冥福 意味。 お悔やみ申し上げますとご冥福をお祈り致しますの注意点

ご冥福の意味と使い方 お悔やみ言葉の正しい選び方を解説

冥福 意味

「ご冥福をお祈りいたします。 」の意味は、どのような意味なのでしょう。 「死後の幸福をお祈りいたします。 」と言う敬いの言葉です。 また、葬儀知識では、「ご冥福」をキリスト教や浄土真宗では使ってはいけないとされていますが、参列している側がそれを把握することは難しいですよね。 仏式か神式かを問われたとしても、その場に行って見ないとわなから無いものです。 そんなこともあり、参列する側は気に留めなくてもよいとされています。 ご冥福をお祈りするのは、あくまで 故人への気持ちであり遺族に対しての気持ちではありません。 遺族の悲しみを理解し遺族に対して「ご冥福をお祈りいたします。 」と使うことは、違和感を覚えます。 故人に対しての言葉を、遺族の悲しみを理解するように使うのは、使い方として正しいとは思えないからです。 実際遺族に対して、「ご冥福をお祈りいたします。 この度は、大変でしたね。 」とお話をされている姿を目にしたことがありましたが、遺族の方々は返答に困っている様子でした。 「死後の幸福を祈っています。 この度は、大変でしたね。 」と残された遺族に対して伝えているのですから、戸惑う気持ちも理解できます。 「ご冥福をお祈りいたします」と遺族に用いるのであれば、 「故人のご冥福を心からお祈り申し上げます」と、あくまで「故人」に対しての気持ちだと、一言付け足さなければなりません。 また、「ご愁傷様でございます。 この度は急なことで驚いております。 また、 電報とし送るのであれば、決まったテンプレートを利用することも可能ですが、言葉にして直接伝えるのであればやはり、 遺族に対して「ご冥福をお祈りします」と言う言葉を単体で使うことは間違えた使い方で、「ご冥福を」遺族に対しての言葉だと勘違いしている人も多く、オリジナルの文章で電報を送り、赤恥を書くなんてことも度々あります。 電報を送る立場も考えなければならないからです。 故人が自分に対してどのような間柄なのかをまず考えてから、文章を選んだほうがよいでしょう。 先輩の親なのか義理の親なのか、自分の友人の親なのか義理親なのかで、電報の中の呼称も内容も変わってきます。 故人のとの関係性を整理し、遺族に対して送るのか、生前故人との深い付き合いの中で送るのかを、自身で考え送ってください。 遺族に対して使っては失礼になる言葉や不機嫌になるような内容ももちろん避けるべきです。 社会人としてのマナー、マメ知識として頭の片隅には残しておかなければならないことです。 画像:alsok-denpo. com ビジネスでも、取引先の社長と公私ともに仲のよい自社の社長が 電報を送る際は、「在りし日のお姿を偲び、ご冥福をお祈りいたします。 」と故人を偲び故人の死後の幸福を祈ります。 従業員の義理の父の場合は、「御岳父様のご冥福をお祈りしますと共に安らかにご永眠されますよう心よりお祈りいたします。 」などと、少しずつ 送る側の立場を尊重した文章でなければ失礼にあたりますので、気をつけたいものです。 マメ知識としては、• 施主の配偶者である場合、夫の場合「ご主人様」、妻の場合「ご令室様」と使われます。 用いる悔やみ言葉の種類だけでなく、どのような故人へ、遺族へ送るのかによって、 呼称を変え使う言葉を選定し、失礼の無い内容で伝えることが社会人としての最低限のマナーです。 場の雰囲気を考えず、大きく明るい通る声で「故人のご冥福をお祈りいたします。 元気を出してくださいね」と、あえて明るく伝えられても、憔悴しきっている遺族からすれば場の雰囲気にそぐわない対応だと感じられます。 場に合った言葉だけでなく、 身なり、 声の高さや 話し方、 メイクなど 場に合わせて使いこなせることが社会人に必要な気遣いでもあります。 葬儀の場で、大きな声で世間話をしている方々もいらっしゃいます。 歳を重ねるとそのような場でしか顔を合わせなくなるということも理由として考えられますが、それでも故人を偲び冥福を祈るのであれば、小さな声で話す、場所を変えて話す等の気遣いをしてほしいと思います。 Hohoron. comでは他にも、 いまさら聞けない葬儀の作法について説明した記事があります。 空いた時間にサッと読んで、社会人としての知識やマナーを学んでおきましょう!•

