郡山 労働 基準 監督 署。 郡山労働基準監督署

総合労働相談コーナーのご案内

郡山 労働 基準 監督 署

郡山労働基準監督署(福島県)| > > 郡山(こおりやま)労働基準監督署 郵便番号 〒963-8025 住所 郡山市桑野2-1-18 電話番号 024-922-1370 駐車場の有無 - 管轄エリア 郡山市、田村市、本宮市、安達郡、田村郡 スポンサードリンク 労働基準監督署での主な手続き 労働基準監督署とは 労働基準監督署は、厚生労働省の各都道府県労働局の管内に数か所設置される出先機関。 都道府県労働局では、主に厚生労働省の内局である労働基準局の指揮監督を受けながら管内の労働基準監督署を指揮監督する。 労働基準法に定められた監督行政機関として、労働条件及び労働者の保護に関する監督を行う。 略して労基署または監督署ともいう。 刑事訴訟法による告訴状(労働基準法違反)等も受けてけている。 勤務中の死亡事故の労災・認定、賃金不払、家宅捜索や逮捕も当署の所管業務である。 名称のとおり、最低労働基準の遵守について事業者等を監督することを主たる業務とする機関である。 その他、労働災害防止の指導や、労働者災害補償保険の給付、労働保険(労働者災害補償保険及び雇用保険の総称)の適用および労働保険料等の徴収、 未払賃金の立替払事業に関する認定などを行っている(個別労働紛争の調停斡旋は労働局の業務であるが、労働局の職員が労基署に場所を間借りして業務を行っている)。 様式等 貯蓄金管理協定届 貯蓄金管理状況報告 解雇制限除外認定申請書 解雇予告除外認定申請書 1箇月単位の変形労働時間制に関する協定届 1年単位の変形労働時間制に関する協定届 1週間単位の非定型的変形労働時間制に関する協定届 非常災害等の理由による労働時間延長・休日労働許可申請書 非常災害等の理由による労働時間延長・休日労働の届 時間外労働・休日労働に関する協定届(各事業場単位による届出) 時間外労働・休日労働に関する協定届(事業場外労働に関する協定付記) 事業場外労働に関する協定届 専門業務型裁量労働制に関する協定届 企画業務型裁量労働制に関する決議届 企画業務型裁量労働制に関する報告 時間外労働・休日労働に関する労使委員会の決議届 休憩自由利用除外許可申請 監視・断続的労働に従事する者に対する適用除外許可申請 断続的な宿直又は日直勤務許可申請 児童使用許可申請書 学校長による証明申請書 年少者に係る深夜業時間延長許可申請書 事業場附属寄宿舎設置・移転・変更届 建設業附属寄宿舎設置・移転・変更届 寄宿舎規則(変更)届 就業規則(変更)届 適用事業報告 認定申請 確認申請 労働者名簿 労働条件通知書 賃金台帳(常用労働者) 賃金台帳(日々雇い入れられる者) 退職事由に係るモデル退職証明書 組織 各労基署の職員数は相当の差があり、最大の労基署では職員数が100名以上、最少の労基署では職員数が6名である。 署長 労働基準監督署長は、労働基準法によって、労働基準監督官試験に合格した労働基準監督官が務めることになっている。 例外として、国家公務員II・III種試験に合格して都道府県労働局に採用された、おおむね50歳以上の厚生労働事務官・厚生労働技官が労働基準監督官に任命されて(政令監督官という)、労基署長を務めることもある。 平成23年度から東京の一部において、労基署長には、警察署長や税務署長のようにキャリアが就任することになった。 内部では、キャリアは「親方」と呼ばれている。 次長 全ての方面制署と一部の課制署に置かれる。 労働基準監督官が就任する。 また一部の大規模署には2人の次長が置かれ(「複数次長制署」という。 )、監督・安全衛生担当には労働基準監督官(なお、厚生労働技官は次長にはなれない)が、労災補償・業務担当には厚生労働事務官が就任する(労働基準監督官、厚生労働技官の就任も可能)。 方面制署 方面制署は、中~大規模の労基署である。 各方面は課に相当する。 名称を「監督課」に変更する予定がある。 各方面主任監督官には、部下の副主任監督官・監督係長・役職をもたない労働基準監督官などが配置される。 各労働基準監督官は、労働基準法、最低賃金法、労働安全衛生法などの労働基準関係法令を、事業場が遵守しているかどうかを監督する。 法令違反があり、是正勧告に応じない、告訴・告発がある、または違反態様が重大・悪質な場合は、刑事訴訟法に基づき捜査を行う。 