宝くじ 100円くじ 結果。 【宝くじ】ロト6を100万円ぶん買ってみた結果 → 高額当選で銀行へ…!!

【宝くじ】ロト6を100万円ぶん買ってみた結果 → 高額当選で銀行へ…!!

宝くじ 100円くじ 結果

こんにちは。 月刊誌「ロト・ナンバーズ『超』的中法」編集部員Mです。 今日はここ2カ月の私の当たりに絡めて「100円くじ」についてお話したいと思います。 ロトやナンバーズ、ビンゴ5など、好きな数字を選んで買える数字選択式宝くじ。 基本は1口200円で、ロト7のみ300円です。 そんな「任意で選べる宝くじ」に最近仲間入りしたのが「着せかえクーちゃん」。 これは好きな絵柄を好きな順番で選んで買える宝くじです。 この宝くじは手軽さも相まってか、1口100円で買えるもの。 そこで、さっそく始まったばかりの4月に1口買ってみたのでした。 さらに同じ時期に発売されていた「ブロック宝くじ」のひとつに東京都くじの「100円くじ」があったんです。 こちらは全国共通で発売される「任意で数字を選べない宝くじ」、いわゆるジャンボ系宝くじの東京都版。 編集部のある東京都では東京都だけで発売される「ブロック宝くじ」が買えるんですね。 基本ジャンボ系宝くじは1枚300円ですから、こちらも破格のお値段(笑)。 もちろんその分、1等当せん金額はジャンボに比べて下がりますが、当たる確率は高め。 そう踏んで買ってみました、第2469回東京都宝くじ「100円くじ」。 月が変わって5月。 今度は第2470回東京都宝くじ「100円くじ」が発売になります。 チャンス到来! さっそく10枚(買っても1000円!)購入して、待ちに待った抽せん日の6月。 この経過はさらに検証していきますので、また当せん記録が更新された際にはご報告しますね。 ちなみにこの当せんがわかった日の夜、突如スマートフォンのバッテリーが膨張(経年劣化)し、慌てて修理に出したところ、修理費用として5,000円かかったのはまた別のお話……。

