アイコス3 クリーニング方法。 アイコス・ホルダーを新品同様に蘇らせる掃除の仕方、有害物質を発生させる前にキレイにしましょ!今更シリーズ

【初心者向け】アイコス3の正しい使い方と充電方法まとめ

アイコス3 クリーニング方法

おっさんです。 悲しいかな、IQOS最大の欠点である使い込めば使い込むほど味が濁ってまずくなっていくのはIQOS3でも如実に継承されています。 早ければ1. 2ヶ月で最初の輝きを失ったIQOSになっているのではないでしょうか? 一番の対策は日々のクリーニングしかありませんが、IQOSを蘇られせるキーアイテム、ドラクエ2で言うところのルビスの守り的なポジションなのが、キャップです。 IQOS2. 4PlusまでのIQOSのキャップは力技で分してクリーニングする事で大きな改善になりました。 翻ってIQOS3のキャップは抜き差しすると仕込みのような感覚がある上に斜めにカットされた構造でIQOS2. 4Plusでやっていた分解に躊躇しますが。 破損覚悟でやってみました。 難攻不落?IQOS3のキャップは分解しにくい? IQOS3もIQOS2. 4Plusも実は大きく変わっていません。 チャージャーの構造や見た目が変わったとか、ホルダーのキャップの形状が変わったという見た目の変化はありますが、特にキャップに関しては大きな変化がありません。 ただしIQOS3のキャップは斜めにカットされています。 また内部的にもキャップを抜き差しすると金属的なカチカチという音もします。 キャップはIQOS3になっていくつかの新しい仕掛けがついています。 IQOSクリーニングでキャップのクリーニングは必須ですが、キャップを分解すると更にヒートスティックが美味しく吸えるのでIQOS2. 4Plus時代はキャップを分解しないクリーニングなしではいられなくなります。 記事にすると難しく感じますが、手順は簡単でIQOS2. 4Plusのキャップのヒートスティックを刺すとこに割り箸を入れて、上から軽く何かでレディー!カツンすると分解出来ます。 後は好きなように舐め回す様にねぶり倒してクリーニングするだけです。 派遣さんが渡される企業が練り練った手順書より分かりやすいですね。 さてIQOS3のキャップもそろそろ分解したいフラストレーションが高まっているヘビーユーザーも多いのではないでしょうか?しかしIQOS3のキャップは上記の様な理由によって分をがしにくい雰囲気を持っています。 ただ構造的にはそんなんに変わらないのも直感的に感じます。 そこで壊すのを覚悟でIQOS3のキャップも分解しました。 IQOS3のキャップの分解はIQOS2. 4Plusと同じで大丈夫 IQOS3のキャップを分解しようという気持ちになっても、斜めにカットされているので安定してIQOS3キャップを立たせる事が出来ません。 ならば安定して立たせればいいのですよ。 って事で施策したのが斜めカット部分にカマシを入れること。 おっさんはプリンター用紙を畳んで畳んでカマシました。 この様に幾重にも折り畳んだプリンター用紙をIQOS3キャップのカット部分にカマシます。 そしてIQOS2. 4Plusキャップの分解と同様に割り箸を挿します。 で上から何かで一撃ハンマーを食らわせます。 レインメーカー的な感じでOKです。 