ふるさと納税サイト 比較。 ふるさと納税サイトを徹底比較!特徴・メリット・デメリットまとめ

【2020年7月版】ふるさと納税サイト徹底比較!おすすめはどこ?│税理士が教えるお金の知識

ふるさと納税サイト 比較

このように文句無しのサイトに思えるふるさとチョイスですが、以下のように 返礼品によって利益を得ようとする行為には厳しい姿勢を見せています。 返礼品の還元率に関する情報は非公開  転売の対象になりやすい家電製品などの返礼品は非掲載 このため、 ふるさと納税でできるだけお得な情報を得たい!という方は、他のサイトにも目を通しておくことをおすすめします。 4年ほど前より、食物商品を中心に寄付をしております。 感動するような商品が届き、平成27年度まで、希望に沿うような商品が届き嬉し気持ちで降りました。 昨年ごろから、しゃぶしゃぶ肉で寄付を行うとバラ肉の様な商品が届いたり、サツマイモ頼むと腐りかけでとても食べれない商品が届いたり、柑橘類を頼むと、商品が無い為代替え品を送られる等・・・・・ 希望に沿わない商品が届きます。 役所に連絡すれば、「業者に連絡します」と返事。 業者は、「今年は不作なので代替え品を送ります」と返事。 結局同じような商品が届きます。 素人の役所や生産業者さんは当然自然相手なので、こちらも期待はしていなくても、結構やられた感じがあります。 ふるさとチョイスさんはTVで観ましたがふるさと納税で成長された会社とか、ふるさとチョイスさんのサイトを信じて寄付をしている我々にもう少し、掲載される商品は吟味をして頂いて責任を持って対処をして頂きたいと思います。 今後とも、利用していきたいと思っておりますので検討願います。 ふるさとチョイスからふるさと納税をしたのは、ふるさとチョイスに掲載されている市町村が多く、クレジット決済もできて、手続きが簡単だったからです。 実際に、平成27年12月と平成28年2月にふるさとチョイスを利用して、宮崎県都城市にふるさと納税しました。 宮崎県にゆかりがあったわけではありませんが、金額のわりに返礼品が豪華だったので、ここに決めました。 1万円寄付して、「梅肉ポーク万能スライスセット」をもらい、その中身は、いろんな部位のスライスと、焼肉用のタレ、味つきの鶏肉がセットになっているものでした。 全部で3キロ超あったので、家計の足しにもなりました。 このほかにも、宮崎県都城市では、牛・鳥・豚肉のお得な大容量セットやお酒など、さまざまな返礼品を用意していてくれるので、次回は別のものをいただきたいと思います。 1万円寄付して、その分次の年の税金が控除されて、しかも美味しいその土地ならではの返礼品がもらえるふるさと納税は、とてもお得だと思うので、いろんな人に体験してほしいです。 熊本地震のときに、義捐金を送りたい、と考えました。 いろいろな送金方法があったのですが、その中でも「ふるさとチョイス」からのふるさと納税による義捐金は、いい考えだな、と思っていました。 ただ、納税後の事務処理を考えると、ただでさえ対大変な地元市役所等の方は、もっと大変なことになってしまうと、躊躇してしまいました。 そんな時、ニュースで、別な市町村が「ふるさと納税」の代理受付をするということを知りました。 熊本以外の市町村が「熊本への義捐金」として「ふるさと納税」を受け付けてくれていたのです。 昨年震災で被害を受けて、その時の恩返しに、ということでこの納税を実施していた市を選び、ふるさと納税しました。 それはそのまま熊本へ義捐金として送られるそうです。 納税に関する事務処理は納税先の市がやってくれますので、被災した熊本の市は事務処理する必要がありません。 とても優しい「ふるさと納税」だと思いました。 