各方面主任監督官の格付けは対等ではあるものの、第一方面主任監督官は監督・取締部門である各方面の指導と総合調整を行い、署長、次長に次ぐ事実上ナンバー3(複数の次長がいる場合はナンバー4[2])の役職であるが、上司からの命令を受けることは少ないので、方面主任監督官のまとめ役程度でしかない。 方面制署の課 安全衛生課 労働災害、職業性疾病の防止、クレーン・ボイラーなどの検査を行う。 課長には、厚生労働技官または労働基準監督官が就任する。 中規模署では安全衛生課が置かれないこともあり、その場合は次席の方面主任監督官が安全衛生課長の業務を行う。 課長以外に産業安全専門官・労働衛生専門官・放射線管理専門官・係長・主任・係員などが配置される。 業務課 庶務、庁舎管理、賃金構造基本統計調査、会計、労働者災害補償保険の保険金支払を行う。 課長は厚生労働事務官が就任する。 係長・主任・係員が配置される。 労災課 労働者災害補償保険の給付事務、労働保険料の徴収を行う。 課長には、厚生労働事務官が就任する。 課長以外に、労災保険給付調査官・労働保険適用指導官・係長・主任・係員などが配置される。 また、常勤職員以外にも多数の非常勤職員・臨時職員が配置され、労基署の方面制署の各課の中では最も人数が多い。 各方面・各課の業務は分かれているが、各方面と安全衛生課は密に連携をとりながら業務を行う。 課制署 課制署は、小~中規模の労基署であり、二つまたは三つの課が置かれている。 三課制署 三つの課が置かれている労基署の課は、次のとおりである。 監督課(旧:第一課) 方面制署の各方面、業務課の所掌事務を行う。 課長には、労働基準監督官が就任する。 ほとんどの3課制署には次長が置かれていず、第一課長は、署長に次ぐナンバー2の役職である。 安全衛生課(旧:第二課) 方面制署の安全衛生課の所掌事務を行う。 課長には、厚生労働技官または労働基準監督官が就任する。 労災課(旧:第三課) 方面制署の労災課の所掌事務を行う。 課長には、厚生労働事務官が就任する。 二課制署 二つの課が置かれている労基署の課は、次のとおりである。 監督課(旧:第一課) 方面制署の各方面、安全衛生課、業務課の所掌事務を行う。 課長には、労働基準監督官が就任する。 2課制署には次長が置かれていず、監督課長は、署長に次ぐナンバー2の役職である。 労災・安全課(旧:第二課) 方面制署の労災課の所掌事務を行う。 課長には、厚生労働事務官または厚生労働技官が就任する。 三官制度 労基署には、労働基準監督官、厚生労働事務官、厚生労働技官の三つの官名の職員が混在して配置され、これを三官制度(新人事制度では厚生労働技官が廃止され、二官制度となる)と称している。 労働基準監督官は、労働基準監督官のまま厚生労働事務官及び厚生労働技官の職務を行うことは可能であるが、厚生労働事務官または厚生労働技官が転官せずに労働基準監督官の職務を行うことはできない。 年々、厚生労働事務官・厚生労働技官とともに、労働基準監督官も減員されているのが現状である(新人事制度では、労働基準監督官が監督・安全衛生・労災補償を、厚生労働事務官が労働保険適用徴収・業務(庶務会計)に当たることとされて、厚生労働技官の今後の採用はなくなっている)。 労働基準監督官 労働基準監督官は、国家公務員II・III種試験より上位に位置づけられている労働基準監督官試験に合格した者であり、身分は特別司法警察職員である。 本省で採用され、全国への異動がある。 最終的に労基署長に就任することがほぼ約束されている。 昇進・昇任も厚生労働事務官・厚生労働技官に比べて相当早く、最短では29歳で労基署主任監督官・課長に就任する。 局総務課の総務・人事係長、局企画室の企画係長、局監督課の監督係長の経験者は、将来を嘱望されている労働基準監督官のエース的存在であり、その後、局監察監督官や労基署長などのポストを務め、最終的には筆頭署長に昇進していく。 しかし、その例外も数多い。 労基署内で厚生労働事務官・厚生労働技官と同一業務に就くことはしばしばあるが、検察官と検察事務官のような主従関係にあるわけではない。 上意下達の職場風土はなく、部内では「一人親方」とも称されている。 捜査を含めて業務は基本的に単独で行い、上司からの命令を受けることは少ない。 職務遂行能力には、個人差が大きい。 厚生労働事務官 厚生労働事務官は、国家公務員II・III種試験に合格して都道府県労働局をいくつかまとめたブロック単位で採用され、同一のブロック内の都道府県労働局で勤務していく。 優秀な者は局総務課に若年時から配置され、優秀でない者は局総務課勤務経験がない傾向にある。 