タイプ相性 ポケモン。 【ポケモンGO】じめんタイプのおすすめポケモン一覧と弱点

【ポケモンGO】じめんタイプのおすすめポケモン一覧と弱点

タイプ相性 ポケモン

ポケモンには現在18種類のタイプが存在し、それぞれのポケモンが1〜2種類のタイプを持っています。 バトルにおいて、この相性を理解することは勝利へのカギ! 相手に有利なポケモンを出すことができれば、戦闘を優位に進めることができます。 ご注意ください。 相性覚え方目次 ノーマルタイプ相性の覚え方 【ノーマル】タイプはとにかく 普通。 特別な技術があるわけではないので、 格闘家にはボコされます かくとう し、 固いものには攻撃が通りにくい いわ・はがね 傾向があります。 植物 くさ には吸い取られてしまい、 電撃 でんき をよく通すため、これらから攻撃を受けるのは苦手。 一方で 消火に使われるのでほのおには有利。 水 みず にはよく電気が通り、高いところを飛ぶ鳥 ひこう には落雷がよく効きます。 一方でアース じめん には電気をすべて吸い取られてしまいます。 土や岩盤 じめん・いわ 、水 みず からはエネルギーを吸収してしまいます。 しかし鳥についばまれたり ひこう 、虫食い むし のダメージが大きいほか、生育に適さない温度 ほのお・こおり にも弱いタイプです。 除草剤 どく でもイチコロですね。 逆に 溶かされるので熱いもの ほのお は苦手。 氷よりも 硬いもの いわ・かくとう・はがね に殴られるとモロい一面もあります。 武道の素人 ノーマル や、武術で粉砕されるもの こおり・いわ・はがね 、卑怯な手を使う相手 あく には強く出られます。 反対に、 武術が通じないオカルト エスパー・ゴースト は苦手。 武人のプライドがあるので、 カワイイもの フェアリー も不得意です。 殺虫剤や除草剤から、 虫や植物 むし・くさ は毒が苦手です。 逆に 生き物以外 いわ・じめん・はがね・ゴースト には毒の効果はイマイチ。 水 みず で削られ、植物 くさ の根や冬場の霜 こおり を張られてしまいます。 しかし土に埋めることで、鎮火 ほのお や無毒化 どく 、鉱物 いわ・はがね を朽ちさせることができます。 地に足がついていないので地震 じめん はノーダメージ。 捕食対象 むし・くさ に対しても強く出ることができます。 一方高いところに当たる雷 でんき や、翼の動きが鈍る寒さ こおり は苦手。 脳筋 かくとう はサイコパワーで一蹴でき、病気 どく は内側から浄化。 水 みず に流され、植物 くさ に根を張られ、地震 じめん で割れます。 鋼鉄や拳 はがね・かくとう には硬さで負けますが、氷 こおり なら割ることが可能。 素人 ノーマル には壊されないのもポイントです。 霊感が強いもの エスパー への軽いちょっかいも大ダメージに。 しかし いたずら程度では済まされない悪人 あく からは、一方的にやられてしまいます。 超自然現象の権化なので、属性攻撃 ほのお・くさ・みず・でんき には耐性があります。 一方で爬虫類に似ているからか、寒さ こおり は苦手。 さらに伝承から妖精 フェアリー 、そしてなんと自分自身 ドラゴン も弱点です。 有利な2タイプ ゴースト・エスパー はいずれも「オカルト」と言えるものです。 生半可な物理攻撃 ノーマル・ひこう・むし・いわ・はがね は通じません。 金属には草 くさ も生えないし、低温 こおり にも耐性バッチリ。 不思議パワー エスパー・フェアリー も寄せ付けません。 しかし高熱 ほのお には弱く、鍛え上げた拳 かくとう にもブチ抜かれます。

次の

【ポケモン金銀】金銀のタイプ相性表!タイプ相性と複合タイプについても解説【クリスタル】

タイプ相性 ポケモン

概要 、など18種類があり、それぞれのタイプ同士が決まっている。 ではとが、ではが追加された。 ポケモンには種族ごとに1〜2種類、技には1種類のタイプが割り当てられている。 技のタイプ において、のタイプと、攻撃されるポケモンのタイプの相性関係によって、そのが増加、減少したり、全く効かなかったりする。 また、特定のタイプのわざを無効化するも存在する。 また、攻撃技とそれを使用するポケモンのタイプが同じ場合に威力が高まる。 ただし、などのは技のタイプが割り当てられているものの、実際にはタイプ一致ボーナスはない。 は表示とは違うタイプとして処理される。 以降では、特殊な相性関係の計算をする技が登場する。 には本来の技のタイプが変わる特性がある。 ポケモンのタイプ あるタイプを備えたポケモンは、特定のやを防ぐ能力がある(たとえば、はを予防することができる)。 ただし、ポケモンがその状態になった後で 防ぐ能力のあるタイプに変わっても、その状態を回復することはできない。 ポケモンのタイプが変わる可能性のある場合は次のとおりである。 の使用• によるもの• の バトル外• バトル外• バトル外• の バトル外• バトル外• 通常の バトル外• タイプ一覧• 第二世代以降• 第二世代以降• 第六世代以降• 第四世代まで、のみ 備考• データ上にはによるタイプに対応したののグラフィックが確認できる。 第一・二世代にとりタイプという没タイプがデータ上に存在していた。 タイプ相性で弱点がないポケモンは以降存在しない(第五世代まではとがそのままでは弱点を突けなかったが、いかなる手段を使っても弱点が突けないというポケモンは第五世代以前にも存在しない)。 ただし、込みで弱点がないポケモンは現在でも存在する(、、が該当し、この場合は特性やを使うことによって弱点を突ける)。 相性に一切影響を与えない「タイプなし」と呼べる技・ポケモンは存在する。 タイプなし技は全てのポケモンに等倍ダメージを与えるが、タイプなしのポケモンがタイプなし技を使ってもはない。 タイプなしポケモンは全ての技で等倍ダメージを受ける。 以降でのはタイプなしの技になる。 特性の影響を受けない。 にのみ存在する「」の時、はタイプなしの技になる。 タイプなしのポケモンが使うはタイプなし技になる。 特性ふしぎなまもりで無効化される。 単タイプでを使ったポケモンはタイプなしになる。 もえつきるでタイプ1のほのおをなくし、タイプ2のひこうのみになっているポケモンがはねやすめを使うとタイプなしになる。 タイプ単タイプなど、タイプ1がひこうであるポケモンがをしてもタイプになるだけでタイプなしにはならない。 タイプなしのわざに対してを使うと、以降は失敗する。 まではわるあがきに対するテクスチャー2はノーマルタイプになった。 タイプなしのわざを受けてもは発動しない。 タイプなしのわざを使用してもは発動しない。 タイプなしのポケモンに対してを使うと失敗する。 タイプなしのポケモンにするとタイプになる。

