ゲッターズ コロナ。 【悲報】ゲッターズ飯田「志村けんさんを占った結果・・・」

コロナを占いで的中させていた!?ゲッターズ飯田の占い2020

ゲッターズ コロナ

もくじ• 渡部建の不倫報道・活動自粛へ 渡部「今回の報道に関しましては、私の不徳の致すところであり、家族を深く傷つけ、また、普段お世話になっている仕事関係の皆様、応援をしてくださる皆様に対し多大なご迷惑をおかけしたと大変猛省しております」 女性関係のスキャンダルが明らかとなったお笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建さん。 2020年6月10日に所属事務所が公式に謝罪コメントを発表。 報道について、概ね事実を認め「不徳の致すところ」「大変猛省しております」とし、妻の佐々木希さんにも謝罪したことを公表。 芸能活動については、当面の間は自粛するとしています。 各メディアの報道を見たファンからは「気持ち悪い」「佐々木希さんが心配」と様々な声が上がっており、この波紋はしばらく続きそうです。 渡部建にゲッターズ飯田が警告していた ゲッターズ飯田「渡部さんはお酒を飲んだときに髪の長い、顔立ちのはっきりした豪快なお姉さんタイプの女性に言い寄られないよう注意です!」 佐々木希さんと結婚する以前から複数の女性と関係を持っていたという渡部建さん。 2017年に放送されたラジオで、渡部建さんの番組にゲスト出演したゲッターズ飯田さんは、結婚について「10年前からわかっていました」とコメントし、渡部建さんを驚かせていました。 ゲッターズ飯田さんが、渡部建さんの結婚直後に執筆したコラムには、女性関係について警告する一方で、離婚の星はないとコメント。 その理由として「佐々木希さんが世間体を気にするタイプなので、離婚を決断しにくい運命にある」とし、渡部建さんの「お酒」と「女性」でトラブルがある可能性を指摘していました。 関連記事: 渡部建の2020年は「裏運気の年」• 名前:渡部建• 生年月日:1972年〈昭和47年〉9月23日• 五星三心占い:金のイルカ座• 第2の命数:55 渡部建さんは、第2の命数55の「金のイルカ座」で、性格は一言でいうと「社交性がある頑張り屋」。 段取り好きで、知的好奇心ある人です。 パーティー好きで、人が集まる場所を好む傾向にあります。 2020年は「裏運気の年」で、スキャンダルが発覚しやすい時期。 単独行動や一人の時間が増えて、これまでと違った方向に運が流れていきます。 仕事面では、全く違う仕事を任されたり重要な仕事をやることになりそうな運気。 今回のスキャンダルで「キャラクター」が変化していきます。 2021年の年末に向けて、物事が整理されていく流れです。 信じるか信じないかはあなた次第ですが、同じ「金のイルカ座」の方は、女性関係や金銭・仕事におけるトラブルに気をつけてくださいね。 ゲッターズ飯田の裏運気とは• 自分の欲望が逆になっている時期• 運ではなく実力で勝負する時期• 普段は隠れている自分が出る時期• 裏運気だから結婚できる人もいる 裏運気とは、自分にとって「不運だ」と感じることが多くなる時期。 それは運がなくなったのではなく、実は不慣れや苦手と感じることが多くなるという考え方です。 渡部建さんの場合は「普段は隠れている自分が出る時期」で、表に出したくない裏の顔が世間に晒されてしまったという解釈が出来ます。 人が「裏運気」に入ると、これまで通りとは全く反対のことが起きる可能性が高まります。 一般の人の場合は「意外な人から好かれる」「タイプでない人と恋に落ちる」「ワンナイトラブが起きる」などです。 裏運気をうまく活用すると、宝くじを当てることが出来たり、新しい発見があったりとマイナスなことではないはず。 ただ、渡部建さんは大きなマイナスとなった印象。 クリーンで明るい印象が、暗く泥臭いような印象が強くなったのは、裏運気の影響なのかもしれませんね。 関連記事: ゲッターズ飯田とは 芸能界最強占い師としての呼び声も高い、今注目されている占い師。 目元を隠すような赤いマスクとハンチング帽にスーツ姿がトレードマーク。 ゲッターズ飯田さんは、1975年4月4日で「銀のインディアン」タイプ。 芸能界最強占い師としての呼び声も高い占い師。 ゲッターズ飯田の略歴• 1975年4月4日:静岡県磐田市に誕生• 1999年:お笑いコンビ・ゲッターズを結成• 2005年4月:お笑いコンビ・ゲッターズを解散• 2009年8月:公式携帯占いサイトをオープン• 2013年06月18日:株式会社Gオフィスを設立 日本福祉大学を卒業したのち、名古屋吉本4期生に。 1999年から2005年4月の間、津村英世(つむらひでよ)さんとお笑いコンビ・ゲッターズとして活動しており、現在の芸名は元々結成していたお笑いコンビの名前が由来となっているようですね。 コンビ解散後は、作家、放送作家、タレント、占い師とマルチな活動を行っていましたが、2013年6月に「株式会社Gオフィス」を二番弟子兼マネージャーの中込(なかごめ)さんと設立後、占い師としての活動を本格化しメディアに多数出演しています。 関連記事:.

