、その15分前には筋トレを終えなければいけないところも多いです。 筋トレを1時間することを考えると、9時過ぎまで仕事をしてしまうとジムには行けなくなってしまいます。 しかし24時間営業のエニタイムであれば、残業で22時を過ぎたとしても閉店時間を気にせずに通えますよね。 自宅の近くにエニタイムがあれば、終電を気にすることなくゆっくり筋トレをすることができます。 また、仕事で疲れているときは帰ってゆっくり休んで、早朝の仕事前に筋トレをすることができます。 その人のライフスタイルに合わせて筋トレができるのは、大きなメリットだと思います。 自分の生活スタイルに合わせて利用できるのが、最大の特徴! 空いている時間帯が多い 私が1年間通い続けて都内10店舗近く利用してみて思ったことは、 空いている時間帯が多いなということです。 おそらく、24時間営業なのでうまく分散していたり、店舗数が非常に多いので集中してその店舗だけ混むということが少ないのだと思います。 閉店時間が決められているフィットネスジムは、終わり間際が混んでしまいます。 そうなると、自分の好きなように筋トレができないので、ストレスがたまりますよね。 その点、 エニタイムは店舗数も多くて24時間営業なので集中して混むということがなく、やりたいように筋トレができるので非常に快適です。 店舗によっては大人気の店舗もあるみたいですが、基本的には空いていることが多いと思います。 人が多くてもマシンが多いので、待ち時間も少ないよ! 全世界の店舗を利用できる 店舗数がかなり多いエニタイムですが、追加料金を払わずに入会から1ヶ月後には、全世界のどの店舗でも利用することができるようになります。 最初は一番通いやすいジムに入会することになると思います。 そこから 1ヶ月たつと、手続きなしでどこの店舗でも利用できるようになるので、とても便利になります。 自宅近くのエニタイムに入会したとしても、職場の近くのエニタイムに行くことができます。 出張先や旅行先で朝早く起きて筋トレがしたくなっても、利用することができます。 筋トレ頻度が多いトレーニーの方には全世界の店舗が利用できるというのは、かなりのメリットになると思います。 出張先は旅行先で筋トレができない!なんてことがなくなるね。 防犯対策がしっかりしている スタッフがいるときはいいのですが、スタッフがいない時間帯の防犯ができているのかは女性の方は気になるところだと思います。 大体9時~19時以外の時間帯はスタッフがいないことが多いのですが、 エニタイムは防犯対策をしっかりしているので安心だと思います。 女性のトレーニーにとっても24時間ジムというのはスタッフがいない時間帯や、深夜の時間帯は一人で利用するのは不安だと思います。 しかし、 エニタイムではすぐに警備会社に連絡できるボタンがあり、トレーニング中は常備できるようになっています。 また、いたるところに監視カメラが設置されているので、だれも悪さができないと思います。 深夜に女性が一人で利用しているときに、男性のトレーニーと二人きりになったら、大丈夫だと思っていても不安になりますよね。 周りを警戒しながらトレーニングしていても、集中することはできません。 防犯がしっかりしていることで、自分のトレーニングに安心して集中することができます。 スタジオやプールを求めるなら、エニタイムは合わないね。 スタッフがいない時間帯が多い 前述したとおり、スタッフがいる時間帯というのが大体9時~19時の間になるので、それ以外の時間帯はスタッフがいません。 もし、仕事をされている方がエニタイムを利用するのであれば、スタッフにマシンの使い方を聞いたりアドバイスをもらうことができなくなります。 初心者の方で、まだ筋トレマシンの使い方がわからないという人は、スタッフがいないというのは大きなデメリットになるかもしれませんね。 逆に一般的なフィットネスジムは、スタッフが常駐していることが多いです。 しっかりアドバイスをもらいながら筋トレをしたい場合は、お仕事がお休みの日でスタッフの居る時間帯にマシンの使い方を教えてもらうようにするといいと思います。 土曜や日曜でもスタッフさんがいるので、仕事が休みの時にアドバイスをもらえばそんなに困らないかもね! ロッカーにカギがない ロッカーにカギがなく、扉もない棚に荷物をいれるような形になっており、荷物がむき出しになっています。 カギのないロッカーに貴重品などをいれたままにするのが不安という人もいて、デメリットになる部分かなと思います。 私も入会するときにロッカーにカギがないというのを知って少し不安になりました。 その時、スタッフさんの説明では「夜中にカギをなくした場合の対処ができないから、ロッカーが簡易的になっている」らしいです。 まあおそらく、経費の削減でしょうが。 しかし、そこは防犯対策のしっかりしているエニタイムフィットネスなので、ロッカー周囲は防犯カメラが何台もあります。 防犯カメラが抑止力になっていて、全く人の荷物に手を出させないようになっています。 それでもロッカーにカギがないのは抵抗があるという方は、 料金を払い契約すれば小さい鍵付きのロッカーが借りられますよ。 お財布やシューズくらいは入る大きさだと思いますので、貴重品を入れたりシューズを入れておけるので便利だと思います。

次の

30代女性が体型をもどすため、エニタイムフィットネスを使うただ一つの条件とは?

