きょう よう きん まく。 大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)

背部の筋(Musculi dorsi 【背部の筋 はいぶのきん】 Muscles of back) Feneis: 074 01

きょう よう きん まく

背部の筋(Musculi dorsi 【背部の筋 はいぶのきん】 Muscles of back) Feneis: 074 01 500 Internal Server Error Internal Server Error The server encountered an internal error or misconfiguration and was unable to complete your request. Please contact the server administrator, root localhost and inform them of the time the error occurred, and anything you might have done that may have caused the error. More information about this error may be available in the server error log. Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request. 42 Server at www3. tok2. com Port 80 【背部の筋 はい ぶのきん】 【僧帽筋 そうぼうきん】 【僧帽筋の下行部;僧帽筋の上部 そうぼうきんのかこうぶ;そうぼうきんのじょうぶ】 【僧帽筋の横部;僧帽筋の横走部 そうぼうきんのおうぶ;そうぼうきんのおうそうぶ】 【僧帽筋の上行部;僧帽筋の下部 そうぼうきんのじょうこうぶ;そうぼうきんのかぶ】 【項横筋 こうおうきん】 【広背筋 こうはいきん】 【大菱形筋 だいりょうけいきん】 【小菱形筋 しょうりょうけいきん】 【肩甲拳筋 けんこうきょきん】 【下後鋸筋 かこうきょきん】 【上後鋸筋 じょうこうきょきん】 【頚前横突間筋 けいぜんおうとつかんきん】 【頚外側後横突間筋 けいがいそくこうおうとつかんきん】 【頚後横突間筋外側部 けいごおうとつかんきんないそくぶ】 【腰外側横突間筋 ようがいそくおうとつかんきん】 【腰外側横突間筋の後部 ようがいそくおうとつかんきんのこうぶ】 【腰外側横突間筋の背側部 ようがいそくおうとつかんきんのはいそくぶ】 【腰外側横突間筋の前部ようがいそくおうとつかんきんのぜんぶ】 【腰外側横突間筋の腹側部 ようがいそくおうとつかんきんのふくそくぶ】 【項筋膜 こうきんまく】 【固有背筋 こゆうはいきん】 【脊柱起立筋 せきちゅうきりつきん】 【脊柱起立筋腱膜 せきちゅうきりつきんけんまく】 【脊柱起立筋の筋間中隔 せきちゅうきりつきんのきんかんちゅうかく】) 【腸肋筋 ちょうろくきん】 【腰腸肋筋 ようちょうきん】 【腰腸肋筋の腰部;腰腸肋筋外側部 ようちょうろくきんのようぶ;ようちょうろくきんがいそくぶ】 【腰腸肋筋の胸部 ようちょうろくきんのきょうかくぶ】 【頚腸肋筋 けいちょうろくきん】 【最長筋 さいちょうきん】 【胸最長筋 きょうさいちょうきん】 【腰部;腰腸肋筋の内側部 ようぶ;ようちょうろくきんのないそく ぶ】 【頚最長筋 けいさいちょうきん】 【頭最長筋 とうさいちょうきん】 【棘筋 きょくきん】 【胸棘筋 きょう きょくきん】 【頚棘筋 けいきょくきん】 【頭棘筋 とうき ょくきん】 【棘横突筋 きょくおうと っき】 【板状筋 ばんじょうきん】 【頭板状筋 とうばんじょうきん】 【頚板状筋 けいばんじょうきん】 【横突棘筋 おうとうつき ょくきん】 【多裂筋 たれつきん】 【腰多裂筋 ようたれつきん】 【胸多裂筋 きょうたれつきん】 【頚多裂筋 けいたれつきん】 【半棘筋 はんきょくきん】 【胸半棘筋 きょうは んきょくきん】 【頚半棘筋 けいはんきょくきん】 【頭半棘筋 とうはん きょくきん】 【回旋筋 かいせん きん】 【腰回旋筋 ようかいせん きん】 【胸回旋筋 きょうかいせん きん】 【頚回旋筋 けいかいせん きん】 【棘間筋 きょくかんきん】 【腰棘間筋 ようきょくかんきん】 【胸棘間筋 きょう きょくかんきん】 3 【頚棘間筋 けいきょくかんきん】 【横突間筋 おうとつかん きん】 【腰内側横突間筋 ようないそくおうとつかん きん】 【胸横突間筋 きょうおうとつかん きん】 【頚後横突間筋の内側部 けいごおうとつかんきんのないそく ぶ】 【頚内側後横突間筋 けいないそくこうあおうとつかん きん】 【胸腰筋膜 きょう ようきんまく】 【胸腰筋膜の浅葉 きょう ようきんまくのさいよう】 【胸腰筋膜の後葉 きょう ようきんまくのこうよう】 【胸腰筋膜の中葉 きょう ようきんまくのちゅうよう】 【腰方形筋膜 ようほうけ いきんまく; ようけんまく】 【胸腰筋膜の前葉 きょう ようきんまくのぜんよう】 【胸腰筋膜の深葉 きょう ようきんまくのしんよう】 500 Internal Server Error Internal Server Error The server encountered an internal error or misconfiguration and was unable to complete your request. Please contact the server administrator, root localhost and inform them of the time the error occurred, and anything you might have done that may have caused the error. More information about this error may be available in the server error log. Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request. 42 Server at www3. tok2. com Port 80.