特に局総務課の予算事務担当に配置される者は将来を嘱望されていて、将来的には総務・人事・会計係長または局企画室の企画係長の経験を経て昇進していく、事務官のエース的存在である。 これらの者は、その後労基署課長を経て、局企画室長補佐、局総務課長補佐、局人事計画官といったキーポストを務め、局課・室長に昇進していく。 しかし、その例外も数多い。 中には労働基準監督官(通常、労働基準監督官試験の合格が必要である。 )や厚生労働技官に転官し、労働基準監督署長、安全衛生課長等を務める者もいる。 厚生労働事務官は、庶務などの管理部門・労災補償部門・保険関係成立の適用部門・徴収部門を相互に異動し、場合によっては労働基準の相談・調査部門に配置されて労働基準監督官の業務補助の一部をこなすこともある。 労災補償調査時には、請求者との面接等によって確認して、診療費の支給や休業補償の支給可否、障害の等級を定めるので、医学的知識の習得が不可欠である。 労働保険(労災・雇用)の保険料の徴収に関する事務を扱う厚生労働事務官は、所管の労働保険の保険料の徴収等に関する法律により(国税徴収法の準用規定がある。 )、国税徴収法上の徴収職員として都道府県労働局長から任命され、(労働基準監督官とは異なって)滞納処分の一環として捜索・差押えを令状なしで執行する権限をもつ。 差押えは頻繁に執行する一方で、捜索まで実施するケースは限定されている。 これは、他の税金や年金保険料と異なって、金額が少額であることから債権差押えで完結となるケースが多いからでもあるが、捜索をする能力のある職員がほとんどいないことが主要な要因である。 徴収職員である厚生労働事務官は、各人が独立した権限をもち、(都道府県によって異なる場合もあるが)おおむね労働局総務部(労働保険徴収部)労働保険徴収課(室)と所轄の労働基準監督署に配置されて、滞納処分と滞納整理に関する事務を行っている。 補償部門も徴収部門も、専門的な知識が必要である。 ほとんどの都道府県労働局では、国家公務員II種試験合格者とIII種試験合格者の昇進・昇任は全く変わらないので、まず経験年数が優先され、高校や専門学校卒業後直ぐに就職した厚生労働事務官と大学や転職組の厚生労働事務官では扱いが異なり、学歴ではなく勤続年数によって先輩後輩の序列ができる。 あくまで現場で何年もまれてきたかの経験が物をいう、たたき上げの世界になっている。 厚生労働技官 厚生労働技官は、過去において理工系の大学・高専・高校を卒業し、国家公務員II・III種試験に合格して都道府県労働局に採用され、同一の都道府県労働局内で勤務している(現在採用は廃止されている)。 局健康安全課(大規模な労働局では安全課と健康課とに分かれる。 )と署安全衛生課だけに勤務することが多く、専門性は高いが、つぶしがきかなくなる(安全衛生以外の業務経験がないので、他の業務ができない)という問題もある。 とりわけ局課長補佐級以降は、就任させるポストがないという事態になりがちである。 そのような事態を防ぐために、近年では若年時から厚生労働事務官の業務である庶務会計・労災補償に積極的に配置するようにしているようであるが、逆に厚生労働技官の専門性が向上しない、厚生労働事務官に比べると慣れない業務への異動が多いといった不満も出ていて、三官の中では「冷や飯食い」の立場にある。 近年は、クレーンやボイラーの検査といった主力業務も減少していて、常に技官不要論が出ている。 近年では、定員を確保するため、必ずしも世間で求められているとはいえない安全衛生指導を主力業務に据えている。 技官独自の職務領域が減少しているので、新人事制度では厚生労働技官の採用を中止して労働基準監督官を安全衛生業務に充てていて、厚生労働技官の採用は廃止されている。 局課長補佐級までの昇進・昇任の速さは厚生労働事務官と基本的に同じである。 中には厚生労働事務官に転官する者もいるが、労働基準監督官に転官(通常、労働基準監督官試験の合格が必要である)し、労働基準監督署長を務める者は最近ではいない。 (2)徴収則様式第一号及び第六号の改正 保険関係成立届・労働保険事務等処理委託届・任意加入申請書(様式第一号)及び 概算保険料申告書・増加概算保険料申告書・確定保険料申告書(様式第六号)について 法人番号を記載する欄を追加する。 (3)特別支給金則の一部改正 労働者災害補償保険特別支給金支給規則に基づく申請の一部について、記載事項に 個人番号を追加する。 (4)石綿則様式第一号及び第七号の改正 一般拠出金申告書(様式第一号)及び労働保険事務等処理委託届(様式第七号)に ついて法人番号を記載する欄を追加する。 スポンサードリンク > >.