ふるさとチョイスは、特産品の種類がとても多いように思います。 加入している自治体も勿論多いです。 最近、さとふるのバナー広告を良く見かけるようになりHPを見てみましたが、種類がとても少なかったです。 (今後増えていくのかもしれませんが。 ) 特産品を選ぶにもかなりの時間がかかりますが、見ていてとても楽しいです。 今年は、宮崎県のマンゴーを申し込みしようと思ったのですが、既に完売になっていました。 人気商品はあっという間に完売するので注意して下さい。 また、土用の丑の日に食べようと狙っていたウナギが売り切れになってしまい、静岡焼津のウナギを注文しました。 お米は一度に、10キロ20キロと送られてくるものよりも5キロを4回に分けて(4か月連続)など、分割して送ってもらえる地域がたくさんあるのでとても助かります。 3人家族なのでとてもありがたいです。 また、クレジットカード支払の地域がとても増えたので気軽に活用する事ができています。 ふるさと納税をする際は、いつもふるさとチョイスを利用しています。 きっかけはふるさと納税で検索すると検索結果で1番上にきたからですが、サイト内が充実しているためとても使い易いです。 特に活用しているのは、ランキング一覧です。 ランキングを知る前は、いちいち調べるのが面倒だったので自分の住んでいる県にだけ納税していたのですが、ランキングを見ると人気の県(品物)が一目で分かり、肉、魚、日用品等項目毎のランキングもあるため助かります。 最近のお気に入りは、長野県古谷村のモンベルのバウチャー券です。 最近アウトドアにハマっており、バウチャーで自分の好きな物を購入出来るので活用しています。 また、サイト内で支払い手続き迄行えるのはとても助かります。 サイト内で手続き可能、クレジット支払可の所にしか納税していません。 面倒なことは嫌いなので…。 自分の源泉徴収票から納税金額をシュミレーション出来るのも助かっています。 入力項目は細かいですが、自分がいくらまで納税すると2000円以内に収まるかがしっかり分かるので助かります。 入力が面倒だ…と言う人は、収入に対する納税可能額一覧もあるので、そちらを活用すると良いと思います。 他に、ログインすると過去の納税一覧を見ることが出来、自分が今合計いくら納税しているかが分かります。 メモ機能もあり、家族全員分を管理できるので助かっています。 これからもふるさとチョイスを利用していくつもりです。 台風10号で甚大な被害のあった、北海道清水町に緊急支援という形で支援しました。 申し込みは簡単でした。 清水町のサイトから、ふるさとチョイスの緊急支援申し込みフォームに移動します。 登録画面に必要事項を記入します。 支払い方法はYahoo公金払いを利用できるので、家にいながら寄付できて楽チンです。 やり方は「寄附金税額控除に係る申告特例申請書を要望する」をチェックし、必要事項を入力するだけ。 今まで敷居の高い原因だった確定申告が、簡単になったのも良いですね。 緊急支援なので、被災された皆様へ応援メッセージを送りたいときも、申し込みフォームにメッセージ欄があるので、気軽にメッセージが送れます。 また、ホームページに掲載の有無も選べます。 人知れず、支援したい方もいると思いますので、選べるのは良いですね。 こういった支援は継続することに意味があるので、Yahoo公金払いは気軽にできて、とても良いと思います。 インターネットを使いこなしている、若い世代がどんどん利用して欲しいと思いました。 今年初めてふるさと納税を利用しました。 他のサイト利用経験がないので比較はできませんがふるさとチョイスを利用して良かった点は、まずは、情報量の多さとサイト内で完結することが出来る事。 