次の

番号 FAN: 第1150回 100円BIG くじ結果

宝くじ 100円くじ 結果

宝くじの1枚の値段ですが、 ジャンボ宝くじは1枚300円となっています。 宝くじと言ってもいろいろ種類があって、ジャンボ宝くじをはじめ• ジャンボ宝くじ:300円• 通常宝くじ:100~500円• ロト7:300円• ロト6:200円• ミニロト:200円• ビンゴ5:200円• ナンバーズ4:200円• ナンバーズ3:200円• スクラッチ:100~300円 だいたいこのようになっています。 またジャンボ宝くじのミニやプチもありますが、これも一枚300円です。 すべての種類で300円というわけではなくて、100~500円までけっこう幅があります。 ジャンボ宝くじは1979年(昭和54年)の「サマージャンボ宝くじ」(第151回全国自治)から「ジャンボ宝くじ」と呼ばれるようになりましたが、この時はまだ1枚200円でした。 それが1980年の年末ジャンボ宝くじ 第164回全国自治宝くじ に300円となり、その時から値段が変わっていません。 スポンサードリンク 宝くじの平均購入金額は? 宝くじの1枚の値段にいくらか差はありますが、宝くじを購入する人はいったいどのくらいの額を購入するのか? アンケート調査の結果では、 購入する平均額は1年間で26,650円となったようです。 参照:平成28年4月日本宝くじ協会調査(対象18歳以上男女9,718人 有効回収サンプル6,005) ただ、宝くじを購入しないという人も合わせると、平均購入金額は13,550円となったようですね。 月計算でいうと約2000円くらいが平均価格といった感じでしょうか。 ジャンボだけの購入なら年5回なので1回5000円くらいでしょうね。 高額当選者は宝くじを何枚買うの? 高額当選した人は、いったいんだろうか? やっぱり大量に買ったから当たったんじゃないの? こう思うのが普通ですが、そのデータとして スポンサードリンク 宝くじに100円~500円の値段が違うのはなぜ? 宝くじには100円~500円と幅がありますが、1枚の値段がこんなに違うのはどうしてでしょう? 1枚の値段が違う理由でわかりやすいのは 『賞金額』の違いが言えます。 例えば、年末ジャンボ宝くじは1枚300円で1等賞金が7億円。 前後賞が1億5000万円というとてつもない額ですが、ナンバーズやスクラッチを見ると1等が100万円とか額が違いますね。 とはいえ、1枚200円のロト6は1等2億円などですが、ちょっと賞金額が違いすぎるんじゃないの? とも思ってしまいます。 そこで、もう一つ見ておかなければならないポイントが 『当選本数』です。 宝くじの1枚の値段と賞金額・当選本数の関係 年末ジャンボ宝くじの1等賞金は7億円ですが、その本数は2000万枚に1本しかありません。 一方、年末ジャンボプチも1枚300円なのですが、1等賞金は1000万円です。 (*毎年賞金額や本数は変動します。 ) このバランスを考えて、• 〇億円狙いたいから年末ジャンボを買うんだ!• 100万円当てたいからナンバーズ4が良さそう! といったように、購入していくわけです。 では、それぞれの種類の1枚の値段がいくらで、当選確率はどのようになっているのか? それらを一覧表にまとめてみました。 ここの載せていないものには、• 通常くじ• ジャンボのミニやプチ• スクラッチ という種類の宝くじもありますが、ちょっと当選確率や1枚の値段の幅が広いので別に説明していきますね。 これが1枚500円だったのですが、1等賞金は2億5,000万円、1等の前後賞が各2,500万円で、1等と前後賞合わせて3億円という宝くじでした。 賞金額はジャンボ宝くじ並みです。 1枚の値段が高いと「より当たりやすいか、賞金額が高いか。 」といった傾向にあることを覚えておくといいんじゃないでしょうか。 ジャンボミニやプチの1枚の値段 ジャンボ宝くじには、ここ最近では必ず「ジャンボミニ」も同時発売されるようになりました。 年末ジャンボに関しては「年末ジャンボプチ」という種類も同時発売されるようになって、定番となっています。 ミニもプチも、どちらも1枚の値段は300円ですが、賞金額はジャンボ宝くじの〇億円ではなく数千万円や数百万円の賞金額となっています。 その分、当選確率がかなり低くなり、より当たりやすい宝くじへとなっているのですね。 どれを狙うかはあなた次第ですが、2018年の場合だと当たりやすさを重視するなら年末ジャンボプチですよね。 その年によって賞金額や当選確率は変わりますが、購入前にどれがいいのかしっかりとチェックしてから購入するようにすると、狙いを定めやすいと思います。 スクラッチ1枚の値段 スクラッチの1枚の値段は100円~300円で販売されています。 昔は100円のスクラッチもよく見ましたが、今はあまり見なくなりましたね。 このスクラッチは当選確率と賞金の幅が大きく、1等が5万円のものがあったり1億円の時もあります。 それに伴って当選確率が変わったり、1口の値段が上がったりなどで調整されていますね。 先ほどの通常くじの場合もですが、基本的に宝くじの還元率は50%を越えてはいけない法律があります。 スポンサードリンク 宝くじには消費税がかかるの? 宝くじには消費税がかかるのか? 今後消費税が上がるにつれて、宝くじの値段も上がっていくんじゃないかと思いますが 消費税はかかりません。 ここまでの1枚の値段に、あとから課税されるという事はないんです。 というのも、 実はすでに宝くじ1枚の値段の中に税金が含まれています。 宝くじの4割程度は地方自治体に収められる税金として、宝くじの値段に入っているんです。 だから1口300円の宝くじだと、だいたい120円ほどは税金なんですね。 となると、気になるのは「宝くじってどんな内訳なの?」という中身についてですが、それも発表されたデータがあります。 宝くじの収益金の内訳は? この約40%の地方自治体の収入ですが、平成28年度でいうとこのようになっています。 販売実績額8,452億円(平成28年度) 内訳 使い道 39. 6%が収益金として、地方自治体に納められていることになります。 だから購入した時点ですでに税金を払っているわけなんですね。 ですので、購入時に消費税もかかりませんし、ここに税金をかけられたら二重課税になっちゃいますからね。 宝くじを購入することは税金を地方自治体に収めていることにも繋がりますが、それは何も悪い事ばかりではありません。 こういった宝くじで7億円など当たったとすると、心配なのがそのあとの税金関係ですよね。 せっかく当たったのに、これは一時所得で確定申告が必要になるのか? 税金がかかってくると喜びも半減ですが、そこは非課税となり当選金はすべてあなたのものになります。 購入時に税金として納めている分、当選金に関してはすべて非課税なんですね。 ここは安心できるポイントじゃないかなと思います。 でも、当選金はその後の扱いによって贈与税など税金がかかることもあるので、当選したときのことを少しは考えておいた方が良いかもしれません。 あとがき ジャンボ宝くじしか買わない人は、宝くじの値段は1枚300円というイメージがあると思います。 でも、ロト6やナンバーズ、スクラッチのように200円のものもあるし、1枚100円~500円という幅広い値段の通常くじ(普通くじ)の販売もあります。 ちょっと目立ちにくいので触れる機会が少ないかもしれませんが、100円とかだとちょっと気軽に遊べますよね。 1枚500円とかだと、それだけで吉野家の牛丼食べてお釣りがくるのでちょっと躊躇してしまいますが、その分当選確率は上がります。 1等の賞金額と当選確率をチェックしていくと、あなたに合いそうな宝くじは絶対にあると思うので、それを狙ってチャレンジしてみてくださいね。 西銀座チャンスセンターの宝くじ購入代行サービスとは? 日本一有名な宝くじ売り場の 『西銀座チャンスセンター』 この場所では毎回のようにジャンボ宝くじで1等が出て、年末ジャンボに至っては平成になって29年間1等が出続けました! 西銀座チャンスセンターを知ってる人も、全く知らなかった人も、.

