回線速度 目安 光。 回線速度の目安はどれくらい!?ネットを快適に使える回線速度を解説!

オンラインゲームの通信速度はどれくらい必要?目安と改善法を紹介!

回線速度 目安 光

光回線の「速い」の基準とは?各社の速度を比較して目安を解説! まずは、「速い」の基準から解説していこうと思います!光回線各社の実測値を平均し、目安を見ていきましょう。 まずは光回線の各社の平均速度を一覧で徹底比較! 平均値 下り 上り ping 339 Mbps 331 Mbps 12 ms 425 Mbps 264 Mbps 20 ms 319 Mbps 225 Mbps 26 ms 264 Mbps 215 Mbps 18 ms 263 Mbps 230 Mbps 18 ms 256 Mbps 194 Mbps 22 ms 216 Mbps 153 Mbps 30 ms 186 Mbps 133 Mbps 21 ms 186 Mbps 156 Mbps 21 ms 171 Mbps 248 Mbps 14 ms 158 Mbps 139 Mbps 26 ms 155 Mbps 140 Mbps 24 ms 下りとは、「ダウンロード速度」のことで、私達がホームページを見たり、動画を見たり、画像を見たりする際の速度を指します。 上りとは、「アップロード速度」のことで、パソコンorスマホ内から画像などを送信したりと、ファイルを送信する際の速度を指します。 ping値とは、「サーバーとの応答速度」のことで、数値が低いほど品質が高いです。 主に対人ゲームをする際に気にしたい項目です。 比較して分かった光回線の速度の目安や平均基準は? 下り 上り ping値 上位12社平均 244 Mbps 202 Mbps 21 ms 全体の平均 184 Mbps 158 Mbps 27 ms 先ほどの表で紹介した12社の平均速度は、下り:244 Mbps/上り:202 Mbps です。 なので、 これぐらいの数値が出ていれば、十分に速い回線と言えるでしょう…! 参考までに「みんなのネット回線速度」によると…、 光回線全体の平均値は下り:184Mbps/上り:158 Mbps となっています。 上記の検証を踏まえて、 速度が速い光回線の上位5つをランキングにしました。 日本の光回線は「最大1Gbps」が一般的なので、他社回線よりも理論値は2倍速いです。 実測値も高速で、 平均実測値は約330Mbpsでした…! ping値も平均12msなので、ゲームも快適に出来るでしょう! 速い回線なのに月額料金が安く、高額なキャッシュバックまで用意されています。 NURO光は非常にコストパフォーマンスが高い光回線と言えるでしょう。 NURO光の難点は「提供エリアの狭さ」「開通までの遅さ」です。 NURO光の口コミ情報 NURO光開通後の速度テスト スゲェ! — tanuchan tanuchan13 瞬間値だろうけど有線で遂に1Gbpsを超えた!NURO光は本当に爆速なんだな。 まとめて「電力会社系の光回線」として紹介させて頂きます! 地域限定型で提供しているため、利用者も少なく、通信速度も安定しているようです。 また、コミュファ光・eo光・auひかりは最大10Gbpsのプランも提供しています。 6社とも月額料金が安く、auスマートバリューが適用できます。 auスマホをお使いの方にもおすすめですね! auひかりのみ、提供エリアが少し特殊です。 マンションは全国対応していますが、戸建ては関西・東海のみ提供していません。 また、電力会社の設備を使用しているのは関東エリアのみで、その他エリアはNTTのダークファイバーを利用しています。 それぞれエリア別に使える光回線が異なるので、詳細は下記の個別ページで確認して貰えればと思います! あわせて読みたい 【関西】 【東海】 【中国】 【四国】 【九州】 電力会社系回線の口コミ情報 マンション回線ゴミだからauひかりホームタイプ導入したら無線でこれだった神 — れいや reiyasandayooo 住んでる地域や契約回線が違うので参考にならないかもしれませんが、僕はこんな感じです。 東海圏で飲みの契約になる電力系のネット回線 コミュファ光 と静岡に拠点を置くプロバイダーのTNCを使って有線接続でやってます。 使用回線は同じですが、プロバイダが違うので少しだけ実測値が異なります。 「ソフトバンク光」は、ソフトバンクスマホ割・ワイモバイルスマホ割が使える光回線です。 