コピック アニメ。 コピックと100均コピックで比較 「鬼滅の刃」の善逸を小学生が描く

ダイソーのイラストマーカーで女の子をアニメ塗り(塗り方メイキング)

コピック アニメ

色数:2019年9月時点で全20セット40色。 値段:2本1セットで100円(税抜)。 1本50円(税抜)。 2018年1月に。 2019年6月に。 100均で最初にコピック風イラストマーカーを出してきたのがダイソー。 コピックをパクった商品を100均で出そうという発想はすごい。 ・・・が、クオリティは死。 全くコピックの色味や品質はパクれてないので、コピックを知らない小中高生を騙そうとしてる感が否めない。 「安物買いの銭失い」という言葉がピッタリの商品。 しかしながら爆売れしているらしく、新色を20色も追加する力の入れっぷり。 キャップが鬼のように硬かったのが、新色で改善されたかと思いきや、やっぱり固かった。 何なの。 「まあ100均だしね」と割り切って使うならいいんじゃないでしょうか。 スポンサーリンク セリア• 色数:2019年9月時点で全18セット36色。 値段:2本1セットで100円(税抜)。 1本50円(税抜)。 2018年1月に。 2019年8月に。 ダイソーの次にイラストマーカーを発売したのがセリア。 ダイソー商品をブラッシュアップしてパクるのが上手いセリアよろしく、デザインはかわいい。 そしてさらにコピックに寄せようと、筆タイプの筆先を採用。 しかしこの筆先がクソ過ぎる・・・!! えっ、これインク来てる?? というくらい、 ぼっそぼそ。 描き味もぼそぼそしてます。 このボソボソの筆で塗り心地がどうなるかはお察し。 さすがメイドインチャイナ。 中国製の筆先よ・・・。 これをコピックと同列に語るアホをどつきたい。 しかしやっぱり爆売れしている模様で、 20色でスタートを切ったダイソー・キャンドゥに色数で遅れをとったのを焦っているのか、一気に11セット22色も追加してきた。 しかし追加色の系統が偏り倒しているのもお察し。 さらに筆質・ブロードとも劇的に劣化。 一体どうなってるんだ・・・。 100均マーカーって、開発してる内部に 絵を描く人がいないんじゃないかと疑うくらい、色がズレてる。 この感じでバカバカ新色追加していったらいつか頭打ちになると思う。 スポンサーリンク Ohuhu(オフーフー)• 色数:2019年9月時点で全120色。 値段:100色で4,399円(税込)。 中国メーカー。 例によってコピック丸パク。 値段は100色で4,399円。 1本43. 99円と、100均より安い。 「レビューしてくれませんか」と依頼が来たので、丁重にお返事するも、そこから一切返信なし。 「勝手に買ってレビューしとけ」とか、いくら何でも乱暴すぎるだろ。 それ以前に返信なしはあまりに失礼。 価格の安さからも製品の程度の低さは目に見えているが、 働いてる人間がクソな会社はそもそも製品もろくなもんじゃないので、これを買うくらいなら100均のイラストマーカー買ってください。 スポンサーリンク 「コピックもどき」に捨て金して本当にいいのか? 覚えておいてほしいのは、 「コピックもどき」はどこまでいっても「もどき」でしかないということ。 これらを使って「コピックそっくり!」「コピックみたい!」ともてはやす人は、200%コピックを使ったことがない人です。 パクリはどこまでいってもパクリ。 オリジナルを超えることはなく、コピックみたいには使えません。 つーか一度でもコピック使ってみるといいよ。 あまりの違いに驚愕するから。 そして気になるお金の話。 ダイソー(40種類20セット)、セリア(36種類18セット)、キャンドゥ(40種類20セット)をフルコンプしたら6,264円。 6,000円だよ??? ダイソーコンプしただけでも2,160円かかる。 コピックを半期に1度のセール狙いで買ったら、コピックチャオが1本250円だから 25本も買えるのに? コピックチャオ12本あるだけでもほとんどのイラストが描けるのに、25本あれば御の字。 それをあえて100均マーカーを買い漁りまくるのは安物買いの銭失い以外の何物でもなく。 いたずらに高い商品が良いというわけではもちろんないけれど、イラストマーカーに限っては、値段差=品質差です。 本気でイラストを描いていきたいなら、ダイソーで「全セット買っちゃえ!」は絶対もったいないなーと思うので。 使わない色わんさかだしね。 あえて人柱的にこれからもレビューしていくので、「これ要らねえな」っていう取捨選択の参考にしてくれるとうれしいです。 コピック358色の中から必要な色選ぶの難しい!って時はこちらを参考にしてね。 スポンサーリンク 近くにコピックが買えるお店がない人はコチラ! 近くにコピックが売っているお店がない人には というネットショップがおすすめです。 コピックのメーカー直営「Tools」の楽天版で、 5,000円以上で送料無料。 コピックなら13本、チャオなら19本以上で送料無料になります。 Toolsのコミックセールと楽天スーパーセールが重なる時期を狙えば、 最大で 定価より1本75円も安く買えてお得です!.

