こ で らい ね 方言。 冷たいの方言

栃木の方言(栃木弁)

こ で らい ね 方言

の看板 筑豊弁(ちくほうべん)は、地方で使われている。 旧と旧に跨る地方であり、方言に関してもとの接触地帯となっている。 筑豊弁の内部でも地域によって細かな違いがある。 旧筑前国側である(とその周辺)の 飯塚弁と、旧豊前国側である(とその周辺)の 田川弁に大きく二分されるほか、ではの 直方弁、の 鞍手弁、旧の 宮田弁などがある。 外輪型であり、の中ではやと共に、最ものアクセントに近い方言とされる(らの定義による)。 主な語彙 [ ] (飯)は主に飯塚弁で使われる言葉、(田)は主に田川弁で使われる言葉。 っちゃ=(飯・田)だよ。 強調に用いることが多い。 豊日方言的特徴。 (例:田川弁でしゃべれっち言われても急には出らんっちゃ!=田川弁でしゃべれって言われても急には出ないよ!)• ばい=(飯・田)だよ。 主に肯定文。 「っちゃ」と用法は近い。 肥筑方言的特徴。 き=(飯・田)ので・から。 理由・原因を表す接続助詞。 博多弁の「けん」、北九州弁の「け」に相当する。 (例:分からんき、教えて=分からないから、教えて)• (例:またいらん事んじょしよるが・・・=また余計な事ばかりしてるなぁ・・・)• 〜(っ)ち=(田)〜(だっ)て。 しゃあしい=(飯・田)うるさい・やかましい。 「(作業・手順が)ややこしくて鬱陶しい」という意味でも使われる。 くらす=(飯・田)殴る。 「食らわす」の変形。 はよ=(飯・田)早く。 いもる=(飯・田)びびる。 なん=(飯・田)なに。 せんね=(飯・田)しなさい。 ばってん=(飯)だけど・けど。 肥筑方言的特徴。 (例:そうばってん=そうだけど)• きさん=(飯・田)お前。 「お前」を使う人も少なくない。 なして=(飯)なんで・どうして。 なし=(田)なんで・どうして。 「つまらない」の意味でも使われる。 (例:こっち来(こ)なつぁらんよ=こっちに来なきゃ駄目だよ)• おらぶ=(飯)叫ぶ・大きな声で呼ぶ。 やろ=(飯・田)だろ・でしょ。 せん=(飯・田)しない。 ばっさ=(飯)とても。 ぱける=(田)壊れる・故障する。 からう=(飯・田)背負う。 なんかかる=(飯・田)寄りかかる・もたれる。 うち=(飯・田)わたし。 主に女性が使用。 (例:うちんとこは=私の家庭では)• ぎょうらしい=(田)大げさな・騒々しい。 はがいい=(田)歯痒い。 めんどしい=(田)恥ずかしい。 誤って「面倒くさい」の意味で使う若者も少なくない。 とっとる=(田)取ってある。 (例:これとっとん?=これは取ってあるの?)• わるそ=(飯・田)悪い子・悪戯っ子・悪ガキ、または悪戯そのものを指す。 悪僧坊主(わるそぼうず)。 げってん=(飯・田)へそ曲がり・意固地で、すぐにを起こすこと。 「げってんを出す・げってんまわす」等と言う。 とんぴん=(飯・田)調子(者)、はしゃぐこと、おてんば。 動詞として使う場合は、「とんぴんはる(=調子に乗る、図に乗る)」「とんぴんはねる(=はしゃぎ回る)」「とんぴんつく(=調子付く)」などと用いられる。 九州ノザワ株式会社「今日の知っ得情報〜!!」• - () 関連項目 [ ]•

