ムーヴ キャンバス ピンク。 【徹底レビュー】ダイハツ・ムーヴキャンバスの評価、口コミは?使い勝手から走りまで徹底レビュー

ムーヴキャンバスの色/カラーの人気ランキング!不人気色は?おすすめはグリーン、レッド、ホワイト!

ムーヴ キャンバス ピンク

ムーヴキャンバス、ボディカラーバリエーション 新型ムーヴキャンバスの魅力の一つはボディカラーです。 カラーにはモノトーンカラー9色とストライプスカラー8色(メーカーオプション64,800円)が設定されています。 きれいな中間色を取り揃えてありますので、見ていきましょう。 カタログの代表的なボディカラーは「ファインミントメタリック」のストライプスですね。 daihatsu. htm このカラーの組み合わせがワーゲンバスを思わせます。 あちらこちらで、パクリだとかいわれていますが、よく見るとそんなことはありません。 ムーヴキャンバスはムーヴキャンバスの個性をしっかりと放っています。 v-w. htm モノトーンカラーの「ファインミントメタリック」は同じ色でも、随分雰囲気が違って見えます。 どちらもレトロ感があります。 daihatsu. move. car-lineup. html パール感があって、爽やかなカラーです。 特に若い女性の人気が高く、好まれています。 女子たちで海へドライブへ行ってみよう!といったイメージです。 そして、どのクルマでも人気の「パールホワイト」は、ムーヴキャンバスでも定番カラーとなっています。 daihatsu. htm パールホワイトだと、意外とライトの丸みが強調されて見えてかわいく感じますね。 ボディ全体もやや大きく見えます。 そして「プラムブラウンクリスタルマイカ」も人気の高いカラーです。 daihatsu. htm やや渋めのムーヴキャンバスですね。 でも、とてもおしゃれなカラーです。 なぜ他のカラーより高くなるのかというと、塗装の工程と塗料が増えているからと思っていてください。 購入時に高くなってしまう以外に、板金塗装など修理の際にも料金が高くなり、きれいに修復するには技術力がいります。 さて、次に売れているカラーはというと、「ライトローズマイカメタリック」です。 ここ数年で、ピンク系のボディカラーが増えましたね。 ムーヴキャンバスのピンクは淡い、どちらかというと肌色のようなやさしいピンクです。 move. car-lineup. html 「ライトローズマイカメタリック」でもストライプスかモノトーンかで悩んでしまいそうです。 ストライプスカラーだと、おしゃれなカフェの前に止まっていそうなイメージですね。 daihatsu. htm 男性にも女性にも選ばれているカラーです。 内装もブラックに統一すれば、カッコいいムーヴキャンバスが仕上がります。 daihatsu. htm ブラックとは一変して、ポップなカラーが「ファイアークォーツレッドメタリック」です。 ソリッドカラーではなくて、落ち着きのあるレッドですので、ストライプスにするとやはりレトロ感があります。 daihatsu. htm ブルー系やローズにくらべて、おとなしい印象なので年配の女性でも抵抗なく乗ることができます。 daihatsu. htm とてもきれいなベージュ色です。 クラシックなイメージで最近では逆に目立つかもしれません。 このカラーもストライプスの方が、やや車体が長く見えますね。 daihatsu. htm なかなか見ない上品なグレーです。 一番選択されていないカラーですので、ある意味個性的でいいかもしれません。 シルバーとグレーのちょうど中間のようなマットさで飽きのこない色です。 以上が新型ムーヴキャンバスに設定されたカラーでした。 気に入ったカラーはありましたか。 ムーヴキャンバス、インテリアカラー 新型ムーヴキャンバスはインテリアも自分らしくカスタマイズすることができます。 スタンダードシートはオフホワイトで車内が明るく清潔感があります。 daihatsu. htm メイクアップグレードではシートの切り返しにパイピングしてあって上質感があります。 daihatsu. htm ブラックインテリアパックは21,600円でオーディオパネルやインパネトレイなどがブラック仕様になります。 ずいぶんと印象が変わりますね。 daihatsu. htm インテリアアクセントカラーはメイクアップグレードで標準装備でインパネトレイなど、3色から選ぶことができます。 ボディカラーにコーディネイトして選ぶといいですね。 そして、ムーヴキャンバスのうれしいオプションである「簡単脱着&洗えるシートクロス」。 4種類が用意されています。 daihatsu. htm 簡単脱着というのは素晴らしいですね。 ヘッドレストを外すだけですぐに取りはずせて、つけるときはマジックテープで張り合わせるだけです。 手洗いすることで、いつも清潔にすることができます。 新型ムーヴキャンバス 色・カラー紹介まとめ ボディカラーによって同じクルマでも、とても印象が変わりますね。 そしてインテリアの色も選べるのが、最近の女性向けのクルマの最大の特徴でしょう。 新型ムーヴキャンバスはムーヴにあるボディカラーの「コットンアイボリー」と「ディープブルークリスタルマイカ」が設定されていません。 「コットンアイボリー」が設定されなかったのは少し残念です。 とてもかわいいカラーなのでご覧ください。 軽自動車ならではの、個性豊かなカラーバリエーションをご覧いただけましたでしょうか? 個性を出そうとすると、カラーだけではなくオプションなどにも手を付け始め、いくら普通車と違い本体価格がお手軽でも、相当なお値段が付いてしまうものです。 反対に個性的ではなく定番な色で、売る時のことを考えてリセールバリューのあるカラーを選ぶこともあるでしょう。 どちらにしても、できるだけ出費は抑えたいものです。 そこで、値引き術というものを当サイトではご紹介していますので、是非とも目を通して、損しないお買い物を楽しんでください。 daihatsu. htm.