次の

ご冥福をお祈りしますの英語で表現【厳選6パターン】

冥福 意味

「ご冥福お祈りします」の意味とは? 「ご冥福お祈りします」を耳にしたことがあるという人でも、詳しい意味まで知っているという人はあまりいないのではないでしょうか。 まずはその意味から解説します。 「ご冥福」の意味は「死後の幸福」 「ご冥福をお祈りします」は、「亡くなられた後の幸福をお祈りします」という意味です。 「ご冥福」の「冥」は、死後の世界を意味する言葉で、「冥福」とはつまり死後の世界での幸福という意味になります。 亡くなった方が安らかに過ごせますように、という祈りを込めた言葉なのです。 実際に使う際には、敬意を示す言葉「謹んで」を頭につけて、「謹んでご冥福をお祈りします」とすることもあります。 本来は文章で使う「書き言葉」 「ご冥福をお祈りします」は、本来は文章で使う「書き言葉」です。 主に弔電の文章や、訃報を受けた後の手紙やメールなどの文章で使います。 ただし、近年では話し言葉として葬儀場などで使われるケースも増えているようです。 従来の使い方とは異なりますが、マナーとしては許容されつつあります。 「ご冥福をお祈りします」の使い方は? 対象は「亡くなった本人(故人)」であること 訃報に際し使う言葉は、「ご冥福をお祈りします」以外にもいくつかあります。 詳しくは後ほど紹介しますが、ほかの言葉との一番の違いは「ご冥福をお祈りします」の対象が「亡くなった本人」である点です。 通夜や葬儀の場で使われる言葉は、遺族の哀しみに寄り添うものから故人を悼む言葉まで様々ですが、「ご冥福をお祈りします」は「故人」に対する言葉となっています。 ペットに使う例も増えている 犬や猫などペットも大切な家族の一員という考え方は今や珍しいものではありません。 大切なペットを厳かに見送りたいと思う家族も多く、ペットの訃報に触れる機会も増えているのではないでしょうか。 そんなペットへの訃報にも「ご冥福をお祈りします」は使うことができます。 「いつまで」という明確な期限はない 葬儀のマナーでは、いつ・どんな時にといった状況を抑えておくのが大切です。 ただし、「ご冥福をお祈りします」という言葉に関しては、明確な期限はないとされています。 死後の幸福を祈る「ご冥福をお祈りします」は、通夜や葬儀から、四十九日の法要、さらには初盆やお彼岸など折に触れて使用されることがあるようです。 「いつまでならOK」「これ以降はNG」といった決まりはないので、数か月後に訃報を聞いたという場合でも、亡くなられた方を思い言葉をかけるのであれば使用しても問題ありません。 「ご冥福をお祈りします」への返信は? ビジネスシーンでは、メールで訃報のやりとりをすることも珍しくはありません。 メールでも「ご冥福をお祈りします」は使える表現ですが、問題はその返信です。 「ご冥福お祈りします」と言われた場合にはどう返すのが正しいのでしょう。 「お気遣い頂き」と感謝を伝える メール・会話を問わず、「ご冥福をお祈りします」と言われたら、「ありがとうございます」と感謝の言葉を返します。 「ご丁寧にありがとうございます」「お気遣い頂きありがとうございます」などとするのが一般的です。 「恐縮です」「痛み入ります」という表現も 近しい人を亡くした状況では、「ありがとうございます」という一般的な感謝の言葉はためらわれることもあります。 そうした場合には、「ご丁寧にご連絡をいただきまして恐縮です」や「お心遣い、痛み入ります」といった表現も使用可能です。 宗教ごとに違う?「ご冥福」の類語・例文 「ご冥福をお祈りします」は、実は故人や遺族の宗教によって使用を控えるべきという意見もあります。 その理由と、代わりに使える言葉を例文で紹介します。 元々は宗教を問わずに使える表現 「ご冥福をお祈りします」は宗教によって控えるべきとされるのは、「冥福」が仏教に由来するという見解からです。 