ファイアーエムブレム風花雪月。 ファイアーエムブレム風花雪月攻略Wiki|FE風花雪月

なんでそんなことするんですか?とは (ナンデソンナコトスルンデスカとは) [単語記事]

ファイアーエムブレム風花雪月

なんでそんなことするんですか?とは、相手の行動に対する疑問を表現する言葉であるが、この記事では特に 『』のに対して発言されたものを扱う。 概要 発端となったのは系「k」の記事「」でを受けた「正(仮名)」の発言である。 『』の登場人物および関係者の発言ではないことに注意されたし。 このは、内容については知らない教員(教員歴33年)である正が、登場人物の設定だけを教えられた状態でや各学級についての評価を交えつつ、記事のである「 に登場する3のうち、本物の教員が担当したい学級はどれ?」というに回答するものである。 さすがは現役といったところか、設定しか知らない状態ながら既のも頷ける的確なが展開される中、このは以下のようなやりとりで締めくる。 正 中略 でも、やはり3とも級長になるような子はみんな優秀ですよね。 この3人が手を取り合って協するならこれ以上良いことはいと思います。 後々この3人でをして殺し合うことになります。 正 はい……。 ええ……?するんですか……なんでそんなことに……。 解説 『』のは、でも解説されているように「士官編」と「編」の2つに分かれている。 「士官編」ではは3つの学級から1つを受け持ち、多くのたちと交流を重ねることができる。 そして「編」では 士官編で手にかけて育てたたちを率い、他学級のと殺し合う展開となる。 上記の記事のタビュアーが説明しているとおりである。 また、 どのような選択をしようがこの展開は避けられないし、3人が手を取り合える可性は輪際ない(少なくとも記事開時点では)。 これらのの多くは発売前から発表されていたことではあるが、いざ発売してみると「どのを選び、を自学級に引き入れたか=とが敵対するか」というの選択にしっかり応えてくれてしまう膨大な量の(例えば引き入れたが にを引いてやと殺し合う可性があり、その状況に対する がちゃんと用意されている)、を変えて2周を始めようと思えば必然的に前の周回で着の湧いたを敵に回すことになるがその要素を大いに引き立て、発売後には「 」「 あまりに心がない」といった感想が相次ぐこととなった。 (なお、これらは基本的に、悲劇の筋書きがの感情を揺さぶるほど摯に描かれていることに対する 褒め言葉の一種であるという点は留意されたし) そのような中に現れたこの。 正の「なんでそんなことするんですか?」は、情を込めたたちを殺さねばならない運命にあるたちの「 なんでそんなことをしなければならない(させる)んですか?」という心情を代弁するものとしてとなった。 関連動画 「編」について初めて開された。 関連商品 関連リンク• 記事 関連項目•

次の

ファイアーエムブレム 風花雪月

ファイアーエムブレム風花雪月

指導中の質問• 毎節最初の指導では生徒が質問をしてくる。 有効な回答を選ぶと生徒のやる気が上昇。 回答により獲得できる指導経験値が異なる。 質問してきたキャラが不満であっても付き添ったキャラのやる気が上がる場合もある。 やる気と経験値• アドラステア帝国 キャラクター 判定 質問と回答 エーデルガルト — 一対多の講義では、ついてこれない生徒や、逆にもう十分に理解していて時間を持て余す生徒が、どうしても出てきてしまうわ。 我が身がここ士官学校にあっても、収集に余念がないのだが……どうすればここで新しい武具に出会えるだろうか。 しかし、兵士たちと同様、馬も命あるもの。 貴族でも公爵より子爵くらいがいい、とか。 いくら平和を歌ったところで、戦場で聞いてくれる兵士はいない。 平和な時にしか、平和を歌えないなんて。 槍術の腕、上げる、わたし、望んでいます。 しかし、訓練の成果、出る、難しいです。 どうする、良いでしょうか。 飛距離、減り、命中率、下がります。 わたし、対策、欲しいです。 ガルグ=マクは山の上にあると言えど、北方の将兵に、夏の暑さはなかなか堪える。 しかし……情けない話だが、いまだに殿下の好まれる料理がわからん。 お尋ねしても、はぐらかされてしまってな。 これは戦意にも関わる問題だ。 講義に充てる時間で剣の腕を磨いたほうが俺にとっては、余程有意義だと思うが。 どちらを使ったものか、悩んでいてな。 せめて何か贈ろうと思ってるんですけど、昔から、弟は全然わがままを言わないから何を贈ったものか、思いつかないんです。 洒落た贈り物も、気障な口説き文句も、さっぱり通用しなくてですね……。 一度でいいから、幽霊と会ってみたいわ。 戦争が終わったら、戦争が始まる前よりも綺麗で、素敵な場所にしたいわよね~。 だけど、いざ満腹で講義に臨むといつも眠くなっちゃって……。 頭の中には完成した絵があるのですが、それを形にするのが難しいのです。 何かこう、宴の足しになるような安くて美味い食材はないもんかねえ。 高嶺の花とでも思われているのだろうか。 この先、僕はどうすればいいのだろう。 で、また何か描いてあげたいんですけど何を描いたら喜んでくれるでしょうか。 わ、わたしは全然、信じてませんし、怖くなんてないんですけど……。 戦いに集中しなくてはいけないのに……こんなことではダメですよね、私……。 わたしも一流の傭兵を目指すからには強そうな異名を持ちたいんだけど、どんなのがいいかな。 彼らに色恋などは、まだ早いのだ。 君も教師の端くれなら何とかしたらどうだ。 もっと手軽な手段はないものだろうか。 どれほど真摯に頼んでも、だ。 そして生活が乱れ……また心がすさむ。 あら、あたくしだけでなく、大修道院全体での話よ。 ですが彼らは、国家や主君への忠誠を持たず運用には今一つ不安が拭いきれないのです。 どうすればわかってくれるのかなあ。 何ででしょうね。 まあ、家族の話なんだけど……。 さっさと終わらせてえところだが……おれに戦略はわからねえしよ。 お前はどう思ってんだ? なるべく犠牲を減らしたい とにかく早く終わらせたい 敵対する者はすべて滅ぼしたい ハピ — ハピは騒がしいの、苦手なんだよね。 ま、だから教室は苦手じゃん。 行軍中とか、そーはいかないじゃん。

