日東通信。 日東壮遊歌

通信機器の「日東通信機」が会社更生法申請、負債28億円 国内倒産

日東通信

主な対応工事 電気通信工事 消防設備工事は、消火設備や警報設備、避難設備を設置する工事で、建物の大きさや用途によって必要な設備が消防法で義務付けられています。 これをおろそかにすると罰則もありますし、大惨事を引き起こす危険性もありますから、必ず定められた消防設備を設置するようにしましょう。 屋内消火栓の多くは、非常ボタンのついた四角い扉の中にあるホースなどを含む消火設備です。 これは、火事になった時に自分たちで消火するためのものですから、素人が触ってもいいものなのです。 屋外消火栓は、屋内消火栓と似ていますが放水量が多く、建物の1階、2階に使用するなどの違いもあります。 屋外消火栓は屋内消火栓とどう違うのか、屋外消火栓にはどんな種類があるのか、ご説明します。 火災の熱を感知して放水するスプリンクラーにも、様々な種類があります。 それらは、広さや間取り、天井の高さなどによって使い分けられているのです。 東京ドームにもスプリンクラーは設置されています。 また、スプリンクラーの設置の流れもご説明します。 火災報知設備は、自動的に火災を感知して知らせてくれる設備です。 また、ボタンを押して他の人に火災を知らせる事も出来ます。 火災報知設備の仕組みや感知器の種類、設置の流れなどについてご説明します。 お問い合わせはコチラへ!.

次の

通信機器の「日東通信機」が会社更生法申請、負債28億円 国内倒産

日東通信

主な対応工事 電気通信工事 消防設備工事は、消火設備や警報設備、避難設備を設置する工事で、建物の大きさや用途によって必要な設備が消防法で義務付けられています。 これをおろそかにすると罰則もありますし、大惨事を引き起こす危険性もありますから、必ず定められた消防設備を設置するようにしましょう。 屋内消火栓の多くは、非常ボタンのついた四角い扉の中にあるホースなどを含む消火設備です。 これは、火事になった時に自分たちで消火するためのものですから、素人が触ってもいいものなのです。 屋外消火栓は、屋内消火栓と似ていますが放水量が多く、建物の1階、2階に使用するなどの違いもあります。 屋外消火栓は屋内消火栓とどう違うのか、屋外消火栓にはどんな種類があるのか、ご説明します。 火災の熱を感知して放水するスプリンクラーにも、様々な種類があります。 それらは、広さや間取り、天井の高さなどによって使い分けられているのです。 東京ドームにもスプリンクラーは設置されています。 また、スプリンクラーの設置の流れもご説明します。 火災報知設備は、自動的に火災を感知して知らせてくれる設備です。 また、ボタンを押して他の人に火災を知らせる事も出来ます。 火災報知設備の仕組みや感知器の種類、設置の流れなどについてご説明します。 お問い合わせはコチラへ!.

次の

会社概要|日東通信工業株式会社

日東通信

日東通信機株式会社 NittoTsushinki. ,Ltd. 電気通信工事業 国土交通大臣許可 設20-第131498号• 概要 [ ] 日東通信株式会社は、主に光通信装置、多重化装置、デジタル処理装置、装置、装置、装置等の設計・製造・検査および修理を主に行う。 福島に工場がある。 5月31日ににの適用を申請し、即日受理された。 旧経営陣は前日の5月30日を以って退陣し、今後は新経営陣によってDIP型会社更生手続(裁判所の監督のもとで申請時の経営陣等が管財人として経営を行う会社更生手続)による再建を図る。 2017年12月28日にと支援スポンサー契約を締結。 TCSホールディングスは2018年5月8日付で日東通信機を完全子会社化し 、同年7月31日に会社更生手続が終結した。 沿革 [ ]• 昭和27年 - 東京都にて創立• 昭和39年 - 日本電気株式会社より、有線通信装置設計・生産開始• 昭和43年 - 福島市に福島工場設立• 昭和45年 - 本社を東京都世田谷区上用賀等々力へ移転• 昭和46年 - 日本電気株式会社より交換機関連機器設計・生産開始• 昭和56年 - 設計部門設立• 平成5年 - 日本電気株式会社より無線通信装置設計・生産開始• 平成10年 - 福島工場ISO9002認証取得• 平成13年 - 福島工場 :1996認証取得• 平成13年 - 自社製品、OEM製品の開発・生産開始• 平成14年 - 株式会社東芝より、放送映像装置の設計・生産開始• 平成14年 - NTTエレクトロニクス株式会社より、設計・生産開始• 平成14年 - 株式会社より、遠隔監視装置の設計・生産開始• 平成15年 - 福島工場 認証取得• 平成17年 - 本社を東京都世田谷区上用賀に移転• 平成15年 - 福島工場 ISO14001:2004認証取得• 平成17年 - 池上通信機株式会社より、放送映像装置の設計・生産開始• 平成18年 - 環境品質保証マニュアルによる製造開始• 平成19年 - 株式会社 日立製作所より、遠隔監視装置の設計・生産開始• 平成20年 - 建設業(電気通信工事業)許可取得• 平成22年 - 古河電気工業株式会社より、有線放送装置の設計・生産開始• 平成25年 - 株式会社 NHKアイテックより、映像伝送装置の設計・生産開始• 平成29年 - にの適用を申請。 TCSホールディングスと支援スポンサー契約を締結• 平成30年 - TCSホールディングスの完全子会社となる。 会社更生手続終結 支店 [ ]• 福島工場 関連項目 [ ]• 脚注 [ ] []• 日東通信機 2018年1月15日• TCSホールディングス、日東通信機 2018年1月15日• TCSホールディングス、日東通信機 2018年5月8日• 日東通信機 2018年7月31日 参考文献 [ ]• 会社案内(会社案内(Ver3. 4)) 2014年6月13日閲覧• 02 2014年6月13日閲覧• この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の