次の

郡山労働基準監督署|郡山市の管轄

郡山 労働 基準 監督 署

「労働基準監督署に通報したら解決できるのかな?」 「労働基準監督署に通報したい!」 「労働基準監督署に通報して、会社に罰則を与えたい!」 会社から不当な扱いを受けると、解決方法を知りたい、できれば誰かの力を借りて解決したいと思いますよね。 特に会社の行為が 悪質なら、通報して罰則などを与えてほしいと思うこともあるでしょう。 労働基準監督署に通報する前に知っておいてほしいのが、「労働基準監督署は 何でも解決してくれるところではない」ということです。 なぜなら、労働基準監督署ができることは、法律で決められており、 対象外の通報内容では対処できないこともあるからです。 そのため、通報して「トラブルを解決したい」「会社に罰則を与えたい」と思うなら、労働基準監督署への通報が最適な選択肢なのか、事前にしっかり判断することが大事です。 そこでこの記事では、まずは労働基準監督署に 通報すべきトラブル・通報すべきではないトラブルの例と、通報した場合に労働基準監督署が やってくれることについて解説します。 さらに、労働基準監督署に通報する場合の 具体的な 手続きの方法・流れと、あなたのトラブルを 優先的に扱ってもらうためのポイントをお伝えします。 そして最後に、労働基準監督署では解決できないトラブルの解決方法についても紹介します。 最後までしっかり読んで、より早く、より確実にトラブルを解決する方法を確認しましょう。 【労働基準監督署に通報すべきこと】• 賃金(給与、残業代、休日手当、深夜手当など)や退職金が未払い• 1ヶ月 100時間を超えるなどの、長時間残業• 安全への配慮が不十分な危険な現場での作業• 労働条件が雇用契約と異なる• 会社が突然倒産してしまった• 会社が休日を与えてくれない• 会社が有給休暇を取得させてくれない• 不当解雇や不当な懲戒処分 上記のようなトラブルは、労働基準法違反になる可能性があるため、労働基準監督署に通報することで、 何らかの解決策を提示してもらえる可能性があります。 一方で、以下のトラブルは労働基準監督署に通報しても解決できる可能性が低いため、別の方法で解決のための方法をとることをおすすめします。 全国の労働基準監督署には、トータルで約 3000人の「労働基準監督官」という専門職員が在籍しており、彼らは、• メール• 直接訪問 さらに、これらの方法は 「匿名」でも可能なため、通報することが会社にバレたくないという場合も、安心して通報可能です。 それぞれの方法について解説します。 メールですので、 24時間いつでも通報可能です。 ただし、メールでの通報では、立ち入り調査の参考程度にしか使われないようです。 実際に対応を求める場合は、他の方法をおすすめします。 平日の夜間( 17時〜 22時)、休日の昼間( 10時〜 17時)に電話が可能なので、平日は忙しいという人でも大丈夫です。 しかし、 これもあくまで相談窓口であり、相談に対して一般的な解決方法などのアドバイスが行われるのみです。 そのため、• 会社の違法行為を訴えて対策を求める• 会社の違法行為を暴きたい という場合は、この方法では不十分です。 そのため、もっともおすすめなのは次に紹介する「 直接訪問」です。 そのため、 あなたも最寄りの労働基準監督署に、直接訪問して通報することが可能です。 最寄りの労働基準監督署は、こちらから探すことができます。 そのため、平日働いていて会社を休むことが難しい場合は、直接出向いて通報することは難しいかもしれません。 そのため、 「どうしても解決したい!」という重大なトラブルなら、会社を 休んででも通報に行くか、もしくは 他の解決の方法をおすすめします。 他の解決方法については、この記事の最後でご紹介します。 法律にのっとった 具体的なアドバイス• 会社への 立ち入り調査• 会社への 是正勧告• 経営者の 逮捕(悪質な場合) などの対応を取ってくれる可能性があります。 これは、以下のような流れで行われます。 