おっさんはいつもエアダスター缶の底でカツンとやっています。 上記の流れでIQOS3のキャップが分解出来ました。 IQOS3のキャップには金属のバネが仕込まれています。 これが金属的なカチカチの元です。 バネを除けば構造は今までのIQOSキャップと同じです。 IQOS3キャップはIQOS2. 4Plusと同じ様に分解出来ますが、バネが設置されたので完全クリーニングは多少厳しくなっています。 分解した中身の方の外側はアルコールやClewを付けたティッシュで汚れを取ります。 バネが外れると結合が厄介そうなので、軽くタッチするような感じでクリーニング。 ホールはアルコール綿棒やClewでクリーニングします。 キャップ面の内側も綿棒でクリーニング。 これでIQOS3キャップの分解クリーニングが出来ます。 このキャップは水に付けて洗浄した後ですが、それでも多少汚れは出ます。 やはりIQOS3でもキャップの分解クリーニングは必要みたいです。 分解クリーニングしたIQOS3キャップの結合 さて一度バラした物は元に戻す必要があります。 IQOS2. 4Plusのキャップの結合はまず中身をIQOS2. 4Plusのホルダーに当ててキャプを押し込むだけでした。 IQOS3のキャップはバネも収める必要がありますが。 そんなに難しくありません。 まずキャップの中身をホルダーに当てるまでは同じです。 ホルダー側にキャップのバネのフック穴があってまずはそこのバネを入れます。 その下に更にバネのフック穴があるのでそこまではめ込みます。 ここにキャップを被せるのですが、ボタン側より反対側の筋をあわせる感じの方が綺麗に入りました。 狙いを定めたら逆さまにしてホルダーを押し込みます。 これでIQOS3キャップの分解クリーニングと結合は終わりです。 以上がIQOS3キャップの分解クリーニングの方法です。 IQOS3キャップ分解クリーニングの注意点 ここまでクリーニングするとやっぱり美味しいヒートスティックのフレーバーが蘇ります。 おっさんはIQOS2. 4Plusではクリーニングする度にキャップを分解していました、これでIQOS3もキャップの分解クリーニングが出来ます。 しかしIQOS2. 4Plusのキャップの分解に比べて多少手間もリスクも上がっています。 特に分解時にカマシを入れても叩く力によっては不安定に成りやすいので破損の恐れがあります。 また結合時バネを押し込むのは簡単ですが、キャップをはめるのが少々手間がかかり下手をするとブレード折れやスイッチの損傷の可能性もありますので必ず自己責任でお願いします。 おっさんも大概不器用で力む癖があるのですが、壊れてもいいやって覚悟がある方以外は控えてください。 分解して分かったのはバネによるキャップの緩みを防いでいるのだと思います。 IQOS2. 4Plusより多少難解になったIQOSキャップの分解クリーニングですが、常にパーフェクトクリーニングを目指す方や、美味しいヒートスティックを目指すなら挑戦するのもありかなと思います。 どっちにしろ分解しないと綺麗にクリーニング仕切れないキャップの造り然り、積み重なって落ちないホルダーの汚れ然り。 IQOSのボーナスステージは新品から1ヶ月くらいの短命の様な気がしますね。 なおタバコは20歳から。