しかし、「冥福」は、正しくは仏教用語ではなく、本来は宗教を問わずに使用できる表現です。 「ご冥福お祈りします」は、どの宗教の人に使っても問題はありません。 一方でキリスト教では天国が、浄土真宗では極楽浄土が、という風に、明確に死後の世界が定義されている宗教では、「冥福」(死後の幸福)という概念が不適切という見方もあるようです。 誤用ではないものの、捉え方に個人差があるため、宗教によっては使わないほうが無難です。 キリスト教では「安らかな眠り」 では、キリスト教で故人を思う言葉をかけるとしたらどういった言葉になるのでしょう。 キリスト教では、「安らかな眠り」という言葉を使い、「安らかな眠りにつかれますよう、お祈りいたします」という表現が一般的です。 神道では「御霊のご平安」 神道の場合は、「御霊(みたま)」という言葉を使い、「御霊のご平穏をお祈りいたします」とします。 なお、神式の考え方では、亡くなった人は先祖とともに家を守る神様になる、とされています。 浄土真宗は「哀悼の意を表します」が無難 仏教の中でも浄土真宗では先述したように「極楽浄土」という考え方があります。 そのため、死後の幸せは約束されたようなものなので、この場合は「哀悼の意を表します」という亡くなられたことに対する悲しみを表現する挨拶にとどめておくのが無難です 身内など遺族に対する「お悔やみの言葉」 「ご冥福お祈りします」は故人に対する言葉ですが、亡くなった方の身内、つまり遺族にかける言葉にはどういったものがあるのでしょう。 通夜や葬儀での挨拶にも使える言葉を紹介します。 身内など遺族には「ご愁傷様です」 遺族によく使うのが「ご愁傷様です」という言い回しです。 「愁傷」とは、嘆き悲しむという意味の言葉で、「ご愁傷様です」は不幸に際し「御気の毒に」という意味で、遺族との会話で使う表現です。 通夜や葬儀の受付での挨拶としても定型句となっています。 遺族には「この度はご愁傷様です。 なお、「ご愁傷様です」は弔電などで書き言葉としては使用できませんので注意しましょう。 「お悔やみ申し上げます」も定型句 「お悔やみ申し上げます」も通夜・葬儀でよく使う言葉で、「この度は誠にご愁傷さまです。 心よりお悔やみ申し上げます」などという表現も一般的です。 「お悔やみ」とは、人の死を悲しむ・弔うという意味があり、「お悔やみ申し上げます」とは「故人の死を悲しんでおります」「故人の死をとても残念に思います」というような意味となります。 遺族に対して使う言葉としては定型句として覚えておいてよいでしょう。 「哀悼の意を表します」は書き言葉 話し言葉ではなく、書き言葉としては「哀悼の意を表します」という表現があります。 こちらは、弔電などの文章で使う表現です。 「哀悼」とは人の死を悲しみ、悼むという意味の言葉で、「哀悼の意を表します」で故人を思い、心を痛めています、というような意味になります。 弔電では、「謹んで哀悼の意を表します」という風によく使われます。 英語では「R. P」 英語で「ご冥福お祈りします」という場合には、「May your soul rest in peace. 」という表現を使います。 「rest in peace」の頭文字を取って、「R. 」と書かれることもあります。 また、遺族に対して悲しみや残念な気持ちを伝える表現では、• といった言葉が用いられます。 いずれも、定型文として覚えておくとよいでしょう。 まとめ 「ご冥福をお祈りします」は、故人の死後の幸せを祈る言葉で訃報を受けた場合や通夜・葬儀の場で使用されます。 誤用ではないものの、キリスト教や浄土真宗など宗教によっては好まれない表現ですので、相手の宗教に注意して使うのがポイントです。 宗教に不安が残る場合には、ほかの言葉に言い換えた方が無難です。

