あつ森 花 むしる。 【朗報】あつまれ どうぶつの森の仮想世界に『雑草抜き』専門業者が出現「これには草」「リアルな社会みたいなのができてるのか」「楽しみかたが上手いな」

『あつ森』で雑草抜き業者が誕生‥実は双方にとって好都合だったもよう│SWITCH速報

あつ森 花 むしる

『あつまれ どうぶつの森』コミュニティ内で雑草抜きを専門とする業者が現れたとして、話題を呼んでいる。 Eurogamerなどが報じている。 『あつまれ どうぶつの森』では、過去シリーズと同様に雑草の概念が存在する。 ゲーム開始時には島のそこら中に生えているほか、時間経過と共にその数を増やす。 ただし、今までのシリーズではお邪魔要素の強かった雑草は、今作ではいくらか有益な存在である。 たとえば、抜いた雑草はお店で売ることができるし、レシピを入手すれば特定の家具の作成にも使用可能。 見た目もリッチになり種類が増え、季節によって見た目が変化するようになったことで価値が高まった。 とはいえ、やはり雑草は雑草。 島の見た目を邪魔する存在であることには違いない。 そんな雑草を駆除する業者が登場した。 tybat11を名乗るユーザーは、WeedCoを名乗る業者としてRedditなどコミュニティ内で宣伝をしている。 目的は、雑草抜きの仕事の請負だ。 部下1人と共に、依頼人の島へと飛び雑草を抜く。 無料のサービスだが、チップは受け付けているという。 WeedCoは、活動のためのGoogleドキュメントページを開設しており、稼働可能なスケジュールを掲載するなど、業者らしく活動している。 一種のビジネスと呼んでも差し支えないだろう。 もともとRedditにて精力的に宣伝していたtybat11氏は、雑草抜きの活動を進めていたが、このたび活動加入者を面接する動画を投稿。 コミカルながらビジネス理念がわかる映像であるとして、ここ数日コミュニティ内のユーザーから関心が寄せられていた。 面接動画では、同氏がWeedCo加入希望者を指導している。 近くに花があっても正確に雑草だけを抜くこと。 雑草をひとつも見逃さないために、右スティックを駆使し、壁や崖の裏まで細かくチェックすることなど。 雑草抜きのプロになるためにいろはを教え、口頭での質問を経て、合格採用の告知が下された。 加わったスタッフには、作業着が与えられている。 なんとも微笑ましい映像だ。 Polygonによると、tybat11氏が 雑草抜き業者になろうとしたきっかけは、雑草抜きをしてほしいという声の大きさが理由だったのだという。 一方で、同氏自身が「雑草を抜くこと」を好んでいることも関係しているそうだ。 というのも、 tybat11氏は不安症を抱えており、反復作業をすることで落ち着くのだという。 それゆえに、他ユーザーの雑草を抜くことが楽しいそうだ。 同氏が抜いた雑草は依頼主に返すこともあるが、報酬として手元に置いておくケースもあるという。 報酬を得られれば嬉しいが、雑草を抜くことそのものが報酬なのだろう。 同氏は雑草を抜きたい。 依頼主は雑草を抜いてほしい。 やや不思議ではあるが、両者の目的は合致しているわけだ。 これまでの『どうぶつの森』シリーズでも雑草はプレイヤーの天敵であったので、それを抜く活動をしていたユーザーもいるのだろう。 SNSなどが発達し、そうしたユーザーの活動が宣伝しやすくなり、またそうした活動が他者から見つかりやすくなっている。 昨今の世界情勢も関係してか、家にいながらも生活を楽しみ、安息を得られる『あつまれ どうぶつの森』の人気は高まるばかり。 その影響で、同作のゲーム内アイテムのトレードがかなり盛んになっている。 一方で、現実世界のお金とゲーム内アイテムを交換するような、トラブルに発展しかねない取引も散見される。 今回の雑草抜き活動のような、お互いが幸せになり、トラブルリスクも少ないゲーム内ビジネスは、プレイヤーたちを豊かにしていくことだろう。 from tybat11氏が活動加入者を面接する動画.

