俺にはsasukeしかないんですよ。 SASUKEの最強選手「俺にはSASUKEしかないんですよ」←ここだけ聞くとなぜか泣ける: GOSSIP速報

男性が「俺にはこの子しかいない!」と思ったエピソード

俺にはsasukeしかないんですよ

お笑いコンビ・鬼越トマホークがパーソナリティを務めたニッポン放送『鬼越トマホークのオールナイトニッポン0 ZERO 』が、11日深夜 27:00〜 に放送された 放送から1週間まで「radiko」タイムフリーにて聴取可能。 鬼越トマホークは、5月23日深夜の放送回に続き、早くも2回目の『ANN0』パーソナリティ起用となった。 今回は、最後の30分で宣戦布告しました。 これがどのくらい広まるかは、僕らの知名度もそうですけど、みんながどれだけ聴いてるかの指標になるかと思います。 金ちゃん:あと、ニッポン放送さんに言いたいんですけど、 前回の特番から 1カ月半はスパンが短かすぎますね 笑。 僕らの身に何も起きてないので。 坂井:たしかにね。 でも、『鬼越トマホークのオールナイトニッポン0 ZERO 』が2回目というのは、うれしいです。 金ちゃん:逆にありがたいか。 1回目は飛ばしすぎて、いろんなことを言われたんですけど、褒めてくれる人も多くて。 2回目のチャンスをくれたニッポン放送さんに「ありがとう」と言いたいです。 毎回毎回、越えたいというか、僕らも責任感に近いものもあるしね。 金ちゃん:今回は悪口もそうですけど、「自分たちのことをもっと知ってもらおう」という情けないエピソードとかも、結構話したつもりです。 坂井:ラジオは体力いるよね。 だから話してて、話したいことがわからなくなっちゃうというか、「これ話せばよかったな」というのは正直あります。 金ちゃん:特に、4時過ぎたあたりからがしゃべるのが大変なんですよ。 坂井:でも、にダメ出しされたからさ 笑。 ちゃんとradikoで聴いたのか、彼は 笑? 金ちゃん:たぶんYouTubeで聴いたと思うんですけど 笑。 坂井:コラ! コラコラ 笑。 金ちゃん:前回の放送について、ダメ出しというか「最後の30分どうしましたか。 もっと攻めてくださいよ」って言われたので、今回は最後の30分もしっかりしゃべりました。 坂井:1回目は本当に金ちゃんと楽しい感じでやったんですけど、2回目は格闘技みたいな感じで、ぶつかり合いも大切にしたよね。 相方を驚かせたいというのもありますしね。 金ちゃん:俺も何回か無茶ぶりをしたんですけど、うちの相方はすごいもんでしっかり笑いとってましたね。 坂井:まあ、この人の安心感があるからですよ。 やっぱり俺はコイツがヘッドフォンつけたときの…。 吉本興業の王様であるさんをいじるのは嫌だと思ったけど、もう昔の浜ちゃんにしか見えなくて 笑。 これは伝えたいです。 アクリル板越しだったんで、「あ、浜ちゃん捕まったんだ」みたいに思って。 絶対普段だったら言えないけど、深夜のテンションってありますね。 今日はプロレスだと思ったわ。 いきなりオカダ カズチカ 君の悪口言うし。 金ちゃん:あれだけはLINE送っとこ。 マジでヤバいから 笑。 でも正直、気負うことなくできたなというのはありました。 深夜で誰も聴いてないと思ったら、1回目の放送の後、「めっちゃ良かったよ、次も楽しみにしてるよ」ってすげえ芸人に言われたんですよ。 