二重整形 カウンセリング。 二重整形の失敗確率について検証しました。

二重整形の失敗確率について検証しました。

二重整形 カウンセリング

せっかく二重整形したのに「痛い」「とれる」なんていう失敗をしないためにも、TCBの悪い口コミを調べてみました! 「一重でまぶたが重い」「アイプチを卒業したい」「二重整形で失敗したくない」という方は要チェックです。 失敗?東京中央美容外科TCBの悪い口コミ評判まとめ TCB式1dayクイックアイ埋没法は切らないのに痛い? 「パッチリ二重になりたいけど、痛いのが怖い」という方も多いはず。 痛いという口コミを見ると、不安になってしまいますよね。 で人気の「1dayクイックアイ埋没法」は、切らない二重術。 まぶたの裏側で二重を留める手法なので、まぶたの表に傷をつける通常の埋没法より、痛みが少ないと評判です。 とはいえ、皮膚に糸を通すため、多少の痛みは生じます。 なかには「チクっとした痛みを感じた」「我慢できる程度だったが痛みはあった」という口コミも。 痛くないという口コミの方が圧倒的に多いTCBですが、痛みの感じ方は個人差があるため、一概に痛くないとは言い切れないようです。 ただ、TCBでは痛みの感じ方に合わせた対応ができるよう、麻酔のバリエーションを豊富に取り揃えています。 1人1人に合った、気分が落ち着くような麻酔の仕方をしてくれるので、大きな痛みは感じにくいでしょう。 麻酔の注射も超極細針で行い、痛点を避けた施術をしてくれます。 また、TCBは、術前カウンセリングが丁寧なことで有名。 整形する前は、不安なことがあって当然です。 TBCでは、不安を解消できるまで、医師がしっかり対応してくれます。 痛みはもちろん、傷跡やダウンタイムについてなど、不安なことは無料カウンセリングで納得できるまで相談しておきましょう。 カウンセリングは無料なので、相談して納得できてから施術を検討するのがおすすめです。 「1dayクイックアイ埋没法」の2点留めは、14,300円でできるため、かなり安いと評判。 しかし、まぶたの状態によっては、2点留めだけではきれいな二重にならないこともあります。 理想の二重にするためには、どうしても「まぶたの脂肪除去」や「切開」が必要になってしまう場合も。 そうなると、追加料金がかかってしまうため、思っていたより高くついてしまうこともあるようです。 適切な施術方法は、まぶたの状態によって異なります。 そのため、どれくらいの料金がかかるかの判断は、カウンセリングで確認するのが1番早いです。 カウンセリング自体は無料なので、まずはまぶたの状態を見てもらって、必要になる施術を確認してみるのがおすすめです。 基本的に、カウンセリングの時点で医師が適切な施術法を提案してくれるため、「二重がとれる」なんてことはありません。 万が一、二重がとれてしまった場合も、保証期間中であれば無料で再施術が可能です。 安くすませたいからといって、医師の意向を無視して2点留めにこだわると、失敗につながってしまうので注意しましょう。 ダウンタイムも少なく、術後すぐにメイクもできると評判です。 しかし、「1週間程度は腫れがあった」「ゴロゴロ感があった」という口コミもありました。 腫れるか腫れないかは、体質によっても異なります。 また、施術方法によってもダウンタイムにかかる時間が変わると思っておいた方がいいでしょう。 埋没法は、切開法に比べればダウンタイムが少ないですが、数日から1週間は腫れることもあると考えておいた方がいいかもしれません。 1dayクイック法には、「瞼板法」「挙筋法」の2種類があり、「瞼板法」の方が腫れが少ないといわれています。 ダウンタイムが気になる方は、「瞼板法」を選択するのも1つの方法です。 体質によっては腫れることもありますが、TCBでは施術後の腫れや違和感を感じた場合、すぐに診察してもらえます。 保証制度やアフターケアの体制が整っているため、万が一の場合も安心です。 正直、二重デザインの上手さは、医師によって異なります。 福岡院の村田院長は、「自然職人」といわれる名医。 「二重ならTCBの村田院長」といわれるほど口コミ評判で、自然でバレない二重にしてくれます。 外科医として技術が高いのはもちろん、デザインの美しさにもこだわり、徹底して腫れを抑えた施術を行ってくれるので安心。 福岡で二重整形を考えているなら、TCBの村田院長に相談してみるのがおすすめです。 TCB福岡院の公式ホームページやインスタグラムでは、実際に施術した症例写真を見ることができます。 理想の二重になれそうか、チェックしておきましょう。 福岡院では「Dr指名モニター」という、医師を指名できるモニターもあります。 条件が合えば、料金が100%オフになることも。 ただ、条件が合わなければ、モニター審査で断られたり、たいして安くならなかったりする可能性もあります。 InstagramやYouTubeなど、SNSのフォロワーが多い方は割引額が大きくなりやすいかもしれません。 ただ、モニターは、術前術後の写真や動画提供への協力が必要。 WEB上に写真が公開され、宣伝に使用されるというリスクを考えた上で応募しましょう。 料金重視で「とにかく安く二重整形したい!」という方は、モニターを使ってみるのもありです。 でも、初めての二重整形はどうしても迷ってしまいますよね。 失敗しないためにも、整形を受ける前に、まずは無料カウンセリングで不安なことを相談しておきましょう。 TCBのカウンセリングは丁寧なので、「痛みはないか」「どんなデザインにするか」「料金はどれくらいになるか」など、気になることに全て答えてくれます。 事前に納得できるまで確認しておくことで、後悔しない二重整形ができますよ。

