病院 インフルエンザ 検査。 インフルエンザ潜伏期間中に検査反応は出る?陽性・陰性の結果は正しい?

インフルエンザかな?症状がある方へ|厚生労働省

病院 インフルエンザ 検査

Contents• インフルエンザで熱が下がった後でも病院に行くべき? 冬になると毎年流行してしまうのがインフルエンザですね。 高熱に頭痛・関節痛などの症状が突然出て、これはインフルエンザかも! となった時にすぐに病院に行ければいいのですが、発症後すぐにインフルエンザの検査をしても陰性となってしまう事もあり、タイミングを見計らっているうちに熱が下がってしまった。 または金曜日の夜に突然熱が上がり辛くてなかなか病院に行けず土・日と過ごす間に熱が下がってしまった。 などなど、病院に行ってインフルエンザの検査を受ける前に熱が下がってしまう。 というケースも意外と良くあるようです。 インフルエンザかどうかわからない状態で学校や職場に行くのは他の方へ感染させてしまう恐れがあります。 また検査して自分がインフルエンザだと分かっていれば、その後家族が発熱した場合にインフルエンザの可能性が高いという前提で対応が迅速に出来ます。 家族にお年寄りや受験生や赤ちゃんなどがいる方は、例え熱が下がっていても病院で検査する方が多いそうです。 インフルエンザは熱が下がった後も他の人に感染する? たとえ 熱が下がっていても、インフルエンザを他の人へ感染させてしまう可能性は充分あります。 厚生労働省によるとインフルエンザ 発症前日から発症後3~7日間は鼻やのどからウイルスを排出するといわれています。 これは熱が下がっていても排出されるウイルスの量は減りますが同じことですし、 咳やくしゃみの症状があれば尚更気を付けなければいけません。 学校保健安全法ではインフルエンザと診断された場合はインフルエンザの症状が出た 発症した日から5日、なおかつ熱が下がってから2日(幼児は3日)は出席してはいけないことになっています。 社会人になると、その会社ごとの規定もあるでしょうがなるべく人にうつす可能性を減らすために熱が下がった後でも病院に行って検査をしてもらうべきかもしれません。 スポンサーリンク インフルエンザは熱が下がった後でも検査できるの? ではインフルエンザの検査は熱が下がった後何日くらいまで出来るものなのでしょうか? インフルエンザを診断する検査キットではインフルエンザが治ってからも、しばらくの間は陽性の反応が出るようです。 しかし、陰性として結果が出る事もあるので 病院によっては検査してもらえないところもあります。 どちらにしても、熱が下がった後も咳やくしゃみが出ている間は安静にしておく方がいいようです。 また、家族に抵抗力の弱いお年寄りや赤ちゃんなどがいる場合は、出来るだけ離れて過ごし マスクや手洗いなどを徹底して行うようにしましょう。 最後に インフルエンザの予防接種をしていると症状が軽く済むことがあります。 しかしそうなると今度は本当にインフルエンザだったのかどうなのかが気になりますよね。 咳やくしゃみなどの症状が残っている場合はインフルエンザの検査をしてもらえないにしても一度病院に行って診断を受けた方が安心できそうですね。 真琴(マコト) 1児の母で専業主婦してます! 色んなネットワークから仕入れた情報を ここに残して皆さんのお役に立てればと思います^^ 最近の投稿• カテゴリー• 2 アーカイブ• 最近のコメント• に ayuko より• に 匿名 より メタ情報•

次の

インフルエンザ 病院に行くタイミングは?熱が下がってからでは遅い?

