アゾ リウス フライヤー。 【MTGデッキ案内】圧倒的エンチャント力で戦う!『アゾリウスオーラ』デッキの紹介

【MTG】『基本セット2020』環境名人戦のトップ8デッキリスト【スタンダード】|かーむブログ

アゾ リウス フライヤー

[] 主義・沿革 が法の執行者であるなら、アゾリウスは法の作成者である。 ラヴニカの公式政府を前身とする評議会は、その名残として立法府としての機能に特化し、現在もなお、ラヴニカの法整備を生業としている。 そのため、他のギルドに比べ、官僚的な性格が非常に強く、保守的であるが故に彼らはギルドパクトの遵守に勤めている。 だが、法律が他のギルドによってしばしば看過されている現状を善しとせず、アゾリウスは限りない現状維持を掲げそれを実行に移そうとしている。 具体的には、ラヴニカのすべての住人に何もさせないこと。 混沌による変化を許容しないことこそが、最大の安定に繋がると彼らは考えている。 そしてアゾリウスにはそれを実行、継続できる武力も存在する。 「」時点での指導者は盲目の大判事、。 自身の正義に何ら疑問を抱く事がない彼は、文字通りあらゆる事象に対して盲目であり、彼の下す判決は絶対である。 故に上告は認められない。 大判事の役職は前任の判事によって任命され、アウグスティンの名は名誉ある称号でもある。 賢明で神秘的、しかし同時に不可解である、は何千年もの昔から、ギルドのアドバイザーとして君臨しており、大判事だけが彼女の発するメッセージを理解する事ができる。 (創始者)であるスフィンクス、はラヴニカの外部から来訪したであり、魔力による契約「」と、さらにそれが効力を失った場合の保険として「」を築き上げた。 がギルドパクトを崩壊させた際、アウグスティン四世はそれを利用しようとザデックを殺害し、その霊を支配し、の天使を虐殺させた。 やもギルドパクト欠落の状況を好機と見て動き出す。 その混乱の中、アゾリウス評議会が新たな秩序を築くというのが彼の目論見であったが、その陰謀を察したボロス軍の警官によって食い止められた。 そして、イスペリアが新たなギルドマスターの座に就任し、ギルドを再建したを経てが「ギルドパクトの体現者」となってからは、アゾリウス評議会の迷路走者であったがその副官となり、堅実にその業務を支えた。 構想そのものはギルド創立時から存在していたが、ギルドパクト崩壊後にギルドが再建されるまでは形式的なものに過ぎなかった。 復活後はギルドの構造と組織の中で意義深く有力なものとなっている。 軽騎兵にはに乗る者もいればや大型動物に乗るものもいる。 歩兵隊は密集陣形(ファランクス)の訓練を受けており、群衆を統制するためのアゾリウス独特の戦術を身に付けている。 大理石や水晶によって作られた立法の議場である尖塔群と、裁判所であるドームから構成される(役所などの行政府の建物のように、全てが整然としていて不便にすら感じるようにデザインされている)。 儀式的な陸・空にまたがる騎士団と強力な法魔法によって守られており、あらゆる審議に滞りが起きぬように常に目を光らせている。 の事件において、ボロスの空戦艇パルヘリオンの墜落と自爆によって破壊されてしまう。 その跡地は。 3面の塔が3つそびえたって円形の中庭を形作っており、おそらく真上から見るとアゾリウスのシンボルそのものになっている()。 これらの塔はラヴニカの建築物の中で最も高い物である。 中心にはアゾリウスのシンボルを模した3つの演壇がある。 ギルドパクトの時代にはアゾリウスの法の施行を行うだけの場所だったが、イスペリアは広場にかけられた魔法を解除し、ラヴニカの市民なら誰でも訪れる事のできる活気溢れる場所となった。 アゾリウスは他ギルドに境界線周囲の土地を寄贈しており、他の(を除く)8つのギルドはそこに新人募集所を置いている。 のもここで行われた。 第10地区に張り巡らされた力線の終端であり、暗黙の迷路の終わりでもある。 それのコントローラーが 1 を支払わないかぎり、それを打ち消す。 特に、法による拘束をイメージした、の行動を縛るようなカードが多く収録されている。 固有メカニズムとしてでは、では、ではを有する。 いずれもがふさわしいメカニズムを見つけるのに苦労した、問題児なギルドである(、)。 [] 関連カード・関連 [] ラヴニカ・ブロック• [] ラヴニカへの回帰ブロック• () [] 関連リンク• (、ディセンションミニサイト)• Azorius Fiction: "The Hussar's Last Mission" 、、• (WotC、ラヴニカへの回帰特設サイト)• 以下は各コーナーの特集記事。 (Magic Arcana、2012年10月29日、文:)• (Serious Fun、2012年10月30日、文:)• (Magic Arcana、2012年10月30日、文:)• (Top Decks、2012年11月1日、文:)• (Magic Arcana、2012年11月1日、文:)• (Magic Arcana、2012年11月2日、文:) [] 参考•