あなたの通報から、あなたの会社の違法行為が疑われる場合、 まずは事実確認のために「立ち入り調査」が行われます。 立ち入り調査では、賃金台帳などの資料や、経営者、労働者へのヒアリングでの調査が行われ、そこで違法性が確認できた場合は「 これを改善しなさい」という是正勧告が行われます。 是正勧告後の「 再監督」という再度の調査で、改善が見られなかった場合、経営者や会社への罰則が与えられることになります。 実名、直接訪問で「申告」する• トラブルの事実を証明できる「証拠」を集める という 2つのポイントを押さえておくことが大事です。 それぞれについて解説します。 3-1 :実名、直接訪問で「申告」する ここまで「通報」という言葉を使ってきましたが、 労働基準監督署に違法行為を訴える手続きには、 「相談」と 「申告」があります。 申告というのは、ただの相談とは異なり、具体的な違法行為の事実を伝えて、何らかの対処を要求する手続きのことです。 そのため、トラブルを より確実に解決するためには、「申告」の手続きの方がおすすめです。 さらに、先ほども簡単に触れましたが、通報(申告)は「匿名」や「メール・電話」より、 「実名」「直接訪問」で行うべきです。 なぜなら、先ほどもお伝えしたように、労働基準監督署は慢性的な人員不足であるため、すべての通報で動くわけではないからです。 そのため、直接訪問し、連絡先や実名を明かした方が「 緊急性が高い」と認識され、動いてくれる可能性が高まるのです。 3-2 :トラブルの事実を証明できる証拠を集める もう一点、とても大事なポイントがあります。 それが、トラブルの 証拠を集めることです。 必要になる証拠は、トラブルの内容によって異なります。 あなたは、こんな悩みをお持ちではありませんか?• これから退職予定で、未払い残業代を請求したい• すでに退職しているが、以前勤めていた会社に 残業代を請求したい• 自分の残業代、残業時間に納得がいかない 会社がおかしい・不当ではないかと感じたら1人で悩まずに、残業代請求に強い弁護士に相談することをおすすめします。 残業代の 時効は2年なので、時効になる前に早めに行動することが大切です。 QUEST法律事務所へのご相談は無料です。 当事務所では、 電話・メール・郵送のみで残業代請求できます。 ですので、 全国どちらにお住まいの方でも対応可能です。 お1人で悩まずに、まずは以下よりお気軽にご相談ください。

次の

福島県|厚生労働省

郡山 労働 基準 監督 署

郡山労働基準監督署(福島県)| > > 郡山(こおりやま)労働基準監督署 郵便番号 〒963-8025 住所 郡山市桑野2-1-18 電話番号 024-922-1370 駐車場の有無 - 管轄エリア 郡山市、田村市、本宮市、安達郡、田村郡 スポンサードリンク 労働基準監督署での主な手続き 労働基準監督署とは 労働基準監督署は、厚生労働省の各都道府県労働局の管内に数か所設置される出先機関。 都道府県労働局では、主に厚生労働省の内局である労働基準局の指揮監督を受けながら管内の労働基準監督署を指揮監督する。 労働基準法に定められた監督行政機関として、労働条件及び労働者の保護に関する監督を行う。 略して労基署または監督署ともいう。 刑事訴訟法による告訴状(労働基準法違反)等も受けてけている。 勤務中の死亡事故の労災・認定、賃金不払、家宅捜索や逮捕も当署の所管業務である。 名称のとおり、最低労働基準の遵守について事業者等を監督することを主たる業務とする機関である。 その他、労働災害防止の指導や、労働者災害補償保険の給付、労働保険(労働者災害補償保険及び雇用保険の総称)の適用および労働保険料等の徴収、 未払賃金の立替払事業に関する認定などを行っている(個別労働紛争の調停斡旋は労働局の業務であるが、労働局の職員が労基署に場所を間借りして業務を行っている)。 