次に年収での大まかな数字(いくらまで負担最小限で寄付できるか)を一覧表になっており、さらに詳しく知りたい人のために具体的に年収や家族構成からシュミレーション出来るツールも用意してありました。 そして検索条件がたくさん用意されていてand条件なども指定できました。 また、クレジット決済もできる商品の検索もできます。 その際にYAHOO公金決済を利用するので更に、Tポイントもゲットすることが出来ました。 あえて、マイナスポイントを言うならば、情報量の多さからスマホでは、見づらいし途中で探すのがしんどくなってしまうことぐらいです。 初めての利用でしたが全体的には大満足です。 今まで、めんどくさいとためらっていたことを後悔しました。 " 友人がふるさと納税を今年初めてチャレンジしたと聞いて、私もふるさと納税をやってみようと「ふるさと納税」でネット検索をしました。 各自治体に直接申し込みをすると思っていましたが、ふるさと納税サイトから簡単にできることに驚きました。 気になったサイトをいくつかのぞいてみるとポイント制だったりとか、おススメや人気ランキングなどそれぞれ個性があり、更にどのサイトからふるさと納税をしたら良いのかもわかりませんでした。 しかし、どうせ寄付をするなら、寄付したい自治体がある「ふるさとチョイス」を選んで寄付をすることにしました。 少しでも知っている町から、里の品物が贈られてくるととてもうれしいものです。 ポイントなどはつきませんが、操作や入力もとても簡素でわかりやすく、クレジットカードや郵便振替など支払い方法も選べるのでとても利用しやすいです。 ふるさと納税を始めて、3年目です。 今のまでずっと、ふるさとチョイスを利用していますが、選んだきっかけは、4年前にネットでふるさと納税を調べていた時に、よく見かけるサイトだったからです。 初心者の私にも分かりやすく説明がされていたので、ふるさと納税のシステムが理解でき、やってみることにしました。 他のサイトも覗いたりはしますが、ふるさとチョイスが提携している自治体がかなり多いという印象です。 サイト内でほとんどの手続きが完結されるというのも、利用を続けている大きな要因の1つです。 直接、市町村のサイトを見たりしなくてもすみます 念のため毎回見ますが情報が古かったことはないです。 寄付限度額もシュミレーションでき、その結果を保存でき、自分がどれくらい寄付済みで、あといくらくらい寄付できるのかをパッと知ることができます。 支払いのみ、サイト外のYahoo! 支払いサービスになるのが、少し面倒なところもありますが、それくらいは仕方ないかと思っています。 お礼の品を選ぶ際に、クレジットカードが使えるという絞り方ができるのも良い点です。 ふるさと納税は、万単位での支払いが多いので、クレジットカードが使えると更にお得です。 パソコンサイトのトップページは、頻繁に更新され、人気ランキングがみれたり、面白そうなプロジェクトも紹介されたりしています。 また、熊本地震の時に、何か支援したいと思って調べていると、他の自治体が窓口になり、熊本や周辺の自治体にふるさと納税できました お礼の品なし。 更には自治体ごとにその時点での寄付金額 ふるさとチョイス内での が表示されていたので、それを参考にあまり寄付の集まっていないところを自分で選んで納税できました。 これには、ふるさとチョイス運営会社、代理に事務処理を引き受けた他の自治体に感心しました。 今年はたくさんの自治体に少しずつ納税し、様々なお礼の品をいただき楽しんでいます。

次の

【ふるさと納税】主要ポータルサイト14社を比較。2019年おすすめのサイトはコレ!

