千葉 すず。 千葉すずの現在は?北島引退問題の原因って?山本貴司との関係が気になる!

千葉すず放送禁止発言とは?引退後に結婚した夫や子供・現在についてもまとめてみた【画像あり】

千葉 すず

千葉すず落選問題について 千葉すず落選問題について 初回なので、少し前のネタですが書きたかったことを。 千葉すずがシドニー五輪に行けないというのは、僕にとって寝耳に水の話でした。 朝、いつものように新聞を読もうとしたら、1面に、千葉すずシドニーを断念、のようなことが書かれていて、驚きました。 後から思うと少し表現が違ったんでしょうが、僕は上のような見出しから、彼女のことだからなんかの理由で辞退したんだろうな、と勝手に考えていましたが、中の記事を読むとどうやら違うのです。 日本水連の選考からもれていることが明らかとなった。 そんなバカな。 たしか、この前の選考レースで勝ったはす。 とにかくよくわかりませんでした。 しかし、これで千葉すずと世論がどう動くか楽しみになりました。 このまま引き下がってもらっては面白くありません。 彼女は、もうどうでもいい、みたいな発言をして、すぐにカナダ アメリカ? に帰ってしまいましたが、マスコミやファンの盛り上がりとともに国際スポーツ調停裁判所 CAS に提訴することを発表しました。 この時、出したコメントは、私が選ばれるかどうかの問題よりも、将来、また私のような思いをする人を作らないためにも選考基準をはっきりさせておきたい、というものでした。 ここで僕の意見を書かせてもらいます。 やはり、多くの人たちと同様、選ばれるべきだったと思います。 では、なぜ選ばれなかったのでしょう。 まずは、日水連側の選考基準を満たしていなかった。 これは昨年の世界選手権で16位以内のタイムというものです。 一般的には、選考会で2位以内に入り、オリンピックA標準記録を切れば、まず代表入りは間違いないと思われてきました。 ところが、日水連は、世界で戦える条件として、上の基準を持ち出してきたのです。 しかしこれだけで世界と戦えない、といえるのでしょうか。 実際、千葉選手は去年の世界2位の記録を出しており、今回タイムが悪かったのは、風邪により体調を崩していたためと考えられます。 年齢的に、成長が見込めないという声もありましたが、これも、復帰した途端日本記録を出し、それからまだタイムを伸ばしている彼女の底知れない成長力を認めないわけにはいかないでしょう。 また、彼女の発言に、選考会は通過点であり、あくまで目標は9月 シドニー五輪 、というものもありました。 競馬をやるものにとっては、ごく当たり前の考え方です。 トライアルはあくまでトライアルであるから、権利さえ取れれば、あとは本番につながるレースを、というのはよく聞きますよね。 ましてや、体調が悪いのに、無理をしてタイムをねらう必要が無い、というのもわかりますよね。 A標準を切って、2位以内に入ればいいわけですから。 そして、彼女は、水連が上の基準をはっきりと公表していたなら、しっかりとそのタイムを切っていたはずです。 これは憶測に過ぎませんが、僕はこれについては確信を持っています。 なぜなら、彼女は上記のような考えの元で、A標準を切った、と考えているからで、ある程度なら狙ったタイムを切る能力はあるはずだと思っているからです。 つまり、千葉すず選手は、今回の選考会のタイムをどうこう言う必要も無く、去年の実績、むしろ体調がすぐれないながらも勝った今回の選考会から、十分世界で戦える、と結論付けることができるのです。 ということは、水連が挙げた、去年の世界選手権16位以内という基準は、後からつけられた表向きの理由に過ぎないのです。 では、本当の理由は何か。 水連の役員に嫌われていたから。 前から彼女は、歯に衣を着せない発言や、それに伴う行動から、水連の役員から煙たがられるような面がありました。 アトランタ五輪でも、彼女だけではなく、日本チーム全体の惨敗も彼女のせいだと言って、千葉はチームワークを乱す、というような発言もしています。 公然と協会を批判する彼女との間に元から確執はあったのです。 そこに今度は、選考会を軽視するような発言。 他の各選手がそこに目標を置いて体調を合わせているのに、この発言は許せなかったのでしょう。 ここに周りに与える悪影響、また集団の和を乱す、というものがあると言うのでしょう。 しかし、上にも書いたように、彼女のようなレベルの選手にとってそれは当然なのです。 これに対して、千葉はなめている、という発言まで出ています。 このような考え方をしているから、選手も結果を出せないのではないのでしょうか。 結局、水連は彼女をオリンピックの舞台から排除することにしたのです。 CASの裁定は、日水連の選考は公正であり、千葉選手の訴えを棄却する、というものでした。 と同時に、日水連には訴訟の費用の一部を補償金として支払うように指示しました。 これは、選考基準が元からはっきりしていれば、このようなトラブルは起きなかった、という判断によるものです。 僕は、少しだけ期待してしまった分残念でしたが、妥当な判断だと思いました。 水連が基準をはっきりと示していなかったため、後から具体的な数字を出して説明をつけられれば、CASとしては文句をつけられないからです。 しかし、訴訟金の一部を支払うという裁定は、不透明な選考をしてきた水連に対して、大きな衝撃を与えたはずです。 これまでのように、理由は言えないがおまえはだめだ、とは言えなくなるのです。 水連だけではなく、他のスポーツ関係者にも大きな影響を与えたのではないでしょうか。 4年に一度のオリンピックはたくさんの人の注目を集めます。 その中にはもちろん、4年に一度しか水泳など見ないという人もたくさんいるわけです。 