様式等 貯蓄金管理協定届 貯蓄金管理状況報告 解雇制限除外認定申請書 解雇予告除外認定申請書 1箇月単位の変形労働時間制に関する協定届 1年単位の変形労働時間制に関する協定届 1週間単位の非定型的変形労働時間制に関する協定届 非常災害等の理由による労働時間延長・休日労働許可申請書 非常災害等の理由による労働時間延長・休日労働の届 時間外労働・休日労働に関する協定届(各事業場単位による届出) 時間外労働・休日労働に関する協定届(事業場外労働に関する協定付記) 事業場外労働に関する協定届 専門業務型裁量労働制に関する協定届 企画業務型裁量労働制に関する決議届 企画業務型裁量労働制に関する報告 時間外労働・休日労働に関する労使委員会の決議届 休憩自由利用除外許可申請 監視・断続的労働に従事する者に対する適用除外許可申請 断続的な宿直又は日直勤務許可申請 児童使用許可申請書 学校長による証明申請書 年少者に係る深夜業時間延長許可申請書 事業場附属寄宿舎設置・移転・変更届 建設業附属寄宿舎設置・移転・変更届 寄宿舎規則(変更)届 就業規則(変更)届 適用事業報告 認定申請 確認申請 労働者名簿 労働条件通知書 賃金台帳(常用労働者) 賃金台帳(日々雇い入れられる者) 退職事由に係るモデル退職証明書 組織 各労基署の職員数は相当の差があり、最大の労基署では職員数が100名以上、最少の労基署では職員数が6名である。 署長 労働基準監督署長は、労働基準法によって、労働基準監督官試験に合格した労働基準監督官が務めることになっている。 例外として、国家公務員II・III種試験に合格して都道府県労働局に採用された、おおむね50歳以上の厚生労働事務官・厚生労働技官が労働基準監督官に任命されて(政令監督官という)、労基署長を務めることもある。 平成23年度から東京の一部において、労基署長には、警察署長や税務署長のようにキャリアが就任することになった。 内部では、キャリアは「親方」と呼ばれている。 次長 全ての方面制署と一部の課制署に置かれる。 労働基準監督官が就任する。 また一部の大規模署には2人の次長が置かれ(「複数次長制署」という。 )、監督・安全衛生担当には労働基準監督官(なお、厚生労働技官は次長にはなれない)が、労災補償・業務担当には厚生労働事務官が就任する(労働基準監督官、厚生労働技官の就任も可能)。 方面制署 方面制署は、中~大規模の労基署である。 各方面は課に相当する。 名称を「監督課」に変更する予定がある。 各方面主任監督官には、部下の副主任監督官・監督係長・役職をもたない労働基準監督官などが配置される。 各労働基準監督官は、労働基準法、最低賃金法、労働安全衛生法などの労働基準関係法令を、事業場が遵守しているかどうかを監督する。 法令違反があり、是正勧告に応じない、告訴・告発がある、または違反態様が重大・悪質な場合は、刑事訴訟法に基づき捜査を行う。 各方面主任監督官の格付けは対等ではあるものの、第一方面主任監督官は監督・取締部門である各方面の指導と総合調整を行い、署長、次長に次ぐ事実上ナンバー3(複数の次長がいる場合はナンバー4[2])の役職であるが、上司からの命令を受けることは少ないので、方面主任監督官のまとめ役程度でしかない。 方面制署の課 安全衛生課 労働災害、職業性疾病の防止、クレーン・ボイラーなどの検査を行う。 課長には、厚生労働技官または労働基準監督官が就任する。 中規模署では安全衛生課が置かれないこともあり、その場合は次席の方面主任監督官が安全衛生課長の業務を行う。 課長以外に産業安全専門官・労働衛生専門官・放射線管理専門官・係長・主任・係員などが配置される。 業務課 庶務、庁舎管理、賃金構造基本統計調査、会計、労働者災害補償保険の保険金支払を行う。 課長は厚生労働事務官が就任する。 係長・主任・係員が配置される。 労災課 労働者災害補償保険の給付事務、労働保険料の徴収を行う。 課長には、厚生労働事務官が就任する。 課長以外に、労災保険給付調査官・労働保険適用指導官・係長・主任・係員などが配置される。 また、常勤職員以外にも多数の非常勤職員・臨時職員が配置され、労基署の方面制署の各課の中では最も人数が多い。 