るろうに剣心 映画 無料。 【実写映画】るろうに剣心1のフル動画を無料視聴する方法とDVD情報まとめ

映画『るろうに剣心京都大火編』動画フルを無料視聴|pandora/dailymotionも調査|映画やドラマの無料動画・見逃し配信視聴方法を紹介するサイト|映画・ドラマ動画Press

るろうに剣心 映画 無料

るろうに剣心 京都大火編の動画を無料視聴するなら!! 映画「るろうに剣心 京都大火編」は実写版るろ剣映画の2作目で、藤原竜也さんが志々雄真実(ししおまこと)を演じて話題になりましたね! 実は私は当時映画館まで見に行ったのですが、ずっと包帯だし藤原竜也かよくわかんないじゃん! 当たり前 と突っ込んでいた記憶がありますw また、当時はまだ今ほど有名じゃなかった土屋太鳳さん演じる操が可愛かったのも印象に残っています。 ちなみにこのるろうに剣心の映画は伝説の最期編までの3作品までで累計興行収入125億円を突破している作品です。 平均で1作品40億円以上の興行収入があるというのは大ヒットであり、アニメ実写版の作品の中でもかなり成功している映画といえます。 U-NEXTの特徴• U-NEXTの見放題作品は14万本以上• 無料お試し期間31日間(期間内解約は一切お金がかからない)• 無料お試し期間に600ポイントがもらえる• 映画るろうに剣心京都大火編を見るのに440ポイント必要ですが特典ポイント利用で今すぐ無料でみれる! \るろうに剣心京都大火編を今すぐ無料で見る/ >><< 映画るろうに剣心京都大火編を見るためのU-NEXTの無料お試しの登録方法 それでは、U-NEXTの無料お試し期間での登録方法について紹介していきます。 無料お試しのお申し込みは「」から行います。 パソコンでもスマホでも申込みは同じですが、U-NEXTのスマホアプリからは最初の申し込みはできないので注意してください。 申し込みの際はGoogleChromeやSafari、Yahoo、Firefoxなどのブラウザから行いましょう。 へアクセスします• 「まずは31日間無料体験」をクリック• 「次へ」をクリックします• 入力項目を全て埋めます• 全て入力したら「次へ」をクリックします• 入力情報を確認します• 確認して間違っていなければ「送信」をクリック• 無料トライアルに申し込むと無料お試し期間の日にちを確認します• 決済方法を選択し入力します• 決済方法は「クレジットカード」と「キャリア決済」を選択できます• 最後は「送信」ボタンをクリックすれば登録完了です 無料お試し期間の登録が完了したら、アカウントを追加するかというページに切り替わりますが、ここは追加しなくてもU-NEXTのロゴをクリックしてサービスの利用をしてもらうことができます。 サービスを共有したい人がいる場合のみ「アカウント追加」ボタンを押しましょう。 ちなみに登録が完了すると以下のようにメールが届きます。 このメールの中にの特典などの内容が記載されています。 特典の内容• 無料トライアル(お試し)期間の終了日 このメールが紛失しないようにしっかり保管しておきましょう。 これでU-NEXTで映画るろうに剣心京都大火編を無料で視聴することができます。 (但し初回登録のみ) U-NEXTの特徴• U-NEXTの見放題作品は14万本以上• 無料お試し期間31日間(期間内解約は一切お金がかからない)• 無料お試し期間に600ポイントがもらえる• 映画るろうに剣心京都大火編を見るのに440ポイント必要ですがポイント利用で今すぐみれる• 最新映画作品の動画配信がマジで早い!• 映画によっては公開中の映画の配信もやっている >><< 映画るろうに剣心 京都大火編はYouTubeで視聴できる? 調べた結果、ユーチューブではるろうに剣心 京都大火編の無料フル動画はアップされていませんでした。 るろうに剣心 京都大火編の劇中歌・主題歌として流れる曲などはアップされていましたがフル動画は探しても見当たりませんでした。 るろうに剣心 京都大火編はPandora(パンドラTV)とDailymotion(デイリーモーション)で視聴できる? 