せいえいじゃしゅ。 Twitterで大人気「料理上手な大蛇丸」インタビュー 「自分が大蛇丸だと気付いたのは5年前」 (1/2)

自分を大蛇丸と信じて止まない一般男性が、もつ鍋とビールで優勝する動画です。 ニココメ

せいえいじゃしゅ

大蛇丸の人とは、と っ く ん 2 7 歳という名前で にでを上げているである。 概要を潜影蛇手するわね 『』に登場する : をたでを行う( 自分を大蛇丸と信じて止まない一般男性シリーズ)を上でごろ、特にから続けてしている。 にはからを始め、(初期は)でとなった。 の度さながら、の腕や 抜け などが好評を呼んでいる。 演じる氏からなど界へのも強い。 だけでなく、のやのなど多なを持っている。 したを食べるときは一緒にを飲む。 その時の掛け(のヤツ)はであるきまぐれ・か氏を模している。 地元はであるが、はに住んでいるようだ。 実生活ではHOEというでを担当している()。 からはであるKに所属している。 しているか氏のとなった。 同年にはの氏と音でしたをした。 にはの書籍化を発表し、「出版」になった。 用語集 ・『』の登場人物。 の担当は。 性別はだがのような口調でしゃべる。 術の研究に熱意を注ぐ一方、的のためなら人の命すら犠牲を厭わない残な性格。 例えば、自らのを実現させるため、他人の体を生き永らえる「 不屍転生の術」を開発したり、自分の故郷である木ノ葉隠れの里を滅ぼす「木ノ葉崩し」を実行したりしている。 ちなみにでをする描写は一切ない。 しかし、の終盤や作品の、のならをしていてもおかしくはないというもある。 自分を大蛇丸と信じて止まない一般男性 の大蛇丸の人(氏)のこと。 上に説明した通りなのだが、からはに精を乗っ取られた体やなのではないかとも噂されている。 大蛇丸の人がするを表すの。 「 ーズ」は 古くから続く・・・その犠牲にな・・・ には「して するです。 」と書かれていることが多い。 ここでのは「などを飲んで高揚感を味わう」というような意味と思われる。 5~6年頃に「」などのと一緒に「構文」の形でられることの多かった表現。 ホンいれぶん 撮機材。 「がめっちゃいい」と絶賛していた。 のであるの。 当では冒頭の寸劇のあと「ということで今回は…」と話を進めていくのがになっているが、何がどう「ということで」なのかことがあるため、から「」とされてしまう。 口寄せした(術で呼び寄せた)を袖口から出し、相手を襲わせる技。 …なのだが、このでは「 に潜手」「 に潜手」と事あるごとに潜手している。 たぶんに言ったら「入れる」という意味だと思われる。 類義に「 ぶち込んでいく」「 ビャッと入れる」がある。 最近は「 センジャ」と略すようにもなった。 なお、では別に専用の術ではなく、やも使っている上、自身はこのほど潜手を使っていない。 「潜多手」という多くのを出す技もあり、ひょっとしたらの術としてはこちらの方が印に残っているかもしれない。 が集めている。 このでは食材を切るのに使う。 「」と書かれている。 口寄せ やを召喚する術。 ではやを口寄せしているが、いったいどこから口寄せしているのかはである。 火遁の術 火の性質の術のこと。 の上で炎が燃え上がったりする。 いくつか種類があるようで、別の回ではコンロの「」でを温めていた。 ずいぶんと小規模… らせんがん などが使う術。 (身体の)を手ので練って球状にし、相手にぶつけてを与える。 では何かしらかき混ぜたり丸いものを作ったりするときに使う。 木ノ葉隠れの里 のが暮らしている里。 (一般)の話によると、が禁術に定されている。 そのため、から「が崩す前に里が滅んでしまうのでは?」と言われたりしている。 (くん) 木ノ葉隠れの里の。 をするが転生用の身体として欲しがっている。 木ノ葉隠れの里の創設者のひとり。 関連するとして「オレはでもない でもいたくないのさ…」というものがある。 の終わりで「 」という歌とともに登場し解説したりもする。 に登場するい眼の。 子孫に遺伝する「血継」の1つ。 、などが持っている。 お皿の上に円形に盛られたやに丸く敷かれた、の色などを「 くんの」「 くんの」などと喩えている。 を持っており、発動するとがくなる。 ちなみに(一般)くを飲んでもすぐにがくなるらしい。 一族 木ノ葉隠れの里のの一族。 血継の1つである眼を持っており、がい。 「」という言葉もある。 (一般)くに関しても木ノ葉にてらしい。 八卦六十四 一族に伝わる、眼を併用した体術の1つ。 眼での流れを、点(の)を何度も突くことでの流れを断つ。 (一般)によると、で特売のおを八卦六十四すると、焼いた後おいしくなるらしい。 なぜ特売のおに・点があるのかは不明。 二代様 二代火(木ノ葉隠れの里の長)ののこと。 コレ(木ノ葉丸) 木ノ葉隠れの里の、飛木ノ葉丸の口癖。 では「~だなコレ」等とにつける。 (一般)も「~のよコレ(木ノ葉丸)」等と言っている。 飛 ののこと。 木ノ葉丸の祖で、の元。 木ノ葉崩し(後述)の際にと戦ったとき、術「封尽」での両腕を封印し、一切の術を使えないようにした。 一般の話によると、「はデカけりゃデカいほどいい」と言っていたようで、のでもあるようだ。 の三 ・綱手・のこと。 3人ともに師事しており、多くの戦果を上げた。 にを多めにかけることができるの特権があるらしい。 の三のひとりで、の。 かつてはのだったが、の里抜け以降は対立関係にある。 五行封印 が使った封印術。 五行のを込めて行う封印であり、解除できるのはの三とぐらいと本人も言っている。 このではに蓋をするときに使っている。 封印の技の1つ。 相手を容器に閉じ込める技。 死のがある技だが、さすがと言うべきか難なくで使用している。 ちなみに の技ではなくの技である。 逆だったかもしれね(逆です) 「 用の」「 on 胡椒」など、時々言っていることが逆になる。 「 逆だったかもしれね」はに登場した。 となる話の前に登場する。 は「 OP」。 理由は知らないけどね~ 「を先に茹でしておくと形が崩れにくくなる」など、稀にI でも理由は知らないがが美味しくなる術がある。 音の四人衆 の4人の部下たち。 もともとはの転生先の補だった 君を加えて5人だったが、で戦えなくなったため4人になった。 ・・・のこと。 で「音の四人衆」ならぬ「 味の四人衆」とも呼ばれる。 木遁 木の性質の術。 パセリを散らすときに使う。 それ以外の用途が思いつかない。 あらぁ~美味しそう~やだぁ~ 蓋を開けておいしそうながの前に現れた時の。 から「」と呼ばれる。 多数のがあり、「 Y. 」「 A. 」など略されることもある。 のヤツ の供になる飲み物、特にのこと。 先述の通り、のか氏をした。 一番のヤツ…一番搾り• のヤツ…• のヤツ…• 色のヤツ…・一番搾り芳醇• のヤツ…• シュワシュワのヤツ…• 先日に行った時にばったり会ったの方に頂いたヤツ…• 泡のヤツ…ザ・・モルツ• のモルツのからに送られてきたもの。 グラスと付き。 休肝日やの時はでする。 結局麦からはられていない。 の日もある。 イタダキャス 食べるときの。 