ふるさと納税サイト 比較

ふるさと納税サイトの比較(ふるさとチョイス、楽天、ふるなび・・・どこを使ったら、もっとお得?) ふるさと納税ができるサイトは数多くあります。 まずは、これらのサイトから始めましょう。 それでは、どこを使うべきか?どのように比較していったら良いのか? 結論としましては、 どこでもいいです。 できることは、ほぼ一緒です。 しかし、これでは、身も蓋もありませんので、タイプ別にどこをつかうべきか比較解説していきます。 タイプ別のおすすめサイトの比較 タイプ別 おすすめサイト とにかく多くの返礼品から選びたい 楽天ポイントを貯めている ANAマイルを貯めている スマホや携帯でAUを使っている アマゾンで良く買い物をしている 返礼品の受取を重視したい 旅行が好き 美味しいお米が欲しい。 手間を省きたい。 とにかく多くの返礼品から選びたい方は・・・ ふるさとチョイス 返礼品の掲載数が、NO1で22万を超えています。 老舗サイトで安心感があります。 楽天ポイントを貯めている方は・・・ 楽天ふるさと納税 寄付金額100円につき、1ポイントが貯まります。 また楽天スーパーセールや楽天カードを活用して、寄付をするとさらにポイントupです。 ANAマイルを貯めている方は・・・ ANAふるさと納税 寄付金額100円につき1マイルが貯まります。 スマホや携帯でAUを使っている方は・・・ au Wowma! ふるさと納税 auWALLETポイントを使って寄付が可能。 au IDやauかんたん決済を使うことで簡単にふるさと納税ができます。 (とにかく手軽) アマゾンでよく買い物をしている方は・・・ ふるなび 寄付金額に対し1%のAmazonギフト券コードをプレゼントしてます。 返礼品の受取を重視したい方は・・・ さとふる 利用率NO1、認知度NO1、ソフトバンクグループの「株式会社さとふる」が運営しています。 返礼品の発送管理を自治体から請け負っているため、発送が早く、「マイページ」で返礼品の発送時期や配送状況が分かる。 旅行が好きな方は・・・ ふるぽ JTBが運営しており、旅行クーポンを扱っている。 またレジャー体験にも使えます。 美味しいお米が欲しい。 手間を省きたい。 ふるサポーターズ 魚沼産コシヒカリを毎月又は2月に一度送ってくれます。 しかも手続きは最初の1回だけ! ふるさと納税サイト比較のまとめ どこのサイトを使っても、安心して「ふるさと納税」ができます。 どこを選ぶかは、ご自身の ライフスタイルに合わせて選ぶと良いと思います。 また、昨年はこっちのサイトだったので、今年は別のサイトでといったように変えてみるのもよいかもしれません。 「ふるさと納税」は、お得に特産品をゲットできるだけではなく、その特産品の生産地に興味を持つきっかけになります。 (実際、私も今まで聞いたことのない自治体から特産品をもらってます) その寄付がきっかけに、その地を訪れてみるのも楽しいですね。

次の

【最新版】ふるさと納税サイト比較!

ふるさと納税サイト 比較

2008年から始まった 「ふるさと納税」ですが、いまではすっかり世間に定着していて、ふるさと納税という言葉を知らない人はほとんどいないのではないでしょうか。 実際に利用しているひとも多くなってきて、某ふるさと納税のポータルサイトの調べでは、 利用率が約20%、興味のあるひとは半数以上となっています。 最近ではすごい勢いで増えてますね。 さて、ご存じのようにふるさと納税は、各自治体に寄付をすることでお得に謝礼 商品 がもらえる制度です。 普通にふるさと納税をするだけでお得になる制度です。 そこで今回は、 もともとお得なふるさと納税が、もっとお得になる方法をお伝えします。 実はふるさと納税は、利用するポータルサイトや支払い方法を意識するだけで、ポイントを貯めることができます。 「もっと早く知っておけば良かった!」という声も多いのが現状です。 この記事では、具体的にどうやってポイントを貯めていくか、お得なふるさと納税の仕方を解説していきます。 既にふるさと納税を使っている方、あるいは、これから利用を検討している方、どちらの方にも参考になるので、ぜひ続きを読んでいただけると嬉しいです。 