次の

【ファイアーエムブレム風花雪月】教員研修の進め方と技能別研修早見表【FE風花雪月】

ファイアーエムブレム風花雪月

指導中の質問• 毎節最初の指導では生徒が質問をしてくる。 有効な回答を選ぶと生徒のやる気が上昇。 回答により獲得できる指導経験値が異なる。 質問してきたキャラが不満であっても付き添ったキャラのやる気が上がる場合もある。 やる気と経験値• アドラステア帝国 キャラクター 判定 質問と回答 エーデルガルト — 一対多の講義では、ついてこれない生徒や、逆にもう十分に理解していて時間を持て余す生徒が、どうしても出てきてしまうわ。 我が身がここ士官学校にあっても、収集に余念がないのだが……どうすればここで新しい武具に出会えるだろうか。 しかし、兵士たちと同様、馬も命あるもの。 貴族でも公爵より子爵くらいがいい、とか。 いくら平和を歌ったところで、戦場で聞いてくれる兵士はいない。 平和な時にしか、平和を歌えないなんて。 槍術の腕、上げる、わたし、望んでいます。 しかし、訓練の成果、出る、難しいです。 どうする、良いでしょうか。 飛距離、減り、命中率、下がります。 わたし、対策、欲しいです。 ガルグ=マクは山の上にあると言えど、北方の将兵に、夏の暑さはなかなか堪える。 しかし……情けない話だが、いまだに殿下の好まれる料理がわからん。 お尋ねしても、はぐらかされてしまってな。 これは戦意にも関わる問題だ。 講義に充てる時間で剣の腕を磨いたほうが俺にとっては、余程有意義だと思うが。 どちらを使ったものか、悩んでいてな。 せめて何か贈ろうと思ってるんですけど、昔から、弟は全然わがままを言わないから何を贈ったものか、思いつかないんです。 洒落た贈り物も、気障な口説き文句も、さっぱり通用しなくてですね……。 一度でいいから、幽霊と会ってみたいわ。 戦争が終わったら、戦争が始まる前よりも綺麗で、素敵な場所にしたいわよね~。 だけど、いざ満腹で講義に臨むといつも眠くなっちゃって……。 頭の中には完成した絵があるのですが、それを形にするのが難しいのです。 何かこう、宴の足しになるような安くて美味い食材はないもんかねえ。 高嶺の花とでも思われているのだろうか。 この先、僕はどうすればいいのだろう。 で、また何か描いてあげたいんですけど何を描いたら喜んでくれるでしょうか。 わ、わたしは全然、信じてませんし、怖くなんてないんですけど……。 戦いに集中しなくてはいけないのに……こんなことではダメですよね、私……。 わたしも一流の傭兵を目指すからには強そうな異名を持ちたいんだけど、どんなのがいいかな。 彼らに色恋などは、まだ早いのだ。 君も教師の端くれなら何とかしたらどうだ。 もっと手軽な手段はないものだろうか。 どれほど真摯に頼んでも、だ。 そして生活が乱れ……また心がすさむ。 あら、あたくしだけでなく、大修道院全体での話よ。 ですが彼らは、国家や主君への忠誠を持たず運用には今一つ不安が拭いきれないのです。 どうすればわかってくれるのかなあ。 何ででしょうね。 まあ、家族の話なんだけど……。 さっさと終わらせてえところだが……おれに戦略はわからねえしよ。 お前はどう思ってんだ? なるべく犠牲を減らしたい とにかく早く終わらせたい 敵対する者はすべて滅ぼしたい ハピ — ハピは騒がしいの、苦手なんだよね。 ま、だから教室は苦手じゃん。 行軍中とか、そーはいかないじゃん。

次の