次の

【公式】ムーヴ キャンバス トップページ|ダイハツ

ムーヴ キャンバス ピンク

個性的なカラーリングとスタイルで人気を集めているダイハツムーヴキャンバス。 非常に個性的なボディカラーが揃います。 そんなムーヴキャンバスの全てのカラーバリエーションと、メーカー広報部に取材した最新人気カラーランキング、イメージ別の編集部おすすめカラーもご紹介します。 人気カラーか、個性派か。 ボディカラー選びは重要! ボディカラーは一般的に白(パール)、黒、シルバーが人気色と言われていますが、これ以外の色だと売却時に価格差が付くことがあります。 一方で自動車メーカーは新車を開発する際に、そのクルマのキャラクターにあわせて新色のボディカラーを採用することがあります。 今回紹介するダイハツムーヴキャンバスも女性をターゲットに開発され、ストライプスと呼ばれる珍しいツートーンカラーのボディを設定しています。 他人とかぶることを覚悟で人気色を選ぶか、下取りの不利を承知で個性的なカラーを選ぶのか。 クルマを購入する際はボディカラーをしっかりと考えて選んだほうが後悔しないでしょう。 それではユニークなスタイルとカラーリングで人気のダイハツムーヴキャンバスの全ボディカラーと人気のボディカラー、そしてカルモマガジン編集部がオススメするカラーなどを紹介しましょう。 ダイハツムーヴキャンバスの人気カラーランキング発表! まずはカルモマガジン編集部がダイハツ広報部に独自取材を行い、判明したムーヴキャンバスの最新人気ボディカラーベスト3を発表しましょう。 このランキングはムーヴキャンバスのカタログモデルに加えて特別仕様車を含んだものです。 ムーヴキャンバスはストライプスと呼ばれるツートーンカラーを7色。 モノトーンのボディカラーを8色の合計15色用意しています。 このストライプスのツートーンカラーは+6万4800円の有償色ですが、人気のパールホワイトと温かみのあるベージュのツートーンがムーヴキャンバスにピッタリと感じた人が多かったのでしょう。 このボディカラーはムーヴキャンバスのイメージカラーとなっていて、とてもさわやかでオシャレ感が高いボディカラーと言えるでしょう。 若い女性をターゲットにしたムーヴキャンバスですが、このツートーンカラーはオシャレ感度の高い女性を惹きつけているのではないでしょうか。 ムーヴキャンバスはやはりツートンカラーが人気! このようにムーヴキャンバスの人気のボディカラートップ3はすべて+6万4800円の有償色で占められていますが、自分の持ち物にこだわる女性がメインターゲットなので、そういうこだわりにはお金を投資するということがよく表れていますね。 シックな雰囲気が強まり、性別を問わず乗れるカラーです。 濃いグレーと濃い赤はかなり個性的なツートーンカラーです。 ムーヴキャンバスのボディカラーで一番落ち着いた雰囲気が漂っています。 女性向けのムーヴキャンバスですが、このボディカラーは男性向けと思えるほど存在感が強いです。 ファインミントメタリック 簡単に言うと薄いグリーンです。 全うレードに設定されています。 スムースグレーマイカメタリック 濃いシルバーでちょっとシックな印象が強まります。 ナチュラルベージュマイカメタリック 薄い茶色ですが、モノトーンとなるとかなり落ち着いた雰囲気で、性別を選びません。 ライトローズマイカメタリックII 珍しいピンク色のボディカラーです。 モノトーンになると一段と華やかさが増します。 パールホワイトIII +2万1600円の有償色です。 ストライプスと比べるとやや地味な印象となります。 ファイアークォーツレッドメタリック 濃い赤のボディカラーです。 面構成の大きなムーヴキャンバスに赤いボディは圧倒的な存在感を誇ります。 プラムブラウンクリスタルマイカ +2万1600円の有償色です。 濃いコゲ茶ですが、アースカラーとして注目度は高いです。 ブラックマイカメタリック 一般的には人色の黒ですが、女性をターゲットとしたムーヴキャンバスではやや人気薄となっています。 カルモマガジン編集部おすすめのカラーは? 全15色用意されているムーヴキャンバスのボディカラーの中から、カルモマガジン編集部が「売るときに有利なカラー」「気取らないカラー」「クールなカラー」「個性的なカラー」という4つの視点でオススメのボディカラーを選んでみました。 「売るときに有利なカラー」 人気ランキング上位を占めるストライプスというツートーンカラーを挙げたいと思います。 「気取らないカラー」 アースカラーと呼ばれる、ナチュラルベージュマイカメタリック。 プラムクリスタルマイカメタリック。 ブラックマイカメタリックなどが該当するでしょう。 そしてモノトーンのスムースグレーマイカメタリックがクールと言えるでしょう。 このスムースグレーマイカメタリックは濃いグレーなので、メインカラー、アクセントカラーどちらに使われてもクールな印象を強めます。 「個性的なカラー」 やはりストライプスは外せません。 モノトーンではライトローズマイカメタリックII、ファインミントメタリックを挙げておきたいです。 ムーヴキャンバスらしい個性的な色を選ぼう! 新感覚の軽自動車であるムーヴキャンバスの人気ボディカラーは個性的なツートーンカラーが上位を占める結果となりました。 やはり女性をターゲットに仕立てたモデルだけあってオプションとして支払額が増えても、自分だけのクルマという個性を主張したい人が多いと思われます。 ちょっとツートーンカラーはカワイイすぎてちょっと恥ずかしいという人ならば、モノトーンを選ぶことができます。 ムーヴキャンバスではモノトーンのボディカラーは人気色ではないですが、売却時の査定額を気にしなくて良いカーリースの定額カルモくんなら、そういったボディカラーも選びやすいです。