次の

なぜあなたは「あつまれ どうぶつの森」にハマるのか? 考察してみた。|Fujiki / ゲームプランナー|note

あつ森 花 むしる

全く同じ花が生まれるため、交配でできた花を増やす際に便利。 交配時は増殖が起きないように 花はペアが成立すると交配し、成立しないと増殖する。 親と全く同じ色の交配産を狙う場合、 ペアがきちんと成立する植え方でないと、増殖か交配かどうか見極めることができないので注意。 レア花の種類と作るコツ レア花とは? レア花とは交配のみで生まれる特殊な色。 たぬき商店などで販売されている種から交配して作るので、一定の苦労が必要になる。 複雑な組み合わせを持つ色もあるので、レシピを確認して間違えないようにしよう。 レア花の作り方リンク 花を交配させる時には毎日必ず水やりをしよう。 花の成長が早くなり、交配で新しい花が生まれやすくなる。 レアな色を狙う場合はじょうろをたくさん用意しておこう。 他プレイヤーの水やりが効率的 自分の島におでかけに来たプレイヤーに水やりをしてもらうと、交配によって新しい花が生まれやすくなる。 他プレイヤーに水やりをしてもらった数が多いほど、より交配が活発になる。 互いに水を上げあうグループを作ると交配を効率よく進められる。 他の人から2つもらう 花は同じ色が2つ以上あれば増やすことが可能。 レア花を生産できている人から2つ花のカブを譲ってもらい、自分の島で増やすことも可能だ。 関連記事 花関連記事.