そのため、オリンピックの選手選考は、普段は水泳など全く見ない、水泳に関して素人と言える人にも注目されているのです 現に僕がそうです。 つまり、その選考はそういう人たちにもわかりやすいものでなければなりません。 今回これを書くために久しぶりに彼女の応援ホームページを見ましたが、未だに活発に意見が交わされていました。 それだけ関心の高い出来事だったのです。 また、これだけの人に注目されることは、水泳界にとっては普及のチャンスなわけです。 それなのにこんなことばかり繰り返していてはイメージダウンにしかなりません。 裁定が下された後も、水連の幹部の発言には全く反省などしていないようなものが多々ありました。 今後、少しずつでもこういう体質が変わっていくことを望みます。 千葉選手にとってもこれでよかったのではないかと、僕は勝手に考えています。 もちろん、彼女とてオリンピックに出たかったことには間違いないでしょう。 ただ、アトランタ五輪の後で一度引退してから復帰した時に彼女はこんなことを言っていたはずです。 今までは泳いでいて楽しいなんてことを感じたことは無かったが、子供たちと遊びながら教えていて初めて泳ぎが楽しいと思えるようになった。 そして彼女は復帰したのです。 また、マスコミの過剰な報道が始まりましたが、もう彼女は他のことはどうでもよかったのです。 楽しいから泳ぐ、ただそれだけ。 だからオリンピックにしても、思ったことを口にしてしまったがために出させてもらえないならしょうがない、と潔くあきらめました。 それから、周りの人にいろいろ言われて考え直し、このままではまた同じような思いをする人が出てきてしまう、という思いでもう一度立ち上がったのです。 つまり、彼女の思いは果たされたわけです。 これを書くにあたってほとんど資料を調べずに、自分の記憶に頼って書いたため、明らかな間違いが含まれているかもしれません。 もし見つけたら、メールを送るか掲示板に書くかして、教えていただければうれしいです。 また、意見なども歓迎します。

次の

千葉すずさん講演会|茨城高等学校・茨城中学校

千葉 すず

「マスコミはストーリーを作りたいから、私の言葉をあてはめてお話を作るでしょ。 あれ、嫌いなんです。 勝手に物語を作らんとって、と思う」 マスコミの言うことなんか、耳に入ってないですよ。 わがままやと言われようと、なんとも思えへん。 一人の人が私をずっと見てて言うんならね。 コロコロ担当変わって、書き逃げするのはね。 知らない人に限って言う。 無責任やと思う。 まあ、ほめられるのも嫌いやから、ええけどね。 ただ、水泳のことをわかってなくて無責任に書かれるのは、悔しいです。 こいつ、全然わかってへん、と思いますよ。 会社のローテーションで長く担当できないのもわかります。 人事異動の結果やから。 それで、ただ仕事をこなすだけの人が来る。 押しつけがくる。 なすりつけられる。 そりゃあ、反抗しますよ。 私だけが悪いのん? まあ、母親は、マスコミとこうなるのは、昔からわかってたと言いますけど。 私は上2人が兄貴で、男みたいでしたからね。 マスコミとの関係で私が変わったんじゃなくて、生まれた時からこうやった、と母親は言います」.

次の

【放送禁止動画の千葉すず】8年後旦那と「夫婦で獲ったメダル」でついに夢を叶える

千葉 すず

略歴 姉・アリスが専属モデルをつとめていた雑誌『』()のイベントに母と来場した際、現事務所の社長から声をかけられたことがきっかけで芸能界に入った。 8月に開催された『Seventeen』の専属モデルオーディション「2012」のグランプリに選ばれ、同誌専属モデルとして芸能界デビュー。 姉妹で『Seventeen』の専属モデルを務めることになった。 同年には、『』()でテレビ初出演、また姉と共に初共演をしている。 以降も、姉とはテレビやイベントで度々共演している。 12月、「」のCMに起用され、CM初出演。 4月期ドラマ『』()で女優デビュー。 9月に公開された映画『』でスクリーンデビュー。 11月にはの「」で初めて主演を演じた。 4月、「」のCMで姉・アリスと姉妹初共演。 発売の『Seventeen』12月号で初表紙を単独で飾った。 同月、のを務めることが発表された。 1月期ドラマ『』(日本テレビ)で連続ドラマ初主演。 1月31日発売の『Seventeen』3月号では姉・アリスと同誌史上初めて姉妹での2ショット表紙を飾った。 同年5月、出演作『』がのコンペティション部門に正式出品され 、公式上映に出席した。 7月に公開された劇場版アニメ『』において、声優初挑戦。 2015年度は、映画『海街diary』での演技が高く評価され、数多くので新人賞を総なめにした。 2015年の「タレント別テレビCM広告主数ランキング」(調べ)で首位を獲得。 3月公開の『』で映画単独初主演。 2016年度は、において『ちはやふる -上の句-』で優秀主演女優賞、『』で優秀助演女優賞をダブル受賞。 また、その年最も活躍し将来の活躍が期待される俳優に贈られる新人賞も受賞した。 3月、高校卒業後は進学せず、女優業に専念することを明かした。 2017年8月公開のアニメ映画『』で声優初主演。 劇中歌の「」(のカバー)でCDデビューを果たす。 同年9月、出演作『』が第74回コンペティション部門に正式出品され 、公式上映に出席した。 2017年の「」(調べ)では、上半期起用社数で男女合わせて単独首位を獲得。 また、年間CM起用社数(エム・データ調べ)でも1位となっている。 1月期ドラマ『』(日本テレビ)で3年ぶりの連続ドラマ主演。 、『』()の紅組司会者を務める。 