次の

【みつかる!230台】ムーヴキャンバス ピンク(ダイハツ)

ムーヴ キャンバス ピンク

名目上はムーヴシリーズで初のスライドドアを採用した車種である。 概要 [ ] の市場構成の中で多くを占める女性の中で当車種では「近年の女性の行動特性」に着目し、普段の暮らしに少しの変化を与えることで、自身のライフスタイルを楽しむ若年の女性ユーザーを対象に企画され、近年では親との同居世帯の増加に伴い、世帯内で自家用車を共有する傾向が増えているといった使用実態にも視野を向け、当車種の中核となる若年の女性ユーザーのみならず、幅広い世代で使いやすく、デザイン性と機能性を両立した軽トールワゴンとしてライフスタイルを楽しむ女性ユーザーに寄り添う車種として開発された。 キャッチフレーズは「できるミニバス」で、CMにはを起用した。 2015年10月の第44回東京モーターショーに参考出品されたコンセプトカー「 HINATA(ヒナタ)」をベースに市販化された車種で、6代目ムーヴの派生車種でもある。 ムーヴの派生車種では、3代目ムーヴベースの(2004年8月〜2009年3月)、4代目ムーヴベースの(2008年8月〜2017年3月)に次いで3車種目である。 ともほとんど共通のプラットフォーム、エンジンを使っている。 なお、本車はと同様、今のところ、(旧・富士重工業)や()には供給されておらず、歴代ムーヴシリーズにおいて、以来、トヨタとへのOEMモデルが存在しない。 デザイン [ ] 外観は面構成による丸みのあるシルエットと水平基調のロングキャビンが特徴で、ボディカラーは、「ファインミントメタリック」、「スムースグレーマイカメタリック」、「ナチュラルベージュマイカメタリック」の3色の新規色を含む9色を設定するほか、「パールホワイトIII」を除く8色は特徴的な見切りラインとしたカラーも設定されており、ボディカラーにより、「パールホワイトIII」又は「スムースグレーマイカ」が組み合わされる。 内装はベージュ系の内装を採用しているが、メーカーオプションの「ブラックインテリアパック」を設定することでシートカラーをブラックに変更することができる。 自発光式大型センターメーターを採用するほか、リアシート下に引き出し式の収納スペースを設けた日本初の「置きラクボックス」を採用。 荷物を入れたままリアシート下に格納可能な「ケースモード」と、引き出した状態で中敷を立てることで転倒しやすい荷物を安定化する「バスケットモード」の2Wayとなっている。 一部グレードには「メイクアップ」が設定されており、メッキバンパーモール(フロント・リア)とメッキサイドモールを追加し、ドアアウターハンドルにメッキ加飾を施し、リアコンビネーションランプ(LEDストップランプ)をクリアクリスタル化。 内装はメッキ加飾とインテリアアクセントカラー(ボディカラーにより割り当てられるカラーが異なる)が施され、シートにはシートパイピングを施した専用仕様となる。 歴代のムーヴシリーズ、並びに軽トールワゴンを含む全高1,700mmに満たない軽乗用車としては史上初となる後部 両側スライドドア が採用されている。 機構・メカニズム [ ] 6代目ムーヴに採用した軽量高ボディ「」をはじめ、「Dサスペンション」や「Dアシスト」も採用することで、しっかりとしたハンドリングとやふらつきが少ない高い操縦安定性を確保したほか、のパッド取付部に材を使用することで機能を持たせて振動を吸収し、ボディパネルの隙や穴を減らして音の侵入経路を低減することでを持たせた。 さらに、Bi-Angle LEDヘッドランプ装備車には操作に応じてが可動して進行方向を照らすステアリング連動ヘッドランプ「AFS」を軽自動車で初めて採用したほか、4箇所のカメラで車両の前後左右を映し、上から見下ろしたような映像をナビ画面に表示するほか、表示モードの切り替えにより狭い道でのすれ違い時や見通しの悪い交差点での走行時にもにも対応する「パノラマモニター」をダイハツ車で初めて採用した。 年表 [ ]• 2016年• 9月7日 - 公式発表・発売。 