ここだけではなく一般のである。 行儀よく手を合わせてから食べる。 飲している場合はそのまま「飲」と書かれるが、の場合は「」になる。 すぎてになる( すぎてになった) が美味かったときの定番。 後ろにが付くことがあるが、だいたいではない(🐭、🐉…)。 「」と同じく、構文の「そりすぎてソリになったw」が出所と思われる。 と どちらも出身の。 どっちもいいため、ヒと一番搾りのさに喩えられた。 ・ 「」の。 非常に歌唱が高い。 では現地の言葉を使うことが多いが、なぜかので「サーケーベー!ゥゥゥ!」とのを叫んだ。 食感がコリすぎるとこの人になる。 I G-FU GRON(ヘンジェネ) などで味が変化すること。 元はのの「」。 ののもいくつか歌っている(『』『』、では『それでは、また。 ちなみに『 』も歌っているが、 ではなくのである。 眼 の作中でも、これを持つ人は「創造ともとも言える」と言われるほど強い眼の。 本来は血筋が色々と必要なのだが、このでは口の中がになったらする。 音の四人衆である左近・右近の術。 巨大な門を口寄せする強固な防御の術。 破るのは難しいが、このでは新しい味を開拓したら開く。 抜け 作中では木ノ葉隠れの里を抜け、その抜けた里を滅ぼそう(木ノ葉崩しをしよう)と暗躍する。 それに関連して、「!まあ私帰る里ないんですけどね」等のが出てくることがある。 第七班 ・・が所属する三人組のの班(ス)。 (一般)は世代的にあまり関わりがかったと言っていたが、実際のではの行動の結果、第七班が一時期解散状態になった。 葬送(そうそう) の術。 砂を操って相手の動きを封じ、手で握りつぶすように動かして圧殺する。 飲み終わったあとの缶を握りつぶすのに使っている。 ちなみにでの正確な表記は「 砂瀑送葬」だが、変換しにくいためか「葬送」と書かれている。 場合によっては「 そうそう」とみたいに書かれることもある。 「 S. S」となんかかっこいい略し方になることもある。 やの場合は葬送しないことが多い。 からは「 も葬送しろ」と言われている。 ・ は自分の都合の良いようにを変える術、はそれに関連するの術。 自分のに忠実に行動したり、同じようなことが繰り返されたりしたら出てくることがある。 特にで2本の缶を出すのが定番。 しかし、やりすぎると次の日のがになるという術のがある。 読(み) 「時間で刺され続ける」など、対者に長い時間のように感じる幻を一で見せる術。 幻による精的苦痛を与えてにするために使われる場合が多い。 なお、似た名前の術に「 限読」があるが、これは対者が死に向かっている状況で、対者の見たい理想の夢を見せ続ける術である。 Now di… 何も言っていないときに表示される。 1未満だけ表示される場合もあるが、何をローグしているのかは不明。 ???????????????? がを理解できなかったときにされる。 一般側も自分で使ったことがある。 ・『』のホグワーツの寮。 ので登場する。 所属するの行いに応じて教員が寮に点数を加えたり減らしたりできるが、このでは点数が予算並みにしている上、特にとは関係なく点数が上下する。 (エドテン) 死んだをらせて操るという、的に問題がある卑劣な禁術。 最近ではを飲み終わったら 印を結んで手を合わせて「ごちそま」の感覚でするのが恒例になりつつある。 恒例すぎて「エドテン」というを使うようになってしまった。 関連項目も見るといいわねェ… 特に「」の記事はちゃんとを通しておくのよ、私の崩れちゃってるから 崩れるのは木ノ葉だけでいいわねェ•

