三井 物産 配当。 日本株の三井物産、住友商事から配当金が入りました!

三井物産(8031)株主優待・配当利回りおすすめ

三井 物産 配当

老後の資金の足しにと始めた株式投資。 最初は売買での利益を目的に始めたのですが、2015年は初心者株式投資1年目の私でも購入した銘柄ほとんどが上昇相場だったのでなんとか利益を出すことができました。 でも2015年の夏、ギリシャショックやチャイナショック以降ビギナーズラックだけでは利益がなかなか出せなくなり、とうとう2016年2月にダブルスコープ株で30万の損失を出してから、投資のスタイルを変えました。 それまで勉強していたロスカットをやめ、配当金狙いで多少下がっても保有し続けるスタイルに変更。 このスタイルはアメリカ株でずっと行ってたのですが、日本株も探してみると配当利回りの高い銘柄もあり、その頃には結構バーゲン価格になり始めていたので日本株ながら少し長期投資目的でキヤノン、三井物産、住友商事の3銘柄を購入しました。 そしてついに!8月にキャノンから、12月に三井物産と住友商事から待ちに待った配当金が入りました! 目次• 300株保有しているので7500円の配当金がでました!この前までは1株32円だったのに7円も低くなってる・・・。 ちょっと損。 移動平均線が少し落ち着いてきたので買って見ました。 その後1200を切るまで落ち、そこから移動平均線が短期、中期、長期を上昇してますね。 でもあがっても1500円までだろうと思ってたのですが、原油価格がもっと回復するとここももっと上がるのも!!?1200円台の時にもっと買っておくべきでした。 三井物産と同じですね。 なので配当利回り率だけみると住友商事の方がいいですね。 ここも1000円切ったときにもっと買っておくべきでした!8月ごろから移動平均線が3本全て上向きになりそうな時期にでも買い増しすべきだったかな。 権利落ち日にもう少し買い増ししててもよかったかな。 ここは最近移動平均線3本が上向きになってきてるので今後もっとあがる可能性があるかも!?買い増しすべきか悩み所。 もう少し安くならないかなー。 2016年配当金まとめ 12月のアメリカ株からの配当金集計がまだ終わってないのですが、とりあえずまとめてみました。 2016年配当金合計 1月 16. 3ドル 2月 10. 54ドル 3月 88. 25ドル 4月 6. 11ドル 5月 10. 64ドル 6月 111. 47ドル 7月 0ドル 8月 10. 64ドル + 5,977円 9月 128. 91ドル 10月 0ドル 11月 10. 39ドル 12月 9962円 + ??ドル 今のところ393. 25ドル+15939円で12月はIBMから配当金がはいってくるので最終的には日本円(ドル円113円)にして7万~8万円になりそうです。 今年は30万円ほどマイナスが出ているので確定申告で 損益通算と譲渡損失の繰越控除に加え、アメリカ株では米国と日本の両国で税金が引かれているので 外国税額控除の手続きもしようと思います!.

次の

三井物産の配当・配当性向・キャッシュフロー推移

三井 物産 配当

【ご注意】• 市場を特定したい場合は、銘柄コードに続けて拡張子(例:4689. t)をつけてください。 各市場の拡張子、詳細についてはをご覧ください。 チャートについては、株式分割などがあった場合は分割日以前の取引値についてもさかのぼって修正を行っております。 前日比については、権利落ちなどの修正を行っておりません。 取引値は、東証、福証、札証はリアルタイムで、他市場は最低20分遅れで更新しています。 全市場(東証、福証、札証も含む)の出来高・売買代金に関しては、最低20分遅れで表示しています。 各項目の意味と更新頻度については「」をご覧ください。 Yahoo! ファイナンスは、、、、、、、からの情報提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

次の

三井物産 (8031) : 株価/予想・目標株価 [MITSUI & CO.,]

三井 物産 配当

Contents• 経営成績サマリー 2020年3月期年間実績 早速ですが上記が今期の三井物産の2020年3月期の年間実績です。 ですが、キャッシュフローをみるとこちらはしっかりとプラスになっているのでここは非常に素晴らしいポイントです。 スポンサードリンク 2021年3月期の業績予想は? 三井物産は今期の業績予想も行なっておりましたが、個人的にはここが一番衝撃でした。 ただ、利益が半分になっているにも関わらず配当金を80円と下げないのはさすがです。 ただ、配当性向が75. 2021年3月期のセグメントごとの当期利益の予想を見てみると、残念ながらほぼ全てのセグメントで業績が下がっていることが見て取れます。 さらに驚くことにエネルギーのセグメントは一切利益が計上されていません。 おそらく、これは今の原油価格が暴落して予想が立てられないことが起因しているかと思います。 なので、この暴落が回復すれば少しは業績が回復するかと思います。 こうやってみると本当に商社は景気に左右されやすい銘柄であることが見て取れますね。 2023年3月期までの中期経営計画は? 今回、三井物産は2023年3月期までの中期経営計画も発表しました。 こちらをみるとわかると思うんですが、 2020年3月期と2023年3月期の当期利益はほとんど変わっていません。 三井物産も今回の影響が回復するには相当な期間がかかるということを予想しているように見えます。 また、上記グラフから三井物産は現在の収入の多くを資源分野で賄っていますが今後は非資源分野に主力をおくように見えます。 やはり、今回のように原油暴落やコロナの影響は資源分野がメインの三井物産にとっては大きな痛手であったようにみえます。 まずは、是非業績回復に専念してほしいですね。 スポンサードリンク 三井物産の今後の配当金は? 三井物産はさらに今後の配当金に関しても発表しています。 なんと現在の80円の配当金を下限として2023年まで維持すると宣言しています。 これは非常にすごいことだと思います。 コロナの影響や原油の影響がいつまで続くか不透明な中、配当金の下限を宣言するのは正直予想外でした。 現に7大商社の一つである双日は今期の配当金を未定にしています。 なんとか原油暴落やコロナの影響が早く落ち着いて業績を戻してほしいです。 また、今回の決算の最も良かったポイントは減配の宣言をしなかったことにあると思います。 普通これだけ当期利益が下がれば減配は必須かと思いましたが、今回の決算では減配の記述が一切なく、80円の配当金を下限とするとありました。 三井物産の株主は比較的、配当金を目的に株を買っている人が多いと思います。 なので、個人的にはこの文言は株主にとって非常に心強い文言かと思います。 逆に双日に関しては今期の配当金は未定なので正直力の差が垣間見れたように見えます。 双日の決算に関しては下記を参照してください。

次の