病院 インフルエンザ 検査

インフルエンザに関する最新の情報は、2011年4月1日から厚生労働省ホームページのインフルエンザ情報サイト()に順次掲載してまいりますので、以前の新型インフルエンザ対策関連情報サイトをお気に入り登録されている方は、ご変更をお願いいたします。 通常のインフルエンザは、毎年秋以降に流行しますが、今年は豚に由来する新型インフルエンザが発生していることから、秋以降には通常のインフルエンザと新型インフルエンザが重なって流行するものと考えられています。 現在流行している新型インフルエンザは、感染したほとんどの方は比較的軽症のまま数日で回復していますが、持病のある方々など、感染することで重症化するリスクのある方がいることが、ある程度分かってきています。 そこで、急な発熱と咳(せき)やのどの痛みなど、インフルエンザの症状を自覚されている方々、あるいは医師により診断されている方々は、なるべく他の人にうつさないようご協力をお願いしています。 この手引きは、インフルエンザに感染している可能性がある方が、医療機関を受診する方法や、他の人にうつさないようにしながら自宅療養する方法について解説しています。 ここに書かれていることをすべて行ったとしても、周囲への感染の可能性が完全になくなるわけではありません。 しかし、できることから丁寧に実践していただくことで、周囲を守るという配慮を重ねていただければと思います。 いいえ、ほとんどの方が軽症で回復しています。 ただし、持病がある方々のなかには、治療の経過や管理の状況によりインフルエンザに感染すると重症化するリスクが高いと判断される方がいます。 とくに次の持病がある方々は、手洗いの励行、うがい、人混みを避けるなどして感染しないように注意してください。 また、周囲の方々も、感染させないように配慮するようにしましょう。 慢性呼吸器疾患• 慢性心疾患• 糖尿病などの代謝性疾患• 腎機能障害• ステロイド内服などによる免疫機能不全 さらに、次に該当する方々についても、インフルエンザが重症化することがあると報告されています。 感染予防を心がけ、かかりつけの医師がいる方は、発症時の対応についても相談しておきましょう。 乳幼児• 高齢者 必ず受診しなければならないわけではありません。 症状が比較的軽く、自宅にある常備薬などで療養できる方は、診療所や病院に行く必要はありません。 ただし、で紹介した持病のある方々など、感染することで重症化するリスクのある方は、なるべく早めに医師に相談しましょう。 また、もともと健康な方でも、次のような症状を認めるときは、すぐに医療機関を受診してください。 呼吸が速い、息苦しそうにしている• 顔色が悪い(土気色、青白いなど)• 嘔吐や下痢がつづいている• 落着きがない、遊ばない、反応が鈍い• 症状が長引いていて悪化してきた 大人• 呼吸困難または息切れがある• 胸の痛みがつづいている• 嘔吐や下痢がつづいている• 3日以上、発熱が続いている• 症状が長引いていて悪化してきた 受診する医療機関の発熱患者対応の診療時間や入り口などが分かっていますか? もし、分からない場合には、まず電話をしてから受診方法について相談しましょう。 発熱患者の診療をしている医療機関がどこにあるか分からない方 保健所などに設置されている発熱相談センターに電話をして、どの医療機関に行けばよいか相談しましょう。 発熱患者の診療をしている近隣の医療機関が分かっている方 発熱患者の診療をしている医療機関に電話をして、受診時間などを聞きましょう。 事前に電話をしないまま、直接行かないように気をつけましょう。 慢性疾患などがあってかかりつけの医師がいる方 かかりつけの医師に電話をして、受診時間などを聞きましょう。 事前に電話をしないまま、直接行かないように気をつけましょう。 妊娠している方 かかりつけの産科医師に電話をして、受診する医療機関の紹介を受けましょう。 産科医師が紹介先の医師にあなたの診療情報を提供することがあります。 妊娠している方 呼吸が苦しい、意識が朦朧としているなど症状が重い方 なるべく早く入院設備のある医療機関を受診しましょう。 必要なら救急車(119番)を呼びますが、必ずインフルエンザの症状があることを伝えます。 同居している家族への感染を確実に予防することは困難です。 ただし、なるべく感染しないように、以下のことを心がけてください。 患者であるあなたは・・・ 保健所などに設置されている発熱相談センターに電話をして、どの医療機関に行けばよいか相談しましょう。 患者の同居者は・・・• 患者の看護をしたあとなど、手をこまめに洗いましょう• 可能なら患者と別の部屋で過ごしましょう• また、念のためかかりつけの医師に相談しておきましょう。 医師の判断により、予防のためのお薬が処方されることがあります。 熱がさがっても、インフルエンザの感染力は残っていて、あなたは他の人に感染させる可能性があります。 完全に感染力がなくなる時期については、明らかでなく、個人差も大きいと言われます。 少なくとも次の期間は外出しないように心がけましょう。 熱がさがってから2日目まで ただし、現在流行している新型インフルエンザについては、発熱などの症状がなくなってからも、しばらく感染力がつづく可能性があることが、様々な調査によって明らかになっています。 ですから、あなたが新型インフルエンザに感染していると診断されている場合や、あなたの周囲で新型インフルエンザが流行している場合には、発熱などの症状がなくなっても、周囲の方を守るため、さらに次の期間についてもできるだけ外出しないようにしてください。 発熱や咳(せき)、のどの痛みなど 症状がはじまった日の翌日から7日目まで ご協力に感謝いたします.