次の

ダイソーのイラストマーカーで女の子をアニメ塗り(塗り方メイキング)

コピック アニメ

初めてのメイキング動画で、撮影に大変苦労し、終始グダグダした感じは否めませんが、がんばって撮影したのでよかったらご視聴ください。 何だか黒歴史になりそうな動画ですが、よろしくお願い致します。 イラストメイキング【ラフ】 まず、ラフを公開します。 クロッキー帳にぱっぱーと簡単に描きます。 この時点ではそこまで身体のバランスの悪さとか気にせず、雰囲気で描いています。 PCに取り込んで線画を作成 先ほどのラフをカメラで撮影し、PCに取り込みます。 【 】で線画を作成しました。 ここではじっくりと身体のバランスなど考えて時間をかけて描いていきます。 私はまだ絵が下手なので、身体のバランスを取るのが苦手です。 今回のイラストも首の位置がおかしいのは気が付いているのですが、どう直せばいいのかわからず諦めました。 早くイラストうまくなりたい(切実) PCで塗りのイメージを固める 塗りのラフになります。 だいたいこんな感じの色で塗れたらいいなぁと水彩筆でザクザク塗りました。 所詮ラフなので、はみ出しとか気にせずに塗ります。 完成した線画を水彩紙にプリントアウト 今回はヴィフアール水彩紙に線画を印刷しました。 彩色計画表用にコピー用紙にも印刷しました。 失敗のリスクを減らす彩色計画表 PCの彩色ラフを参考に、手持ちのコピックで似たような色をチョイスし、実際に試し塗り。 最初は水着の色をB24で塗りましたが、違和感を感じたのでB26に変更しました。 イメージした色と、実際に塗った時とで印象が違ってくるので彩色計画表の作成は大切だと思います。 またこれはあくまでも計画表です。 実際に使用した色と異なることも多々あります。 例えば、計画表では髪の色に【YR07】を使用する予定でしたが、ヴィフアール水彩紙が意外と濃く色が載ったのでキャンセルしました。 また髪のハイライトに使用する予定だった【Y00】も、一番薄い黄色の【Y0000】に変更しました。 塗り本番で実際に使用した色 肌……【E50】【E00】【E02】【BV000】 髪……【Y0000】【E02】【YR02】 水着…【B26】 あめ…【Y08】【R29】【BV000】【R20】 目……【Y0000】【B00】【B24】【B26】【E40】 背景…【Y08】【R20】【BV000】【B24】 髪飾…【R20】【B00】 使用した14色を紹介 1【E40】 2【E50】 3【E00】 4【E02】 5【Y0000】 6【YR02】 7【Y08】 8【BV000】 9【B00】 10【B24】 11【B26】 12【R29】 13【R20】 14【0】 スポンサーリンク 塗り方メイキングスタート! まず背景から塗っていきます。 先に人物から塗ってしまうと、背景色が人物にはみ出してしまった時対処できませんが、先に背景を塗ることではみ出した部分を【0】番で消すことができます。 ムラなく塗るために大量のインクを筆で塗る コピックで広範囲を塗ろうとするとムラができてしまいますよね。 今回かなり広範囲だったのでコピックでムラなく塗る自信がなかった私は、筆で一気に塗ることにしました。 そこで今回使用したのが、【無水エタノール】と【コピックバリオスインク】です。 無水エタノールにバリオスインク【B24】を薄めて筆で背景を塗っていきます。 無水エタノールはコピックの【カラーレスブレンダー】の代用品になります。 