次にPandoraやDailymotionでもるろうに剣心 京都大火編の無料フル動画がアップロードされていないか調べてみました。 しかし、結果はアップされておらず見つけることはできませんでした。 ただ、YouTubeやPandora、Dailymotionでアップされていた動画があったとしても視聴することはおすすめしません。 動画共有サービスなどでアップされている動画は無料で視聴できる場合はすべて違法アップロードです。 ユーチューブの動画は見る分には何ら問題はありませんが現在違法アップロードは厳罰化が進んでおりモラル的にもおすすめはできません。 また、画質も悪いことが多く満足に視聴することはできないことがほとんどです。 PandoraやDailymotionに関しては危険というリスクがあるので視聴すること自体おすすめしません。 しかし、元御庭番衆・四乃森蒼紫が、自らの腕前を証明しようと剣心の行く手を阻み…。 12年に公開された大ヒット作の続編の前編。 原作屈指の人気エピソード「京都編」を基に、主人公と新たな強敵との戦いを、目の覚めるようなアクションと共に描いている。 緋村剣心 — 佐藤健• 神谷薫 — 武井咲• 四乃森蒼紫 — 伊勢谷友介• 相楽左之助 — 青木崇高• 高荷恵 — 蒼井優• 瀬田宗次郎 — 神木隆之介• 大久保利通 — 宮沢和史• 巻町操 — 土屋太鳳• 明神弥彦 — 大八木凱斗• 佐渡島方治 — 滝藤賢一• 沢下条張 — 三浦涼介• 悠久山安慈 — 丸山智己• 駒形由美 — 高橋メアリージュン• 川路利良 — 小市慢太郎• 高野 — 眞島秀和• 新井青空 — 渡辺大• 新井赤空 — 中村達也• 魚沼宇水 — 村田充• 本条鎌足 — 屋敷紘子• 刈羽蝙也 — 原勇弥• 夷腕坊 — 山田崇夫• 不二 — 山口航太• 才槌 — 島津健太郎• 黒尉 — 小久保丈二• 白尉 — 佐藤滋• 増髪 — 江田結香• 近江女 — 別府あゆみ• 新井梓 — 西原亜希• 新井伊織 — 蓮沼誠希、細川愉楽多• 三島栄次 — 田端瑛• 三島栄一郎 — 淵上泰史• 翁(柏崎念至) — 田中泯• 清里明良 — 窪田正孝• 宝海大空• 生津徹• 金原泰成• 望月章男• 井上肇• 渡辺菜月• 坂東工• 部下 — 北代高士• 坂本爽• 阿部晃介• 初美メアリ• 玉置孝匡• 町人 — 高谷和幸• 松本実• 謎の男 — 福山雅治• 斎藤一 — 江口洋介• 志々雄真実 — 藤原竜也 >><< るろうに剣心京都大火編の原作者・監督・スタッフ• 原作 — 和月伸宏『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』• 監督 — 大友啓史• 脚本 — 藤井清美、大友啓史• 音楽 — 佐藤直紀• 製作総指揮 — ウィリアム・アイアトン• 製作 — 上木則安、畠中達郎、茨木政彦、高橋誠、宮本直人• エグゼクティブプロデューサー — 小岩井宏悦• プロデューサー — 福島聡司• 撮影 — 石坂拓郎• 照明 — 平野勝利• 美術 — 橋本創• 装飾 — 渡辺大智• 録音 — 益子宏明、蓮田智一• 編集 — 今井剛• スクリプター — 河島順子• スケジュール — 猪腰弘之• 助監督 — 田中諭• ラインプロデューサー — 宿崎恵造• 製作担当 — 馬場三輝• VFXスーパーバイザー — 小坂一順• スーパーバイジングサウンドエディター — 勝俣まさとし• 特殊メイク — 小此木謙一郎• アクション監督 — 谷垣健治• スタントコーディネーター — 大内貴仁• ワイヤーコーディネーター — 川澄朋章• 時代考証 — 大石学• 撮影支援 — 山形県、熊本県• スタジオ — 東映京都撮影所、東宝スタジオ• 制作・配給 — ワーナー・ブラザース映画• 京都大火編の主題歌「Mighty Long Fall 」 歌 — ONE OK ROCK(A-Sketch) DVD・Blu-rayの販売情報 第2作目『るろうに剣心京都大火編』は2014年12月17日に発売されています。 シリーズ3作品を収録した数量限定生産のコンプリートBlu-ray BOXは2015年1月21日発売しています。 映画るろうに剣心京都大火編の視聴後の正直な感想(ネタバレあり).