度前期放送の100作目となる『』(NHK)でヒロインを務める。 10月から上演の『Q:A Night At The Kabuki』で初舞台。 同作で第54回個人賞を受賞した。 1月、「」のアンバサダーに就任。 同年夏放送予定の『』(仮題、フジテレビ)で時代劇初挑戦。 人物 特技は。 好きな食べ物は。 日課は、その日の出来事をに書くこと。 小学生の頃から継続しており、気持ちがリセットされてストレス発散になるという。 出演 映画• (2013年9月28日、)ー つぐみ 役• 放課後たち 「ロリータなんて」(2014年3月16日) - 倫子 役• (2014年4月12日、東宝) - 内田美枝 役• シリーズ(東宝) - 主演・綾瀬千早 役• ちはやふる -上の句-(2016年3月19日)• ちはやふる -下の句-(2016年4月29日)• ちはやふる -結び-(2018年3月17日)• (2016年9月10日、東宝) - 主演・宮園かをり 役(とW主演)• (2016年9月17日、東宝) - 小宮山泉 役• (2017年3月11日、東宝) - 主演・友永ひかり 役• (2017年10月28日、) - ヒロイン・島田響 役• (2018年5月4日、東宝) - ヒロイン・羽原円華 役• (2018年8月31日、東宝) - 阿部奈美(女子高生時代) 役• (2020年1月17日公開、東宝) - 遠野鮎美 役、遠野未咲(回想) 役• (2020年3月20日公開、) - 主演・野畑七瀬 役 テレビドラマ• (2013年4月9日 - 6月18日、) - 柚木明日香 役• (2013年4月19日 - 6月21日、) - 笹原瑠衣(少女期) 役• (2013年6月25日 - 8月13日、) - 御堂原貴子(中学時代) 役• (2014年4月15日 - 6月24日、) - 佐原忍 役• 第3話(2014年7月27日、TBS) - 小泉しのぶ 役• (2014年10月11日、フジテレビ) - メリーまりこ 役• (2015年1月10日 - 3月14日、) - 主演・春菜ツバメ 役• (2016年1月16日 - 3月19日、日本テレビ) - ヒロイン・高杉真央 役• (2018年1月10日 - 3月21日、日本テレビ) - 主演・辻沢ハリカ 役• (2018年7月13日、TBS) - 友永ひかり 役(特別出演)• (2019年4月1日 - 9月28日、NHK) - 主演・奥原なつ 役• 第1話(2020年5月30日、) - クコ 役• (仮題、2020年夏放送予定、フジテレビ) - 役 劇場アニメ• (2015年7月11日、東宝) - ヒロイン・楓 役• (2017年8月18日、東宝) - 主演・及川なずな 役• (2019年12月6日公開予定、東宝) - レティシア 役 テレビ番組• (2012年11月8日 - 15日、)• (2013年4月17日 - 9月18日、フジテレビ)• 広瀬すずの高校サッカー魂(2015年1月1日 - 12日、日本テレビ)• (2015年8月15日、フジテレビ)• 広瀬アリス・すず・のバスケ愛 一生に一度の歴史的開幕戦(2016年9月11日、フジテレビ) - ナレーション• 広瀬アリス&すずの「バスケ、キテるね!」(2016年9月17日、フジテレビ)• (2018年12月31日、NHK)- 紅組司会者• (2019年12月31日、NHK)- 審査員 CM• (2012年 - 2013年)• (2013年)• 「曲がり角」篇(2015年)• 「PROMOTION」篇(2016年)• 「母の日」篇(2014年 - 2017年)• 雨の日」編(2014年 - 2016年)• 「バレンタイン」篇(2015年 - 2017年)• (2014年)• 「スクール」篇(2015年)• 「海街diary」篇(2015年)• 「なかよしダンス」編(2016年)• 「爽HAPPY」篇(2017年)• 「芝生でゴロ~ン」篇(2018年)• 「おいしい休憩」篇(2020年)• (2014年 - 2015年) - 7代目CMガール• 篇(2014年)• 「回想」篇(2015年)• 「」篇(2015年)• 「ある日Pepperに」篇(2016年)• 「SUPER STUDENT」(2017年)• 「学割先生登場」篇• 「教頭タジタジ!学割先生の新たな主張」篇• 「広瀬のパパついに登場!サンキューパパ」篇• 「見事に吹っ飛んだこれは誰だ!?」篇• 「しばられるな」篇(2019年)• 「月への階段」篇(2019年)• 「で隠れダスト清掃」篇(2020年)• (2014年)• 静岡県いちご協議会 静岡いちご「紅ほっぺ」(2014年)• 「答えは雪に聞け。 」篇(2014年 - 2015年)• 「マヨンナ」篇(2015年)• 「電気ウナギイヌ 新しい家族」篇(2015年)• 「あなたとずっと、今日よりもっと。 「バーバースガシリーズ」(2016年)• 「デオ&ジェル 好きだから」篇(2018年)• アレルバリア エッセンス BB(2020年)• (2015年)• 「写プライズしよう。 