通常のふるさと納税で満足している方へ お得に納税ができることで有名なふるさと納税ですが、もっとお得に賢く利用できる方法があります。 それが 「ポイントサイトを経由して申込をする」方法です。 ポイントサイトを使ってふるさと納税をすると、お礼の品がもらえるだけでなく、ポイントが付きます。 貯まったポイントは現金に換えたり、楽天ポイントやnanacoポイントとして使うことができます。 ポイントサイトの登録や利用は無料ですし、もちろん各自治体からの謝礼 商品 は何の変りもなく受け取れます。 つまり、ポイントサイトを使わないと単純にその分だけポイントを損をしてることになります。 ポイントサイトは100種類以上 実はポイントサイトって国内の存在するだけで100種類以上あります。 あまり多くてどこがベストなポイントサイトなのか迷ってしまいます。 でも細かく調べていくと、 相性の良いポイントサイトと、あまり良くないポイントサイトとが分かってきます。 ふるさと納税と相性の良いポイントサイトは? 僕がふるさと納税を利用するときにオススメしているポイントサイトは、 「ハピタス」です。 有名なポイントサイトなので名前は知っている方もいるかもしれません。 ハピタスの良いところは 「対応しているサイトが多い」「ポイント還元率が良い」の2点です。 これから詳しく解説していきます。 ハピタスでポイントを稼ぐならサイト選びが重要 ハピタスのようなポイントサイトを利用するには、ポイントサイトと提携しているふるさと納税のポータルサイトを利用する必要があります。 いまGoogleで 「ふるさと納税」と検索をするだけで、こんなに多くのサイトがヒットします。 ちょっとした乱立状態です。 楽天ふるさと納税• ふるさとチョイス• さとふる• ANAのふるさと納税• ふるなび• ふるぽ• ふるさとエール• ふるさとぷらす• タカシマヤふるさと納税• ふるり• ふるさとプレミアム• わが街ふるさと納税• ふるさと納税サイト【noma-style. com】• ふるなびトラベル ポイントサイトに未対応のポータルサイトは無視していい? 上記のサイトの一覧のなかには、ポイントサイトに対応していないサイトも多く存在します。 実際にいちばん大手で、いちばん有名な 「ふるさとチョイス」は、ポイントサイトとの提携がありません。 なので僕は「ふるさとチョイス」は、あまりオススメしていません。 ハピタスが対応しているサイトだけ限定すると、• 楽天ふるさと納税• さとふる• ふるなび• ふるり• ふるさとプレミアム• わが街ふるさと納税• ふるさと納税サイト【noma-style. com】• ふるなびトラベル 約半分のサイトに対応しています。 他のポイントサイトと比較しても、これだけ多くのサイトに対応しているポイントサイトはありません。 ふるさと納税に ポイントサイトを利用するならハピタス一択で良いと思います。 ポイントサイトが使えるオススメのふるさと納税サイトを紹介 さきほど紹介したハピタスが対応しているサイトですが、ポイント還元率はそれぞれサイト毎に異なります。 他のポイントサイトでは0. 6%~0. 7%程度のポイント還元ですが、 ハピタスでは1%以上のサイトが数多くあります。 ここでは1%以上のハピタスポイントが付くサイトを軸に、オススメのサイトを紹介していきます。 さとふる 「さとふる」はハピタスの利用でハピタスポイントが貯まります。 「10000円以上の寄付で225pt」なので、 10000円の利用だと2. 25%のポイント還元です。 ただ、2万円でも3万円でも225ptしか貰えないことと、10000円未満はポイント対象外なので、寄付する金額に気を付けましょう。 特徴としては、 人気ランキングを週間と月間で発表してるので、見ているだけで楽しいし、使い道に迷っている方に優しいサイト作りになっています。 ふるさと納税サイト【noma-style. com】 ファッション系で人気のポータルサイト 「noma-style. com」は寄付金額に関わらず、1. 4%のハピタスポイントが付きます。 「ファッションを通じてあなたの想いと被災地のこころをつなぐ」のキャッチフレーズの通り、サイトの作りもオシャレで 画像参照 他のサイトと一線を画した面白いサイトです。 