次の

【ゲッターズ飯田オリジナル占術・五星三心占い】生年月日であなたの星とタイプを計算しましょう

ゲッターズ コロナ

もくじ• 新型コロナウイルスとは 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、2019年12月に中華人民共和国湖北省武漢市で発生した原因不明の肺炎患者から検出されて以来、瞬く間に広がった新型の感染症。 新型コロナウイルスに感染したコメディアンの志村けんさんが死去したことで、日本人にとっても深く悲しい傷を残しています。 デマ拡散で人々が混乱した水星逆行 2020年2月17日から3月10日に到来した「水星逆行」によって、情報のやりとりが上手くいかないことが多くなる流れでした。 新型コロナウイルス感染について、デマが拡散される一方で、交通やシステム障害も目立っていたのではないでしょうか。 2020年6月18日から開始する「水星逆行」で再び混乱する暗示が出ているので、頭の片隅に覚えておくと良いでしょう。 特に、キーワードは「家庭」で、家族間のトラブルや恋人同士の行き違い起きやすい時期です。 独り暮らし場合は、家賃トラブルや周辺住人との揉め事が発生しやすので気をつけましょう。 春分ゲートで時代が大きく切り替わる 2020年3月20日に訪れた春分によて、時代が大きく切り替わっていきました。 新型コロナウイルスによって、変えていかなければいけない状況になったとも言えます。 春分ゲートの扉は閉まり、世界が大きく2つに分かれていきました。 それは「物質の世界」と「精神の世界」です。 これまでの時代から変化せずに「物質の世界」に残った人々は、ここから一生、物に固執して生きていくことになります。 一方で「精神の世界」に足を踏み入れた人々は、新しい時代の中で生きていくことになるのです。 占い師によっては「目醒め」「新しい時代」など違う言葉で表現されている人もいます。 この大きな流れは200年に一度、その始まりが春分だったのです。 ゲッターズ飯田の「2020年占い」を振り返る 2020年について、ゲッターズ飯田さんは「ライブ配信の年になる」と占っていました。 ライブ配信の年というのは、単純にライブ配信のことを指すのでなく、残らないコミュニケーションが鍵となってくるという意味合いです。 その象徴なのがリモートワークによるライブチャット「ZOOM」かもしれません。 これから、人と遠距離にいながらコミュニケーションするスタイルが、一般的になっていくことでしょう。 また、これまでは常識でなかった「無観客ライブ」や「リモート接客」なども注目されています。 いずれにしても、新型コロナウイルスによって、時代の価値観や常識が一気に崩れていくでしょう。 新型コロナウイルスの収束はいつ? 占い上、新型コロナウイルスの収束はまだ先となりますが、4月末から5月頃に節目を迎えます。 自宅にいる時間を利用して、新しい時代への生き方や考え方を変えていくことは良いのかもしれません。 2002年11月から2003年7月まで流行した「新型SARSコロナウイルス(SARS-CoV)」とよく似ている配置。 また「天平の疫病大流行」で大仏を建てた後に静まったという話もあり、科学が発展した現代社会においても「大仏を建てよう」と機運が高まっているそうです。 新型コロナウイルス終息後の世界 現在、収束のみばかりに気を取られがちですが 「終息後の世界」にも目を向ける必要があります。 家にいないといけないと室内でダラダラとしている人、今この状況下でやれることを一生懸命に探す人では、運命が大きく分かれるのは当然のこと。 200年に一度の流れが来ている今、終息を待つ人々は「新しい世界」「新しい時代」に向けて、足場を固めることが必要です。 何を始めて見れば良いかわからない人は、運の流れに合わせて行動をすると開運に繋がります。 関連記事: ゲッターズ飯田とは.

次の

コロナを占いで的中させていた!?ゲッターズ飯田の占い2020

ゲッターズ コロナ

ゲッターズ飯田さんが監修する、生年月日でわかる五星三心のタイプは12種類。 幸運を引き寄せるためにも、まずは自分のタイプを知り、2020年の下半期の運気をチェックしましょう。 「高価なものより、庶民感覚がもてはやされる時期。 家事や家族のイベントでは、節約しつつ楽しむ工夫をすると運気がひらけます」 最近は新型コロナウイルスの影響で、気持ちが不安になりがちな日が続きますが、穏やかに過ごすには「周りの出来事に一喜一憂するのではなく、わが家なりの楽しみを見つけることが大切」と飯田さんは話します。 「運気を引き寄せるには、よく笑うのがいちばん。 家族が笑顔になる楽しいイベントを、家の中で見つけていきましょう。 人とのつながりを大事にしていれば、必要以上に不安になることもありません」 さらに詳しい過ごし方のポイントは、下にスクロールして「五星三心(ごせいさんしん)占い」をチェック。 生年月日によって分類した12のタイプ別に、下半期の運勢を読み解きます。 「夏以降に起きたことで、来年の自分の運気を予測できます。 たとえば年末にかけて出会いが多かったら、来年も人脈が広がる年になる。 派手なものや高価なものに目を向けるより、親しみやすい庶民的なものを大切にして。 家で鍋やタコ焼きをしたり、家庭菜園や裁縫を始めたり…。 お金をかけずに家族で楽しめる方法を見つけるといいでしょう。 POINT2:時代の流れに敏感になる 2020年は、人々の価値観や社会の仕組みが大きく変わり始める年。 昔はこうだったから…と古い価値観に縛られていると取り残されてしまうので、時代の変化に敏感になることが大切。 ただし多くの情報があふれるときなので、ウワサ話に振り回されないよう注意して。 価値観が変わり、お金では買えない人とのつながりが重視されるように。 よいことや役立つ情報はひとり占めせず、みんなでシェアするように心がけて。 日頃から横のつながりを大切にしていれば、困ったときも助けてもらえるはず。 12タイプで診断。 五星三心占いタイプの見つけ方 (1) 表1で、自分の生まれた年と月の交差する位置の数字を調べ、その数字に生まれた日をたす。 61以上になった場合は、その数字から60を引く。 (2) 当てはまる数字を表2で探し、生まれた西暦が偶数か奇数かによってタイプを判断する。 例:1984年10月26日生まれの場合、表1で交差している数字が4なので、26をたして30になります。 生まれた西暦が偶数なので、表2で探すと金の鳳凰座だとわかります。

次の