」(2015年)• 「フジカラーの写真年賀状」(2015年 - )• 「お正月の思い出 シャッフルプリント」篇/「1年の思い出 イヤーアルバム」篇(2015年 - 2016年)• 「ましかくん登場」篇(2016年 - 2017年)• 「人気者とお正月・チェキプリント」篇/「人気者とお正月・イヤーアルバム」篇(2017年 - 2018年)• 「ましかくプリント」(2017年)• (2015年 - )• 「ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン」(2015年 - 2016年)• 「」(2016年)• 「恋するレオパレスシリーズ」(2016年)• 「DCカフェシリーズ」(2016年 - 2017年)• 新コンタックかぜEX• 「ねらい撃ち」篇(2016年)• 「サンバ」篇(2017年)• (2018年)• 新コンタック600PLUS• 「秘密兵器」篇(2017年)• 「キュー」篇(2018年)• (2016年 - 2017年)• 「はじめてのドライブ」篇 草刈正雄と共演 2017年10月 -• 「はじめての遠出・朝市へ」篇 草刈正雄と共演 2018年7月 -• 「STRONG BEAUTYな広瀬さん」篇 2018年7月 -• 「いとことドライブ」篇 草刈正雄と共演 2019年5月 -• 「新しいワゴンR乗ってかない?」篇 草刈正雄と共演 2019年12月 -• 「エシカルへ」篇(2019年)• 「服という商品は。 〜ニンビン篇・ハノイ篇・ベトナム篇〜」(2020年)• (2017年)• はたちの献血(2018年)• (2018年 - )• (2018年 - 2019年)• (2019年)• 三ツ矢レモネード(2019年)• 『PLANT TIME』ソイミルクティー 「植物ミルクを知ってるかい」篇 2020年3月31日 - 舞台• Q:A Night At The Kabuki(2019年10月 - 12月、作・演出:) - 源の愁里愛/愁里愛の面影 役 その他• HARUTA IMAGE GIRL(2013年)• 日本防火・危機管理促進協会 (2014年 - 2015年)• (2014年) - 10代目• キャッチボール(2015年)• 初代イメージキャラクター(2015年4月 - 2016年3月)• なんとかしなきゃ! プロジェクト(2015年 - )• 18歳選挙(2015年 - )• きもの やまと(2015年 - )• 開幕戦中継スペシャルブースター(2016年)• GINZA PLACE presents OH MY SISTER! - 広瀬姉妹・写真展(2019年3月1日 - 10日、GINZA PLACE()「common ginza」) - 姉の広瀬アリスと姉妹での写真展。 撮影・、。 ・ジャパン グローバルアンバサダー(2019年)• アンバサダー(2020年) ラジオ• 「」(2013年10月14日 - 2017年3月16日、) - 第2週目パーソナリティー• presents• 広瀬すずのカーネーション・レター(2014年5月6日、TOKYO FM)• 広瀬すずの(2015年3月20日・2018年8月17日、) ラジオドラマ• Very Merry Christmas(2013年12月15日、TOKYO FM) - 主演・海里 役• ラジオドラマ「」(2018年6月11日、) - 美智子 役 朗読• 作詞活動四十五周年トリビュート『』 - 「」(2015年6月24日)• (2016年4月6日) ミュージック・ビデオ• 「」(2013年11月20日) - 主演・海里 役• 「」(2014年10月29日)• 「」(2015年4月8日)• 「」(2016年3月30日)• 「」(2015年4月20日)• 「」(2017年5月2日) CDジャケット• 」(2014年12月24日)• 「」(2015年1月21日)• 「」(2015年4月8日)• 「」(2016年3月30日) ネット配信• 「アオハルジカン 夏」(2013年7月5日 - 8月8日)• 「すずとのアオいハル」(2013年9月6日 - 10月25日)• (2013年10月28日)• JADICT 「」(2013年11月4日)• (2013年12月10日、 on ) ディスコグラフィ• 映画『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか』オリジナル・サウンドトラック(2017年8月9日)• 及川なずな(CV. 広瀬すず)「」 「瑠璃色の地球 [if] ver. アニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか』挿入歌 書籍 写真集• suzu(2014年3月31日、)• 17才のすずぼん。 (2016年3月19日、集英社)• ぜんぜん、はじめてです。 (2016年10月7日、東京ニュース通信社)• ありすずです。 (2017年12月15日、) - 広瀬アリスとの姉妹でのフォトブック。 カレンダー• 広瀬すず スクールカレンダー 2014-2015(2014年2月19日、東京ニュース通信社)• 広瀬すず カレンダー 2015年(2014年10月4日、ハゴロモ)• 広瀬すず 2017年 カレンダー(2016年10月29日、トライエックス)• 広瀬すず 東京デート(2015年11月13日、) 雑誌連載• (2012年10月号 - 2018年11月号、集英社) - 専属モデル• 「アリスvsすず 広瀬姉妹のしばき合いトーク」(2014年5月号 - 2015年4月号)• 「すずぼん。 」(2015年5月号 - 2018年11月号)• 「負けず嫌い。 」(2017年4月号 - 2018年7月号、) 単行本• 負けずぎらい。 (2018年6月14日、) - 上記連載をまとめたフォトエッセイ 小説表紙• 推定幼なじみ (2013年5月24日、) - カバーモデル• 推定幼なじみ (2013年6月25日、集英社ピンキー文庫) - カバーモデル 受賞歴 映画• 2015年度• 第7回 最優秀新進女優賞(『』『』)• 第39回 新人女優賞(『海街diary』)• 第40回 新人賞(『海街diary』)• 第37回 最優秀新人賞(『海街diary』)• 第28回 新人賞(『海街diary』)• 第89回ベスト・テン 新人女優賞(『海街diary』)• 新人俳優賞(『海街diary』)• 第20回 ニューフェイスブレイク賞、ベストインパクト賞(『海街diary』)• 第25回 新人賞(『海街diary』)• 第13回シネマ夢倶楽部 推薦委員特別賞(『海街diary』)• 2016年度• 優秀主演女優賞(『 -上の句-』)• 第40回日本アカデミー賞 優秀助演女優賞(『』)• 第26回 助演女優賞(『怒り』)• 2017年度• 第27回 助演女優賞(『』)• 最優秀助演女優賞(『三度目の殺人』) 舞台• 2019年度• 第54回 個人賞(『Q:A Night At The Kabuki』) その他• 2012年度• 2012• 2015年度• ARIGATO賞• Women of the Year 2015• 2015 女優部門• 2016年度• 第41回 新人賞• 2019年度• 「2019年最も美しい顔」• 第28回 新人賞(『なつぞら』) 脚注 注釈• WEBプロモーション動画「思い出マシマシマジック」。 姉・広瀬アリスもで6代目応援マネージャーを務めており、姉妹で応援マネージャーに起用されるのは初の例となった。 また、高校1年生での起用は広瀬アリス以来の2回目である。 後任は広瀬の親友である。 姉の広瀬アリスとともにメンバーとして参加。 が展開するPR活動「18歳からの選挙権」のイメージキャラクターを務める。 トップバッターとしてランウェイに登場。 姉の広瀬アリスと姉妹でトップバッターとしてランウェイに登場。 同曲初の公式ミュージック・ビデオと30周年記念ショートフィルムに出演。 なお、同ショートフィルムは初回限定盤のDVDに収録された。 同年12月には同じキャストでラジオドラマがTOKYO FM系で放送された。 完全生産限定盤のボーナスディスク「風街でよむ」に収録。 2016年12月23日閲覧。 モデルプレス 2016年9月20日. 2016年10月14日閲覧。 モデルプレス ネットネイティブ. 2012年8月24日. 2014年12月8日閲覧。 モデルプレス 2014年12月9日. 2014年12月9日閲覧。 モデルプレス 2014年11月4日. 2016年11月12日時点の [ ]よりアーカイブ。 2014年12月8日閲覧。 モデルプレス 2014年4月10日. 2016年10月14日閲覧。 モデルプレス ネットネイティブ. 2015年1月31日. の2015年2月18日時点におけるアーカイブ。 2015年2月18日閲覧。 Sponichi Annex. 2015年4月17日. 2015年4月17日閲覧。 シネマトゥデイ 2015年5月15日. 2015年5月15日閲覧。 シネマトゥデイ 2015年4月13日. 2015年4月13日閲覧。 スポーツ報知 報知新聞社. 2016年3月9日. の2016年3月9日時点におけるアーカイブ。 2017年7月10日閲覧。 デイリースポーツ online 2015年6月24日. 2015年6月24日閲覧。 シネマトゥデイ 2017年1月16日. 2017年1月19日閲覧。 一般社団法人日本映画テレビプロデューサー協会. 2017年1月20日閲覧。 デイリースポーツ online 株式会社デイリースポーツ. 2017年1月17日. 2017年3月23日閲覧。 シネマトゥデイ 2017年8月3日. 2017年9月2日閲覧。 映画ナタリー ナターシャ. 2017年7月27日. 2017年7月27日閲覧。 スポーツ報知 報知新聞社. 2017年9月6日. 2017年9月6日閲覧。 ORICON STYLE 2017年7月11日. 2017年9月2日閲覧。 ORICON STYLE 2017年12月5日. 2017年12月5日閲覧。 シネマトゥデイ 2017年11月14日. 2017年11月14日閲覧。 ORICON STYLE 株式会社oricon ME. 2017年12月4日. 2017年12月4日閲覧。 まんたんウェブ 株式会社MANTAN. 2018年6月30日. 2018年6月30日閲覧。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2018年11月9日. 2018年11月9日閲覧。 NHKドラマトピックス 日本放送協会. 2017年11月20日. 2017年11月20日閲覧。 2017年11月20日. 2017年11月23日閲覧。 NHKニュース. 2017年11月20日. の2017年11月20日時点におけるアーカイブ。 2017年11月23日閲覧。 スポーツ報知 報知新聞社. 2017年11月20日. 2017年11月20日閲覧。 Sponichi Annex. 2017年11月20日. 2017年11月23日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2019年6月13日. 2019年6月13日閲覧。 紀伊國屋書店 2019年12月17日. 2019年12月17日閲覧。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2020年1月28日. 2020年1月28日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2019年12月13日. 2020年4月9日閲覧。