カラーレスブレンダーは意外とお値段が張るので、大量にインクが必要な時は、安価な無水エタノールで代用しています。 人物を塗る それでは人物を塗っていきます。 今回はアニメ塗り風にしたかったので、基本ベタ塗りになります。 肌のベース ベースに【E50】を使用しました。 光源は向かって左上からを想定しているので、右頬と鼻の右側を白く残し、それ以外をベタ塗りしました。 肩や肘など間接部分に【E00】で赤味を入れました。 入れ方はサッサッとニブを払う感じです。 いま思えば指の関節に入れても良かったなぁと。 頬は【E00】を置いて【E50】で周りをぼかしました。 彩色計画表通り【E02】も使用して、もう少し頬の赤味を濃くしても良かったと思います。 肌の影は1色のみ いつもは肌の影に2~3色使用するのですが、今回はあえて【BV000】一色で塗りました。 デザイン風?と言いますか、とにかく単調な塗りでメリハリのある感じを演出したかったので、あえての1色です。 注意点は【BV000】など紫系の色を顔周りに入れると、血色が悪くなり、ゾンビっぽくなってしまうので普段は差し色程度にしか使用しません。 今回は背景色と調和させるために寒色系の【BV000】を使用しました。 メリハリを出したかったので影を【E00】でふち取りました。 これは好みの問題なので無くてもOK。 髪の毛を塗る 髪の塗りは苦手で、まだまだ練習が必要なのですが、今回自分なりにがんばって塗ってみました。 まずオレンジ色の髪にしたくて、光りが当たっている部分を【Y0000】で塗りますが、ハイライト部分のみを塗るよりかは下地として【Y0000】を髪全体に塗っておくと透明感が出る気がします。 【Y0000】を全体に塗ったら、髪のメインカラーになる【E02】をハイライト部分を残して塗っていきます。 この色が1番多く残る色になります。 次に【YR02】で影を入れていきます。 こちらの色は確実に影が落ちるところのみに使用します。 吹き出しをベタ塗り 吹き出しも黄色【YR02】、文字【R20】でベタ塗りし、シグノホワイトで模様を描きました。 吹き出しの影色は【BV000】を使用しています。 完成! 髪飾りなどテキトーに好きな色を付けて完成です。 初めて動画撮影しながらの彩色でしたので、何度もハプニングが起こり、終始グダグダした感じでしたが何とか塗り終わりました。 反省点は多々あるのですが、言い訳になってしまうので止めておきます。 今回気を付けたポイント 今回のテーマが『夏』『爽』『元気』だったので、夏っぽさを演出するためにメインカラーを【青】、サブカラーをビタミン系の【オレンジ】、差し色に【赤】と【黄色】を使用しました。 メインカラー…青 サブカラー…オレンジ アクセント…赤と黄色 メインカラー、サブカラー、アクセントカラーを決めておくと配色にまとまりがでるのではないかと思います。 あとがき まだコピック歴が浅く超初心者も良い所でしたが、YouTubeのコメントで『イラストも描いてほしい』というありがたいお言葉をもらい、今回勇気を出してメイキング動画にチャレンジしてみました。 イラストを描いてほしいとリクエストしてくださった方々、ありがとうございました! 私は本当にメンタルが弱く、自分のイラストを不特定多数の方に見てもらうのが昔から苦手なのですが、下手でも定期的にアップしていこうと思います。 人に見てもらうと画力がどんどんアップするらしいので、また機会があればメイキング動画やこちらのブログで作成過程などをアップしていこうと思います。