次の

映画 るろうに剣心 伝説の最期編 無料視聴フル動画!無料の動画配信サービスを確認!

るろうに剣心 映画 無料

緋村剣心 : 佐藤健(「バクマン。 」「亜人」)• 神谷薫 : 武井咲• 四乃森蒼紫 : 伊勢谷友介• 相楽左之助 : 青木崇高• 高荷恵 : 蒼井優• 瀬田宗次郎 : 神木隆之介• 伊藤博文 : 小澤征悦• 巻町操 : 土屋太鳳• 明神弥彦 : 大八木凱斗• 佐渡島方治 : 滝藤賢一• 比古清十郎 : 福山雅治• 斎藤一 : 江口洋介• それに、日本映画界の異端児 志々雄真役の藤原竜也が最高にハマっていて、日本映画なのにコスプレにならず、 リアリティーがありました。 そして、作中でその世界観をしっかりと説明していますので、 「るろうに剣心」の世界を存分に楽しむことができます。 「るろうに剣心」のシリーズの主題歌は全て「ONE OK ROCK」 Twitterの投稿から るろうに剣心見てきた。 正直佐藤健も武井咲も演技下手だなあ、とは思ったが映画としては思ってたよりは良かった。 少なくともみてがっかりするほど幻滅では無かった。 — RX-JUN rxjun 映画『るろうに剣心 伝説の最期編』鑑賞。 舞台を東京に移す独自の物語が実に自然で、原作の名台詞やシチュエーションも入れているし脚本がいい。 そして最後の志々雄戦がまさかの1対4になるとは。 原作のような超人的な技やいくつかのキャラを除く代わりにこれだけのものを創ってくれれば大満足。 — DDD ハトトカ映画部部長 writelefthand 「十三人の刺客」でも思ったことだが、チャンバラアクションこそ日本が世界でも負けない凄い武器かもしれない。 アクションでハリウッドや香港に勝てない日本が突破口となりうるのは、本作に見られるようなケレン味と高速感に満ちたチャンバラかもだ。 — takato haganenaruto200.

次の

映画 るろうに剣心 伝説の最期編 無料視聴フル動画!無料の動画配信サービスを確認!

るろうに剣心 映画 無料

< U-NEXT 人気の理由 > ・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新 ・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け) ・見放題作品数NO. 無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。 るろうに剣心3 実写映画 の内容 『るろうに剣心』は週刊少年ジャンプにて連載された和月伸宏さんによる日本の漫画を実写化した作品となっており、本作は原作における『京都編』のストーリーが基となっております。 京都編は原作でも人気の高いストーリーで、敵の要である志々雄真実(ししおまこと)との死闘を描いており、2014年9月に【伝説の伝説の最期編(第3作)】が公開され、また1か月前の2014年8月に前編である【京都大火編(第2作)】が公開されました。 映画『るろうに剣心』はシリーズ累計の興行収入は125億円以上、観客動員数は980万人を突破。 さらに世界100ヶ国以上で配給、世界50以上の国際映画祭に出品されました。 誰も体感したことのない迫力のある超高速アクションと、エモーショナルに描かれる人間ドラマは、日本だけでなく世界中を熱狂させ、大ヒットとなりました。 また、主演の佐藤健さんと信仰の深い日本ロックバンド『ONE OK ROCK(ワンオクロック)』がシリーズを通して、全作品の主題歌を務めております。 伝説の最期編での主題歌は『Heartache(ハートエイク)』です。 話の展開にもスピード感があり、あっという間に終わりとても面白かったです!良くまとめてくれたと思います! 日本映画の歴史を変えたエンターテイメントの頂点として君臨し続ける、アクション大作だけありますね。 口コミは素晴らしいの声ばかりです! 見た全て方は、後半は怒涛の展開でハラハラドキドキさせられたことでしょう。 あらすじ 志々雄の軍艦「煉獄」にて、人質とされた薫を海原へ落とされます。 剣心薫を追うように嵐の海原へ飛び込みました。 