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2020年1月21日. 2020年1月21日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2020年3月25日. 2020年3月25日閲覧。 デイリースポーツ online 株式会社デイリースポーツ. 2019年4月9日. 2019年4月10日閲覧。 オフィス・インベーダー. 2014年3月21日閲覧。 ORICON STYLE 株式会社oricon ME. 2014年6月23日. 2017年3月5日閲覧。 シネマカフェ 株式会社イード. 2016年4月29日. 2016年5月6日閲覧。 映画ナタリー 2017年4月26日. 2017年4月26日閲覧。 SANSPO. COM 2015年9月4日. 2015年9月4日閲覧。 日刊スポーツ 2015年8月20日. 2015年8月20日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2016年5月5日. 2016年5月5日閲覧。 SANSPO. COM 2017年2月21日. 2017年2月21日閲覧。 株式会社ナターシャ 2016年10月27日. 2016年10月27日閲覧。 SANSPO. COM 2017年3月20日. 2017年3月20日閲覧。 シネマカフェ 株式会社イード. 2017年10月2日. 2017年10月2日閲覧。 com. 2018年8月3日. 2018年8月3日閲覧。 ORICON NEWS. 2018年9月10日. 2018年9月10日閲覧。 モデルプレス 2014年2月22日. 2014年2月24日閲覧。 webザテレビジョン 2014年11月7日. 2014年11月10日閲覧。 ORICON STYLE 株式会社oricon ME. 2015年12月7日. 2015年12月7日閲覧。 映画ナタリー ナターシャ. 2018年6月8日. 2018年6月8日閲覧。 NHK 2019年3月1日. 2019年8月1日閲覧。 アニメイトタイムズ アニメイト. 2016年12月8日. 2016年12月8日閲覧。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2019年10月2日. 2019年10月2日閲覧。 SANSPO. COM 2015年6月21日. 2015年6月21日閲覧。 2013年2月18日. 2013年3月27日閲覧。 AdverTimes 2014年4月14日. 2014年4月14日閲覧。 Smartザテレビジョン 2015年4月16日. 2015年4月17日閲覧。 まんたんウェブ 毎日新聞デジタル. 2016年4月15日. 2016年4月15日閲覧。 プレスリリース , 大塚食品株式会社, 2016年7月6日 , 2019年10月2日閲覧。 プレスリリース , 大塚食品株式会社, 2016年10月3日 , 2019年10月2日閲覧。 2014年4月14日. 2014年4月14日閲覧。 2016年3月25日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年4月16日閲覧。 2016年4月7日. 2016年4月26日閲覧。 毎日新聞デジタル 2017年4月19日. 2017年4月20日閲覧。 マイナビニュース 2014年8月28日. 2014年9月1日閲覧。 シネマカフェ 株式会社イード. 2015年8月27日. 2016年4月27日閲覧。 毎日新聞デジタル 2016年9月6日. 2016年9月6日閲覧。 毎日新聞デジタル 2015年1月14日. 2015年1月14日閲覧。 シネマカフェ 株式会社イード. 2016年1月13日. 2016年1月13日閲覧。 毎日新聞デジタル 2017年1月18日. 2017年1月18日閲覧。 2014年6月17日. 2014年6月18日閲覧。 2015年4月2日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年2月17日閲覧。 TOKYO POP LINE 2015年6月13日. 2015年6月13日閲覧。 2016年2月15日. 2016年4月28日閲覧。 日刊スポーツ 2017年3月22日. 2017年3月22日閲覧。 シネマトゥデイ 株式会社シネマトゥデイ. 2018年4月12日. 2018年4月12日閲覧。 SPICE 株式会社イープラス. 2019年4月15日. 2020年4月9日閲覧。 音楽ナタリー ナターシャ. 2019年6月10日. 2020年4月9日閲覧。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2020年4月9日. 2020年4月9日閲覧。 毎日新聞デジタル 2014年5月20日. 2014年5月20日閲覧。 音楽ナタリー 2014年8月22日. 2014年10月5日閲覧。 navicon 2014年6月16日. 2014年6月17日閲覧。 毎日新聞デジタル 2015年1月23日. 2015年1月23日閲覧。 ORICON STYLE 株式会社oricon ME. 2015年10月20日. 2015年10月21日閲覧。 プレスリリース , , 2017年1月16日 , 2017年1月16日閲覧。 CINRA. NET 2019年1月1日. 2019年1月7日閲覧。 CINRA. NET 株式会社 CINRA. 2019年9月20日. 2019年9月20日閲覧。 プレスリリース , ソフトバンクロボティクス, 2020年2月3日 , 2020年2月3日閲覧。 navicon 2014年7月4日. 2014年7月5日閲覧。 