沖縄 天気 過去。 那覇の過去の天気 2020年7月

【みんなの知識 ちょっと便利帳】天気出現率

沖縄 天気 過去

2020年7月 日 月 火 水 木 金 土 日 - - - 1 2 3 4 最高気温 最低気温 - - - - - - 31. 1 28. 5 30. 2 25. 3 32. 1 24. 6 31. 7 28. 1 9時 - - - 12時 - - - 15時 - - - 天気図 - - - 日 5 6 7 8 9 10 11 最高気温 最低気温 32. 1 27. 6 32. 4 28. 1 32. 6 27. 4 32. 3 28. 4 32. 3 28. 3 33 28. 3 33. 4 28. 2 9時 12時 15時 天気図 日 12 13 14 15 16 - - 最高気温 最低気温 33. 6 27. 8 34. 1 28. 4 32. 6 28. 6 32. 8 27. 1 30. 8 29. 1970年代• 1980年代• 1990年代• 2000年代• 2010年代• 2020年以降• 他の地域を選ぶ 北海道• 関東・甲信• 中部・北陸• 中国・四国• 1961年〜の地上気象観測データを元に集計してます。

次の

沖縄県の過去の天気(実況天気・2019年01月)

沖縄 天気 過去

期間の中頃からは、太平洋高気圧に覆われておおむね晴れる見込みです。 最高気温・最低気温はともに、平年並か平年より高いでしょう。 気温の高い状態が続くため、熱中症など健康管理に注意してください。 降水量は、沖縄本島地方と大東島地方では平年より多く、先島諸島は平年並でしょう。 最低気温・最高気温の欄の括弧内は気温の予測範囲を示しています。 実況の気温がこの範囲に入る確率はおよそ80%です。 信頼度は、3日目以降の降水の有無の予報について「予報が適中しやすい」ことと「予報が変わりにくい」ことを表す情報で、A、B、Cの3段階で表します。 信頼度 内容 A 確度が高い予報• 適中率が明日予報並みに高い• 降水の有無の予報が翌日に変わる可能性がほとんどない B 確度がやや高い予報• 適中率が4日先の予報と同程度• 降水の有無の予報が翌日に変わる可能性が低い C 確度がやや低い予報• 適中率が信頼度Bよりも低い もしくは• 降水の有無の予報が翌日に変わる可能性が信頼度Bよりも高い 平年値は次の値を掲載しています。 予報期間7日間で合計した降水量の平年並の範囲 予報4日目の最高気温・最低気温の平年値 各府県ごとの週間天気予報は、毎日11時と17時の2回発表しています。 期間の1日目と2日目については随時最新の天気予報を表示しています。 地方週間天気予報 その府県を含む地方予報区単位で見た向こう1週間の天気や気温などの概要です。 なお、「平年並」など平年との違いの程度を表す場合は、階級表現を用いています。 階級表現の詳細は、「」をご覧ください。

次の

『気象人』 the mag for kishojin : 気象ダイアリー 2020年7月

沖縄 天気 過去

天気概況 2019年06月 太平洋高気圧の北への張り出しが弱く、日本付近で偏西風が南に蛇行。 梅雨前線は日本の南に停滞しやすかった。 沖縄・奄美は曇りや雨の日が多く、降水量はかなり多く、日照時間はかなり少なかった。 本州付近は気圧の谷がたびたび通過して、北・東・西日本の天気は周期的に変化したが、梅雨前線の影響を受けにくく、東・西日本の日照時間は多かった。 西日本は前線や低気圧の影響を受けにくく降水量は少なかったが、北日本太平洋側と東日本は低気圧が通過した際に南から湿った空気も入りまとまった雨の所があり、降水量は多かった。 下旬後半には熱帯低気圧が沖縄・奄美に接近。 梅雨前線が北上して、九州北部、四国、中国、近畿の各地方は26日頃に梅雨入りしたが、それぞれ1951年以降で最も遅い記録に 速報値。 27日から28日は台風3号が本州南岸を通過し、その後は梅雨前線の活動が活発で東日本日本海側や西日本太平洋側を中心に大雨も。 上旬は暖かい空気に覆われ全国的に気温が高かったが、中旬は寒気に覆われやすく東・西日本や沖縄・奄美は気温が平年を下回る時期も。 気温の高い日が多かった北日本は月平均気温が高かった。

次の