平均実測値は約180Mbpsと、中々に高速です…!提供エリアも広いので、ソフトバンクユーザーにはおすすめの光回線です。 「v6プラス」という高速通信に対応しており、通信速度も速いです。 平均値は約180Mbpsと、ソフトバンク光とほぼ変わらない数値となっています。 ドコモ光はプロバイダが選べる光回線で、おすすめは「GMOとくとくBB」になります。 元回線はドコモ光1G/BIGLOBEですが、ルーターをIPv6対応の物に換えただけでここまで快適になるとは。 旧ルーター(IPv4のPPPoE接続のみ)時代は1Mbps下回る事も珍しくありませんでした。 — たくりんP提督 takurin1231 ドコモ光の開通工事終わった。 無線でこの速度、GMOやるやん…。 光回線は種類が多いので、なかなかどれに決めたら良いか迷ってしまうと思いますが、基本的には 提供エリア内ならNURO光を選ぶのが最も速度が速くコストパフォーマンスが良いです。 また、NURO光は関東・関西・東海・九州・北海道のみの対応なので、 それ以外の地域の場合はauひかりが実測値も速く料金も安いためおすすめです。 もしNURO光もauひかりも対応していない場合はソフトバンク光がおすすめですが、基本的には上記2サービスを選べば最もお得に光回線を使うことができます。 高額なキャッシュバックもついてくるため、気になる方はチェックしてみて下さい。 光回線の速度測定方法&各社の速度計測結果を徹底検証!実測値が速いのはどれ? 光回線の速度の測定方法と、光回線サービスごとの測定結果を解説しておきます。 測定ツールによって実測値も変わってくるため、正確な速度を知りたい方はぜひ参考にしてみて下さい。 光回線の速度測定おすすめテストツールと実際の結果を解説! 精度 測定項目数 実測値の例(下り) 3項目 490. 63 Mbps 3項目 408. 09 Mbps 2項目 570Mbps 1項目 202. 30Mbps 光回線の速度測定のおすすめ無料ツールを上記の表に4つまとめました。 それぞれのツールで実測値が異なりますが、これはツールの仕様によって測定方法が異なるため、「どのツールが最も正しい」と言うのは難しい部分があります。 そのため、 正しい測定値を知りたい場合は、上記のように複数ツールを使って速度測定を行うのがおすすめです。 私はソフトバンク光を利用しており、上記の結果となりました。 最大1Gbpsの表記で500Mbps前後のスピードが出ているため、かなり速いなと感じています。 ちなみに、ソフトバンク光を使っている理由は住んでいるマンションがNURO光とauひかりが対応外だったためです。 安くて快適に使えていますよ。 上記の表にある「BNR」というツールの数値が大きく異なる点についてですが、BNRはもう15年以上前からあるツールで、ネット回線が今より100倍以上遅かった時代からある老舗です。 そのため、正直なところ精度としては現在の光回線の高速化に対応しきれてないのかな・・・という点があります。 ただ、有名なツールで参考にする方も多いと思いますので上記に掲載しました。 光回線人気3社の速度測定結果について解説! NURO光 auひかり ソフトバンク光 下り実測値 (ダウンロード) 朝 158 Mbps 124 Mbps 290 Mbps 昼 190 Mbps 178 Mbps 180 Mbps 夜 205 Mbps 198 Mbps 195 Mbps 上り実測値 (アップロード) 朝 171 Mbps 157 Mbps 199 Mbps 昼 158 Mbps 148 Mbps 145 Mbps 夜 193 Mbps 179 Mbps 184 Mbps 光回線人気3社の速度を、なるほどWi-Fi編集部で実際に測定しました。 光回線は「NURO光」「auひかり」「ソフトバンク光」の回線を東京都内で測定しています。 また、数値は「Ookla」「速度. jp」「Fast. com」で計測しています。 あくまで実測値なので日によって前後する可能性はありますが、 今回は朝はソフトバンク光が最速、昼・夜はNURO光が最速という結果になりました。 1つずつ詳しく解説していきます。 NURO光の速度測定結果 朝 昼 夜 下り実測値 (ダウンロード) 158 Mbps 190 Mbps 205 Mbps 上り実測値 (アップロード) 171 Mbps 158 Mbps 193 Mbps NURO光の速度を実際に測定しました。 