次の

【動画】アイコス3・マルチの掃除方法|正しいクリーニングでブレード折れ故障も予防【解説】

アイコス3 クリーニング方法

2018年11月15日に発売されたIQOS3とIQOS3 MULTI。 当サイト【アイコス互換機コム】ではヒートスティックを使用可能なアイコス互換機16機種以上レビューしていますが、本家IQOSも使用しなければ比較ができませんので、IQOS 3とIQOS 3 MULTIもレビューしない訳にはいきません。 そんな IQOS 3とIQOS 3 MULTIの使い方や使用感・注意点を徹底的にレビューしていきたいと思います。 発売後数日の時点で既に加熱ブレード折れが発生したユーザーさんがいるようです。 IQOSのブレード折れは、保証期間内の交換は1回までなのでクリーニングツールの使い方もレビューしていきたいと思います。 白ランプ2回点滅:動作温度の範囲を超えている• 赤ランプ3回点滅:異常状態 1.充電をしましょう。 2.本体温度が冷ますか、気温の暖かな場所で再度試しましょう。 まずはリセットを行ってみてください。 本体(ポケットチャージャー)の充電ボタンを10秒長押しすると2回ランプが点滅してリセット完了します。 故障の可能性もありますが、ブレード周辺の汚れが影響している場合もあります。 まずはクリーニングを行ってみてください。 もし赤ランプが点灯した際は、まずは丁寧な掃除を行ってみてください。 その上で前出のリセット方法を試しても赤ランプが点灯するようでしたらサポートに連絡してみてください。 従来の充電コネクタ(microUSB)は差し込み口の表裏があるため、いちいち確認しなければ差し込めませんでした。 USB Type-CはiPhoneの充電コネクタと同じく表裏が無いため、差し込みに悩むことがありません。 IQOS3に付属の【安全のために】という注意マニュアルに小さく記載があります。 ならなんで変換ジャックを配ったのか、と思わないでもないですが、、、 自宅以外に、会社・車・外出中のモバイルバッテリーなど皆さんもmicroUSBケーブルをお持ちかと思います。 そんな複数箇所での充電に対応させるためにType-Cへの変換ジャックを配っているのかもしれません。 ちなみに充電は2A以下のでの充電に対応していますので、それ以上のアンペアに対応した充電アダプターを使用しないように注意しましょう。 その他のオプション機能として、IQOSのキャップはオプションで色を変更することが可能です。 また、IQOS3はチャージャー側のドアをカスタマイズすることが可能です。 新型IQOS3マルチクリーニング中にブレードが折れてお亡くなりに… 樹脂クリーニングブラシは便利だけど、こんな罠が仕掛けられていたとは…悲しすぎる😱 — nikei nikei999 ちなみに、2ch 5ch でも真偽は不確かなものの、複数のIQOS3のブレード折れが報告されています。 主なブレード折れの原因は、マルチのほうが多い印象で新型のクリーニングツールの使用中に起こっているようです。 当サイトではアイコス互換機を中心にご紹介していますが、そもそもgloのようにブレードが無いタイプ、ブレードの取り外し&交換可能な機種などが存在しています。 どんな家電製品も初期不良を始め、故障を100%防ぐことは不可能です。 ただ、IQOSに関しては加熱部のブレードがデリケートかつ、バッテリーの使用、毎日加熱して繰り返し使う機器なため、故障が多い印象です。 各IQOSシリーズの保証期間と交換回数をまとめてみました。 IQOS2. 4 PLUS IQOS3 IQOS3 MULTI 保証期間 購入後6ヶ月(製品登録で購入後1年に延長) 無償修理・交換回数 ポケットチャージャーとホルダー各1回まで 1回まで 基本的な故障に関しては、交換1回まで(チャージャーとホルダー1回ずつ)、一体型のMULTIは1回までの交換となっています。 私自身は過去IQOSの充電不良などで交換してもらったことはありますが、ブレード折れを経験したことがないのですが、ブレードの折れや充電不良などは自己責任には感じない場合もあると思います。 そもそも初期不良とブレードの折れなどとの差が不明瞭だったため、コールセンターに連絡しました。 初期不良(電気的な故障)に関する交換と、ブレードの折れなどの過失などの故障は別扱いとのことでした。 半年など長い期間使用しての電気的な故障の場合は不明ですが、初期不良で交換してもらったとしても、ブレードの折れなどで故障した場合はもう1度交換可能です。 保証により1回の返品交換は可能ですが、ブレードの折れに注意するに越したことはありません。 特にMULTIのクリーニング中に関するブレードの折れの声が多いので優しくクリーニングするように心がけたほうが無難です。 IQOS3のクリーニング方法を確認してみましょう! IQOS3とIQOS3 MULTIのクリーニングツールの使い方・掃除の方法 IQOSの味わいキープに重要なのが定期的なクリーニングです。 ですが、ブレード折れの原因にもなりやすいのがクリーニングです。 ブレードを折らないためのクリーニング時の注意点をご紹介していきます!• 特にマルチはブレード折れしやすい• 必ず冷めてからクリーニング• 付属のクリーニングツールは負担が強いと知る• クリーニングツールは優しく回転させる• クリーニングスティックの方がブレードへの負担が少ない 私は基本的に付属のクリーニングツールを使わず、ベビー綿棒でブレードに触れないように掃除しています。 ただ、ブレード周辺だけは、焦げ付きが取り切れないので爪楊枝や針などでたまに掃除しています。 この時もブレードにできるだけ触れないように気をつけています。 IQOS3とIQOS3 MULTIの吸いごたえよりも… IQOS3は旧来のiQOSよりも若干キック感が弱いようにも感じます。 感じ方は個人差があるかもしれません。 IQOS3のデザイン性、MULTIの連続使用は大きな改善が見られましたが、使い勝手や機能面に関しては、まだまだアイコス互換機の方が優位性があると感じました。 当サイトでは20機種以上の互換機を比較して、使い勝手や吸いごたえを比較しています。 ぜひ以下のランキングも参考にしてみてください! 安くて、吸いごたえの満足度、機能面・カスタマイズ性に関してもIQOS3よりも高機能な互換機が存在しています。