次の

強膜炎(きょうまくえん)症状の特徴と対処法

きょう よう きん まく

< ・ Wikipedia:索引 きようとしは読み仮名が「きようとし」で始まる記事の一覧である。 あ行 は行 か行 ま行 さ行 や行 た行 ら行 な行 わ行 きようとし [ ]• (きょうとし)【】• (きょうどし)【歴史学】 きようとしあ [ ]• (きょうとしうきょうく-ちょうめい) きようとしえ [ ]• (きょうとしえいちかてつ)• (きょうとしえい-)• (きょうとしえい-)• (きょうとしえい-きんりんしゅっちょうしょ)【バス営業所】• (きょうとしえるあーるてぃーかわらまちせん)【計画】• (きょうとしえるあーるてぃーこうそう) きようとしか [ ]• (きょうとしかい)【議会】• (きょうとしがっこうれきしはくぶつかん)【京都府の博物館】• (きょうとしかみぎょうく-ちょうめい)• (きょうとしかんぎょうかん)【会場】• (きょうとしかんきょうきょくふしょうじ)• (きょうとしかんく)【日本陸軍】 きようとしき [ ]• (きょうとしきたく-ちょうめい)• (きょうとしきょういくいいんかい)【】 きようとしけ [ ]• (きょうとしけいさつ)【】• (きょうとしこうきょうがくだん)【】• (きょうとしこう-)【】• (きょうとしこうこしりょうかん)【】• (きょうとしこうつうきょく)【】• (きょうとしさきょうく-ちょうめい)• (きょうとしさくさんぎょう-)• (きょうとしさく-)【】• (きょうとしさんだいじぎょう)【都市計画事業】 きようとしし [ ]• (きょうとししもぎょうく-ちょうめい)• (きょうとじしゃとうどうじほうかじけん)• (きょうとしじょうえき)【】• (きょうとししょうねんかっしょうだん)【合唱団】• (きょうとししょうぼうきょく)• (きょうとじしん)【1830年】 きようとした [ ]• (きょうとしたいいくかん)【京都府のスポーツ施設】• (きょうとしたからがいけこうえんうんどうしせつきゅうぎじょう)【】• 【競走馬】• (きょうとしちょうかくげんごしょうがい-)• (きょうとしちょうぼうけいかんそうせいじょうれい) きようとしつ [ ]• (きょうと-)【マラソン大会】• (きょうとしでん)【】• (きょうとしでんきぶきひんしゃ)• (きょうとしでんふしみせん)• (きょうとしでんほりかわせん) きようとしと [ ]• (きょうとしどう-ごうきょうとかんじょうせん)• (きょうとしどう-ごうけあげたかのせん)• (きょうとしどう-ごうきぬがさうたのせん)• (きょうとしどう-ごううたのきっしょういんせん)• (きょうとしどう-ごうかんしゅうじひのおかせん)• (きょうとしどう-ごうししがたにあらしやません)• (きょうとしどう-ごうかんげつきょうよこおおじせん)• (きょうとしどうぶつえん)• (きょうとしとしょかん) きようとしな [ ]• (きょうとしないのとおり)• (きょうとしなかぎょうく-ちょうめい) きようとしに [ ]• (きょうとしにしきょうく-ちょうめい)• (きょうとしにしきょうごくそうごううんどうこうえん)• (きょうと-)【】 きようとしの [ ]• (きょうとしのうぎょうきょうどうくみあい)• (きょうとし-とちくかくせいりじぎょういちらん)【一覧】 きようとしは [ ]• (きょうとしはんがっこう)【旧制教育機関】 きようとしひ [ ]• (きょうとしひがしやまく-ちょうめい)• (きょうとしびじゅつかん)• (きょうとしふしみく-ちょうめい) きようとしへ [ ]• (きょうとしへいあんきょうそうせいかん)【博物館】 きようとしま [ ]• (きょうとしまつやじけん-)【】• (きょうとしみなみく-ちょうめい) きようとしや [ ]• (きょうとしゃかいほけんじむきょく)【】• (きょうとしやくしょ)• (きょうとしゃしょうく)【JR西日本】• (きょうとしゃしんかきょうかい)【写真家集団】• (きょうとしゃしんげいじゅつかきょうかい)【写真家集団】• (きょうとしやましなく-ちょうめい)• (きょうと-)【】 きようとしゆ [ ]• (きょうとじゅうかんじどうしゃどう)【】• (きょうとしゅうきょうけいだいがくいんれんごう)【】• (きょうとじゅうさんぶつれいじょう)【寺】• (きょうとしゆうれい-もんだい)【交通局】• (きょうとしゅご)【】• (きょうどしゅっぱんしゃ)【出版社】 きようとしよ [ ]• (きょうとしょいん)【出版社】• (きょうとしょう)【学問】• (きょうとしょうえいこうとうがっこう)【】• (きょうとしょうがくせいさつがいじけん)【】• (きょうとしょうぎ)【】• (きょうとしょうきそかがくぶもん)• (きょうとしょうけんとりひきしょ)• (きょうとしょうしそうげいじゅつぶもん)• (きょうとしょうせんたんぎじゅつぶもん)• (きょうとじょうほうだいがくいんだいがく)• (きょうとじょうほうだいがくいんだいがく-じんぶついちらん)【人物】• (きょうとしょしだい)【江戸幕府】• (きょうとじょしだいがく)【私大】• (きょうとしりついけだしょうがっこう)• (きょうとしりついけだひがししょうがっこう)• (きょうとしりつおぐりすちゅうがっこう)• (きょうとしりつおんがくこうとうがっこう)• (きょうとしりつおんがくたんきだいがく)• (きょうとしりつかんごたんきだいがく)• (きょうとしりつかんしゅうしょうがっこう)• (きょうとしりつ きたのちゅうがっこう)• (きょうとしりつきょくちしょうがっこう)• (きょうとしりつげいじゅつだいがく)【】• (きょうとしりつけいほくびょういん)【医療機関】• (きょうとしりつけんりゅうしょうがっこう)• (きょうとしりつさいきょうこうとうがっこう)• (きょうとしりつさがのしょうがっこう)• (きょうとしりつしもがもちゅうがっこう)• (きょうとしりつしゅうがくいんちゅうがっこう)• (きょうとしりつすざくだいよんしょうがっこう)• (きょうとしりつだいがくにゅうしこうほうれんらくかい)• (きょうとしりつたいけんしょうがっこう)• (きょうとしりつどうだびじゅつこうげいこうとうがっこう)• (きょうとしりつとうようそうごうしえんがっこう)• (きょうとしりつとうなんこうとうがっこう)• (きょうとしりつにしそうごうしえんがっこう)• (きょうとしりつにじょうじょうきたしょうがっこう)• (きょうとしりつびょういん)【京都府の医療機関】• (きょうとしりつひよしがおかこうとうがっこう)• (きょうとしりつひろさわしょうがっこう)• (きょうとしりつふじのもりちゅうがっこう)• (きょうとしりつふしみこうぎょうこうとうがっこう)• (きょうとしりつほりかわこうとうがっこう)• (きょうとしりつむらさきのこうとうがっこう)• (きょうとしりつらくなんちゅうがっこう)• (きょうとしりつらくようこうぎょうこうとうがっこう)• (きょうとしりつりっせいしょうがっこう) きようとしわ [ ] きようとしん [ ]• (きょうとしんじょう)【桃山時代】• (きょうとしんぶん)【地方紙】• (きょうとしんぎ-ゆうかん)【】• (きょうとじんぶんがくえん)【教育運動】• (きょうとしんぶんさかずき)【]】• (きょうとしんぶん-)【TV・】• (きょうとしんぶんはい)【競馬】• (きょうとしんめいりゅう)【架空】• (きょうとしんようきんこ)•