気を失って砂浜に打ち上げられていた剣心は、剣心という名と剣技を与えてくれた師匠である比古 清十郎(ひこ せいじゅうろう)に偶然助けられるのであった。 剣心は志々雄を止めるために飛天御剣流の奥義伝授を願い出る。 その頃、煉獄が東京湾に到着。 志々雄は大久保の後任者、伊藤博文を呼び出し「命が惜しければ剣心を探し、民衆の目の前でさらし首にしろ」と恐喝する。 伊藤は、政府に剣心の指名手配を命じた。 剣心は奥義を伝授するため、比古に挑みかかるが全く刃が立たず軽くあしらわれていた。 それでも剣心は命を引き換えにしてでも奥義を会得しようとするも、それ自体が間違いであり「剣心に足りないものは生きようとする意思であり、その命の重みが奥義の会得への第一歩」だと諭す。 大切な人のためにも生きたいと思えるようになった剣心は、ようやく奥義は会得し、比古に別れを告げます。 そこへ駆け付けた操は剣心に薫の無事を伝え、二人はいったん京都へ向かいました。 剣心は自分が指名手配だと知り、抜け道の地図を授かり東京へ向かいます。 そこで、隠密御庭番衆の御頭である蒼紫が現れ、ついに剣心と闘うことに。 激闘の末に蒼紫は剣心に打ち倒され、改心したのでありました。 東京の神谷道場に着いた剣心のもとに警察官達が乱入しました。 剣心は剣を交える理由が無いと刀を置き、そのまま捕縛されてしまう。 一般市民に無駄な傷を負わせないとの判断である。 ついに剣心の公開処刑がはじまります。 処刑人の刀が一閃するが、振り下ろされた刀は剣心を縛る縄を切っただけだった。 処刑人の正体は斎藤一で、警官隊と剣心は一斉に志々雄勢と交戦します。 この後、剣心は志々雄一派を倒せるのか?最終決戦がイマ始まる。 見どころ 志々雄 真実の圧倒的存在感 正義の主人公と双璧をなす魅力的な悪役が存在してこそ『いい映画になる!』と言いますが、『るろうに剣心 伝説の最期編』の志々雄真実は、誰が何を言おうと日本映画史に残る最狂悪です! 藤原竜也さんの演技が素晴らしい。 ばっちりと過去の怨念が凝り固まって、狂気へと変わる志々雄の様は要チェックです! ラストシーンは7時間20分 志々雄とのラストアクションは長さにして14分あります。 が、実際に監督がOKを出したテイクを繋げると7時間20分もあったそうです!凝縮した戦闘シーンだから、こんなに胸が熱くなるんだなと思いました。 スタッフ 原作:和月伸宏『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』 監督:大友啓史 脚本:藤井清美、大友啓史 アクション監督:谷垣健治 キャスト 緋村剣心:佐藤健 「不殺(ころさず)」の信念のもと、人々のため逆刃刀を振るう心優しき流浪人。 古流 剣術「飛天御剣流」の使い手で、最強の剣客でもある。 神谷薫:武井咲 剣心の生き方や優しさに惹かれ、剣心の人生を側で支える女性になりたいと願っている。 相楽左之助:青木崇高 悪者を正義の拳で粉砕する喧嘩屋。 豪快さと快活さを併せ持つ、勇気溢れる猛者。 斎藤一:江口洋介 新撰組としての責務を果たすため「悪・即・斬」を信条とし、私利私欲のため人々に害なす者は容赦なく斬り捨てる。 四乃森蒼紫:伊勢谷友介 人斬り抜刀斎=剣心と出会い、彼に勝つ事で御庭番衆の「最強」を証明しようとする。 しかし剣心との闘いの中で自分を取り戻した。 巻町操:土屋太鳳 隠密御庭番衆・先代御頭の孫娘。 志々雄真実:藤原竜也 全身を炎に焼かれながらも生き残り、 復讐のため政府打倒に執念を燃やす。 瀬田宗次郎:神木隆之介 幼少の頃、志々雄に出会ってから絶対的な忠誠を誓う。 剣士としての腕前は、剣心と互角以上。 「るろうに剣心 伝説の最期編」は「るろうに剣心 京都大火編」に続く続編で志々雄真実との決着までが描かれています。 大人気アニメのるろうに剣心実写版第3作ということでこれまでに実写版の映画を見てきた人は楽しみにしていた志々雄真実との完結編です。 映画の見どころはやっぱり佐藤健をはじめとした豪華なキャスト陣、そして見る人を魅了してやまない激しいアクションの数々だと思います。 