結構緊張しいなので、「めっちゃ反響ある、どうしよう」ってなって。 でも、エピソード自体は結構しゃべれたよね。 俺は、 居酒屋をやっている金ちゃんの 親父の話までするとは思わなかった。 『オールナイトニッポン』を見た人がさらに店に来るだろうね。 金ちゃん:すごいんすよ、ほんと。 昨日も10人近く店に来て、いつも来てる常連さんが入れないぐらいでした。 「『オールナイトニッポン』聴きました」っていう人がめちゃくちゃ来てくれるようになって、ありがたいことにPRになってます。 坂井:正直僕らは良い人間ではないんですが、クズなりの美学があって。 お金も生きてく上で必要だから、こういうところでアピールして、金ちゃんの親父の居酒屋が注目されるのもいいし、俺らに仕事が来るのも良いし。 美学としては、賞レースの結果なんかどうでもよくて、俺らにしかできない芸能生活を送りたいから、最後にケンカを売ったというのはあります。 あれは本心で、本当にやりたいです。 こんな密室でやってるラジオがムーブメントになればいいなと。 「ラジオ嫌いだって言ってるのに、『オールナイトニッポン0 ZERO 』でここまで命を懸けられるのは俺らしかいないだろう」って、自分たちに酔ってる部分もありましたけどね。 金ちゃん:「これが何かにつながればいいな」というのはありますね。 坂井:あとは「今の若手でいないでしょ」っていうね。 我々は全部逆張りをいってますから。 金ちゃん:「人を傷つけない笑い」ってありますが、逆張りで「毒舌で人を傷つける笑い」っていうのは僕らしかいないので、そこは崩さずに攻めたいなというのは正直あります。 これが『オールナイトニッポン0 ZERO 』だけじゃなくて、いろんなところを巻き込んで、最終的になんかできればいいよね。 坂井:全部巻き込めたら、『オールナイトニッポン0 ZERO 』にも還元できると思いますよ。 YouTuberが自由にできる時代で、若手芸人はお行儀よくしてなきゃいけないって、ちょっと縮こまっちゃってる人たちもいっぱいいると思うんです。 でも、昔のやが、賞レース以外で何で上がっていったかというと、ルールが決められてる中でめちゃくちゃにやったわけで。 ただ俺らは、あそこまで破天荒な人間ではないですけど。 金ちゃん:意外とビビりだもんな。 坂井:でも、ビビりだけど、言っちゃったらやるしかないじゃないですか。 金ちゃん:だから自分たちで焚きつけている感じだよね。 坂井:賞レースも大事だと思ってますけど、それ以外で、日本国民の記憶に残るには、上に噛みつくしかないんで。 尊敬してるとか関係なしに、追い出すしかないもんな。 金ちゃん:だから俺らの目標は、上の世代を全員YouTubeに追い出すことですね 笑。 坂井:今消えても、「『オールナイトニッポン0 ZERO 』であんなことを言ってた変なヤツがいたな」って記憶に残ればいいっていう感じだよね。 そこをもっと大きくしていきたいです。 吉本の若手で、「が立ち会い人になって、極楽とんぼとケンカさせてくれ」ってラジオで言えるのは、俺らしかいないと思います。 それは自己プロデュースじゃないですけど、こういう芸人だと思っているんで。 で、実現しなくても、また他の人にケンカを吹っかけていくだけです。 金ちゃん:当たり屋ですよ。 僕らは当たり屋です 笑。

