小倉とも子 キャンプ。 小倉美咲の募金は詐欺?目的や使い道が疑問で母親のとも子に不信感の声

小倉美咲ちゃんの行方。

小倉とも子 キャンプ

「SNSの誹謗中傷がひどく生活を脅かされています」 山梨県道志村のキャンプ場。 ここでおよそ10か月前に行方不明になった小倉美咲ちゃん(8)の母、とも子さん(37)は、報道陣に対して、そんな心境を吐露した。 「悲劇のヒロインぶるな」とも批判され 山梨県警が2日間にわたって同キャンプ場で再捜索を行った5月下旬のことだ。 とも子さんのインスタには事件直後から批判が殺到し、家族や親族の写真は拡散され、成田市にある自宅の写真までさらされる始末。 「長女に話しかけた」とツイッターでつぶやく人物も現れ、とも子さんのプライバシーは完全に侵害されていた。 「長女と会話をしましたっていうような書き込みを見ました。 それを面白がった人たちが、『俺も行こうかな』と言い始めて、恐ろしすぎます。 長女が縄跳びや庭遊びをするにしても心配で、ずっと見守るようにしています」 そう語るとも子さんは、大金をはたいて防犯カメラを購入し、自宅に取り付けた。 昨年10月半ばには、チラシ配りや情報拡散のため、知人が募金活動を始めてくれたが、台風19号が関東地方を襲来した時期と重なったことで、炎上につながった。 とも子さんはそう思い、募金はわずか5日間で終了した。 こうした誹謗中傷が続く中、とも子さんを応援する「擁護派」からは、「いつまで誹謗中傷を放置するつもりなのか?」、「弁護士を雇ったほうがいい」などのコメントが寄せられた。 しかし、ただでさえ美咲ちゃんのことで頭がいっぱいなとも子さんには、もはや対応できる余裕はなかった。 「誹謗中傷を減らしたいのは山々ですが、もう手に負えません。 投稿を削除すれば『証拠隠滅か』と言われ、『悲劇のヒロインぶるな』とも批判され、何を書いても、叩かれるんです」.