また、「X」には、スマアシIIの標準装備に加え、上級グレードの「G"SA II"」にも装備されている両側パワースライドドア(ワンタッチオープン機能・予約ロック機能付)とスライドドアイージークローザー(左右)を追加装備した「X"リミテッド SA II"」も設定されている。 「X"メイクアップ SA II"」・「X"リミテッドメイクアップ SA II"」、「G"メイクアップ SA II"」は前述した「メイクアップ」専用外観・内装に加え、SRSサイドエアバッグ(運転席・助手席)と車速感応式オートパワードアロック(全ドア)も追加装備される。 10月11日 - 同年10月10日までの約1ヶ月間の累計受注台数が月販目標台数(5,000台)の4倍となる約2万台となったことが発表された。 12月9日 - 「2016-2017 」スモールモビリティ賞を受賞。 ダイハツ車がこの賞を受賞するのは初。 9月11日 - 一部改良。 以前から搭載されていた「スマアシII」を「スマートアシストIII(以下、スマアシIII)」に置換された(これに伴い、「スマアシIII」搭載グレードは"SA III"に改名される)。 また、一部グレードおよびメーカーオプションの設定が見直され、「X」は「X"SA III"」に統合する形で廃止された。 8月20日 - 一部改良が発表された(9月3日発売)。 グレード体系の見直しにより「X"リミテッド SA III"」と「X"メイクアップ SA III"」が廃止されるとともに、「L"SA III"」への統合により「L」も廃止。 これにより「スマアシIII」は全車標準装備となった。 「X"リミテッドメイクアップ SA III"」と「G"メイクアップ SA III"」はパノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパックが新たに標準装備され、グレード名を「X"メイクアップリミテッド SA III"」と「G"メイクアップリミテッド SA III"」にそれぞれ改称された。 また、D assist切替ステアリングスイッチとブラックインテリアパックを装備した新グレード「X"ブラックインテリアリミテッド SA III"」、「G"ブラックインテリアリミテッド SA III"」が追加設定された。 「X"SA III"」は従来「X"リミテッド SA III"」に装備されていた両側パワースライドドア(ワンタッチオープン機能・予約ロック機能付)とスライドドアイージークローザー(左右)が新たに装備されたが、14インチフルホイールキャップの意匠が「L」と同一となり、併せてボディカラーは「シルキーブルーパール」が廃止された。 - 特別仕様車「ホワイトアクセントリミテッド SA III」、「ブラックアクセントリミテッド SA III」を発売。 ボディカラーは前者は「ナチュラルベージュマイカメタリック」と「ファインミントマイカメタリック」、後者は「スムースグレーマイカメタリック」と「パールホワイトIII(オプションカラー)」が設定されており、前者には同年6月発売予定の新色「ブルーミングピンクメタリック」も設定される。 PDF プレスリリース , ダイハツ工業株式会社, 2016年9月7日 , 2016年9月7日閲覧。 プレスリリース , ダイハツ工業株式会社, 2016年10月11日 , 2016年10月11日閲覧。 PDF プレスリリース , ダイハツ工業株式会社, 2017年9月11日 , 2017年9月11日閲覧。 PDF プレスリリース , ダイハツ工業株式会社, 2018年8月20日 , 2018年8月20日閲覧。 PDF プレスリリース , ダイハツ工業株式会社, 2019年4月22日 , 2019年4月22日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - ベース車両• - 先代車 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。

次の