モデルプレス 2014年12月8日. 2014年12月8日閲覧。 プレスリリース , 明星食品, 2015年3月5日 , 2019年10月2日閲覧。 navicon 2016年3月7日. 2016年4月26日閲覧。 プレスリリース , 明星食品株式会社, 2017年3月27日 , 2017年3月28日閲覧。 プレスリリース , , 2015年3月13日 , 2015年5月3日閲覧。 navicon 2015年10月17日. 2016年4月28日閲覧。 プレスリリース , 東京ガス, 2015年11月6日 , 2015年12月5日閲覧。 navicon 2015年12月15日. 2016年4月28日閲覧。 プレスリリース , 東京ガス, 2015年12月24日 , 2016年4月28日閲覧。 navicon 2016年2月9日. 2016年4月28日閲覧。 navicon 2016年5月10日. 2016年5月11日閲覧。 音楽ナタリー 2015年4月2日. 2015年5月3日閲覧。 クランクイン! 2016年3月23日. 2016年4月27日閲覧。 ORICON STYLE 2017年3月15日. 2017年3月15日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2018年3月27日. 2018年3月28日閲覧。 プレスリリース , 資生堂, 2020年1月14日 , 2020年2月21日閲覧。 PDF プレスリリース , , 2015年2月18日 , 2015年5月26日閲覧。 PDF プレスリリース , 片倉工業, 2015年12月2日 , 2015年12月2日閲覧。 プレスリリース , 富士フイルム, 2015年7月8日 , 2019年6月13日閲覧。 プレスリリース , , 2015年12月4日 , 2016年4月27日閲覧。 プレスリリース , 富士フイルム, 2016年11月21日 , 2016年11月30日閲覧。 プレスリリース , 富士フイルム, 2015年12月25日 , 2016年4月27日閲覧。 プレスリリース , 富士フイルム, 2016年12月28日 , 2016年12月28日閲覧。 プレスリリース , 富士フイルム, 2017年2月23日 , 2017年2月23日閲覧。 プレスリリース , 千寿製薬, 2015年7月1日 , 2019年6月13日閲覧。 PDF プレスリリース , , 2016年7月1日 , 2016年7月1日閲覧。 まんたんウェブ 2015年8月24日. 2015年8月24日閲覧。 モデルプレス 2016年8月2日. 2016年8月2日閲覧。 産経ニュース 産経新聞社. 2016年4月13日. 2016年12月3日閲覧。 マイナビニュース 2016年11月17日. 2016年12月3日閲覧。 ORICON STYLE 2015年9月28日. 2015年9月28日閲覧。 毎日新聞デジタル 2016年5月6日. 2016年5月6日閲覧。 毎日新聞デジタル 2016年11月4日. 2016年11月4日閲覧。 SANSPO. COM 2016年5月31日. 2016年5月31日閲覧。 ペイメントナビ(株式会社TIプランニング) 2016年7月4日. 2016年7月5日閲覧。 PDF プレスリリース , , 2017年2月9日 , 2017年2月17日閲覧。 プレスリリース , 三菱UFJニコス, 2018年5月24日 , 2019年9月12日閲覧。 RBB TODAY 2016年9月29日. 2016年9月29日閲覧。 music. jpニュース 株式会社エムティーアイ. 2017年9月28日. 2018年2月16日閲覧。 プレスリリース , グラクソ・スミスクライン株式会社, 2018年9月27日 , 2020年2月21日閲覧。 エンタメOVO 共同通信社. 2017年2月3日. 2017年2月3日閲覧。 プレスリリース , グラクソ・スミスクライン株式会社, 2018年2月16日 , 2018年2月16日閲覧。 プレスリリース , グラクソ・スミスクライン株式会社, 2020年2月12日 , 2020年2月21日閲覧。 ファミ通App 2016年12月16日. 2016年12月16日閲覧。 オートックワン オートックワン株式会社. 2017年2月2日. 2017年2月5日閲覧。 毎日新聞デジタル 2017年3月1日. 2017年3月1日閲覧。 映画ナタリー 2019年2月21日. 2019年2月21日閲覧。 毎日キレイ 株式会社MANTAN. 2020年3月5日. 2020年3月5日閲覧。 シネマトゥデイ 株式会社シネマトゥデイ. 2017年5月18日. 2017年5月18日閲覧。 スポーツ報知 報知新聞社. 2018年1月11日. 2018年1月11日閲覧。 プレスリリース , 株式会社ポケモン, 2018年3月1日 , 2019年3月20日閲覧。 プレスリリース , 東芝ライフスタイル, 2018年10月1日 , 2019年3月20日閲覧。 プレスリリース , アサヒ飲料, 2019年3月19日 , 2019年3月20日閲覧。 プレスリリース , アサヒ飲料, 2019年3月29日 , 2019年4月2日閲覧。 食品産業新聞社ニュースWEB 食品産業新聞社. 2020年3月24日. 2020年3月25日閲覧。 2013年4月1日閲覧。 シネマトゥデイ. 2014年11月11日. 2014年11月11日閲覧。 AdverTimes 2015年3月20日. 2016年6月28日閲覧。 スポーツ報知 報知新聞社. 