次の

大蛇丸とは (オロチマルとは) [単語記事]

せいえいじゃしゅ

net 黒歴史、胸に溜め込まずここで吐き出せばいいじゃない 当スレは現在進行形厨二病患者から既に治った人も黒歴史を晒して身もだえするスレです。 livedoor. atwiki. getuploader. しかしこれらは決して無駄、趣味で行っているのではありません。 皆様も御存知の通り、茨城という県には人間以外の住民も決して少なくない数がお住まいです。 ということは、我々もそのようなお客様もれっきとした旅客として扱う必要があります。 しかし、こういったお客様は…直球に申し上げますと、人間の当たり前が通用しないのです。 鉄に触れることができないということを筆頭に、高周波や高調波に敏感、 化石燃料の燃焼で生じる様々な物質に弱いなど、我々人間であれば気に留めることもない、感じることすらできない要素にも強く影響されるのです。 彼らも一人のお客様として扱う以上は、そのような条件をクリアする車両、施設、運営を必要とします。 非鉄金属たるアルミニウムを車体に使う研究も、木造客車を2000年代まで使用するのも、 多額の投資を行い全国で初めて実用型のガスタービン動車を投入したのも、全てはそれが原点なのです。 他の鉄道会社からすれば無駄なものかもしれませんが、茨城という特殊な環境に置かれている常総鉄道としては全てが必要に迫られた結果の産物に過ぎないのです。 では、何故そこまでして、特殊な条件に対応しなければならないのか、と言われますと- 我々は、鉄道員だから。 この一言に集約されるでしょう。 うちの主人公のコピー、または偽者達一覧 ライバル 主人公側の組織を、少女達の害となりうると判断し、妨害していた。 偽者扱いされていた当時は異能者ではなかったが、過去に巻き込まれた事が原因で異能者、及び魔物を見分ける事が出来、異能者の少女を倒す事で異能者の辞退及び敵組織のスカウトを待ち、潜入を考えていた。 同時期に雲外鏡の魔物が主人公に化けて似た事をしていた事、偶然衣服が同じで体格も似通っており顔を隠していたため、その疑惑が主人公に向けられる事となる。 雲外鏡の魔物 主人公の組織からの孤立及び獲得とため、主人公に化けて、異能者狩りをしていた。 外見は完璧に主人公であるが、知人であればすぐさま別人とわかるレベルで身振りの癖がすごいが、当時主人公と組織の連携が取れてなかったため騙す事が出来た。 木製イスの魔物 主人公の瓜二つの人形を異能で作り出す、異能の使用により、本物より黒く反映され、主人公が特殊であるため異能までコピー出来ず、すぐに倒された 雲外鏡の魔物の上司 ドッペルゲンガーの異能者 自分の双子の姉を助けるために仲間を売る、トーナメント大会で準決勝で主人公と当たる際、組織からの刺客により大会中止に追い込もうとするが主人公にそのまま準決勝を挑まれ勝利 身を隠すため、異能の力で主人公に化け、行方をくらますも、決勝相手の力をコピーするも、相手がアフリカゾウのためうまく制御出来ず、身バレし撤退 その後主人公達の手によって姉が救助されたため、戦う理由がなくなり降参する。 影の魔物 主人公の負の感情から、主人公の影として人工的に造られた魔物 主人公の出生を把握しており、本物の主人公になる事に消極的 クローン 主人公の異能の秘密を探るために生まれたクローン 異能まで再現できず、サイボーグ化で戦闘能力を向上させている。 影の魔物と同時期に出現したため、一方的に本物の主人公の偽者かで揉める。 そこまで似てない。 サイボーグ化しすぎて人の形を成してない。 武器によって生み出された魔物は定期的にエネルギーを与えなければ消滅する。 エネルギーから生み出すまで10秒もかからないためほとんど使い捨て この持ち主の異能は「対象を命令通り動かす能力」 俺っ娘黒髪ポニテ三白眼自称15歳魔法少女実年齢24歳童顔貧乳チビ厨二病ヒロイン ヒロインAちゃん 古武術家の生まれであり、親は継がせる気はなかったが太っていたためダイエット目的で古武術を習わされた。 大学卒業生であり、メインの中では一番学歴が良い。 (他が高校在学中と小学校実質中退) 長年やっているため他の魔法少女と比べ待遇がよく魔法少女の人脈も広い。 自信が原因で消息不明になった先輩を見つけるため魔法少女を続けており 魔法少女組織にとって重要な主人公を監視兼護衛兼教育係、先輩を探るため利用しようとしており信頼を得るため気軽に接しているが快く思っておらず危険人物という認識である 冷静沈着でおちついているように見えるが考えが浅く横着ぎみ 仲間を大切にし、赤の他人でも出来る限り巻き込まれないよう努めており 自身に害があると判断すれば部外者を巻き込む事をためらわず親密な関係でない相手に対して存外に扱う主人公に不快感を示すが立場上中立を示している お酒大好き、普段の不満のはけ口として主人公の造酒を勝手に飲んでいる、主人公も事情は察しているため咎める事はない 空間を撓める異能 空隙の意 スパティウム ウォルンタース 主に空間を撓めてぶつける、空間を掴んで宙に浮いたりできる 技名を叫んで攻撃、技名は自分で考えており、後輩に「技名を言いながら攻撃する事で魔法少女の力をより発揮できる」と妄言をたれている。 マムクート。 外見は10歳くらいだが実年齢は軽く1600歳前後に達する 本人 竜 曰く『これでもお主らでいう16歳じゃぞ』。 口調は通常はのじゃロリだが、特に好意を持った人間に対しては現代語モードになる 二人称も"お主"から"君"に変わる。 曰く「主人公 仮 君にそのうちぶっ飛ばされるのが夢」「竜は勇者に倒されてナンボでしょ?」という割とアレでアレな考えの持ち主。 それ故ミントからはドM疑惑を持たれている。 変身する先は銘柄に寄って異なるという金が掛かりそうだが便利な能力。 どのドリンクで何に変身するかを考える作業に入らなきゃ デスマ突入覚悟の顔.