次の

「ご冥福をお祈りいたします」の意味|ご遺族のことを考えた言葉選び

冥福 意味

Contents• 「ご冥福をお祈りします」 ひとが亡くなるたびに耳にする言葉の一つに「ご冥福をお祈りします」という表現があります。 冥福を祈る、というのは一体どういう意味か、意外とわからないまま使っている方も多いのではないでしょうか。 そもそも「冥福」の意味とは何か、どんな使い方が正しいのか、といったことについて簡単に解説したいと思います。 冥福の意味 ひとの死というのはとても繊細な事象なので、できるだけ正しい言葉遣いや振る舞いで遺族や友人の方々の気分を害さないようにしたいもの。 だからなるべく紋切り型の表現をすることも多いでしょう。 その一つに、「ご冥福をお祈りします」という言葉があります。 この「冥福」というのは、「 死後の世界の幸福」を意味します(4、の意味ですね)。 「冥(めい・みょう)」の意味 1 暗くて見えない。 「冥暗・冥冥/晦冥 かいめい ・昏冥 こんめい ・幽冥」 2 道理に暗い。 「頑冥」 3 奥深い。 心の奥底。 「冥想」 4 あの世。 「冥界・冥土・冥福」 〈ミョウ〉人知を超えた神仏の働き。 「冥加・冥護・冥利」 要は、「ご冥福をお祈りします」とは、 亡くなった方の死後の世界の幸福を祈る、ということを意味します。 「ご愁傷様でございます」というのは、相手を気の毒に思っている、という意味です。 皮肉のニュアンスで使用されることもあるので抵抗があるかもしれませんが、ご遺族と会った際は「この度はご愁傷様でございます」と言って頭を下げましょう。 「お悔やみ申し上げます」というのは、故人の死を悲しんでいること、悔やんでいること、といった意味合いがあります。 先ほども触れたように、二つの言葉は併用できるので、「この度はご愁傷様でございます(でした)、心からお悔やみ申し上げます」といった風に言いましょう。 「ご冥福をお祈りします」との違いは、「ご冥福をお祈りします」が故人に向かって使う言葉であるのに対し、「ご愁傷様でございます」や「お悔やみ申し上げます」は遺族の方に向かって使う言葉です。 キリスト教では「ご冥福をお祈りします」は使ってはいけない? 死後の世界については、宗教的な背景と密接に関わってきます。 そのため、ある仏教の葬儀とキリスト教の葬儀とでは全く違った形になりますし、「死後の世界」も変わってきます。 それでは、「ご冥福をお祈りします」という言葉はキリスト教などで使ってはいけないルールなどはあるのでしょうか。 基本的に、この 「冥福」という言葉は特定の宗教には関係ないようです。 以下は、20年以上葬儀の現場で働いている方のブログの記述です。 一部で言われている「冥福」という言葉はキリスト教や浄土真宗で使ってはいけない、という「葬儀知識」ですが、お葬式に参列される方は気にしなくても良いと思います。 この「冥福」という言葉は、何かの宗教的な用語というわけではないので、あまり気にすることなく使用していいようです。 ただ、「冥」には「暗くて見えない」などネガティブな印象を抱かせる意味も含まれ、絶対天国にいけるキリスト教や極楽浄土にいける浄土真宗には適さないのではないか、という声もあります。 このことに関しても、この「葬儀屋さん」は問題ないと言います。 実際、「 キリスト教や浄土真宗のお葬式の最中に「御冥福をお祈りいたします」という文言の入った弔電をこれまで何百通も代読していますが宗教者から指摘されたことはない」そうです。 一方で、使うべきではない、という意見も紹介したいと思います。 マナーとして、「ご冥福をお祈りします」というお悔やみの言葉は、 「浄土真宗」「神道」「キリスト教」での通夜や葬儀では、ふさわしくありませんので使わないように気をつけましょう。 これは、宗教・宗派として「冥福」という考え方がないためとなります。 事前に故人の宗教や宗派を確認してから参列するように心がけましょう。 もし故人の宗教や宗派が分からない場合は、「ご冥福をお祈りします」の言葉を使うことは控えましょう。 まとめ もう一度、最後にまとめたいと思います。 この「ご冥福をお祈りします」というのは、死後の世界(あの世)の幸福をお祈りします、ということを意味します。 そして、この「冥福」というのは、決して特定の宗教用語ではなく一般的な言葉として使われてきたものなので、基本的にはキリスト教や浄土真宗などで使ってはいけない、ということはないようです。 実際、横浜市の火葬場では、遺族に渡す書類を入れる封筒に「ご冥福をお祈りいたします」と大きく印字されているそうです。 この言葉をニュートラルに捉えているということでしょう。 ただし、直接遺族の方に言うのは違和感があるので、その際は「御愁傷様でございます」「お悔やみ申し上げます」を使うとよいでしょう。 また、基本的に「ご冥福をお祈りいたします」というのは、弔電などで使われる「文語体」です(これは「哀悼の意を表します」も同じです)。 でも、テレビなどで有名人や政治家が亡くなった際などは、生前の友人が「ご冥福をお祈りします」と言っているのを見かけることがあります。 おそらくこれは、遺族の方に向けてではなく、 誰にともなく言っている言葉なので使っているのでしょう。 ツイッターなどでも使われますよね。 ツイッターも、誰にともなく(あるいは故人に向けて)語られた言葉(文語)なので違和感がないのでしょう。

次の