次の

背部の筋(Musculi dorsi 【背部の筋 はいぶのきん】 Muscles of back) Feneis: 074 01

きょう よう きん まく

このようなことから、「内眼炎」とも呼ばれ、その原因には失明に至る重症なものもあり、さまざまです。 からだの表面の病気は早く治りますが、からだの中の病気はなかなか良くならないように、ぶどう膜炎は目の中の病気ですから数日から数週で治ることは少なく、数か月から数年、病気によっては持病として付き合っていかなければならないものもあります。 ぶどう膜炎が生じると、目の中の透明な前房と硝子体に炎症性細胞が浸潤するため、霧視(かすみがかかったように見えること)や飛蚊症(虫が飛んでいるように見えること)と羞明感(まぶしく感じること)、その他、視力低下、眼痛、充血などの症状がみられます。 片眼だけのことも両眼のこともあり、両眼交互に症状が現れることもあります。 症状の経過は、だんだん悪くなるものもあれば、一時的に良くなり再びまた悪くなるといった再発・寛解を繰り返すものまでさまざまです。 図.ぶどう膜炎を生じた目 左図:正常な眼の断面図。 角膜から入ってきた光刺激は網膜で像を結ぶため、角膜、前房、水晶体、硝子体は透明な組織です。 右図:ぶどう膜炎を生じた眼の断面図。 「房水」と呼ばれる水で満たされている前房と、99%が水からなる硝子体に炎症性細胞が浸潤します。 しかし近年、ベーチェット病は減少傾向にあり、2009年の結果では6位となっています。 2009年の調査では、強膜炎が新たに対象となり、また急性前部ぶどう膜炎も疾患定義の拡大により上位原因疾患となっています。 しかし、原因疾患が分からない分類不能なぶどう膜炎が2002年には38. 9%、2009年には少し減少したものの33. 5%にみられ、すなわち「ぶどう膜炎」と診断されても3人に1人は原因疾患が分からないことになります。 ぶどう膜炎は、サルコイドーシス、原田病、ベーチェット病のように全身の免疫異常が要因であることや、細菌性眼内炎やヘルペス性虹彩毛様体炎のように細菌、ウイルスの感染、そのほか真菌(カビ)、寄生虫などによることや、強膜炎のように全身の免疫異常、感染がともに要因になることがあります。 また、外傷や悪性腫瘍も要因となります。 表.ぶどう膜炎の原因疾患とその頻度 2002年 順位 疾患 (%) 1 サルコイドーシス 13. 7 3 ベーチェット病 6. 2 4 細菌性眼内炎 3. 8 5 ヘルペス虹彩毛様体炎 3. 6 6 ポスナー・シュロスマン 1. 9 分類不能 38. 9 (日本眼炎症学会による調査結果) 2009年 順位 疾患 (%) 1 サルコイドーシス 10. 0 3 急性前部ぶどう膜炎 6. 5 4 強膜炎 6. 1 5 ヘルペス虹彩毛様体炎 4. 2 6 ベーチェット病 3. 9 分類不能 33. また、目の組織採取が必要であったり、診断的治療目的の手術が施行されることもあります。 サルコイドーシスや原田病、ベーチェット病のような全身の免疫異常が原因の場合は、目以外のからだにも症状が現れるため、詳細な問診が大切になります。 しかし、特徴的な眼科所見や全身検査結果がみられず、診断に至らないことや、鑑別のための追加検査が必要となることもあります。 最初は原因疾患が分からないぶどう膜炎であっても、経過とともにぶどう膜炎の病気が診断されることもあり、診断に苦慮する目の病気の一つです。 ぶどう膜炎患者さんの3人に1人は原因不明ですが、原因が分かれば、詳しく症状、予後を知ることができ、より適切な治療を受けることができます。 原因が細菌などの病原微生物による場合は、その病原微生物に有効な薬が使用されますが、多くのぶどう膜炎では、原因疾患が分かっても根治療法は困難であり、治療の目的は炎症を抑えて視力障害につながる合併症を予防することです。 ぶどう膜炎の種類や重症度によって治療法や治療の期間は異なりますが、局所療法としては、炎症を抑えるための副腎皮質ステロイド点眼薬と炎症により茶目(虹彩)が黒目(水晶体)に癒着し瞳が不整円となる虹彩後癒着を予防する散瞳薬点眼が処方されます。 目の炎症が強いときは目の周りの組織に注射する場合もあります。 目の局所治療だけでは良くならなかったり、目の奥に炎症が強い場合は、副腎皮質ステロイド薬や免疫抑制薬の全身投与が行われます。 副腎皮質ステロイド療法は症状の改善に伴い徐々に量を減らしていきますが、自覚症状が改善したからといって、自己判断による急激な減量や中止は炎症を再燃させるばかりではなく、死に至るショック症状を起こすことがあるため、たいへん危険です。 このような合併症は炎症が落ち着いても視力が回復しない原因であり、難治なぶどう膜炎では黄斑変性や視神経萎縮を来し、高度な視力障害に至ることがあります。 一方、原因不明のぶどう膜炎ではその病状経過は不明であり、視力予後も経過をみていかなければなりません。 上記症状を自覚したら必ず眼科を受診することが大切です。 感染が原因ですと、一日でも早く治療を開始しなければ失明する病気もあります。 不適切な点眼や通院の自己中断はぶどう膜炎の活動性を高め、予後を悪化させてしまうので、眼科医の指示に従って通院し、適切な点眼、内服治療を受けることが必要です。 日常生活においては、ぶどう膜炎が悪化したときの行動を覚えておき、その行動を避けること、避けられないときには十分な注意を払うことが大切です。

次の