次の

【創作設定】厨二妄想サラスヴァティ【晒そうぜ】

せいえいじゃしゅ

net 黒歴史、胸に溜め込まずここで吐き出せばいいじゃない 当スレは現在進行形厨二病患者から既に治った人も黒歴史を晒して身もだえするスレです。 livedoor. atwiki. getuploader. しかしこれらは決して無駄、趣味で行っているのではありません。 皆様も御存知の通り、茨城という県には人間以外の住民も決して少なくない数がお住まいです。 ということは、我々もそのようなお客様もれっきとした旅客として扱う必要があります。 しかし、こういったお客様は…直球に申し上げますと、人間の当たり前が通用しないのです。 鉄に触れることができないということを筆頭に、高周波や高調波に敏感、 化石燃料の燃焼で生じる様々な物質に弱いなど、我々人間であれば気に留めることもない、感じることすらできない要素にも強く影響されるのです。 彼らも一人のお客様として扱う以上は、そのような条件をクリアする車両、施設、運営を必要とします。 非鉄金属たるアルミニウムを車体に使う研究も、木造客車を2000年代まで使用するのも、 多額の投資を行い全国で初めて実用型のガスタービン動車を投入したのも、全てはそれが原点なのです。 他の鉄道会社からすれば無駄なものかもしれませんが、茨城という特殊な環境に置かれている常総鉄道としては全てが必要に迫られた結果の産物に過ぎないのです。 では、何故そこまでして、特殊な条件に対応しなければならないのか、と言われますと- 我々は、鉄道員だから。 この一言に集約されるでしょう。 うちの主人公のコピー、または偽者達一覧 ライバル 主人公側の組織を、少女達の害となりうると判断し、妨害していた。 偽者扱いされていた当時は異能者ではなかったが、過去に巻き込まれた事が原因で異能者、及び魔物を見分ける事が出来、異能者の少女を倒す事で異能者の辞退及び敵組織のスカウトを待ち、潜入を考えていた。 同時期に雲外鏡の魔物が主人公に化けて似た事をしていた事、偶然衣服が同じで体格も似通っており顔を隠していたため、その疑惑が主人公に向けられる事となる。 雲外鏡の魔物 主人公の組織からの孤立及び獲得とため、主人公に化けて、異能者狩りをしていた。 外見は完璧に主人公であるが、知人であればすぐさま別人とわかるレベルで身振りの癖がすごいが、当時主人公と組織の連携が取れてなかったため騙す事が出来た。 木製イスの魔物 主人公の瓜二つの人形を異能で作り出す、異能の使用により、本物より黒く反映され、主人公が特殊であるため異能までコピー出来ず、すぐに倒された 雲外鏡の魔物の上司 ドッペルゲンガーの異能者 自分の双子の姉を助けるために仲間を売る、トーナメント大会で準決勝で主人公と当たる際、組織からの刺客により大会中止に追い込もうとするが主人公にそのまま準決勝を挑まれ勝利 身を隠すため、異能の力で主人公に化け、行方をくらますも、決勝相手の力をコピーするも、相手がアフリカゾウのためうまく制御出来ず、身バレし撤退 その後主人公達の手によって姉が救助されたため、戦う理由がなくなり降参する。 