次の

小倉美咲ちゃんの母を誹謗中傷し続けるブログ主を直撃、支離滅裂な「正義」の主張

小倉とも子 キャンプ

悲しい事件が後を絶ちません。 山梨のキャンプ場で行方不明になった小学1年生の小倉美咲さんは 2週間経った今も見つかっておりません。 9月21日にいなくなったことを考えると、 かなり長い間、未解決の事件となってしまいました。 ニュースを見ている側としては早く解決してほしいのですが、 ネットを見ているとどうやら 小倉美咲さんの母親の評判があまり良くないのです。 子供に対する愛情がないだとか、 インスタでは炎上しているだとか、 同じ学校区内での保護者達からの評判だとか。 この失踪事件にも一枚噛んでいるとの噂まで出ているほど。 そこまではあまり考えたくないですけどね。 これはちょっと整理する必要がありますので、 さっそく見ていきましょう。 目次です• 小倉美咲の母親・小倉とも子さん プロフィール 名前:小倉 とも子(おぐら ともこ)さん 年齢:2019年10月1日時点で36歳 居住地:千葉県 成田市 家族構成:夫、娘2人(小倉美咲さんと姉) 職業:トリマー(自営業) 娘である小倉美咲さんが山梨のキャンプ場から行方不明になって、 テレビでは連日このニュースが放送されていました。 その中で、小倉美咲の写真を公開することになった際、 母親である 小倉とも子さんの姿も放送されました。 母親が子供を思う気持ちなので、 当たり前っちゃ当たり前なのですが、 悲痛な叫びともとれる、とても悲しい声を上げておられましたね。 こういう報道を見てしまうと、 小倉美咲さんが一刻も早く見つかってくれることを祈るばかりです。 キャンプ場へは家族ではなく、オフ会で行っていた これは後から知ったことなのですが、 小倉とも子さんと娘・美咲さんは、 家族で山梨のキャンプ場に訪れたわけではないそうです。 7つの家族、合計30人がSNSを介して集まり、 オフ会と称してキャンプを楽しむ、といった感じでしょうか。 30人にもなれば、 ちょっとしたイベント・企画物ですよね。 子供の中には、小学校6年生の子もいれば、 未就学の年齢の子もいて、 様々な年代の子供たちがいたそうです。 ちょっと考えたら思うのですが、 SNSなどで知り合った 初対面の方とのキャンプ。 ということは、 参加した他の方々に自分の子供の面倒を見ててもらうって、 倫理的にはどうなんでしょう? 小倉とも子さんがテレビでも行っていた、 「悔やんでも悔やんでも悔やんでも悔やみきれません。 」が そっくりそのままの形で事件となってしまったように感じます。 それは一体どういうことなのでしょうか? 娘・美咲さんの捜索活動中にインスタをUP すでに記事は削除されていますが、 どうやら、 美咲さんを捜索活動中の最中に、 母親であるとも子さんはSNS(インスタ)をUPしていたとのこと。 それが、娘を思う気持ちからくる内容だったらまだ良かったかもしれませんが、 UPしてしまったのは 自分が経営するお店の宣伝。 これにはSNSを見たユーザーから反感を買ってしまっても無理ありません。 そもそも、事件の発端を見るに、 母親の管理不足だし本人もそれを痛感しているはず。 そんな中でSNSを見て、投稿するような気になれることが、 炎上の原因になってしまったかもしれません。 ーそんなことをしている暇があったら、 娘を探さないといけないのでは?- 炎上状態で投稿されたコメントの大半がこんな感じでした。 子供を持つ親としては小倉とも子さんの行動が あまりにも軽率に映ってしまったのでしょう。 小倉とも子さんの評判 SNSでの炎上などがきっかけで、 母親である小倉とも子さんには、 結構 辛辣なコメントも寄せられています。 そもそも見ず知らずの方とのオフ会キャンプ自体が軽率なのでは? こういった意見が多数寄せられており、 中には 小倉とも子さんが自作自演で行った事件なのでは? という意見も。 (ここまではさすがに考えたくないですが) ネットでの評判 ここでは小倉とも子さんに対するネットの評判を紹介します。 小倉とも子さんの知り合いらしき人物 中学から顔見知りなんだけど、夫婦仲がかなり悪いのよね。 不貞行為ばかりだし、千葉がこんな状況(台風被害を受けて)なのに、 良く解りもしない人とキャンプに行くって(夫は)嘆いていたし。 以前から、この御夫婦と学校関係で交流があるけどプライベートでは関わりたくない。 御主人の方は比較的寡黙な印象ですが、奥さんはとにかく目立ちたがり屋で噂好き。 学校ではグループキャンプなんて募集はないので、 インスタ繋がりの人達と参加してると思う。 同じ学校行事で良く会う方なんですが、 天候も悪化して学校から外出注意のお知らせが届いていたのにキャンプだからね。 同じ親として同情できないな。 SNS繋がりのグループキャンプだし、御主人はお仕事だったし倫理的にどうなんだろう。 ラインの写真はみさきちゃんなのに、捜索するなら公開したらいいのに。 こんな感じで寄せられるコメントにはかなり厳しいものがありますね。 同じ学校区の保護者の方々からは、 あまり良い印象を持たれていないようです。 ツイッター等 山梨県道志村で行方不明の小学一年生の女の人の母の人、大変な時にこんなん言ったら悪いけど、記者会見で涙が出てへん。 小学一年生の女の人は無事で見つかって欲しい。 — 食住衣 kuizumikoromo 今騒がれてる山梨の女の子行方不明のやつで取引先の人とこの話になって色々聞いた。 家族でのキャンプと思ってたら、SNSでのオフ会でしかも初対面。 いくらなんでも見つからなすぎぢゃないですか? 今日母親の会見みたけど、涙枯れたの?一生懸命泣いてるけど涙1滴もでてないけど??? そして、父親の顔出しNGって何? すごく不思議な感じするんだょねーw 疑いたくはないけどそーゆー目で見ちゃうz — michaaad MichaaadA 早く小倉美咲さんが見つかってほしいというコメントが多い中、 やはり 懐疑的なコメントも多いですね。 それだけ長いこと見つかっておらず、 事件性があると想像してしまっているということでしょう。 まとめ いかがでしたか? 母親である小倉とも子さんがどういう方かどうか、 そはあまり関係なく、 ここまでくると早く小倉美咲さんが見つかることを祈るばかりです。 今後もこの事件について何か情報が入りましたら、 記事にして発信したいと思います。

次の

美咲ちゃんの母親のインスタに衝撃コメント発見「埋めてたら分からないか」【道志村キャンプ場7歳女児行方不明】

小倉とも子 キャンプ

「SNSの誹謗中傷がひどく生活を脅かされています」 山梨県道志村のキャンプ場。 ここでおよそ10か月前に行方不明になった小倉美咲ちゃん(8)の母、とも子さん(37)は、報道陣に対して、そんな心境を吐露した。 「悲劇のヒロインぶるな」とも批判され 山梨県警が2日間にわたって同キャンプ場で再捜索を行った5月下旬のことだ。 とも子さんのインスタには事件直後から批判が殺到し、家族や親族の写真は拡散され、成田市にある自宅の写真までさらされる始末。 「長女に話しかけた」とツイッターでつぶやく人物も現れ、とも子さんのプライバシーは完全に侵害されていた。 「長女と会話をしましたっていうような書き込みを見ました。 それを面白がった人たちが、『俺も行こうかな』と言い始めて、恐ろしすぎます。 長女が縄跳びや庭遊びをするにしても心配で、ずっと見守るようにしています」 そう語るとも子さんは、大金をはたいて防犯カメラを購入し、自宅に取り付けた。 昨年10月半ばには、チラシ配りや情報拡散のため、知人が募金活動を始めてくれたが、台風19号が関東地方を襲来した時期と重なったことで、炎上につながった。 とも子さんはそう思い、募金はわずか5日間で終了した。 こうした誹謗中傷が続く中、とも子さんを応援する「擁護派」からは、「いつまで誹謗中傷を放置するつもりなのか?」、「弁護士を雇ったほうがいい」などのコメントが寄せられた。 しかし、ただでさえ美咲ちゃんのことで頭がいっぱいなとも子さんには、もはや対応できる余裕はなかった。 「誹謗中傷を減らしたいのは山々ですが、もう手に負えません。 投稿を削除すれば『証拠隠滅か』と言われ、『悲劇のヒロインぶるな』とも批判され、何を書いても、叩かれるんです」.

次の