エニタイム デメリット

最大の特徴は全世界の店舗が利用できることです。 フランチャイズチェーンで展開しているので、店舗によって設置されている機材や設備が異なります。 その都度、利用したい設備がある店舗を選んで使うようなこともあります。 例えば、日焼けしたい場合はタンニングマシンがある店舗に行くなどですね。 また、引っ越しした先でも使えますし、海外旅行に行ってもその地域にあるエニタイムに入れます。 めっちゃ便利です。 FAST GYM 24(ファストジム) 店舗数 90店舗以上 価格帯 6500〜7500円 (店舗による) スタッフサポート 有料であり タンニングマシン あり (店舗による) 特徴 エニタイムより少し安め エニタイムに次いで国内で有名な24時間ジムチェーンがファストジムです。 関東圏を中心に展開しており、新しく東海にも進出するようです。 価格帯がエニタイムより若干(500〜1000円程度)安いです。 また、一店舗のみ使う契約と、エニタイムのように複数店舗を使える契約と2種類が選べます。 もちろん一店舗契約の方が安いです。 マシン特化型とうたっているのもあって、ランニングマシンやマシンでの筋トレがメインの人なら十分でしょう。 個人的な感想としてはフリーウェイトを使って筋トレをしたい人はちょっと物足りないかなと思います。 JOYFIT スポーツクラブ• JOYFIT24 24時間ジム• JOYFIT YOGA ヨガスタジオ• JOYFIT+ 最先端トレーニング設備 24時間使えるのはJOYFIT24ですが、JOYFITグループの別の設備も利用できる(別料金の場合あり)のが特徴です。 24時間ジムで淡々と運動するだけでなく、たまには他の設備でヨガしたりフィットネスプログラムに参加したりもしたい人におすすめ。 ただ、24時間ジムよりも追加で費用がかかります。 メガロス24 24時間運営のジム・フィットネスの特徴 国内の代表的な24時間ジムは以下。 先駆けであり規模が大きいのが「エニタイムフィットネス」。 基本コンセプトは同じですので、エニタイムフィットネスをメインに書きます。 24時間ジムのコンセプト 一般的なジムに対して以下のような差別化をとってます。 24時間年中無休• 低価格• 好立地(駅近)• 土足OK• プールやスタジオは無い• 他の店舗も利用可能(ファストジムは除く) より手軽に、気軽にジムに通いましょうというコンセプトです。 デパートではなくコンビニ、レストランではなくファーストフード。 そんな感覚で利用できます。 店舗によってサービスが異なる フランチャイズ展開だからか、店舗によって設備が微妙に異なります。 例えば、置いてあるマシンの種類や日焼けマシンの有無など。 後は、立地によって若干の価格差(1000円くらい)があります。 都心程料金が高いです。 メリット 一般的な会員制ジムと比較した場合のメリット。 24時間いつでも いつでも通えますので、スケジュールの都合がつきやすい。 忙しい現代人にとってはピッタリです。 忙しいから通えないという言い訳も出来なくなります(笑) 僕の場合は人が少なさそうな時間帯を狙って行ってます。 あと、近所に住んでいればシャワーだけ浴びに行くのも可です。 これから新年初超回復します。 今年もよろしくお願いいたします! おやすみなさい。 — トイガー(とりむね進化系) torapple ジムで年を越すことも可能です。 低価格 一般の会員ジムでも24時間可能なところも一部有ります。 例えば、ゴールドジム原宿東京店。 立地が近い店舗で価格を比べてみます。 ゴールドジム原宿 マスターフルタイム会員 12000円• エニタイム恵比寿 8250円• ファストジム幡ヶ谷 7200円• ジョイフィット24 代官山 7618円 渋谷辺りで比べてみるとこんな具合です。 店舗によって若干の価格差がありますが、24時間ジムだと大体7〜8千円台です。 基本は駅近 最小限の設備で運営しているからこそ、駅近の好立地に進出可能ということです。 これも社会人にとっては嬉しいですよね。 仕事帰りでも、仕事前でも運動できます。 土足で行ける これ結構楽です。 僕は家から徒歩圏内のジムに通っていますので、家でトレーニングウェアに着替えてそのままジムへ行けます。 運動靴って結構荷物になるんですよね。 デメリット 低価格のために省略されている部分もあります。 スタッフが少ない 日中のみスタッフが1〜2人滞在。 基本電話番とか見学対応係り。 夜間は無人になります。 何かあったら緊急の電話をかけたり、エマージェンシーボタンを押してくださいという仕組み。 僕がこれから通う店舗は、20台前半くらいの女の子が一人でいました。 おそらくトレーナーの指導や補助なんかのサービスは一切無しだと思います。 契約前の見学に行ったときは客ゼロで、僕と女の子と2人っきりでした。 ロッカーがショボい これも店舗によりますが、カギ無しの荷物棚か、カギがあっても貴重品入れ程度のサイズ。 更衣室も、洋服店にある試着室くらいの広さで、一人ずつ入るタイプです。 着替えがある場合は自分のカバンなどに入れて置いておくことになります。 別料金を払うと、個人ロッカーが使えます。 セキュリティは? ロッカーの件にも繋がりますが、スタッフ無人でカギ無しロッカーだと不安な方もいるかもしれません。 以下の内容でセキュリティ対策となっています。 会員カードを持っている人しか入店出来ない• 誰がいつ入ったか全て入出が記録されている• 監視カメラ つまり、悪いことしたら絶対バレるようになってます。 前例として、僕が会員カードを忘れて、同じジムに通っている友人のカードで一緒に入ったことがあります。 まぁ月謝は払っているわけですし問題なかろうと思って。 後日電話がかかってきて友人が怒られてました。 それでもセキュテリティを気にする人は気になるかもしれません。 24時間ジムの比較まとめ 価格は安いですが、設備として必要な物は全て揃っています。 下手に無駄なサービスが無いほうがトレーニングに集中できるかもしれませんし あ、ベンチプレス100キロが余裕な人はプレートが物足りないかもしれません。 デッドリフト・スクワットなどで150キロ以上扱うような人はにでも行きましょう!.

次の