影の魔物 主人公の負の感情から、主人公の影として人工的に造られた魔物 主人公の出生を把握しており、本物の主人公になる事に消極的 クローン 主人公の異能の秘密を探るために生まれたクローン 異能まで再現できず、サイボーグ化で戦闘能力を向上させている。 影の魔物と同時期に出現したため、一方的に本物の主人公の偽者かで揉める。 そこまで似てない。 サイボーグ化しすぎて人の形を成してない。 武器によって生み出された魔物は定期的にエネルギーを与えなければ消滅する。 エネルギーから生み出すまで10秒もかからないためほとんど使い捨て この持ち主の異能は「対象を命令通り動かす能力」 俺っ娘黒髪ポニテ三白眼自称15歳魔法少女実年齢24歳童顔貧乳チビ厨二病ヒロイン ヒロインAちゃん 古武術家の生まれであり、親は継がせる気はなかったが太っていたためダイエット目的で古武術を習わされた。 大学卒業生であり、メインの中では一番学歴が良い。 (他が高校在学中と小学校実質中退) 長年やっているため他の魔法少女と比べ待遇がよく魔法少女の人脈も広い。 自信が原因で消息不明になった先輩を見つけるため魔法少女を続けており 魔法少女組織にとって重要な主人公を監視兼護衛兼教育係、先輩を探るため利用しようとしており信頼を得るため気軽に接しているが快く思っておらず危険人物という認識である 冷静沈着でおちついているように見えるが考えが浅く横着ぎみ 仲間を大切にし、赤の他人でも出来る限り巻き込まれないよう努めており 自身に害があると判断すれば部外者を巻き込む事をためらわず親密な関係でない相手に対して存外に扱う主人公に不快感を示すが立場上中立を示している お酒大好き、普段の不満のはけ口として主人公の造酒を勝手に飲んでいる、主人公も事情は察しているため咎める事はない 空間を撓める異能 空隙の意 スパティウム ウォルンタース 主に空間を撓めてぶつける、空間を掴んで宙に浮いたりできる 技名を叫んで攻撃、技名は自分で考えており、後輩に「技名を言いながら攻撃する事で魔法少女の力をより発揮できる」と妄言をたれている。 マムクート。 外見は10歳くらいだが実年齢は軽く1600歳前後に達する 本人 竜 曰く『これでもお主らでいう16歳じゃぞ』。 口調は通常はのじゃロリだが、特に好意を持った人間に対しては現代語モードになる 二人称も"お主"から"君"に変わる。 曰く「主人公 仮 君にそのうちぶっ飛ばされるのが夢」「竜は勇者に倒されてナンボでしょ?」という割とアレでアレな考えの持ち主。 それ故ミントからはドM疑惑を持たれている。 変身する先は銘柄に寄って異なるという金が掛かりそうだが便利な能力。 どのドリンクで何に変身するかを考える作業に入らなきゃ デスマ突入覚悟の顔.

次の