主人公たちの戦いやそれを見守ったりサポートしたりするヒロインも印象的でるろうに剣心の世界が良く再現されている映画だと思いました。 緋村剣心が激しい修行の末に奥義を会得する様や各所で繰り広げられる激しい戦い、志々雄真実との最終決戦に至るまで最初から最後まで気が休まる暇なく次から次へと物語が展開していき、ハラハラドキドキしっぱなしの映画で気が付けばあっという間に映画が終わっていたくらいのめりこんで見てしまいました。 個人的にオススメなシーンは剣心が修行の果てに奥義を会得したところ、蒼紫の登場、煉獄に乗り込み剣心や仲間たちが十本刀と決着をつけるところ、志々雄との長くも激しい最終決戦です。 まだ「るろうに剣心 京都大火編」を見たことがないという人、または見たことあるけど内容をあまり覚えていないという人は必ず見てから本作を見るようにしてください。 ちなみに私は映画館にて2本同時上映をしていたタイミングで見に行ったので4時間ほどハラハラドキドキしてあっという間に映画が終わってしまいました。 「るろうに剣心」の原作ファン、アニメ版ファンも楽しめるスケールで描かれているので実写版を見たことがないという人はぜひご覧ください。 「伝説の最期編」は、剣術祭りとでも呼べるような、まさにアクションシーン満載の作品でした。 まずは師匠・比古清十郎と剣心の特訓シーン。 画面には2人しか映らず、派手なアクションもないのですが、かっこよかったです。 浮世離れした比古先生の存在感が圧迫感があるほどで、この人に習ったら強くなるわけだと(笑)、妙に実感しました。 比古先生のもとで剣術も魂も鍛えた剣心が、左之助、四乃森、斎藤と共に、いざ志々雄に立ち向かうわけですが、これがまたとても豪華な戦いっぷり。 志々雄の弟子の宗次郎は何とかやっつけたとしても、志々雄本人がとてつもなくしぶといわけです。 つ、強すぎないか?、持たないはずの志々雄の体が15分以上持ってるんじゃないか?とややツッコみをいれつつも、怪物みたいなパワーの志々雄との戦いに、鼓動が早まりました。 激しいアクションが続いたので、演じた俳優陣(特に剣心役の佐藤健さん)の運動神経のよさに見惚れました。 見終わった後は自分も壮大な戦いをしたような気分になって、すごく脱力しました。 子供の頃からるろうに剣心が大好きで、映画化であの志々雄真実との戦いを描いた作品なので楽しみでした。 過激な表現をしていた漫画だったので現実の映画ではどう再現していいるのか気になりましたが、よく頑張って再現したなとおもいました。 剣心役の佐藤健さんや宗次郎約の神木さんなどあっていると思いましたが一番合っていたのが志々雄真実役の藤原竜也さんの声がアニメの志々雄真実の声とよくにていた点がありよかったと思いました。 奥義継承のシーンや宗次郎が精神崩壊をおこすとこなどの名シーンも完全に再現しており当時を思い出してしまうほどのものでした、ただ、蒼紫の扱いが原作と一致しておらず、蒼紫は御庭番集に最強の華を手向けるために志々雄一派に加わったのにその志々雄から「だれ?」と言われてしまうとこです、修羅となっている蒼紫をもっと再現してほしかったです。 それと志々雄一派の十本刀をもっと活躍させてほしかったです、十本刀が空気扱いで寂しかったです。 たば映画で流れていた音楽はアニメと引けをとらないものとなっておりまして、サントラが発売されたら購入してみたいと思います、見たことない人で一度アニメのるろうに剣心や漫画のるろうに剣心を知っている人は見て見てもよい出来でした。 るろうに剣心は前作からとても面白く観ていて、今作もとても期待して観ましたが、期待を裏切らない素晴らしい作品でした。 登場人物の俳優陣も有名な方ばかりで、普段は主役をやっているような方たちが脇役に次々と出てくる様子に驚きました。 人を斬らないと心に決めた剣心がどう戦うのか、はたして大切な人を守ることが出来るのか、生き残ることが出来るのかが見どころです。 逆刃刀で戦う剣心は一歩間違えれば自分をも斬りかねない刀を扱っていて、そこに強い意志が見えてきます。 剣での戦いの場面はとてもはらはらした気持ちにさせられ、空を斬る剣の音が耳から離れません。 また剣を交わすだけでなくあちこちに飛び移ったり不意をついたりとアクションシーンでは想像もしない方向に展開が進み、目が離せませんでした。 