次の

IQOSの新型クリーニングツールが届いたよ!使い方・旧型との比較まとめ

アイコス3 クリーニング方法

アイコス3の説明書を見る前に確認 iQOS3のセット内容• 掃除道具から充電器具まで盛りだくさん 左から• クリーニングスティック• クリーニングツール• iQOS3ポケットチャージャー• iQOS3ホルダー• USB充電ケーブル• ACアダプター 箱もiphneみたいで、かっこいいですよね。 開けた瞬間はテンションが上ります! 部品に不足がなければ、準備をして、早速吸ってみましょう。 吸うまでに準備すること• 充電は済ませておく 新品の状態でも、充電は入っていました。 でも、満タンでない可能性があります。 すぐ連続で吸いたい場合は、最初に充電をしておくと、途中で切れてしまう心配がないですね。 たばこスティックの準備 アイコスフレーバー自体は付属していません。 好みのたばこスティックを買っておきましょう。 新型と言っても、今まで発売されたフレーバー、どれでも吸うことができます。 アイコス3の使い方 新型のトリセツ 充電の仕方• ポケットチャージャーは専用コードで 今までのアイコス充電コードとは、先っぽが違うんですね。 差込口が変わっているので、必ずアイコス3に付属している充電コードを使用するようにしましょう。 充電エラーが少なくなるよう、改良されているんですね。 コンセントに差し込んで、充電コードをチャージャー本体へ入れればOkです。 ホルダーはチャージャーに入れるだけで充電スタート 充電完了のサイン 丸いランプが、点灯すればOK ホルダーの充電完了は、約3分間で満タンになります。 小さい丸いランプが白く点灯したら、充電完了です。 放置しておくと、ランプが消えてしまうので注意。 もう一度ボタンを押すと、光って確認できます。 底に磁石が付いてるので、差し込みエラーも防げますね。 念の為、ホルダーをチャージャーへ入れる時は、カチとセットされたか確認しましょう。 チャージャー充電器• ホルダー部分 別の詳しい充電時間は、下でまとめています。 電源をオン• 頭にある細長いボタンを4秒長押し• 細長いランプ• 丸いランプ が点滅したら、電源が入った合図です。 連続で押すのではなく、長押しって点は覚えておきましょう。 電源が入ると、白色にチカチカ点滅するようになります。 加熱方法• ヒートスティックのを差し込む• 真っ直ぐ差し込む• 先まで入れる って点がコツですね。 アイコス3ホルダーのボタンを長押し• ブルブルっと振動• ランプが白色に点滅 するまでボタンを押し続けます。 何も反応がない場合、充電が切れている可能性があるので、もう一度充電してみましょう。 ランプが白色の点灯になったら吸ってOK ブルブル震えた直後に吸うのではなく、 ランプが点滅から点灯へ変わったら吸うようにしましょう。 しっかりヒートスティックに熱が通ってから吸うことが、大切ですね。 終了の合図• 終了の30秒前に合図してくれる• 2回の振動• ランプが白色へ点滅 数回吸えるくらいの充電残量で、 「もうすぐ切れるよ~」ってサインを出してくれるんですね。 突然、充電が切れて吸えなくなるってことがないので、ありがたいです。 アイコス3の再起動 リセット のやり方 「アイコス3が調子悪い!」 って時はまずは、 再起動してみると、直る可能性があります。 チャージャー• ホルダー 別に、リセット手順を見ていきましょう! チャージャーの再起動• ボタンの長押しで、再起動できる 1.まずは、10秒間、ボタンを長押し 2. ライトの点灯で指を離す 長押しすると、• すべてのライトが2秒間白く点灯 します。 アイコス3ホルダーの再起動• チャージャーに入れて、ボタン長押し ホルダー単体での再起動ボタンはないんですね。 必ず、チャージャーにアイコス3ホルダーを入れて、リセットする必要があります。 アイコス3ホルダーは、チャージャーと一緒に再起動する ってことですね。 クリーニングするやり方• ホルダーの先を外す ちょっと力を入れて抜かないと外れません。 外す時は、 必ず真っ直ぐに引っ張るようにしましょう。 斜めに引っこ抜くと折れてしまうこともあるので、要注意。 付属のクリーニング道具を使う ホルダーの奥まで差し込んだら、グリグリ左右に動かします。 タバコのカスやヤニの汚れを落としてくれるので、1週間に1度はやっておくと、気持ちよく吸えますね。 最後に、実際、説明書を見ながら使ってみて、分かりづらかった点をまとめてみました。 「説明書にのってないけど、ココどうなの?」 って点を取り上げてみました。 アイコス3の説明書で分かりづらい注意点 ホルダーを入れる向きは吸口が上 吸口を下に入れると、いつまでも充電されません。 説明書には記載されてないので、はじめてアイコスを使う人は要注意。 急いでいても、 入れる向きだけは確認しておきましょう。 チャージャーの電源を必ず入れてから、ホルダーをセット 使い始め、 「いつになったら充電が終わるの?」 って感じでずっと待っていました。 チャージャー本体の電源がオフになっていたら、 ホルダーの充電が始まらないってことですね。 長押しして、電源をオンにしてから、ホルダーを入れるようにしましょう。 電源を入れたのに、ホルダーが充電されないなら、チャージャーの充電不足が考えられます。 再度、チャージャーも充電してもうまくいかないようなら、初期不良も疑いたいですね。 終了した段階の合図はなし 吸えなくなる30秒前には振動と白ランプで合図してくれます。 でも、終了時の合図はありません。 事前の 合図を逃したら、吸えなくなったかどうかで判断するしかないんですね。 手から離した、テーブルに置いてる時に合図が出ていたら、気付きにくいので注意しましょう。 連続吸いできるアイコス3マルチの説明書も作ってみました。

次の