次の

宮城の方言:仙台弁メモ【ら行】

こ で らい ね 方言

おはようございますこんにちはこんばんは! 私は関西人の両親の間に生まれ、幼小中高と横浜で育ちました。 そらもう!関西人に育てられたんやから、おうちでは関西弁をベラベラ喋りますよ!! オカンの焼くお好み焼きはバチクソうまいし、関東では深夜にやってる新喜劇も見mます!タイガースが負けたら次の日は本気でヘコみますし、球場まで応援に行かれへん時は法被着てテレビの前でメガホン鳴らしてますよ。 言語を学ぶのは幼いうちから始めるのがいいとよく言います。 この世界には、さまざまな言語を流暢に使いこなす方がいますが、ひょっとしたら私も、その方たちと似たような境遇なのかもしれません。 幼少期から横浜に住み、関西人の両親に育てられた私は、関西弁と標準語を自在に操ることができます。 相手がどこの言葉を話すかによって、無意識のうちにスイッチが切り替わるのです。 自分でも気づかないうちに!まだ小さかった頃は、わたしが関西弁を話せることは、周りの子たら珍しくておもしろいらしく、 「らいなすちゃん、関西弁喋ってみて〜!!」と、チヤホヤされたものでした。 これはたぶん方言使う人のあるあるなはず。 わたしは元々目立ちたがりで、「関西弁」という話題を通して、みんなに話しかけてもらえることはとても嬉しかったことをよく覚えています。 しかし、その気持ちは成長とともに少しずつ変わっていきました。 ある日、大学受験のために自己PRの準備していた私は、 使う方言によって、自分の性格も変化しているのではないかと気づきました。 何を言っとんねんこいつは。 と思ってる方。 私はいたって真剣な話をしていますよー。 以下は私なりの、方言による内面の変化をまとめたものです。 方言による内面の変化 関西弁を使うとき 標準語を使うとき ・何でも ズバズバ 言う ・穏やかな所作で落ち着いています。 ・気性も荒い し 物の扱いは 雑 ! ・ゆったりとした言葉遣い。 ・とってもノリがいいです。 若干とろい。 ・ぼーっとしてる。 ・常にスピード感のある ・歩く速度もゆっくり ・初対面の方とは、関西弁 ・相手が関西人なら、関西弁。 もう少しいろいろな例を挙げられれば良かったのですが、自己分析というものは結構難しいです。 関西弁と標準語の性格が、同じタイミングで混在することはありません。 なぜなら使う方言によって完全に差別されているからです。 しかし、自分の中の二面性に戸惑うことはあります。 名前は忘れてしまいましたが、すこし前にある有名なハーフタレントの方が、 「自分はどこにも属せない寂しさを感じる」とコメントされていました。 日本で活躍されているハーフタレントの方は結構多いです。 にこるんやローラなど、彼らをテレビで見ない日はないかも。 洋風な顔立ちや日本人離れしたスタイルの方、また海外生活の経験から日本語以外の言語に堪能な方もいます。 日本人からすると、ハーフとして生まれてきた方は、その時点で、私のような純ジャパには決して手の届かないアドバンテージを手に入れているみたいに感じます。 しかし、常に注目を集める彼らですが、私たちが思いもつかないところで、先ほどのコメントのような寂しさを感じている方もいるようです。 そして、 その感覚、私と共通するものがあるかもしれない。 少しな言い方かもしれませんが、ハーフの方は国と国のあいだ。 わたしは関西と関東のあいだの存在です。 規模の違いはあるものの、この方が味わった寂しさに共通するものが、私にもあります。 今回のこの記事は、このブログを立ち上げて最もやりたかったことの一つ。 私のような境遇の方で、方言によって性格が変わっているような気がする人を探しています。 もしこの記事をお読みになったあなた自身が、私と似たようなことを感じているのなら、ぜひコメント欄でお話を聞かせてくださいね。 それでは。

次の

鹿児島県方言集(さ〜し)

こ で らい ね 方言

栃木弁の特徴 [ ]• 同じ栃木県内でも場所により方言が異なり、隣町に行くと会話にならないことがよくある。 大きくは県北(他)、県央(他)、県南(他)、県西(他)、県東(他)などに分類される。 による単語の区別をほとんど持たない。 例えば「が」と「が」、「が」と「が」は、や共通語ではアクセントで区別されるが、栃木弁では区別されず、同じ発音になるため、意味は前後の文脈などで読み取る。 なおかつ固定した高低の配置がないので「 の方言」といわれている。 尻上がり調のイントネーションを多用する。 自立語と付属語の間に促音が入る。 的表現は所作や語感により行い、敬語語形の語句によることがほとんどない。 (・・など独自の敬語を発達させた地域もあるが)では総じて語句としての敬語が少ないが、栃木・茨城の両県は特に顕著である。 「イ」と「エ」の混合。 「シュ」等の発音を「シ」で代用する傾向があり、「シュン」という発音が「シン」と聞こえることがある。 地域により違いはあるが、末尾に「べ」「ぺ」が付く事が多い。 例「言ったべ」「言ったっぺ」(言ったでしょうの事) また、質問・疑問には「け」が付く事が多い。 例「言ったっけ?」(言ったかな?の事) 栃木弁の例 [ ] 名詞 [ ]• あおなじみ. 県外からの転入者が、最初にあたる言葉の壁とも言えるほど、県内ではメジャーな言葉である• 残り湯を再度沸かした風呂• また、同様に足を使った動作については「あしわすら」という• いってみる -> 訪問先から 失礼する。 おいとまする。 頭を下げて 挨拶をする• 子供や動物が擦り寄ってくる可愛い様子を差す。 ぼっこ わ れる. いうことを聞かない。 くたびれた。 硬い 筋肉がこわばる様を言う• ああ、そういう事ですか• しゃああんめ -> 「仕様があるまい」の転• ほんだきっとが、ほんだけっとが -> そうなんだけれど 栃木弁を使う有名人 [ ]• 森三中• (元AKB48)• :「」で、栃木ことば指導を担当• :栃木弁の「ゆめもチボーも無いよ」が決めセリフ。 :(現・)出身。 下館は栃木県に隣接しと栃木弁の交わりがある地域のため、もともと訛りの差そのものは小さい。 :ドラマの中で、しばしば栃木弁のイントネーションが散見される。 脚注 [ ] [].

次の