一歩間違えたら命を落としてしまう緊張感が、始終感じられました。 また時に敵だった相手が見方のようになったりと、剣心の周りにはたくさんの人が行き交います。 過去は過去、剣心は剣心だと言い切る薫は剣心をだれよりも近くで支えています。 息をのむアクションシーンがあったかと思えば人と人とのつながりを感じる温かいシーンもあり、とても良くできた映画だと思いました。 これから観る人にはぜひ一番最初の作品から観てみて欲しいです。 圧巻でした。 大友監督の語っていた通り、原作に誠実な最期でした。 冒頭の比古清十郎と心太の出会いのシーンは黒澤映画へのオマージュのようでドキドキしました。 あの短い尺の中に頑張ってストーリーを納め、さらにその中で超絶アクションがストーリーに対等に成り立っている。 これはすごいことなのでは?これまでの三部作で共通しているのはアクションが悪目立ちしたところがただの一つもないということ。 あれだけのアクションがあればそれだけを目玉に映画が何本も作れるだろうにと思った。 しかしこの映画はそんな逃げを打たない。 このストーリーのこのエピソードにはこのシーンが不可欠で、だからこのアクションを作った。 結果的に、ああ、そういえばアクション多いな、という感じだったのではないでしょうか?しかしこの映画キャストがほんとうに豪華でした。 前作を見た方にはいうまでもないのですが、例えば清里役は窪田正孝さん。 第一作では何とエンドロールに名前が無かった!その後は出てきます。 こちらの二部作では何と言っても藤原竜也さん!すごいです!やっぱり舞台のスターは存在感が違う!あの衣装と特殊メイクでも、ラスボス感が画面を圧してました。 CMにも使われた4対1のあの超絶シーン、一回通しで見て、それで完璧に覚えられたそうです!7分間しかも4対1…。 天才っているんだなあ…。 漫画原作の実写映画の最高傑作にして日本のアクション映画の金字塔。 間違いなくそう言える作品です。 「京都大火編」の続編となっています。 見どころは何といっても主人公「緋村剣心」を演じている佐藤健さんのアクションです。 「京都大火編」のアクションもカッコイイのですが、本作ではさらにアクションに磨きがかかっています。 特に、敵方のメインキャラクターである蒼紫、宗次郎、志々雄との闘いは原作ファンをうならせるものでした。 たっぷりと闘いのシーンがあることで剣心のカッコよさが伝わってきました。 るろうに剣心は以前にアニメで放送されていましたが、アニメーションの技術を使った剣心の技を実写でどのように表現されているのかもファンとしては気になっていたところでした。 実際に観てみると、実写でも剣心の技はしっかりと表現されており、思わずマネをしてみたくなるような完成度でした。 また、クライマックスの志々雄との闘いは作成側の熱が強く込められていました。 撮影したときは冒頭20分くらいの志々雄と剣心の闘いだけで、半日以上時間をかけていたそうです。 決着までの緊張感がスクリーンを超えて伝わってきました。 漫画の実写化は原作ファンに叩かれることが多いのですが、「るろうに剣心」は数少ない成功作品です。 その中でも「伝説の最期編」はいままで公開された3作の中で一番の出来だと思います。 「るろうに剣心 伝説の最期編」は京都大火編の続編で、志々雄との最終決戦を描いたストーリーでした。 率直な感想としては、るろうに剣心実写化シリーズ歴代ナンバーワンになる面白さでした。 佐藤健、藤原竜也、江口洋介、伊勢谷友介、福山雅治など豪華なキャストで、かっこいい人物ばかりでした。 スケールも壮大で、超巨大な戦艦内で志々雄たちと戦い、出演したエキストラの数もすごかったです。 今回の映画では作中に戦闘シーンがちりばめられており、どのシーンも息を? む感じで飽きずに見ることができました。 剣心と四乃森蒼紫の戦いでは、原作にも出ていた剣技が使われていて、原作ファンも大いに楽しめると思います。 京都大火編では、神木隆之介演じる宗次郎に刀を折られ敗れましたが、福山雅治のもとで強くなり、宗次郎を圧倒するちからを見せており興奮しました。 