居酒屋 禁煙。 居酒屋、レストラン禁煙。売上の影響メリット、デメリットはこれだ。

串カツ田中、毎月大幅客数減地獄に突入…禁煙化ショック&盗撮問題発覚が大打撃

居酒屋 禁煙

写真はイメージ。 Photo by iStock. com/alle12 従業員を雇っている飲食店を原則禁煙とする東京都の受動喫煙防止条例案が、6月27日に可決された。 全面施行は東京五輪開会直前の2020年4月1日。 国会で審議されている健康増進法改正案よりも厳しい内容であり、小規模店舗にとってはハードルが高いという声もある。 急激とも言える今回の条例だが、飲食店の現場では戸惑いつつも「時代の流れ」、あるいは「みんな同じ条件なら、影響は少ない」といった声も聞かれる。 果たして今回の条例は飲食店の将来にどのような影響を与えるのか、考えてみた。 対象は従業員を雇用する店舗13万軒、分煙も許されず 今回成立した「東京都受動喫煙防止条例」は、従業員を雇用している店舗では原則屋内禁煙となり、飲食を認めない「喫煙専用室」でのみ喫煙可能としている。 この条例によって昭和の時代によく目にした喫茶店や居酒屋でタバコの煙をくゆらせながらコーヒーやビールを飲むという光景は、2020年4月以降、都内では見られなくなる(従業員がいない店舗を除く)。 昨今、禁煙の店舗が増える中、喫煙できる居酒屋はそれだけで集客力を発揮できた。 そのような手法も2020年には不可能になる。 今回の条例成立についてエリア分煙で対応している大手居酒屋チェーンに取材を申し込んだところ「今回の件についてどう対応すればいいのか何も決まっていないし、まだ話せることはない。 取材はお断りしたい」という回答であった。 こうした受動喫煙に対する厳しい動きは世界的に広がる健康志向や、全世代に共通するたばこ離れが背景にあるのは間違いない。 条例の前文では「東京都は、都民の健康増進を一層図る観点から、受動喫煙を自らの意思で避けることが困難な者に対し、受動喫煙を生じさせることのない環境を整備するとともに、受動喫煙に対する都民の理解の促進に努めなければならない」と、その目的が明記されている。 わが国の喫煙習慣者は男性が1967年に82. 50年前は男性5人のうち4人が喫煙者だったものが、現在は男性4人のうち1人になっている。 極めて抽象的に表現すれば半世紀前は非喫煙者が「珍しいね」と言われていたものが、現代では喫煙者が「君は吸うんだ」と、非喫煙者から若干、珍しそうに言われることが多いという変化が生じたということであろう。 全国たばこ喫煙者率調査(JT)によると、2017年の男女を合わせた喫煙者率は18. 写真はイメージ。 Photo by iStock. com/joka2000 喫煙可から禁煙はハードル高いが「みんな一斉なら・・」 チェーン店ではない個店ではどのように受け止めているのだろうか。 外国人の来客が2割程度を占める下町の繁盛店『暮ラシノ呑処 オオイリヤ』(台東区下谷2-21-8)は喫煙可。 同店の當山鯉一オーナーは、「日によりますが、吸われる方は結構多いです。 周囲を気にして外で吸われるという方もいらっしゃいます。 喫煙者は日本人の方が多く、外国人の方は少し戸惑っている感じはします」と現状を説明する。 そもそも喫煙可としたのはオープン当時(2015年10月)、「居酒屋では吸えるのが当たり前」(當山氏)というイメージを持っていたからだという。 もっとも當山氏は、2018年6月にオープンの2号店『酒呑倶楽部アタル』(足立区千住1-32-6)は全面禁煙とした。 「単純に吸えないお店が増えているので、初めから禁煙にしてみようかなというのがありました。 また、同じ通りの多くの店が吸えるようだったので、禁煙にすることで違った客層を掴めるかもしれないという考えもあります」と言う。 こうした状況下、今回の条例の『オオイリヤ』に与える影響について「そう決まったのであれば、そうするしかないでしょう。 ビジネス上の影響はあるかもしれません。 一度、吸えるようにしておいたのを、吸えないとするのはハードルが高いでしょうから。 そのため(条例の施行前に)今すぐ禁煙というのは考えていません」と言いつつも、「全店舗が一斉に喫煙できなくなるのなら、影響は案外少ないかもしれません。 流れとしてはいいことだと思います」と微妙に揺れる思いを口にする。