次の

番号 FAN: 第1150回 100円BIG くじ結果

宝くじ 100円くじ 結果

宝くじの1枚の値段ですが、 ジャンボ宝くじは1枚300円となっています。 宝くじと言ってもいろいろ種類があって、ジャンボ宝くじをはじめ• ジャンボ宝くじ:300円• 通常宝くじ:100~500円• ロト7:300円• ロト6:200円• ミニロト:200円• ビンゴ5:200円• ナンバーズ4:200円• ナンバーズ3:200円• スクラッチ:100~300円 だいたいこのようになっています。 またジャンボ宝くじのミニやプチもありますが、これも一枚300円です。 すべての種類で300円というわけではなくて、100~500円までけっこう幅があります。 ジャンボ宝くじは1979年(昭和54年)の「サマージャンボ宝くじ」(第151回全国自治)から「ジャンボ宝くじ」と呼ばれるようになりましたが、この時はまだ1枚200円でした。 それが1980年の年末ジャンボ宝くじ 第164回全国自治宝くじ に300円となり、その時から値段が変わっていません。 スポンサードリンク 宝くじの平均購入金額は? 宝くじの1枚の値段にいくらか差はありますが、宝くじを購入する人はいったいどのくらいの額を購入するのか? アンケート調査の結果では、 購入する平均額は1年間で26,650円となったようです。 参照:平成28年4月日本宝くじ協会調査(対象18歳以上男女9,718人 有効回収サンプル6,005) ただ、宝くじを購入しないという人も合わせると、平均購入金額は13,550円となったようですね。 月計算でいうと約2000円くらいが平均価格といった感じでしょうか。 ジャンボだけの購入なら年5回なので1回5000円くらいでしょうね。 高額当選者は宝くじを何枚買うの? 高額当選した人は、いったいんだろうか? やっぱり大量に買ったから当たったんじゃないの? こう思うのが普通ですが、そのデータとして スポンサードリンク 宝くじに100円~500円の値段が違うのはなぜ? 宝くじには100円~500円と幅がありますが、1枚の値段がこんなに違うのはどうしてでしょう? 1枚の値段が違う理由でわかりやすいのは 『賞金額』の違いが言えます。 例えば、年末ジャンボ宝くじは1枚300円で1等賞金が7億円。 前後賞が1億5000万円というとてつもない額ですが、ナンバーズやスクラッチを見ると1等が100万円とか額が違いますね。 とはいえ、1枚200円のロト6は1等2億円などですが、ちょっと賞金額が違いすぎるんじゃないの? とも思ってしまいます。 そこで、もう一つ見ておかなければならないポイントが 『当選本数』です。 宝くじの1枚の値段と賞金額・当選本数の関係 年末ジャンボ宝くじの1等賞金は7億円ですが、その本数は2000万枚に1本しかありません。 一方、年末ジャンボプチも1枚300円なのですが、1等賞金は1000万円です。 (*毎年賞金額や本数は変動します。 ) このバランスを考えて、• 〇億円狙いたいから年末ジャンボを買うんだ!• 100万円当てたいからナンバーズ4が良さそう! といったように、購入していくわけです。 では、それぞれの種類の1枚の値段がいくらで、当選確率はどのようになっているのか? それらを一覧表にまとめてみました。 ここの載せていないものには、• 通常くじ• ジャンボのミニやプチ• スクラッチ という種類の宝くじもありますが、ちょっと当選確率や1枚の値段の幅が広いので別に説明していきますね。 これが1枚500円だったのですが、1等賞金は2億5,000万円、1等の前後賞が各2,500万円で、1等と前後賞合わせて3億円という宝くじでした。 賞金額はジャンボ宝くじ並みです。 1枚の値段が高いと「より当たりやすいか、賞金額が高いか。 」といった傾向にあることを覚えておくといいんじゃないでしょうか。 ジャンボミニやプチの1枚の値段 ジャンボ宝くじには、ここ最近では必ず「ジャンボミニ」も同時発売されるようになりました。 年末ジャンボに関しては「年末ジャンボプチ」という種類も同時発売されるようになって、定番となっています。 