神木隆之介の演技力も素晴らしく、宗次郎にピッタリだなとつくづく感じました。 ラストの戦闘シーンでは、剣心、斎藤一、四乃森蒼紫が手を組み、志々雄と戦っていましたが、心強さが半端なかったです。 中でも藤原竜也の演技力はピカイチで、飲み込まれました。 最強の敵志々雄にふさわしい映画で、楽しませてもらいました。 キャストが豪華です。 主人公の緋村剣心役を佐藤健、師匠である比古清十郎役に福山雅治、斎藤一役に江口洋介など、キャストだけでも見る価値があります。 しかもそれぞれがるろうに剣心の時代背景の役を演じているので衣装もカッコ良すぎます。 次いでアクションが見ていてドキドキします。 これまでの時代劇のような切って終わり、ではなく。 刀を振り回す。 刀を使って叩くような力強いアクションが魅力です。 逆刃刀を用いているためにそのようになるのかもしれませんが、それにしても動きの速さや刀を紙一重でかわすアクションシーンなどを見ているとあらすじだけではない面白さがあります。 実際に私もこの映画のアクションシーンが見たくて何度も見ました。 最後にストーリーです。 「るろうに剣心 伝説の最期編」というタイトルの通り、シリーズの最後の話になります。 明治という時代の幕開けでそれまで世間を騒がせた「邪魔者」たち。 政府からすると、その新しい時代の邪魔者を処分したいがためにまとめて消そうという魂胆が見えます。 それに抗うのは緋村剣心や今回のラスボスである志々雄真実です。 しかし、時代の流れを仕方のないこととして受け入れるのか、力で対抗するのかは人によって判断が分かれます。 新たな時代の幕開けが必ずしも全ての人によって良いものではないということを考えさせてくれるストーリーになっています。 この映画は、特に原作のファンには是非観てほしい映画です。 原作の漫画を知らなくても、俳優さんの演技がとても迫力があるので十分楽しめると思います。 緋村剣心役の佐藤健さんもとても役にハマっていましたし、キャストに違和感はありませんでした。 中でも、特に志々雄役の藤原竜也さんは、全身が包帯で隠れているにも関わらず、存在感があって凄いなと。 出演されている俳優陣がとても豪華で、殺陣のシーンも見応えがあり、目が離せませんでした。 俳優さんのファンの方も必見の映画だと思います。 映画の内容については、ちょっと展開を急ぎすぎかな?と思う部分もありましたが、それは映画で制限もあるので仕方ないかと思います。 原作と比べてしまうとキャラが変わってしまった人物もいますが、ストーリーの構成も不自然ではなく纏まっていたので違和感が無く観ることができました。 この映画はるろうに剣心の実写三作目なので、一作目、二作目、共に合わせて、是非観てほしい映画です。 漫画の実写は違和感があって失敗する事が多いですが、これは、キャストとストーリー、共に成功していると感じました。 原作ファンはもちろん、原作を読んだことがなくても、是非観てほしいです。 原作に勝るとも劣らない超ド派手なアクションと、キャラクターの魅力を余すことなく伝えることができる豪華な俳優陣、世界観の作りこみの凄さ等により、原作を読んだ方でも読んでない方でも楽しめる作品となっていたと思います。 アクションの面では、物語の随所に派手なアクションが展開し視聴者を飽きさせない工夫が見られます。 邦画ではあまり派手なアクションシーンを見かけない印象ですが、ハリウッドのアクション映画を彷彿とさせるような見事なアクションシーンの連続でした。 その中でも特にクライマックスでの船上の戦いでの殺陣は必見で、最後の最後までハラハラドキドキさせられます!キャラクターの面では、特に敵方の大将である「志々雄真実」が迫力があり、かっこよかったです。 「志々雄真実」の狂気、残忍さ、恨み、カリスマ性、また、それらの中に秘められたかっこよさを表現できるのは藤原竜也さんしかいないと思えるほどのドハマり役だったように思います。 最後、志々雄が炎の中で大笑いをするシーンは鳥肌がたちました!ストーリーも剣心と師匠の再開から最後までを原作の緊張感を損ねることなく見事に2時間余りにまとめ上げられており、退屈する箇所が全くありませんでした! まとめ.

次の