次の

串カツ田中、毎月大幅客数減地獄に突入…禁煙化ショック&盗撮問題発覚が大打撃

居酒屋 禁煙

画像素材:PIXTA これまで段階的に施行されてきた「改正健康増進法」が、2020年4月からいよいよ全面施行。 ただし、飲食店の規模や形態によって適用される内容に違いがあるほか、分煙のパターンごとに細かいルールが存在。 また経過措置として、客席面積100平米以下かつ資本金5,000万円以下の既存店舗は現行の喫煙ルールを継続することができるが、東京都の場合は、同時に全面施行する「東京都受動喫煙防止条例」により、さらに厳しい環境になる。 来春から始まる規制について、飲食店ではどのくらい認知され、対応が進んでいるのだろうか。 また、規制に対してどう思っているのか。 首都圏に拠点を置く飲食店経営者・運営者を対象にアンケート調査を行ったので、紹介したい。 6% 続いて、細目内容の認知についても聞いてみた。 なお、対象であっても喫煙専用室(飲食不可)の設置は認められており、なかでも加熱式タバコ専用室を設置するのであれば、そこでの飲食は可能だ。 これらについてきちんと「知っている」と回答した割合は、資本金などの対象条件に関しては62. 2%だったものの、質問が具体的な分煙パターンに及ぶにつれて3割前後にまで低下。 制度のややこしさゆえ、具体的な把握にまで至っていない状況がうかがえる。