次の

二重整形は戻るって本当?埋没法と切開法の場合の原因と対処法を解説

二重整形 カウンセリング

まぶたが厚くてなかなか癖がつかない一重、アイプチやテープでかぶれてしまったまぶた…など二重になりたくて頑張っていても、なかなか思うような結果を得られなくてつらい思いをしていませんか? きっと一重で悩んでいる人なら一度は考えたことがあるであろう 二重整形。 中でも 埋没法は意外とやっている人も多く、価格が安いクリニックなどもあり気になりますよね。 私は中学生の頃からまぶたの厚い一重にずっと悩んできました。 アイプチやファイバー、テープなどできることはなんでも試してみましたが、理想の二重にはならず…。 せっかく二重を作っても出かけている途中で取れてしまい一重に戻る…なんてこともしょっちゅうで、とても悲しい思いをしてきました。 でも、やっぱり整形ってこわいですよね? このページでは、私が 埋没法で一重から二重になった時のお話をまとめています。 スポンサーリンク ずっとコンプレックスだった一重を埋没法で二重にすることを決意 二重の整形にはずっと興味がありましたが、実際調べてみると リスクや失敗などの口コミも多数あり、悪い面を見れば見るほど怖くなりなかなか踏み切ることができませんでした。 しかし実際やってみないと結局どうなるのかはわからないし、悩んでいるだけより行動してみようと思い 切らずに二重まぶたにできる埋没法の手術を受けることにしました。 二重に限らず整形について調べてみるとたくさんの情報があり過ぎて、何が良いのか悪いのかよくわからなくなってしまいますよね。 私と同じように調べてもよくわからない人の役にたてればと思い、とても個人的な感想ですがさっそく私の体験を書いていこうと思います。 クリニック選び 埋没法の手術を受けることを決意し、まずどこのクリニックでお願いするかを調べました。 価格が高いところ、比較的安いところなど病院によって様々です。 口コミや掲示板など、いろいろ調べていて思ったのは瞼を切って二重にする切開などと違い、埋没ならしっかりした病院ならどこもさほど技術に差はないのではないかということでした。 とはいえひどいところだと 線がガタガタだったり、 糸の留めている部分が出てしまったりということもあるそうです。 その為気になるクリニックを見つけたら 口コミなどのリサーチをし、カウンセリングはしっかり受け、気になることは事前に質問することを徹底しましょう。 病院の場所や値段、症例や口コミを見て悩んでいたのですが、私が検討していたいくつかのクリニックは価格的にはどこもさほど変わらなかったので私の場合は口コミが決め手となりました。 複数のクリニックの口コミを見ると、病院によっては 流れ作業のような感じでカウンセリングであまりしっかり話を聞いてもらえないところもあるようです。 私的には話や希望をしっかり聞いてもらえるのかが一番心配なところだったので、 カウンセリングでしっかり話を聞いてもらえるのか基準で調べて決めました。 そしてたまたま自分の住んでいるところから近く、口コミが良いクリニックを発見したのでそこに決めました。 CMなどでよく見る有名なクリニックではなく、 個人病院です。 さっそく予約の電話を入れ、カウンセリングをしてもらうことになりました。 私の希望は、 幅が広めで睫毛の生え際が見える感じ アイラインが埋まらない 二重です。 理想の二重に近い方の写真も見せイメージを伝えました。 (印刷ではなくスマホで…) 理想を伝え、 スポンサーリンク なので埋没法で作られた二重は、自分で作るような瞼をくっつけた状態の二重と同じ見た目にはならないとのことでした。 