次の

【あつ森】花の交配表と種類一覧

あつ森 花 むしる

この記事にあるように、コロナの影響がヒットを後押ししていると言えるでしょう。 家にいる時間が増えたため、現実の世界でできない生活を「あつ森」の無人島生活に求め、友だちとオンラインで会うことで、楽しい「おうち時間」を享受することができます。 ・・・というように、社会的な影響が重なって同作がヒットしていることは分かるのですが、 なぜ、 みんながあれだけ熱心に地道に素材を集めて、DIYをして、島作りにハマってしまうのか、ゲームの仕組み的にはどうなっているのでしょうか? ゲームデザイン的な観点で、「あつ森」を考察してみました。 今回は、 ゲーム全体を俯瞰した大きな目線から、 最小単位の行動まで3つの視点で「あつ森」のハマる仕組みについて考察しました。 人間の欲求に沿った段階的な目標設定(大きな視点) 1つ目のハマる仕組みは、 目標設定です。 あつ森では、ゲーム内の目標はたぬきちから提示されます。 は 「マズローの5段階欲求」に沿ったゲームデザインで、ぼくたちの心をガッチリ掴んで離さない構造になっている・・・。 そのため、プレイヤーはたぬきちから与えられた目標を 「達成すれば自身の欲求が満たされるもの」として無意識に捉えます。 プレイヤーは目の前の目標を達成すると、すぐさま「次の目標を達成して欲求を満たしたい!」と思いどんどん目標達成への道のりを進んでいくわけです。 あらゆる行動が報酬に変化する「たぬきマイレージ」(中規模の視点) 大きな視点でゲーム全体を見ると、目標設定がモチベーション維持となる装置でした。 では中規模の視点で見てみるとどうでしょうか。 僕は、 「たぬきマイレージ」がモチベーション維持のための仕組みになっていると考えます。 「たぬきマイレージ」とは、無人島生活のサポートとなる仕組みです。 サカナを釣ったり、ムシをつかまえると「マイル」という特別なポイントがもらえます。 そして、「タヌポート」という(どこぞの「Loppi」のような)端末で、 マイルと家具やDIYレシピなどの様々な特典を交換することができます。 例えば、5,000マイルで所持できるアイテムの上限数を10個増やしたり、 他の島に行くことができる「マイルりょこうけん」という物に交換したりすることができます。 では、この「たぬきマイレージ」がモチベーション維持の仕組みとなっている理由を4つ、以下に書いていきます。 ゲームの進行状況ごとに詳しく見てみましょう。 ・マイルを貯めてアイテム所持上限数を増やすことで、タヌキ商店や島民の家具設置のための素材集めを効率的にできるようになる。 このようにして、マイルを貯めることがゲーム内目標の達成につながっているため、 プレイヤーとしてはとりあえずマイルを貯めることは得というわけです。 たぬきマイレージが紐付いている行動の一部を抜粋すると、以下のような感じです。 例:「ウォーターハザード」(風船のプレゼントを水の中に落としてしまうとマイルがもらえる) このようにして、島内でのあらゆる行動に対してマイルの報酬が紐付いているため、 体験としては、 「何か行動を起こすととりあえずマイルもらえる」ということになります。 さらに、これは 地味に超重要なのですが、「たぬきマイレージの見せ方」について触れたいと思います。 こちらは先ほどのたぬきマイレージのスクリーンショットですが、よく見てみてください。 マイルをもらえる条件を達成していないものは、スタンプカードを見せていません。 つまり、どんな行動をすればマイルがもらえるかが分からない状態のため、プレイヤーは様々な行動を試したくなります。 そして新しい種類のマイルをもらえた時には、「こんな行動でマイルがもらえるんだ!」という発見の体験をすることができます。 この体験もあるため、プレイヤーは島内での活動が楽しくなるのです。 例:「サカナを10匹釣る」の次の達成条件は「サカナを100匹釣る」 これでは、 「1日中島内行動をしたけど何も報酬がもらえなかった」という体験をする日が出てきます。 行動に対する実入りが無いとモチベーションが落ちてしまうわけですが、 これを解決するための仕組みが、 「たぬきマイレージ+」という機能です。 「たぬきマイレージ+」は、以下の様な仕組みです。 例:サカナを5匹釣る、かせきを3つ鑑定する、DIYで物を3つ作る、・・・etc. ・「たぬきマイレージ」とは別枠で、5枠の課題が設定されている。 ・毎日、最初の5つの課題にはボーナスが付く。 ・課題をクリアしても違う課題が常に供給され、尽きない。 この「たぬきマイレージ+」は、 最小単位の行動の動機づけに非常に有効だと思います。 ゲーム終盤になってくると、DIYのための素材集めや、雑草むしりなど、 目標達成のための道のりが地道で長く感じる瞬間があります。 しかし、この「たぬきマイレージ+」があることで、 とても低いハードルでマイルをもらうことができるため、行動の最小単位である採集活動を繰り返しても苦になりにくいようになっています。 また、忙しくてあつ森をプレイする時間がそれほど無い日でも、 「とりあえずたぬきマイレージ+の課題はやっておくか」とゲーム起動きっかけにもなっていると思います。 以上で見てきたように、「たぬきマイレージ+」という仕組みが 地道な島作りの第一歩の動機付けになっているといえます。 条件を満たすとスタンプがポンッと押され、マイルをもらうことができます。 現実にあるスタンプカードもそうですが、 人は空いた枠を見ると、自然とその枠を埋めたくなってしまいます。 そのため、 島作りとは別軸で「たぬきマイレージをコンプリートする」という目標が無意識に作られ、 採集活動そのものを継続的に楽しく行うことができるのです。 別軸の目標とはいえ、たぬきマイレージをコンプリートしようとすると、 DIY用素材が集まったり、花をたくさん植えたりすることになるので、 ゲームの大目的である「島の発展」にしっかりつながっています。 ゆるいゲーム性を持たせた採集アクション(小さな視点) 目標という大きな視点、マイレージという中規模の視点でハマる仕組みについて見てきました。 最後は、採集という 最小単位の行動について考察しようと思います。 採集とは、「きのえだ」や「いし」、「サカナ」などの島内に自然発生する物を集める行動のことで、 木を揺らす、岩をたたく、化石を掘る、サカナを釣る、ムシをつかまえる、等のアクションがあります。 「島を発展させる」という大目標はあれど、その目標に到達するための最初の1歩は、上記のアクションから始まります。 では、 なぜこれらのアクションを飽きずに地道に行うことができるのでしょうか? これらのアクションに目を向けてみると、そこにも私たちを飽きさせない工夫が施されていることが分かります。 その工夫とは、 アクションにゲーム性を加えている(その行動にリスクとリターンを紐付けている)ことです。 1つずつ解説していきます。 「何も考えずにAボタンを連打すれば絶対もらえる」とはなっていないのです。 話が派生しますが、糸井重里さんも宮本茂さんと岩田元社長との「ピクミン3」に関する対談の中で、「リスクの必要性」について示唆していました。 だから、「あつ森」でプレイヤーは採集をする度に、 「今回はちゃんと素材もらえるかな・・・?よしっ、もらえた!」 「あ!素材を取り逃した!次は失敗しないようにしよう!」 などと感情が揺れ動きます。 この感情の揺れ動きがあるからこそ、採集の1回1回が退屈にならずに済んでいます。 さて、「あつまれ どうぶつの森」にハマる理由について、 「目標設定」「たぬきマイレージ」「採集アクション」という3つの ゲームデザインから見てみました。 もちろんこの他にも様々な考えられた仕組みがありますが、「あつ森」の「理想の島を作る」というコンセプトに対して、そこにプレイヤーを導くための飽きさせない仕組みとして、今回述べた3つの仕組みはとても重要だと思い、取り上げました。 これからも理想の島ライフを楽しもうと思います。 おまけ どうぶつの森の 公式Twitterアカウントはフォローすべしです。 このフォロワー100万人記念の画像なんかほんとに可愛くて良いですわ・・・。

次の