次の

居酒屋、レストラン禁煙。売上の影響メリット、デメリットはこれだ。

居酒屋 禁煙

4月1日に施行された改正健康増進法により、飲食店においても原則屋内禁煙となりました。 もちろん居酒屋も例外ではありません。 特に、経営者自身がヘビースモーカーであったり、来店客にも愛煙家の割合が多い居酒屋にとっては、お客や売り上げが減ってしまうという声もあるようです。 そもそも味や雰囲気のみで勝負するのではなく、喫煙できることも含めたサービスが売りの居酒屋や、喫煙率の高い層をターゲットとしている昔ながらの居酒屋などは、禁煙化してしまうと当然打撃を受けてしまいます。 そこで今回は、居酒屋において分煙対策を行うことでどのようなメリットが得られるのかというところと、居酒屋におすすめの分煙対策方法までを解説していきたいと思います。 居酒屋を禁煙にすると来店客が増える?減る? 日経リサーチによる喫煙者・非喫煙者双方への分煙を希望するか禁煙を希望するかという調査では、喫煙者・非喫煙者の双方で特に支持を集めたのが『仕切り分煙』と『フロア分煙』となり、分煙への支持の高さが明らかになりました。 特に居酒屋やバー・スナック、喫茶店といった比較的喫煙者の多い業態では、全席喫煙可から禁煙に移行した場合、 利用機会が減ると答えた喫煙者は8割以上にのぼるといいます。 喫煙者、非喫煙者双方の意見において、分煙の需要が高いことからも全面禁煙にしてしまうと来店客が減少してしまう可能性があるといえるでしょう。 居酒屋を分煙するメリットとは 何せ、居酒屋を分煙するというのはこれまでのルールを変えることでお客への周知が必要であったり、分煙をするためにコストや時間がかかるためなかなか乗り切れないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 ここからは、居酒屋を分煙にするメリットをご紹介していきます。 喫煙者も非喫煙者も満足できる 『分煙』における最大のメリットともいえるのは、『喫煙者にも非喫煙者にも来店いただける』ということです。 居酒屋をはじめとした飲食店の全面禁煙が主流になりつつあるとはいえ、『たばこを吸えるお店を求めている』という人もまだまだ少なくありません。 特に、喫煙率が高いといわれている居酒屋全席禁煙にすることで客数や売り上げが落ちることもあるため、分煙対策で双方のお客にとって満足できる空間作りを推奨しています。 髪や服にたばこのにおいがつくのを嫌う女性客が入りやすくなる 居酒屋というと、煙がもくもくしているというイメージを持っている女性も少なくないのではないでしょうか。 特に、髪の毛や洋服にたばこのにおいがついてしまうのを嫌う女性客もいると思います。 このようなことが原因で遠のいていた客層を、分煙対策をすることで新しい客層として迎え入れることができるようになります。 エアコンや灰皿などの清掃が楽になる 店内の衛生環境は、そのままお店のイメージにつながるといっても過言ではありません。 実際にとある調査では、『これまでに衛生面に対するクレームを受けたことがあるか』という質問に対して、約半数の飲食店が『クレームを受けた経験がある』と回答しています。 それだけ、居酒屋をはじめとした飲食店における衛生環境は利用客の中で重視されているわけですが、たばこのにおいや、たばこのヤニなどによる汚れは猶更嫌われてしまいます。 そこで、店内を分煙にすることでこれまで清掃に追われていたエアコンや換気扇、灰皿などの清掃も楽になる上に、よりよい衛生環境を保つことにつながります。 見逃せないアルバイト採用へいい影響を与える 人手不足が続いていくなか、アルバイトは採用が困難になっています。 しかし、分煙対策を行うことでこれまで『夜に居酒屋で働きたいけど、たばこのにおいが気になる』と思っていた潜在層の求職者を獲得することができるようになります。 居酒屋における分煙対策方法 居酒屋における分煙は、簡易的なものから本格的な工事が必要なものまで、いろいろな方法があります。 お店の構造や広さ、客層、予算に合わせて最適な方法を選ぶことで、効果的に分煙対策を行うことが可能です。 エリア分煙、仕切り(個室)分煙 1室をパーテーションやで暖簾などで間仕切りし、喫煙エリアと禁煙エリアに分ける方法です。 席数の多いファミリーレストランなどで多く取り入れられている方法で、店内の開放感を損なわずに済むメリットがあります。 ただ、その一方で、喫煙エリアの煙が禁煙エリアに流れ込まないよう、空気清浄機などできちんと措置を行う必要があります。 禁煙室への煙の流入を防ぐため、条件は下記の3点があげられます。 吊り天井や垂れ壁などによる区画• 喫煙室等へ向かう気流風速0. 屋外への煙排出 上記を守らなければ、エリア分煙を行うことはできません。 また、喫煙エリアがレジやトイレなどの動線上にないこともまた条件として挙げられます。 分煙ボックスの設置 屋内に喫煙可能な電話ボックスのようなスペースを設置して分煙をする方法です。 お店の広さに合わせて大きさを選択することができたり、デザインも豊富にありますので、お店の雰囲気に合ったものを設置することで、景観を損ねません。 この分煙ボックスは、先ほどご説明した煙の流入を防ぐための条件をすでにクリアした状態で提供されていることがほとんどですので、時間や手間がかからないことが大きなメリットであるといえるでしょう。 フロア分煙 1階と2階など、複数の階を持つ店舗で導入しやすい方法です。 特定のフロアを全面喫煙可とし、別のフロアは全面禁煙とするなどのように、階ごとに喫煙・非喫煙の区分をおこないます。 たばこの煙は高いところへ立ち上るという特徴を持っているため、上層の階を喫煙エリアとすることで禁煙部分への煙の漏れを防止するケースが一般的です。 小規模店舗は経過措置も このように、居酒屋においても分煙対策が迫られているわけですが、小規模店舗においてはハードルが高いという声もあるようです。 そこで政府は経営規模の小さな飲食店については、経営に影響を与えることが考えられることから、これに配慮し経過措置として『喫煙可能室』の設置を認めています。 喫煙可能室では、喫煙に加え、飲食を始めとするサービス等を提供することを可能としています。 喫煙可能室の設置が認められる条件は下記です。 ただ、その場合は20歳未満の利用客、従業員が立ち入ることはできません。

次の