次の

インフルエンザ検査(キット)の時間や方法!タイミングや値段についても

病院 インフルエンザ 検査

インフルエンザの流行が気になる季節になってきましたね。 今年はどんな型のインフルエンザが流行るのか、新型インフルエンザの流行はあるのか、といった話題に加え、毎年のように聞くのがインフルエンザの検査に関する質問です。 時々、インフルエンザの検査を受けた時、最初は陰性だったのに、翌日の再検査で陽性になったという話を聞くことがあります。 一体いつのタイミングで検査を受ければ、正確な結果が出る可能性が高いのか、代表的なインフルエンザの検査方法の種類の説明と共にお伝えします。 インフルエンザの検査、4つの種類 インフルエンザの検査として、主なものは4種類あります。 迅速診断キットによる検査 一番一般的なのは、迅速診断キットによる検査です。 これは、特に流行時期にはほとんどの内科などの医療機関にあり、受けられたことのある方も多いと思います。 細い綿棒のようなもので、のどの奥や鼻の奥をこすり、そこについた組織や分泌物を処理液に浸して検査キットに滴下することで、陽性か陰性かの判定を行うものです。 検査時間は10~15分と非常に短く、また、患者さんにとっては、のどの奥や鼻の奥をこするときの痛みがありますが、非常に簡便で行いやすい検査です。 しかし一方で、インフルエンザウイルスの量がある一定以上に達していないと陽性と判定されにくい、という欠点があります。 インフルエンザに感染後、インフルエンザウイルスが体内で増殖するまでには時間がかかります。 つまり、12~24時間経過してこの検査を行わないと、陰性という結果が出てしまうことがほとんどです。 一度医療機関でインフルエンザの検査を受けた時には陰性といわれ、後日再検査で陽性といわれた、という方は、多くがこのタイプの検査を受けた方ではないかと思われます。 血清抗体検査 次に血清抗体検査と呼ばれる、採血による検査があげられます。 インフルエンザが発症して1週間以内と、治ったころの計2回、採血を行い、インフルエンザウイルスに対する抗体ができているかどうか、検査を行うものです。 検査結果が分かるまでには、約2週間かかることが多いようです。 現在、こちらの検査は、ほとんど行われておりません。 ウイルス分離検査 一部で行われているのが、ウイルス分離検査と呼ばれる方法です。 これは、発症してから約72時間以内を目安に、喉や鼻の奥などを拭った液からウイルスだけを分離して検査を行う方法です。 ウイルスの種類などが詳しく分かり、感度もとても高いのですが、高度な技術を要し、ごく限られた機関でしか行われていないので一般的には行われません。 結果が出るまでには、1週間前後かかります。 PCRを用いた検査 最後にPCRを用いたインフルエンザの検査があります。 これは、鼻やのどの奥からとった拭い液を検体として、インフルエンザの遺伝子を検出する方法です。 遺伝子レベルでウイルスを検出するので、非常に正確で細かいウイルスの型や構造までわかり、たとえば新型ウイルスであるかどうかなどの判定まで行えます。 しかし、こちらも高度な技術を要するので、公的な検査機関などで行われることが多く、市中病院やクリニックなどで行われることはほとんどありません。 検査はいつ受ければいいの? 最も一般的に普及している、迅速診断キットによるインフルエンザの検査を受けるには、発症後12時間から48時間前後が最適と考えられています。 反対に、発症から3日以上経過してしまうと、ウイルス量が徐々に減少しはじめ、キットに反応しなくなってしまう可能性があります。 抗インフルエンザ薬は、インフルエンザに罹患後48時間以内に服用しないと効果が期待できません。 インフルエンザウイルスに感染すると、急な発熱や、筋肉痛などの重い全身症状が出るため動き辛いかもしれませんが、医療機関は必ず早期に受診するようにしましょう。

次の