ふるさと納税のサイトは思えないですよね 笑 福島県南相馬市に寄付する形になり、 ブランド別にお礼の品を選べるのが特徴的です。 ふるなびトラベル 「ふるなびトラベル」は名前の通り、旅行系の案件の多いサイトです。 大手旅行会社「日本旅行」と提携するサイトで、 1%のハピタスポイントが貯まります。 、 旅行プラン毎に寄付できる形になっていて、旅行好きにはオススメです。 マイルを貯めなくても旅行に行ける新しい方法です 笑 ふるさとプレミアム 「ふるさとプレミアム」は1回の寄付で128ptが付くので、1万円の案件なら1. 28%のポイント還元です。 5000円なら2. 4%のポイント還元の計算です。 上手く活用すると相当お得にハピタスポイントが貯まります。 サーティワンアイスクリーム商品券がもらえる特典が人気で、しかも有効期限がないので好きな時に使えるのも嬉しいサービスです。 楽天ふるさと納税 僕が実際に使っていて、最もオススメなのが 「楽天ふるさと納税」です。 ハピタスの利用で1%のポイント還元があります。 クレジットカードで決済するとクレジットカードのポイントも付きますし、ハピタスポイントだけでなく、楽天ポイントも貯まります。 ポイントの3重取りが可能なのでおすすめです。 詳しくはこちらの記事をご覧ください。 ANAのふるさと納税 この 「ANAのふるさと納税」はポイントサイトには対応していないのですが、このサイトを利用するとANAマイルが貯まる面白いサイトです。 ANAカードの併用で 最大3. 5%のマイルが貯まるので、ポイントよりマイルに興味がある方はこちらの記事をお読みください。 どうぜ同じふるさと納税なら、お得にポイントを貯めながらした方が絶対に賢いです。 多くのポイントサイトの中で、 最もふるさと納税に相性が良いのはハピタスです。 登録がお済みでない方は下のバナーから無料で登録ができます。 登録や利用は無料なので、一切の費用はかかりません。 ワンストップ特例制度で確定申告は不要 現在はワンストップ特例制度が利用できるので、原則は確定申告は不要です。 「ふるさと納税をしたいけど、確定申告に行くのが億劫だ」という方も安心してご利用いただけます。 基本はすべてネット上だけで完結します。 ネットから寄付するときの申込画面に、ワンストップの必要の有無を選ぶ項目があります。 いくらまで自分がふるさと納税をしていいのか分からない方のために、ANAのサイト内に 控除金額のシミュレーターが用意されています。 ふるさと納税で控除される金額の目安を、年収と家族構成から計算できるツールで、自己負担金を2000円に抑えて寄附できる上限額が分かります。 寄附金額を検討する際の参考として活用ください。 過去にふるさと納税を利用したことが無い方でも簡単にできますので、ぜひお得にマイルを貯めて買い物上手になっちゃいましょう! ハピタスはふるさと納税のためだけじゃない!使い道いろいろ! ハピタスはいろんなサービスと提携しているので、ふるさと納税以外にも利用できます。 他のサービスでハピタスを利用すれば、もちろんハピタスポイントが貯まります。 いわゆるネット上での買い物や支払いにほとんど対応しているので、 ネットショッピング、ネットで旅行申込み、家電の購入、クレジットカードの申込み、これらの利用で勝手にポイントが貯まっていきます。 せっかくなので、ハピタスのいくつかのサービスを紹介します。 ネットショッピング ハピタスを経由して楽天やYahooショッピングをすると、 1%のハピタスポイントが貰えます。 もちろん楽天ポイントやTポイントは別途もらえますし、クレジットカードで決済すればクレジットカードのポイントも付きます。 ハピタスの使えばポイントの3重取りができちゃいます 笑 旅行申込み じゃらんやエクスペディア等の利用でポイントが貯まります。 基本的に旅行をすると、数万円から数十万円の決済になるので、ハピタスを使うと使わないでは貯まるポイントが大違いです。 じゃらんポイントやクレジットカードのポイントでの3重取りも可能です。 特に高額な海外旅行には絶対にハピタスを使うようにしてください。 