朝は158Mbpsと若干落ちますが、夜は200Mbps台という速い速度が出ました。 158Mbpsも出ていればオンラインゲームでも非常に快適に遊べるため、速度でストレスを感じることは全くないと言って良い状態です。 アップロード速度も150~190Mbpsまで出ているので、1日を通して安定して速い回線といえます。 NURO光の速度については下記の記事でもまとめています。 auひかりの速度測定結果 auひかりに変えてから鬼速い — たけあつ tkdats1002 朝 昼 夜 下り実測値 (ダウンロード) 124 Mbps 178 Mbps 198 Mbps 上り実測値 (アップロード) 157 Mbps 148 Mbps 179 Mbps auひかりの速度を実際に測定しました。 朝は120Mbps台と若干遅くなりますが、他の時間帯は安定して速い速度が計測できました。 日によって若干の上下はありますが、比較的通信が安定している回線といえます。 auひかりの速度については下記の記事でもまとめています。 ソフトバンク光の速度測定結果 朝 昼 夜 下り実測値 (ダウンロード) 290 Mbps 180 Mbps 195 Mbps 上り実測値 (アップロード) 199 Mbps 145 Mbps 184 Mbps ソフトバンク光の速度を測定すると、朝は速度が非常に速く、実測値で290Mbpsまで速度が出ました。 ソフトバンク光はフレッツ光の回線を使用する「光コラボレーション」というサービスですが、ここまで速い速度が出るのはプロバイダとしてかなり優秀といえます。 ソフトバンク光の速度については下記の記事でもまとめています。 平均の180Mbpsがどれくらいの速度かという目安ですが、例えばwebページの閲覧では3Mbps・動画の視聴では10Mbps以上の速度が必要になります。 そのため、 平均速度が出ていれば通常利用に関しては快適にネットを利用することが可能です。 ただし、オンラインゲームの中でも特に対戦ゲームでは、回線の応答速度「」が重要になってきます。 速度的には10Mbpsぐらいで問題ないですが、ping値が50ms以上だと重く感じるシーンが多いです。 ping値の測定に関しては、下記記事も参考にしてみてください。 また、 100Mbpsを下回るようであれば回線速度は遅めになるため、乗り換えを検討するのも1つの手です。 光回線の平均速度や目安に関しては下記の記事でも詳しく解説していますので、気になる方は参考にしてみて下さい。 参考: 光回線の速度が遅い場合の一般的な対処法と各社それぞれの対処結果を解説! 光回線を使っていて速度が異常に遅い場合、一般的な対象方法をまとめました。 各社それぞれで対処した結果も解説していきます。 光回線の速度が遅い場合はどうすれば良い?• モデムやルーターなどを再起動する• 通信障害が発生していないか確認する• 回線を乗り換える 光回線の速度が遅い場合、主に3つの対応方法があります。 最も解決しやすいのは、モデム・ルーターなどの周辺機器の電源を一旦抜き、再起動することです。 ケーブル類がしっかり刺さっているかも確認して下さい。 これにより20Mbpsだった速度が250Mbpsに回復するなどの事例も多いです。 次に、回線によっては通信障害が発生して速度が遅くなっている場合があります。 各回線の公式サイトに行くと、通信障害の状況が確認できます。 また、これらを試しても回線が遅いままの場合、契約している光回線の利用人数が増えたことにより遅くなっている可能性もあります。 例えば、NURO光などの新しい光回線は回線に空きがあるため、比較的早い速度で利用できる場合が多いです。 場合の原因や対策については下記の記事でもまとめています。 基本的に対処方法は各プロバイダで共通する部分が多いですが、 例えばso-net光ではIPoEオプションでv6プラスというサービスを契約すると速度が速くなるといった対策方法もあります。 表の各プロバイダの名前をクリックすると詳細記事に飛ぶことができるため、参考にしてい頂ければ幸いです。 しかし、 光回線の場合はこのような速度制限はなく、動画を何時間見ても通信が制限されることはありません。 これは、持ち運びできるモバイルWi-FiはスマホのようにSIMカードを使って通信するのに対して、光回線は有線で光ファイバーケーブルに直接繋いで通信するからです。 また、光回線で速度が異常に遅い場合、速度制限がかかっているのではなく、機器の故障や通信障害の可能性が考えられます。 