各方面・各課の業務は分かれているが、各方面と安全衛生課は密に連携をとりながら業務を行う。 課制署 課制署は、小~中規模の労基署であり、二つまたは三つの課が置かれている。 三課制署 三つの課が置かれている労基署の課は、次のとおりである。 監督課(旧:第一課) 方面制署の各方面、業務課の所掌事務を行う。 課長には、労働基準監督官が就任する。 ほとんどの3課制署には次長が置かれていず、第一課長は、署長に次ぐナンバー2の役職である。 安全衛生課(旧:第二課) 方面制署の安全衛生課の所掌事務を行う。 課長には、厚生労働技官または労働基準監督官が就任する。 労災課(旧:第三課) 方面制署の労災課の所掌事務を行う。 課長には、厚生労働事務官が就任する。 二課制署 二つの課が置かれている労基署の課は、次のとおりである。 監督課(旧:第一課) 方面制署の各方面、安全衛生課、業務課の所掌事務を行う。 課長には、労働基準監督官が就任する。 2課制署には次長が置かれていず、監督課長は、署長に次ぐナンバー2の役職である。 労災・安全課(旧:第二課) 方面制署の労災課の所掌事務を行う。 課長には、厚生労働事務官または厚生労働技官が就任する。 三官制度 労基署には、労働基準監督官、厚生労働事務官、厚生労働技官の三つの官名の職員が混在して配置され、これを三官制度(新人事制度では厚生労働技官が廃止され、二官制度となる)と称している。 労働基準監督官は、労働基準監督官のまま厚生労働事務官及び厚生労働技官の職務を行うことは可能であるが、厚生労働事務官または厚生労働技官が転官せずに労働基準監督官の職務を行うことはできない。 年々、厚生労働事務官・厚生労働技官とともに、労働基準監督官も減員されているのが現状である(新人事制度では、労働基準監督官が監督・安全衛生・労災補償を、厚生労働事務官が労働保険適用徴収・業務(庶務会計)に当たることとされて、厚生労働技官の今後の採用はなくなっている)。 労働基準監督官 労働基準監督官は、国家公務員II・III種試験より上位に位置づけられている労働基準監督官試験に合格した者であり、身分は特別司法警察職員である。 本省で採用され、全国への異動がある。 最終的に労基署長に就任することがほぼ約束されている。 昇進・昇任も厚生労働事務官・厚生労働技官に比べて相当早く、最短では29歳で労基署主任監督官・課長に就任する。 局総務課の総務・人事係長、局企画室の企画係長、局監督課の監督係長の経験者は、将来を嘱望されている労働基準監督官のエース的存在であり、その後、局監察監督官や労基署長などのポストを務め、最終的には筆頭署長に昇進していく。 しかし、その例外も数多い。 労基署内で厚生労働事務官・厚生労働技官と同一業務に就くことはしばしばあるが、検察官と検察事務官のような主従関係にあるわけではない。 上意下達の職場風土はなく、部内では「一人親方」とも称されている。 捜査を含めて業務は基本的に単独で行い、上司からの命令を受けることは少ない。 職務遂行能力には、個人差が大きい。 厚生労働事務官 厚生労働事務官は、国家公務員II・III種試験に合格して都道府県労働局をいくつかまとめたブロック単位で採用され、同一のブロック内の都道府県労働局で勤務していく。 優秀な者は局総務課に若年時から配置され、優秀でない者は局総務課勤務経験がない傾向にある。 特に局総務課の予算事務担当に配置される者は将来を嘱望されていて、将来的には総務・人事・会計係長または局企画室の企画係長の経験を経て昇進していく、事務官のエース的存在である。 これらの者は、その後労基署課長を経て、局企画室長補佐、局総務課長補佐、局人事計画官といったキーポストを務め、局課・室長に昇進していく。 しかし、その例外も数多い。 中には労働基準監督官(通常、労働基準監督官試験の合格が必要である。 )や厚生労働技官に転官し、労働基準監督署長、安全衛生課長等を務める者もいる。 