次の

法人営業 合同会社アゾリウス(743610)

アゾ リウス フライヤー

[] 主義・沿革 が法の執行者であるなら、アゾリウスは法の作成者である。 ラヴニカの公式政府を前身とする評議会は、その名残として立法府としての機能に特化し、現在もなお、ラヴニカの法整備を生業としている。 そのため、他のギルドに比べ、官僚的な性格が非常に強く、保守的であるが故に彼らはギルドパクトの遵守に勤めている。 だが、法律が他のギルドによってしばしば看過されている現状を善しとせず、アゾリウスは限りない現状維持を掲げそれを実行に移そうとしている。 具体的には、ラヴニカのすべての住人に何もさせないこと。 混沌による変化を許容しないことこそが、最大の安定に繋がると彼らは考えている。 そしてアゾリウスにはそれを実行、継続できる武力も存在する。 「」時点での指導者は盲目の大判事、。 自身の正義に何ら疑問を抱く事がない彼は、文字通りあらゆる事象に対して盲目であり、彼の下す判決は絶対である。 故に上告は認められない。 大判事の役職は前任の判事によって任命され、アウグスティンの名は名誉ある称号でもある。 賢明で神秘的、しかし同時に不可解である、は何千年もの昔から、ギルドのアドバイザーとして君臨しており、大判事だけが彼女の発するメッセージを理解する事ができる。 (創始者)であるスフィンクス、はラヴニカの外部から来訪したであり、魔力による契約「」と、さらにそれが効力を失った場合の保険として「」を築き上げた。 がギルドパクトを崩壊させた際、アウグスティン四世はそれを利用しようとザデックを殺害し、その霊を支配し、の天使を虐殺させた。 やもギルドパクト欠落の状況を好機と見て動き出す。 その混乱の中、アゾリウス評議会が新たな秩序を築くというのが彼の目論見であったが、その陰謀を察したボロス軍の警官によって食い止められた。 そして、イスペリアが新たなギルドマスターの座に就任し、ギルドを再建したを経てが「ギルドパクトの体現者」となってからは、アゾリウス評議会の迷路走者であったがその副官となり、堅実にその業務を支えた。 構想そのものはギルド創立時から存在していたが、ギルドパクト崩壊後にギルドが再建されるまでは形式的なものに過ぎなかった。 復活後はギルドの構造と組織の中で意義深く有力なものとなっている。 軽騎兵にはに乗る者もいればや大型動物に乗るものもいる。 歩兵隊は密集陣形(ファランクス)の訓練を受けており、群衆を統制するためのアゾリウス独特の戦術を身に付けている。 大理石や水晶によって作られた立法の議場である尖塔群と、裁判所であるドームから構成される(役所などの行政府の建物のように、全てが整然としていて不便にすら感じるようにデザインされている)。 儀式的な陸・空にまたがる騎士団と強力な法魔法によって守られており、あらゆる審議に滞りが起きぬように常に目を光らせている。 の事件において、ボロスの空戦艇パルヘリオンの墜落と自爆によって破壊されてしまう。 その跡地は。 3面の塔が3つそびえたって円形の中庭を形作っており、おそらく真上から見るとアゾリウスのシンボルそのものになっている()。 これらの塔はラヴニカの建築物の中で最も高い物である。 中心にはアゾリウスのシンボルを模した3つの演壇がある。 ギルドパクトの時代にはアゾリウスの法の施行を行うだけの場所だったが、イスペリアは広場にかけられた魔法を解除し、ラヴニカの市民なら誰でも訪れる事のできる活気溢れる場所となった。 アゾリウスは他ギルドに境界線周囲の土地を寄贈しており、他の(を除く)8つのギルドはそこに新人募集所を置いている。 のもここで行われた。 第10地区に張り巡らされた力線の終端であり、暗黙の迷路の終わりでもある。 それのコントローラーが 1 を支払わないかぎり、それを打ち消す。 特に、法による拘束をイメージした、の行動を縛るようなカードが多く収録されている。 固有メカニズムとしてでは、では、ではを有する。 いずれもがふさわしいメカニズムを見つけるのに苦労した、問題児なギルドである(、)。 [] 関連カード・関連 [] ラヴニカ・ブロック• [] ラヴニカへの回帰ブロック• () [] 関連リンク• (、ディセンションミニサイト)• Azorius Fiction: "The Hussar's Last Mission" 、、• (WotC、ラヴニカへの回帰特設サイト)• 以下は各コーナーの特集記事。 (Magic Arcana、2012年10月29日、文:)• (Serious Fun、2012年10月30日、文:)• (Magic Arcana、2012年10月30日、文:)• (Top Decks、2012年11月1日、文:)• (Magic Arcana、2012年11月1日、文:)• (Magic Arcana、2012年11月2日、文:) [] 参考•