この場合は上記で説明したような「モデムやルーターの再起動」などを試すことをおすすめします。 光回線の通信制限については下記の記事でもまとめています。 光回線の速度はプロパイダによって違うことはある? 実測値(平均) 元回線 183MBps フレッツ光 131Mbps 119Mbps 111Mbps 光回線の速度は、によって大きく異なります。 これは、そのプロバイダに加入している人数の多さや設備の強度、回線の速さによって影響を受けるからです。 例えば、上記の表に「フレッツ光」の回線を使った「」というプロバイダの一部をまとめました。 どれもフレッツ光の回線を使っているサービスですが、プロバイダによって実測値にこのような差異が出てきます。 時期によってプロバイダの使用人数も変動してくるため一概には言えないのですが、 光回線はプロバイダによって速度は変わってくるということは知っておいて下さい。 プロバイダによる速度の違いについては下記の記事でも詳しくまとめています。 光回線の速度比較についてまとめ 光回線の速度比較についてまとめ• 光回線の速度は180Mbps程度を超えると速いといえる• 公式の表記で「1Gbps」と記載があっても、実測値は異なるため口コミから把握するのが良い• 光回線の中で最も実測値の平均が速いのはNURO光• 速度測定ツールによっても数値が異なるため、いくつかを併用すると分かりやすい• 速度が遅い場合はモデムの再起動などを試す• 光回線には速度制限がないためいくらでも使うことが可能• プロバイダによって同じサービスでも速度が異なる また、光回線は180Mbps程度を超えれば基準より速い速度といえますが、 特にNURO光は実測値平均が300Mbps以上と速いためおすすめできます。 この記事が速度の速い光回線選びの参考になれば幸いです、最後までお読み頂きありがとうございます。

次の

光回線の簡単!ワンクリック速度測定(スピードテスト)

回線速度 目安 光

同じ光回線でもその通信速度は回線事業者やプロバイダーによって異なります。 では目安となる平均通信速度はどれくらいなのでしょうか。 今回はとくに光回線における下り回線について、快適にインターネットが利用できるスピードの目安をケース別にご紹介していきます。 光回線における上り、下りとは? 光回線の速度について説明するには、まず上りと下りの違いについて理解しておいてもらわなくてはなりません。 上りと下りの違いは以下のとおりです。 上り インターネット回線における上りとはデータをアップロード(送信)することを意味します。 上り速度と表現するときは、アップロード時の速度のことを言っています。 例えばメールの送信、SNSなどへの書き込み、Webサイトの更新、YouTubeなどへの動画の投稿などがアップロードです。 下り これに対し、下りはデータをダウンロード(受信)することを意味します。 下り速度とはダウンロード時の速度のことです。 例えばYouTubeやNetflixなどの動画を見る、メールを受信する、あるいは普通にブラウザでWebサイトを閲覧するのもダウンロードという行為です。 ここまで説明すればおわかりのように、多くのユーザーにとって重要なのは上り速度よりも下り速度です。 下り速度が速いほど、快適に動画を見たり、Webページを次々に素早く開いたりできます。 FPSやMMORPGなどのオンラインゲームも、やはり上り速度よりも下り速度の方が重要です(プレイ動画の配信をするなら上り速度も重要になります)。 光回線の通信速度の単位「bps」とは? インターネット回線の通信速度を示す単位として使われるのが「bps」という単位です。 bpsは1秒間に転送できるデータが何ビットかを表します。 「1kbps(キロビーピーエス)」なら毎秒1,000ビット、「1Mbps(メガビーピーエス)」なら毎秒100万ビット、「1Gbps(ギガビーピーエス)」なら毎秒10億ビットのデータを転送できます。 光回線の最大通信速度は1Gbpsが基本ですが、実測値はMbpsの単位になります。 光回線の下りの回線速度の平均 光回線の下りの回線速度は回線事業者やプロバイダー、光回線1本あたりのユーザー収容数や、機器の通信規格によって実測値にはかなりバラツキがあります。 また、最近の光回線は休日や夜になると速度が遅くなるケースが増えています。 そのため平均速度を求めることは非常に難しいといえるでしょう。 