仮に20万円の海外旅行の申込みをハピタスを使わなかったら、5%のポイント還元なら1万円の大損です。 ハピタスは楽天トラベルにも対応しています。 楽天トラベルの公式サイトはこちら。 クレジットカードの申込み 自分用のクレジットカードの申込みでもハピタスポイントが貰えます。 しかも1件で貰えるポイントが高単価です。 年会費無料のクレジットカードでも数千円のポイントが付くので、これだけで数万円のポイントを稼ぐこともできます。 1つのカードに対して1回しか利用できませんが、掲載の案件だけでも100件以上あります。 月に3~4枚のカードを申込みするだけでも結構なお小遣いになります。 貯まったハピタスポイントは現金として銀行振込をしたり、nanacoや楽天ポイントにチャージすることができます。 使う予定のないクレジットカードを何枚も作るのはあまりオススメしませんが、実際にそれでポイントを貯めている方もいるので、ご自身の判断で検討してみてください。 FX口座や仮装通貨の口座開設 高単価な案件という流れで紹介をすると、 FX口座や仮装通貨の口座開設等でもハピタスポイントは貯まります。 1万~2万円相当のポイントが簡単に貯まるので、お小遣い狙いで利用する方法をあります。 個人的には、使う予定のない口座開設はあまりオススメはしていませんが、クレジットカードの案件も含めて、高単価案件が多いのがハピタスの特徴でもあります。 ルール違反ではないですので、ご自身の判断で申込をお願いします。 ハピタスの案件は不変ではない ハピタスのサービスを紹介しましたが、常に同じ案件で、同じポイント還元とは限りません。 できる限り最新の情報を記事内に載せていますが、ポイントの還元率が変更になったり、先月まで載っていた案件が無くなったりもします。 サービスを利用するときはご自身で確認してから申し込みをするようにしてください。 そういった意味でも事前にハピタスの登録をしておくことをオススメしています。 ハピタスポイントって何に使えるの? ここまでで何度か説明をしていますが、貯まったハピタスポイントの利用方法をお伝えします。 基本的には等価での交換が可能で、 現金での銀行振込、Amazonギフト券、nanacoポイント、楽天ポイント、ビットキャッシュ、などへの交換ができます。 ANAマイルへ交換が可能ですが、還元率は最大で81%です。 貯めたポイントの使い道が多いのもハピタスのメリットです。 ハピタスポイントに有効期限はなし! しかも、このハピタスのポイントには 有効期限がありません。 好きなときに交換ができます。 ただ、最後のハピタスご利用 ログイン から12ヶ月間ログインをしない状態が続くと、そもそもハピタスのアカウント 会員登録 自体が失効し、ポイントも失効することになります。 12ヵ月の放置することはないので大丈夫だと思いますが、ご注意をお願いします。 マイルの貯め方を無料で公開中! マイルの魔法使いブログでは、ふるさと納税以外でのマイルの貯め方を無料メルマガで公開しています。 よかったらご覧くださいませ。 ちなみに僕はこのやり方で、毎月10万マイル以上を貯めています。 ふるさと納税と最も相性の良いポイントサイトはハピタスです。 他のポイントサイトではポイントの還元率が低かったり、そもそも対応しているふるさと納税のポータルサイトが少ないです。 ポータルサイトによってはポイントサイトが使えなかったりするので、ポータルサイト選びは重要です。 僕は 「楽天ふるさと納税」を利用していますが、楽天ポイントとハピタスポイントが同時に貯まるのでオススメです。 クレジットカードの支払いでクレジットカードのポイントも貯まります。 上手く活用すると10%以上のポイントが貯まります。 ハピタスはふるさと納税以外のサービスも豊富で、ネットでの買い物や申し込みでお得にポイントが貯まります。 クレジットカードも使えば ポイントの3重取りができるメリットがあります。 ハピタスの登録や利用は無料ですので、まだの方は下のバナーから登録が可能です。 お得なふるさと納税を、もっとお得に賢く利用しちゃいましょう。 それでは最後までお読みいただき、ありがとうございます。 \ SNSでシェアしよう! / マイルの魔法使いの 注目記事を受け取ろう•

次の