次の

【MTGブースタードラフト】ラヴニカで成功体験に引きずられた話

アゾ リウス フライヤー

Contents• トップ8 まずはトップ8を見ていきましょう。 順位 デッキ 1位 アゾリウスフライング 2位 緑単タッチ青 3位 グルールミッドレンジ 4位 グリクシスコントロール 5位 4色ケシスコンボ 6位 4色ケシスコンボ 7位 4色ケシスコンボ 8位 4色ケシスコンボ こちらはスイスラウンドの成績です。 トップ8によるシングルエリミネーションの詳細はまだ出ていませんが、決勝戦は緑単タッチ青とアゾリウスフライングで行われ、 緑単タッチ青が優勝という結果になりました。 今回のトップ4には オルゾフ吸血鬼、スケープシフト、赤単といった今まで常連だったデッキたちの姿はありませんでした。 残る4デッキは4色ケシスコンボ。 トップ8の半分を占め、デッキの地力を示しました。 一時は無敵かと思われたスケープシフトですが、 4色ケシスコンボとはほぼ絶望的なレベルで相性差が悪いため、ケシスが出てきた現在のメタだとちょっと立ち位置が厳しいのかもしれません。 デッキリスト 個々のデッキリストを見ていきましょう。 優秀な軽量クリーチャー軍団による飛行ビートで勝利するデッキです。 打点を底上げする3枚のカード 逆にこのデッキを相手取った際は、ライフにまだ余裕があっても、ある程度クリーチャーを並べられている場合は 《翼の結集》の存在を頭に入れておくと、 《ハイドロイド混成体》を立たせておくなどして突然死をケアできるかもしれません。 2位:緑単タッチ青 スイスラウンド2位は緑単タッチ青アグロ。 こちらのデッキは トップ8によるシングルエリミネーションにて見事優勝しました! 通常の緑単に、メインの 《ハダーナの登臨》と、サイドの 《エリマキ神秘家》、 《否認》の合計7枚という少量の青のカードをタッチした構成になっています。 1人3役の優秀なプレインズウォーカー 自軍強化と除去、そしてサイドボードからクリーチャーを引っ張ってくる大マイナス能力。 緑のトリプルシンボルとマナ拘束は厳しいですが、それに見合う強力な能力を備えたプレインズウォーカーです。 フェロキドンと交代! 《ショック》で死なないタフネス3と、威迫という回避能力、そして何よりも3つ目の能力で スケープシフトに対しての抑止力が期待される1枚です。 何度かテストプレイしてみましたが、 《時を解す者、テフェリー》のマイナス能力でバウンスされた後に 《風景の変容》でゾンビ大量生成という流れも割と多かったので、完全にコンボを止めるというよりは、 アタッカーにおまけがついているくらいの認識の方が個人的にはシックリきます。 メインの火力呪文には 《溶岩コイル》を4枚採用。 《ショック》はサイドボードに4枚積まれており、 《稲妻の一撃》は不採用となっています。 3枚とも役割が違うだけに、このあたりの火力呪文の選択は非常に難しいところですね。 トップメタに有効 1枚挿しされた 《炎の侍祭、チャンドラ》が個人的には目を引きます。 《時を解す者、テフェリー》や 《覆いを割く者、ナーセット》など 3マナプレインズウォーカーの処理能力が非常に高く、 《漂流自我》や 《魔性》などの 強力な呪文を使いまわすことができます。 サイドボードはお馴染みのコントロールミラー用の 《強迫》と 《否認》。 《肉儀場の叫び》が0枚の代わりに4枚フル搭載された 《渇望の時》はアグロデッキ用ですね。 そしてコンボキラーの 《夢を引き裂く者、アショク》。 スケープシフト、ケシスコンボの2大コンボデッキに1枚で睨みを利かせるナイスなカードです。 土地サーチはさせないし、墓地も利用させない そして 《死者の原野》対策の 《高山の月》と 《血染めの太陽》が1枚ずつ採用されています。 グリクシスじゃエンチャントには触れないが… グリクシスの色ではエンチャントを割ることができません。 そのため、エスパーコントロール戦などで2ターン目に出た 《アズカンタの探索》がそのまま残ってしまい、中盤以降で裏返ってじわじわアド差をつけられて負けというパターンがそこそこありましたが、土地対策によりその負け筋を潰すことができます。 自分が 《アズカンタの探索》を採用していないのも、コントロール相手に 《血染めの太陽》をサイドインし得るからかもしれません。 