快適な下りの回線速度をケース別に解説 インターネットをどのような目的で利用するかによって、快適な回線速度は異なるといえます。 以下、ケース別に、目安となる速度を見てみましょう。 サイト閲覧 ブラウザでWebサイトを閲覧するだけなら、10~30Mbpsの下り速度があれば快適です。 表示に時間のかかる大きいサイズの画像が多数使用されている場合などは遅く感じるかもしれませんが、通常は問題なくサクサクとページを開いて閲覧できるはずです。 動画視聴 YouTubeやNetflixなどで動画を見る場合は、SD(標準画質)であれば10Mbps程度でも十分だと言えるでしょう。 ただ、HD(高画質)やさらに上の画質であるUHDや4Kの動画を視聴する場合は、30Mbps以上が目安となるでしょう。 速度が遅いと途中で動画が止まることが多くなります。 オンラインゲーム オンラインゲームの場合は、ゲームデータのダウンロードやメンテナンス後の更新データのダウンロードにかかる時間を考えると、下り速度は速ければ速いほど快適にプレイできます。 目安は100Mbps以上で、これくらいの速度が出ていればゲームに限らずどんな用途であってもインターネットを快適に楽しめます。 ただし、ゲームの場合は速度だけではなく、PING値も重要です。 数値が小さいほどラグが抑えられ、レスポンス性能が高いということになります。 通常、PING値が30ms以内ならオンラインゲームに適していると言えますが、FPSやTPS、格闘などの応答速度の速さがキモとなるゲームでは15ms以下が目安とも言われています。 快適にネットを楽しむためには下り回線の安定性も重要 インターネットを快適に使うためには、下りの回線速度が安定していなければなりません。 回線が安定しないと、時間帯によって著しく速度が落ちたり、サイトに繋がりにくくなることがあります。 回線速度の速さと安定性が重要となるオンラインゲームなどは、休日や夜の8時以降などゲームをプレイしたいと思う時間帯に限って速度が遅くなるといったケースがあり、快適にプレイができず、悩まれている方もいるようです。 また、4Kなどの高画質動画を視聴する際にも、同様のケースで、動画がスムーズに再生されないなどのトラブルが生じることがあります。 そこでインターネット回線の速度と安定性の両方を求めるなら、現在は接続方式がIPoEの「光回線」がおすすめです。 新しい接続方式である「IPv6 IPoE 接続サービス」を利用すれば、快適さを享受できるでしょう。 IPoEで快適にネットを楽しむならIPoE接続対応のDTI with ドコモ光 快適にネットを楽しめるIPv6 IPoE 接続サービスの利用を検討されている方に朗報です。 をご存知でしょうか? 国内で550万回線を突破している光ファイバー回線対応のインターネット接続サービスで、以下のようにさまざまなメリットがあります。 IPoE接続対応の高性能ルーターがずっと無料 ドコモ光の回線スピードとそれを活かすIPoE接続対応の高性能ルーターがずっと無料で使えます。 また、通常の光回線サービスですとルーターが付属していない、もしくは付いていたとしても光回線が開通した後に送られてきます。 しかし、光回線の開通前にIPoE接続対応の高性能ルーターが用意されます。 もちろん、IPv4にしか対応していないWebサイトにも接続できます。 ドコモユーザーなら毎月最大2,251円も通信費がお得に また、ドコモのスマホ回線を契約している方は毎月最大2,251円も通信費用を抑えることが可能です。 最大15,000円のキャッシュバック特典+新規お申し込みでdポイントを10,000pt贈呈 さらに、最大15,000円のキャッシュバック特典があり、新規でお申し込みの方には10,000pt、転用でお申し込みの方には5,000ptのdポイント(期間・用途限定)を進呈いたします。 新規工事料も無料 そして、新規工事料が無料になる特典もあります。 この機会にぜひ一度、特典内容をご確認ください。 ドコモユーザーではない方はauセット割があるDTI光もおすすめです ドコモユーザーではない方には、auセット割も利用できる もおすすめです。 ルーターは有料レンタルとなりますが、さまざまな特典があります。 auユーザー、DTI SIMユーザー、東京ガスユーザーだけの割引あり ほかサービスとのセットで、各種割引が受けられます。 