2016年7月4日. の2016年7月4日時点におけるアーカイブ。 2016年7月4日閲覧。 財経新聞社. 2016年12月7日. 2016年12月7日閲覧。 産経ニュース 産経新聞社. 2016年5月24日. 2016年9月18日閲覧。 デイリースポーツ online 株式会社デイリースポーツ. 2016年10月8日. 2016年10月8日閲覧。 モデルプレス. 2017年9月16日. 2017年9月16日閲覧。 まんたんウェブ 株式会社MANTAN. 2019年1月31日. 2019年1月31日閲覧。 日刊スポーツ 日刊スポーツ新聞社. 2019年4月9日. 2019年4月9日閲覧。 プレスリリース , , 2013年9月27日 , 2013年9月27日閲覧。 プレスリリース , TOKYO FM, 2014年5月2日 , 2014年5月25日閲覧。 プレスリリース , TOKYO FM, 2016年2月11日 , 2016年5月12日閲覧。 eltha oricon ME. 2018年8月8日. 2018年8月8日閲覧。 プレスリリース , TOKYO FM, 2013年12月6日 , 2013年12月10日閲覧。 シアターガイド 有限会社モーニングデスク. 2018年5月25日. の2018年5月26日時点におけるアーカイブ。 2019年6月12日閲覧。 ORICON STYLE 2015年5月22日. 2015年5月22日閲覧。 Billboard JAPAN 2016年3月17日. 2016年6月14日閲覧。 2013年11月12日. 2013年11月12日閲覧。 2013年11月24日. 2013年11月29日閲覧。 Billboard JAPAN 2014年10月5日. 2014年10月5日閲覧。 音楽ナタリー 2015年3月19日. 2015年5月3日閲覧。 BARKS 2016年3月16日. 2016年3月26日閲覧。 音楽ナタリー 2015年4月20日. 2015年5月7日閲覧。 Billboard JAPAN 株式会社阪神コンテンツリンク. 2017年5月2日. 2019年6月13日閲覧。 2014年10月28日. 2014年10月28日閲覧。 CDジャーナル 2014年12月17日. 2014年12月17日閲覧。 音楽ナタリー 2015年3月11日. 2015年5月3日閲覧。 プレスリリース , , 2013年11月14日 , 2013年12月10日閲覧。 シネマカフェ イード. 2017年8月3日. 2017年8月3日閲覧。 SANSPO. COM 株式会社 産経デジタル. 2016年1月31日. 2016年1月31日閲覧。 プレスリリース , 玄光社, 2017年12月14日 , 2018年4月8日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2015年11月3日. 2016年5月13日閲覧。 モデルプレス 2014年4月4日. 2014年7月14日時点の [ ]よりアーカイブ。 2014年12月9日閲覧。 モデルプレス 2015年4月1日. 2015年4月8日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年4月9日閲覧。 ツイート. より 2019年9月12日閲覧。 日経BP社. 2018年7月3日時点のよりアーカイブ。 2019年9月12日閲覧。 cinemacafe. net 株式会社イード. 2015年10月8日. 2015年10月8日閲覧。 2015年10月18日. 2015年10月19日閲覧。 スポーツ報知 報知新聞社. 2015年11月26日. の2015年11月26日時点におけるアーカイブ。 2015年11月26日閲覧。 日刊スポーツ 日刊スポーツ新聞社. 2015年12月5日. の2015年12月6日時点におけるアーカイブ。 2015年12月5日閲覧。 日刊スポーツ 日刊スポーツ新聞社. 2015年12月8日. 2015年12月8日閲覧。 シネマトゥデイ 株式会社シネマトゥデイ. 2016年1月7日. 2016年1月7日閲覧。 MANTANWEB 毎日新聞デジタル. 2016年1月18日. 2016年1月18日閲覧。 日本インターネット映画大賞運営委員会 2016年2月6日. 2016年10月11日閲覧。 ORICON STYLE 2016年2月29日. 2016年5月17日閲覧。 シネマ夢倶楽部. 日本ファッション協会 2016年2月1日. 2017年1月16日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2017年1月16日. 2017年1月16日閲覧。 映画ナタリー 2017年2月27日. 2017年2月27日閲覧。 東京スポーツ新聞 2018年2月26日. 2018年2月26日閲覧。 日本アカデミー賞公式サイト 2018年3月2日. 2018年3月2日閲覧。 映画ナタリー 2015年10月15日. 2015年10月15日閲覧。 シネマカフェ 株式会社イード. 2015年11月26日. 2015年11月26日閲覧。 MANTAN WEB 2015年12月9日. 2015年12月9日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2019年12月13日. 2019年12月13日閲覧。 映画ナタリー 2020年3月29日. 2020年3月29日閲覧。 外部リンク• - (2013年3月26日 - )• suzu. hirose. official -• suzu-hirose -•

次の