自分でまぶたに理想の幅で線をつけ見てもらったところ、先生が器具を使い再度線をつけ「 あなたの目だとこのくらいの幅が自然だけどね」とアドバイスを頂きました。 私はアドバイスを頂いても「でも幅広めがいいんです」と自分の意見を貫いてしまいましたが、こういう風に はっきり客観的な意見を言ってくれる先生の方が安心だと思います。 あと私の場合は蒙古襞があるので、 幅を広めにしたいなら切開の方がいいと…。 しかしこの時点では切開はするつもりがなかったので、埋没でできる限りの広めの二重にしてもらえないか聞いてみると、「 取れてしまうかもしれないことを覚悟してもらって、やってみましょう」ということになりました。 カウンセラーとのカウンセリング 医師とのカウンセリング後、女性のカウンセラーさん(?)とのカウンセリングでした。 私が行ったクリニックはカウンセリングが二重でした。 ここでもう一度、先ほど先生に話したような内容の希望を聞いていただきました。 そしてカウンセラーさんからは「 幅を広めにしたい場合まぶたを留める点数を増やしている方が多い」という話をお聞きして、少しでも理想の幅に近づくなら…と思い、 3点留めでお願いすることになりました。 恐らく、どこのクリニックでも点数を増やすと価格は上がると考えて良さそうです。 私は瞼が厚いので、瞼が薄めの一重の人よりはお金がかかってしまいました。 ひとつ気になった点としては、カウンセラーの方に「実際に二重を作る時は先生の感覚で決まってしまうのか、自分の意見も聞きながらその場で調整してくれるのか」を聞いてみたところ、 「先ほど聞いた希望を元に、医師の方でデザインさせていただく形になります。 」 とのことで、「自分の理想に近づけてもらえるのかな…」とそこが少し不安でした。 この時の私は整形に関して大した知識もなく、カウンセリング当日にすぐ手術を決めてしまいました。 が、本来は不安がなく、納得のいくまで いろいろなクリニックのカウンセリングを受け、慎重に決めた方が絶対に良いです。 少しでも不安要素は減らしていきたいところです。 埋没法の値段 カウンセラーさんとのお話の後、支払いを済ませてから手術という流れでした。 7万くらいで済むと思っていたので少しビビりましたが、これで悩みが減るなら…と決心しました。 私はカウンセリング当日に手術をお願いすることにしたので、お金を払ったらいよいよ手術です。 アイラインを引いても埋まってしまい、すごく太く引いてやっと見えるような一重ですね。 その他、悩んでいる方も多いであろう• まぶたの弾力がすごくて細いファイバーが食い込まない!ちぎれる!(2本使いが当たり前)• 片面タイプのアイテープは貼っても意味なし!(食い込まないから)• つけまに助けられて二重の線がやっとできる(自まつ毛はまぶたの厚さに押されすぐ下がる) という悩みもあり、とにかく 二重を作るという作業がストレスになっていました。 しかし一重でいるのも嫌だ…。 高校生の時からアイプチやアイテープを使ってメイクしたり、寝る時に癖付けをしたりしていましたが右目にうっすら線がつく程度で二重になる気配はありませんでした。 (特に左目の厚みが重症) 私の理想の二重は幅が広めの平行二重だったので ファイバーを一度に2、3本くらい使ったり、アイプチで無理に固定したりとても見た目の悪い二重だったと思います…。 目をきちんと閉じられません 笑 人と話すときも無理矢理作った二重でのメイクが恥ずかしく、相手の目を見て話すことができなくなりました。 二重を作る作業でメイクに時間がかかること、見た目の汚い二重になってしまうことがとても憂鬱で写真や鏡を見るのも嫌いでした。 埋没法を受けた今は、その頃のようにつらくなることもなくなり勇気を出してよかったなと思います^^.