DTI光とauのスマートフォンなどを同時利用する場合は毎月最大で1,200円の割引(auセット割)、DTI光と格安SIMカードサービス「DTI SIM」をまとめて契約して同時利用する場合は毎月150円割引(SIMセット割)、DTI光と東京ガスのガス・電気セット割を同時利用する場合は毎月最大250円割引(東京ガストリプル割)となります。 従来の接続方式による光回線を使っていて、速度が遅い、繋がりにくい時間帯があると感じている人でも、DTI光に切り替えることで安定性と速度が向上することが期待できます。 最低利用期間なし&違約金なし また、DTI光には「2年以上利用すること」などといった契約期間の制限はありません。 そのため、いわゆる「2年縛り」と呼ばれるような、特定の期間中に契約解除しないと違約金がかかるといったこともありませんし、自動更新されることもありません。 いつでも違約金なしで解約できます。 キャッシュバック特典、工事費無料特典、DTI 会員様限定特典など特典も満載 さらには、特典として、工事費実質無料となる最大19,000円のキャッシュバックが受けられます。 また、現在ADSL回線をご利用中の方なら工事費&開通月の月額料金無料、さらにDTI会員限定の国内のホテル・旅館の宿泊代、レジャー施設、飲食店、映画チケットなどが割引になるサービスも受けられます。

次の

【2020年最速】光回線10社を速度比較してランキング付け!

回線速度 目安 光

「上り」はアップロード速度• 「下り」はダウンロード速度 を表します。 また、通信速度の単位を「Mbps(メガビーピーエス)」「Gbps(ギガビーピーエス)」と表示し、1Gbpsは1,000Mbps、1Mbpsは1,000Kbpsの単位表示となります。 さらに詳しくは「」を確認してください。 (1)インターネットの快適な速度目安(ダウンロード) インターネットを快適に行うためには、アップロード(上り)より、ダウンロード(下り)の速度が安定していたほうが、(インターネットはダウンロードする行為が多いため)快適といえます。 目安としては以下のダウンロード速度を参照してください。 100Mbps以上 かなり快適に利用できる 50Mbps~99Mbps ・比較的快適 ・数が多い複数台の利用で遅い場合もある 49Mbps~11Mbps ・普通 ・動画視聴に不具合が生じる可能性もある ・インターネットは通常に利用可能 ・皆遅いとTwitterでツイートする速度 11Mbps以下 ・遅い、快適ではない可能性がある ・光回線では皆遅いとTwitterでツイートする速度 現在はダウンロード容量も動画やファイルなど含めて大きいため、上記の速度目安にしてください。 実際には、動画視聴には画質にもよりますが、2~5Mbps(上り)、オンラインゲームでは5Mbps(上り・下り)あれば、快適にインターネットを楽しむことが可能ですが、安定していた場合となり、速度が遅くなった場合は、動画が止まることや、ゲームがカクカク動くなどの障害が出る可能性があります。 (2)Ping値の目安について Ping(ピング)値はオンラインゲームを行う場合に関係してくる値です。 Ping(ピング)値は、数字が小さい方が良く、ミリセカンド(ms)という単位で数値を表します。 さらに詳細は「」を確認してください。 オンラインゲームではアップロードの速度も関係してきます。 Ping(ピング)値の目安は以下の通りです。 非常に快適 1~10ms 快適 11~30ms 普通 31~49ms 快適とは言えない 51~100ms プレイ困難 101ms以上 「 Ping(ピング)値は少ない方が良い!」と覚えておきましょう。 それでは、速度テストを行うスピードテストサイトをご紹介していきます。 スマートフォンでも、PCでも簡単に測定できるので、是非試してみてください。 (3)インターネット速度の計測方法の種類 インターネット速度の計測方法の種類としては、3つあります。 ダウンロード式 ダミーデータをダウンロードして、その結果から測定する方式 (PCなどにダミーデータをダウンロードしなければならない) Flash方式 Adobe Flash Playerを利用して計測する方式 (ダウンロードしてないとFlashが見られないため一昔前の計測方法) HTML5方式 海外では支流の計測方法で、HTML5を利用して計測する方式 スマートフォンなどでも計測することが可能で重宝します 主に、3つのタイプの形式がありますが、どのOSからでも測定できるように、 今回はHTML5方式のスピードテストサイトをご紹介しています。 (4)スピードテストは一つの目安 スピードテストは一つの速度目安としてとらえておきましょう。 なぜなら、スピードテストを実施しているテストサーバーの位置で速度が変わり、以下でご紹介する各スピードテストサイトを利用しても、同じ速度は出ません。 また、利用する環境や時間によっても変わり、関係ないソフトやアプリを消した状態で利用しましょう。 時間や曜日を変えて測定してみましょう。 回線速度を調べる時間や曜日によっても大きく変動するのでご注意ください。 Googleの「インターネット速度テスト」(日本語)• 公式サイト: 「speedtest. net」は、世界中のインターネットプロバイダが自社の速度を測るために利用していることで有名なサイトです。 公式サイトに行き、「GO」のボタンを押すだけで、インターネットや光回線のスピードを確認することが可能です。 ボタンを押してから30秒ぐらいで計測することが可能です。 海外のサイトですが、結果もシンプルに表示されるため、非常に利用しやすいといえます。 3,500を超えるサーバーを利用することも可能で、これ一つでかなり重宝します。 ダウンロードなども不要で(HTML5で表示してくれるの)利用することが可能です。 Speedof. me(海外) 公式サイト: 海外では有名なスピードを計測するテストサイトで、綺麗なグラフックを通じて教えてくれますが、少し見にくいと感じる方も多いのではないでしょうか。 ダウンロード、アップロード、Ping(ピング)値もしっかりと表示されます。 Fast. com(日本語) 公式サイト: クリックしただけで(サイトに行っただけで)、利用しているインターネット速度を計測してくれるシンプルな測定ツールです。 また、Fast. comは、動画視聴サイトのネットフリックスが運営しているスピードテストツールです。 (勝手に測定が始まるので注意しましょう。 ) 「詳細を表示」を押すことで、細かい数値を確認することが可能です。 レイテンシとは、Ping値のことを言った専門用語です。 アンロード済み:ネットワークに他のトラフィックが存在しない際に、要求が出されてから応答が帰ってくるまでのデータの往復時間• ロード済み:ネットワーク上でデータ使用量の多いアプリケーションを使用中の場合における、データの往復時間 インターネットゲームに関するPing値を知りたい場合は 「アンロード済み」のレイテンシを参照しましょう。 速度JP(日本語) 【ご注意点】• 回線速度は「みんなのネット回線」様より、2018年11月時点のデータを算出しています• 速度平均に関しては、目安ととらえてください(実際の平均ではない)• レポート数(回答数)が少ない業者(99件以下)は除外しています 業者 (投稿件数) ダウンロード (下り) アップロード (上り) Ping値 フレッツ光ネクスト (1,464件) 83. 21Mbps 103. 45Mbps 31. 64ms ドコモ光 (1,797件) 89. 08Mbps 124. 49Mbps 29. 3ms ソフトバンク光 (1,662件) 104. 47Mbps 120. 86Mbps 25. 43ms auひかり (1,040件) 158. 57Mbps 136. 82Mbps 21. 8ms NURO光 (430件) 242. 27Mbps 184. 48Mbps 14. 2ms ビッグローブ光 (211件) 110. 0Mbps 150. 62Mbps 25. 14ms OCN光 (131件) 118. 7Mbps 115. 9Mbps 29. 77ms ぷらら光 (124件) 89. 25Mbps 87. 56Mbps 26. 51ms nifty光 (110件) 58. 08Mbps 93. 25Mbps 23. 07ms eo光 (482件) 147. 7Mbps 168. 6Mbps 20. 05ms メガ・エッグ光 (108件) 63. 35Mbps 74. 27Mbps 29. 38ms コミュファ光 (156件) 128. 66Mbps 122. 32Mbps 31. 86ms 当サイトでの回線速度重視でお勧めしている、「」と「」はやはり平均ダウンロード速度やPing値も高いことが分かります。 是非、ご自身に合った光回線を選んでみてください。

次の