厚生労働事務官は、庶務などの管理部門・労災補償部門・保険関係成立の適用部門・徴収部門を相互に異動し、場合によっては労働基準の相談・調査部門に配置されて労働基準監督官の業務補助の一部をこなすこともある。 労災補償調査時には、請求者との面接等によって確認して、診療費の支給や休業補償の支給可否、障害の等級を定めるので、医学的知識の習得が不可欠である。 労働保険(労災・雇用)の保険料の徴収に関する事務を扱う厚生労働事務官は、所管の労働保険の保険料の徴収等に関する法律により(国税徴収法の準用規定がある。 )、国税徴収法上の徴収職員として都道府県労働局長から任命され、(労働基準監督官とは異なって)滞納処分の一環として捜索・差押えを令状なしで執行する権限をもつ。 差押えは頻繁に執行する一方で、捜索まで実施するケースは限定されている。 これは、他の税金や年金保険料と異なって、金額が少額であることから債権差押えで完結となるケースが多いからでもあるが、捜索をする能力のある職員がほとんどいないことが主要な要因である。 徴収職員である厚生労働事務官は、各人が独立した権限をもち、(都道府県によって異なる場合もあるが)おおむね労働局総務部(労働保険徴収部)労働保険徴収課(室)と所轄の労働基準監督署に配置されて、滞納処分と滞納整理に関する事務を行っている。 補償部門も徴収部門も、専門的な知識が必要である。 ほとんどの都道府県労働局では、国家公務員II種試験合格者とIII種試験合格者の昇進・昇任は全く変わらないので、まず経験年数が優先され、高校や専門学校卒業後直ぐに就職した厚生労働事務官と大学や転職組の厚生労働事務官では扱いが異なり、学歴ではなく勤続年数によって先輩後輩の序列ができる。 あくまで現場で何年もまれてきたかの経験が物をいう、たたき上げの世界になっている。 厚生労働技官 厚生労働技官は、過去において理工系の大学・高専・高校を卒業し、国家公務員II・III種試験に合格して都道府県労働局に採用され、同一の都道府県労働局内で勤務している(現在採用は廃止されている)。 局健康安全課(大規模な労働局では安全課と健康課とに分かれる。 )と署安全衛生課だけに勤務することが多く、専門性は高いが、つぶしがきかなくなる(安全衛生以外の業務経験がないので、他の業務ができない)という問題もある。 とりわけ局課長補佐級以降は、就任させるポストがないという事態になりがちである。 そのような事態を防ぐために、近年では若年時から厚生労働事務官の業務である庶務会計・労災補償に積極的に配置するようにしているようであるが、逆に厚生労働技官の専門性が向上しない、厚生労働事務官に比べると慣れない業務への異動が多いといった不満も出ていて、三官の中では「冷や飯食い」の立場にある。 近年は、クレーンやボイラーの検査といった主力業務も減少していて、常に技官不要論が出ている。 近年では、定員を確保するため、必ずしも世間で求められているとはいえない安全衛生指導を主力業務に据えている。 技官独自の職務領域が減少しているので、新人事制度では厚生労働技官の採用を中止して労働基準監督官を安全衛生業務に充てていて、厚生労働技官の採用は廃止されている。 局課長補佐級までの昇進・昇任の速さは厚生労働事務官と基本的に同じである。 中には厚生労働事務官に転官する者もいるが、労働基準監督官に転官(通常、労働基準監督官試験の合格が必要である)し、労働基準監督署長を務める者は最近ではいない。 (2)徴収則様式第一号及び第六号の改正 保険関係成立届・労働保険事務等処理委託届・任意加入申請書(様式第一号)及び 概算保険料申告書・増加概算保険料申告書・確定保険料申告書(様式第六号)について 法人番号を記載する欄を追加する。 (3)特別支給金則の一部改正 労働者災害補償保険特別支給金支給規則に基づく申請の一部について、記載事項に 個人番号を追加する。 (4)石綿則様式第一号及び第七号の改正 一般拠出金申告書(様式第一号)及び労働保険事務等処理委託届(様式第七号)に ついて法人番号を記載する欄を追加する。 スポンサードリンク > >.

次の