次の

【ポケモンGO】じめんタイプのおすすめポケモン一覧と弱点

タイプ相性 ポケモン

概要 相性には、「効果は抜群」「普通」「効果は今一つ」「効果がない」の4つがある。 それぞれ与えるダメージが、2倍か4倍、1倍、0. 5倍か0. 25倍、0倍となる。 が当たったとき、「普通」以外はメッセージとして表示される。 相性は現実の現象と良く当てはまるものが多い 例えば、タイプは燃やされるタイプに弱かったり、タイプは食物連鎖で上の立場からタイプに強い。 あるタイプのポケモンに「効果は抜群」の相性となるタイプを 弱点、「効果は今一つ」「効果がない」の相性となるタイプを 抵抗力や 耐性と呼ぶ 例えば、タイプのポケモンは、タイプが弱点でタイプに耐性がある。 の場合、基本的に相性の影響を受けず、ダメージが増加・減退することはない。 ただし、以降は「効果がない」場合のみ、相手にダメージを与えられない。 また、も基本的に相性の影響を受けない。 ただし、や第二・のは「効果がない」場合、技が当たらない。 第二世代で新タイプの追加と既存の相性の変更があってから長く変わることがなかったが、で再び新タイプの追加と既存の相性の変更があった。 では、一度戦ったことがある相手ポケモンとのバトルの場合に、技選択の画面で「こうかばつぐん」 2倍弱点と4倍弱点 ・「こうかあり」 1倍 ・「いまひとつ」 0. 5倍と0. 25倍 ・「こうかなし」 0倍 のメッセージがでるようになった。 ただし本来はじめん技が抜群なのにふゆうのためにきかない、など特性による相性の変化は考慮されていない。 世代による変更 第一世代から第二世代での変更• 新しくタイプとタイプが増えたために、それぞれのタイプに対する相性が加わった。 新しくタイプが増えたために、それぞれのタイプに対する相性が加わった。 0 注釈• タイプの攻撃技がのみなので、実質相性無し。 0 ポケモン不思議のダンジョンにおける相性 本編と相性は同じだが倍率が異なる。 効果抜群と今ひとつの倍率が逆数同士でないため、片方が抜群、もう片方が今ひとつの相性のポケモンへの攻撃は等倍とはならない 探検隊を例にとると1. 98倍になる。 シリーズ 抜群 普通 今ひとつ 効果なし 1. 5倍 1. 0倍 0. 9倍 0. 5倍 1. 4倍 1. 0倍 0. 7倍 0. 5倍 探検隊 あり 1. 7倍 1. 0倍 0. 5倍 0. 25倍 1. 4倍 1. 0倍 0. 7倍 0. 5倍 1. 0倍 0倍 対戦 タイプ相性における倍率の変化は、・・といった他の要素と比べても非常に大きく、何より最初に覚えるべきものである。 特にを持つポケモンは、どんなに種族値が優秀であっても弱点を突かれうるポケモンに対しては不利であるし、逆に種族値が低くてもこちらのタイプ、相手の弱点次第では十分勝ち目はある。 パーティの相性補完は重要だが、具体性を持たせずに相性補完ばかり追求すると特定のポケモンに何もできなくなる。 例えばとの相性補完コンビ「サザンガルド」で2匹合わせて全タイプを半減以下で受けられるが、の場合はサザンドラとギルガルドの両方に抜群を取ることができる。 「サザンガルド」を過信して他に相性補完を考えないパーティの場合はここで崩れるが、バシャーモ対策になるやを入れればこの問題が解決する。 技を当てた時の相性を示すメッセージが表示される分だけ時間消費するので、その点タイムアタックでは十分なダメージを与えられるなら等倍になりやすい技で攻略した方が良い。 関連項目• 相性に影響される• 第二世代・第三世代のみ相性の影響を受ける• タイプに無効化される変化技• 第七世代以降、相性の影響を無視してタイプに無効化される• とくせい• もちもの• ダメージ半減の•

次の