マジックプロリーグに出場するため、9月3日 火 までデッキリストは非公開となります。 6位:4色ケシスコンボ ここからはケシスコンボ4連打。 MTGアリーナ情報サイトのMTG Coonさんがめっちゃ分かりやすい図をツイートしてくれました。 大体こんな感じの動きです ブン投げ ケシスコンボを図解してみました! — MTG Coon CoonMtg それぞれ、土地の種類や神殿の採用枚数などに違いが見られ、マナベースの工夫が見られます。 こちらのデッキでは神殿が計4枚採用され、 タップインと引き換えにコンボパーツを探しに行きやすくなっています。 6位のリストのみ 《ウルザの殲滅波》がサイドに落とされています。 自分はだいたい伝説なのでほぼ無傷 代わりに 《伝承の収集者、タミヨウ》と 《ケイヤの誓い》をフル投入、 《夢を引き裂く者、アショク》が2枚となっており、コンボ達成への意識が高めになっています。 突然のアグロプラン 《クルーグの災い魔、トラクソス》は 《不屈の巡礼者、ゴロス》と同じく、火力呪文で落ちず、 《喪心》も効かず、各種色対策カードも効かないため、 非常に除去耐性が高いです。 さらにトランプルにより相手のブロッカーを貫通できるため、 プレインズウォーカーを殴り落とす性能がこれまた非常に優秀です。 デメリット能力はありますが、ケシスコンボでは逆に 疑似的な警戒を付けるような動きもできるので、むしろメリット能力になるシーンも多そうですね。 《再鍛の黒き剣》は伝説のクリーチャーにつけて超巨大化させる装備品。 7位:4色ケシスコンボ 続いては7位のリスト。 こちらのデッキでは神殿が2枚になっています。 また、 《ウルザの殲滅波》はメインから2枚採用されています。 サイドボードの 《狼の友、トルシミール》は珍しいですね。 ブロッカーを増やしつつ、相手の小粒クリーチャーを除去できるため、赤単やオルゾフ吸血鬼戦では活躍してくれそうです。 赤単キラー。 吸血鬼にもちょっと効く。 こんかいランクインした3つのケシスデッキのうち、2つのデッキには 《漂流自我》が2枚とられています。 ミラーで打てばほぼ勝利ですね。 コンボデッキ許さない こちらのデッキでは、逆に自分が 《漂流自我》を打たれないために、《夏の帳》も採用されています。 カウンターされないモードは、後々 《隠された手、ケシス》でもう一度唱えればいいのあまり使わなそうですが、コンボの時に先打ちすると万全の状態でスタートできますね。 漂流自我、ダメ、ゼッタイ 8位:4色ケシスコンボ こちらのデッキでは、7位と同じく神殿の枚数は2枚。 このデッキも、6位と者と同じくサイドからビートダウンプランのオプションが用意されています。 白のファッティたち 《豊潤の声、シャライ》は、赤単に対しては本体火力を封殺しつつ、 《漂流自我》やミラーのライブラリーアウトも防ぐいぶし銀の働きをしてくれます。 《アゾリウスの造反者、ラヴィニア》は珍しい選択肢です。 盤面によっては、1番目の能力で、 《隠された手、ケシス》で軽減された伝説の呪文を唱えられなくすることができます。 さらに重要なのが2番目の能力で、0マナの 《モックス・アンバー》を打ち消すことができます。 《モックス・アンバー》封じ 5色スケープシフトの 《不屈の巡礼者、ゴロス》の起動型能力も無力化することができ、シミックネクサスの 《運命のきずな》ループを減速させてくれるため、実はコンボデッキ対策としては面白いカードかもしれません。 《支配の片腕、ドビン》もコンボ対策でしょうか。 スケープシフトの各種マナ加速呪文を1マナずつ重くできるのは、想像以上にテンポを阻害してくれるでしょう。 スケープシフト側に大量のタップイン土地が入っているため、場合によっては2ターン行動させないようなケースもあり得ますね。 シミックネクサス相手でも仕事してくれそうです。 相手だけ遅くなる ケシスコンボのサイドボードは、4色デッキだけあってかなり幅がありますね。 アグロプランのオプションや、 コンボ完走をサポートするもの、 相手のコンボを阻害するものなど色々です。 相手のサイドボードを予測するのが困難というのも、ケシスコンボの強さの1つかもしれませんね。 早く新環境になってほしいような、名残惜しいような、何とも言えない心境ですが、引き続きMTGを楽しんでいきたいと思います。

次の