ミニもプチも、どちらも1枚の値段は300円ですが、賞金額はジャンボ宝くじの〇億円ではなく数千万円や数百万円の賞金額となっています。 その分、当選確率がかなり低くなり、より当たりやすい宝くじへとなっているのですね。 どれを狙うかはあなた次第ですが、2018年の場合だと当たりやすさを重視するなら年末ジャンボプチですよね。 その年によって賞金額や当選確率は変わりますが、購入前にどれがいいのかしっかりとチェックしてから購入するようにすると、狙いを定めやすいと思います。 スクラッチ1枚の値段 スクラッチの1枚の値段は100円~300円で販売されています。 昔は100円のスクラッチもよく見ましたが、今はあまり見なくなりましたね。 このスクラッチは当選確率と賞金の幅が大きく、1等が5万円のものがあったり1億円の時もあります。 それに伴って当選確率が変わったり、1口の値段が上がったりなどで調整されていますね。 先ほどの通常くじの場合もですが、基本的に宝くじの還元率は50%を越えてはいけない法律があります。 スポンサードリンク 宝くじには消費税がかかるの? 宝くじには消費税がかかるのか? 今後消費税が上がるにつれて、宝くじの値段も上がっていくんじゃないかと思いますが 消費税はかかりません。 ここまでの1枚の値段に、あとから課税されるという事はないんです。 というのも、 実はすでに宝くじ1枚の値段の中に税金が含まれています。 宝くじの4割程度は地方自治体に収められる税金として、宝くじの値段に入っているんです。 だから1口300円の宝くじだと、だいたい120円ほどは税金なんですね。 となると、気になるのは「宝くじってどんな内訳なの?」という中身についてですが、それも発表されたデータがあります。 宝くじの収益金の内訳は? この約40%の地方自治体の収入ですが、平成28年度でいうとこのようになっています。 販売実績額8,452億円(平成28年度) 内訳 使い道 39. 6%が収益金として、地方自治体に納められていることになります。 だから購入した時点ですでに税金を払っているわけなんですね。 ですので、購入時に消費税もかかりませんし、ここに税金をかけられたら二重課税になっちゃいますからね。 宝くじを購入することは税金を地方自治体に収めていることにも繋がりますが、それは何も悪い事ばかりではありません。 こういった宝くじで7億円など当たったとすると、心配なのがそのあとの税金関係ですよね。 せっかく当たったのに、これは一時所得で確定申告が必要になるのか? 税金がかかってくると喜びも半減ですが、そこは非課税となり当選金はすべてあなたのものになります。 購入時に税金として納めている分、当選金に関してはすべて非課税なんですね。 ここは安心できるポイントじゃないかなと思います。 でも、当選金はその後の扱いによって贈与税など税金がかかることもあるので、当選したときのことを少しは考えておいた方が良いかもしれません。 あとがき ジャンボ宝くじしか買わない人は、宝くじの値段は1枚300円というイメージがあると思います。 でも、ロト6やナンバーズ、スクラッチのように200円のものもあるし、1枚100円~500円という幅広い値段の通常くじ(普通くじ)の販売もあります。 ちょっと目立ちにくいので触れる機会が少ないかもしれませんが、100円とかだとちょっと気軽に遊べますよね。 1枚500円とかだと、それだけで吉野家の牛丼食べてお釣りがくるのでちょっと躊躇してしまいますが、その分当選確率は上がります。 1等の賞金額と当選確率をチェックしていくと、あなたに合いそうな宝くじは絶対にあると思うので、それを狙ってチャレンジしてみてくださいね。 西銀座チャンスセンターの宝くじ購入代行サービスとは? 日本一有名な宝くじ売り場の 『西銀座チャンスセンター』 この場所では毎回のようにジャンボ宝くじで1等が出て、年末ジャンボに至っては平成になって29年間1等が出続けました! 西銀座チャンスセンターを知ってる人も、全く知らなかった人も、.

次の