次の

【コピック販売店】全国の417店舗一覧!ロフトやアニメイト、東急ハンズまでまとめてチェック

コピック アニメ

DAISOのイラストマーカー全20種類の色見本 イラストマーカー全20色のうち、10色で色塗りしていきますが、 今回は初心者さんにも簡単に塗れるように、基本ほぼベタ塗りです。 重色、グラデーション、ぼかしなどの技法は一切使いません。 「ベタ塗りだけでも楽しく塗れるよ」と言うことをどうしてもお伝えしたくて、今回はアニメ塗りに挑戦してみました。 難しい技法はいらない。 初心者だからこそ、基礎中の基礎であるベタ塗りをイラストマーカーで練習し、その後、コピックなどで本格的にグラデーションなどの技法を練習すればいいと思います。 イラストマーカーはコピックよりもにじみやすいので、けっこうはみ出してしまいました。 慣れればはみ出しの回数も減らせると思います。 まず線画は【 】を使ってPCで描きました。 今回アニメ塗りするのですが、どこに影をいれるのか事前にPILOTのカラー芯で線を引いてあります。 ではさっそく塗っていきましょう~。 イラストの制作過程をYouTubeで公開しています。 イラストマーカーの詳細や、コピックとの比較、そして塗り方メイキングを簡潔にまとめました。 着彩 メイキングスタート まずは肌をペールオレンジでベタ塗りしていきます。 ネットでこのペールオレンジがあまり良い色ではないとおっしゃる方が何人かいたので凄く不安だったのですが、実際に使ってみたらめっちゃ私好みの色で安心しました。 また、色々なカラーを試してみたかったので、髪のハイライトと影になりそうな所に、イエローやオレンジなどの原色を載せて遊んでみました。 髪の毛のメインになる色は薄茶色のイエローオーカーで着彩しました。 塗る範囲が広い時は、一気に全体を塗るのではなく、一部分を囲って塗る、また一部分を囲って塗るをくり返していくとムラになりにくくキレイに彩色できます。 髪の毛の影と制服の影は水色のウォーターブルーを使用。 瞳の影はウォームグレーで着彩しました。 制服のリボンの艶はオレンジ色、メインカラーはレッドを使用しました。 先に全体をオレンジで塗ってからレッドを重ね塗りしても良いのですが、今回はパズルのように区切って塗りました。 リボンの裏側は本来であれば影になるので、グレーっぽい赤、もしくは寒色系の色がいいと思われますが、今回はあえてイエローで遊んでみました。 先ほどウォームグレーで瞳の影を塗りましたが、透明なインクのクリアブレンダーでウォームグレーを軽く白抜きします。 すると水彩境界線のようなフチができます。 瞳の下側にイエローを置いてインクを乾かします。 インクを乾かしてる間に、鮮やかな青色のウルトラマリンで制服を着彩します。 制服の後襟は黄緑色のライトグリーンを使用。 髪の毛の艶はベースで使用したイエローオーカーを重ね塗りしました。 今回、ホワイトペンなどで髪の毛にハイライトを入れませんでしたが、お好みで入れてもOKです。 ウォーターブルーで瞳を塗り、さらに濃い青のウルトラマリンで引き締めます。 一か所、リボンの塗り忘れがありますが、これでイラストマーカーの着彩は終わりです。 塗り残した部分は最後に塗っておきます。 目のハイライトはシグノホワイトを使用 仕上げに、PILOTのカラー芯【カラーイーノ】と【 】を使用します。 カラー芯の色はオレンジ色を使用しました。 オレンジのカラー芯で首元に落ちる影を描き加えます。 そしてシグノホワイトボールペンで瞳のハイライトと、制服のボーダー線を引いて完成! イラスト完成&塗ってみた感想 ほぼベタ塗りですが、まあまあキレイに塗れたかなぁと思います。 塗ってみた感じ、コピックよりも若干にじみやすく、何か所か線からはみ出してしまいました。 慣れればはみ出し回数も減ると思いますが、どんなに丁寧に塗っても小さい絵や細かい所ははみ出してしまう恐れはあります。 コピックと塗り比べてみた 似た色でコピックでも彩色してみました。 イラストマーカーとコピックとで仕上がりを比較してみると綺麗さが全然違います! やはりコピックの方が綺麗に仕上がります! その理由の1つとしてニブの形状が挙げられます。 コピックとニブの形状を比較 イラストマーカーはファインニブと言う硬めなペン先ですが、 コピックスケッチとチャオのニブはしなやかなブラシタイプです。 ブラシニブの方が書き心地が滑らかでムラになりにくく、細部までキレイに着彩できます。 またコピックの方がにじみにくいのでインクのはみ出しが少なく、全体的にスッキリと綺麗な印象です。 コピックの練習用におすすめ 実際に塗ってみて改めて気が付いたのは、 やっぱりコピックって品質がいい! ダイソーのイラストマーカーのクオリティもすごいですが、プロ向けに開発されたコピックの方が細部まで綺麗に塗れます。 ただしやっぱりコピックは高い。 なので、価格がネックになってコピックに手が出せない方は、まずはダイソーのイラストマーカーで練習して、慣れてきたらコピックへと切り替えることをおすすめします。 実は私もコピックを購入する前に、ダイソーのイラストマーカーで練習してから【 】を購入しました。 ダイソーのイラストマーカーは2本入り100円(税別)でこのクオリティの高さなので本当にお得感があります。 おすすめです。

次の