次の

二重プチ整形のカウンセリングを体験レポート|湘南美容クリニックの埋没法編

二重整形 カウンセリング

《スポンサーリンク》 二重整形をしたいけど、カウンセリングから手術まではどういう流れで行なっていくんだろう?と疑問に思っている方も多いと思います。 また、これから二重整形をする子は、この点はしっかり確認しておきたいところですよね。 そこで今回は『二重整形のカウンセリングから手術までの流れについて』まとめてみました。 一通りの流れを確認して、自分のスケジュールと照らし合わせて手術をやる日を決めていきましょう。 二重整形の流れについて 1 電話やメールでカウンセリングの予約をする 病院に直接電話をする、または病院のホームページからカウンセリングの予約をします。 など病院によってはメール相談を受け付けているところもあるので、対面カウンセリングの前に先生に質問したい場合はこのようなメール相談を利用しても良いでしょう。 2 カウンセリングを受ける 先生と実際に対面し、手術のやり方やメリットデメリット、自分の顔に合ったデザインなどを相談していきます。 このカウンセリングで、自分が抱いてる不安や心配を解消しておきましょう。 (所要時間:15分〜1時間) 3 いざ、手術室へ カウンセリングと同日に手術をする人はそのまま手術室へ、後日手術を受ける場合は別日に手術を行います。 4 麻酔をかけられる クリームのようなものを塗る表面麻酔、数分間ガスを吸い込む笑気麻酔などを行なった後に、注射にて局所麻酔をまぶたの表面と内側に行います。 5 手術を受ける 埋没法の場合は針と糸で縫い合わせ(所要時間:10分〜15分)、切開法の場合はメスで切開した後に縫い合わせていきます(所要時間:15分〜30分)。 6 アイシングをする 横になった状態でアイスノンなどで数分間まぶたを冷やしてもらいます。 7 終了 帽子やサングラスなどで目元を隠し、帰宅します。 カウンセリングを受ける前に カウンセリングを受ける前にしっかりと自分が知りたいことをリストにしておくことをオススメします。 先生に直接色々お話を聞けるチャンスなので、わからないことや疑問に思うことを全て質問して不安を解消しておきましょう。 私なりに先生に質問しておいた方が良い項目をまとめてみましたので、質問項目が思いつかない人はぜひ参考にしてみてくださいね。 実際の手術も先生自身が行なってくれるのか• 自分のまぶたにとってベストな手術方法• ダウンタイムはどのくらいあるのか• 自分の理想の二重の形は、自分の顔に合うかどうか• それぞれの手術方法のメリットデメリット• 万が一の時のアフターケアについて 《スポンサーリンク》 手術日について カウンセリングと手術は同日にできるところもありますが、できれば別日に行った方が良いと思います。 時間がなくて一日で全て終わらせたいという人はそれでも構いませんが、別日にすることで2回先生と話す機会が得られるので安心です。 1回目のカウンセリングで先生と相性が合わなかったり、二重のデザインの感性が合わない場合、そこでの手術を取りやめることもできますし、カウンセリングで質問し忘れたことを別日に再び聞き直すこともできます。 また、カウンセリングから手術までに時間を置くことで、手術について冷静に判断することができます。 整形手術は、勢いでするものではありません。 後々後悔しないためにもカウンセリングで先生に言われたことを頭の中で整理して、手術に挑みましょう。 さいごに 二重整形の一連の流れについて紹介していきましたが、皆さん手術のプロセスを理解することができたでしょうか? 特に手術の経験が一切ない人にとっては、初めての経験で手術に関してわからないことだらけだと思います。 自分で集められる情報はできるだけ集め、それでもわからない点はカウンセリングでしっかりと先生に質問をぶつけていきましょう。 このサイトでも引き続き、皆さんの疑問を解消できるよう情報を提供していきますので是非お役立てくださいね。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の