次の

鬼越トマホーク、『ANN0』で見せた美学「俺らにしかできない芸能生活を」

俺にはsasukeしかないんですよ

大好きな彼から、「俺にはキミしかいないよ」と真剣に言われたら、うれしいですし、幸せを実感できますよね。 でも、どうすれば彼にとってかけがえのない存在になれるのでしょうか? 男性陣に話を聞くと、どうやら女性の容姿や外面に惹かれたわけではないようです。 今回はそんな男性たちの体験談を交えながら、そのポイントを探ってみました。 スキンシップで心が通じ合えた 「花が綺麗な公園で、彼女と散歩デートを楽しんでいたときのことです。 突然、彼女がしゃがんみこんでうれしそうに花を眺めたので、思わずかわいいな~と見とれてしまいました。 するといきなり、彼女がほっぺにチュッとキスをしてくれたんです。 その瞬間、お互いの気持ちが通じ合った気がして、俺にはこの子しかいないと思いましたね。 」(23歳・男性・飲食店勤務) 言葉にしなくても伝わるような関係は、男性にとって愛を感じる瞬間なのかもしれません。 今、彼がしてほしいことを見抜いて、サッとアクションを起こせるなら、彼の特別な存在になれるはずです。 食べたいものを察してもらえたとき 「食の好みが合う子とは、将来のことも考えてしまいますよね。 この前も、デートの帰り道におなかが空いたので、どこで食べて帰ろうかと迷っていたときでした。 すると彼女がすかさず、『駅前にできた天ぷら屋に行こうよ!』と言ってくれたんです。 ぼくもちょうどその店が気になっていたので、テンションがあがりましたよ。 ここぞというタイミングで、彼女に食べたいものがわかってもらえると、『やっぱり一緒にいるならこの子だよな~』と思ってしまいます」(28歳・男性・会社員) 行きたいお店や、デート先でも、もちろんそう。 彼の食の好みがわかれば、彼もずっと一緒にいたくなるはずです。 そのためにも、ふだんからふたりで外食したり、彼に手料理をふるまったりするとよいかもしれませんね! 付き合うメリットを実感した 「言い方は悪いですが、彼女を選んだ理由は、やっぱり一緒にいてメリットを感じるからです。 ぼくが言うのもなんですけど、彼女は、ホントによく気が利く子だと思います。 たとえば、ぼくが風邪を引いて寝込んでいたら、彼女は『薬持って行こうか?』と心配してくれますし、『最近外食ばっかりなんだ』と言えば、疲れていても手料理をふるまってくれます。 そういうの、いいですよね」(29歳・男性・保険会社勤務) 好きになるのに理由はないかもしれませんが、好きだからこそ、ずっと一緒にいたい理由が生まれるのでしょう。 普段の積み重ねが大事? 「この子しかいない」と彼に思わせるのも、結局は普段の積み重ね。 一緒にいる時間を楽しみながら、彼のことを良く知り、もっともっと仲良くなろうとする。 そんな、意識が大切です。 そうすれば、彼も「この子しかいない」と思ってくれるでしょう。 (橘 遥祐/ライター) (愛カツ編集部).

次の

俺はそれを悪用した犯人でしかない

俺にはsasukeしかないんですよ

(C)まいじつ 新ドラマ『Heaven? ~ご苦楽レストラン~』(7月9日スタート)で主演を務める石原さとみが7月1日、特番『関口宏の東京フレンドパーク2019』(TBS系)に出演、各種アトラクションゲームを楽しんだ。 視聴者は、あるゲームの石原の奮闘ぶりに「どう見てもアレにしか見えない」と大いに興奮した様子だった。 この日の特番にはTBS系の新しい3つのドラマの出演者が登場。 石原は同ドラマで共演する福士蒼汰、志尊淳とチームを組んだ。 視聴者が石原の表情、アクションを大いに楽しんだのは『フラッシュザウルス』というゲーム。 2人一組で、1人がポンプを上下させてカプセルを空気の力で上げ、ランプが落ちてくる速さを決定。 光に合わせてもう1人が台から着地し、ランプをタイミング良く止めれば成功となるゲームだ。 悲鳴を上げ髪を振り乱しながら「キャー!」 1チーム4回挑戦することに。 石原は3回目でポンプ役を務めた。 ポンプを早く上げればランプが落ちてくるスピードも遅くなり、成功しやすくなることもあって石原は必死の形相 で上下運動。 目を閉じ、時折「キャー!」と悲鳴を上げ、髪を振り乱しながらポンプを上下させた。 11秒間でポンプを上げた石原は息も絶え絶えだったが、志尊がタイミング良くランプを止めて成功させると、石原はたちまち笑顔に。 2人は「最高!」と両手でハイタッチを交わした。 結局、チームは4回中1回の成功に終わった。 一部の男性視聴者は石原が必死にポンプを上げ下げする姿を〝あのときの姿〟と重ね合わせたようだ。 《ポンプやってる石原さとみが騎乗位してるみたいで興奮した》 《石原さとみが騎乗位で突かれてるそれにしか見えなくて》 《さっきのポンプ押してる石原さとみエロいと思ってしまった》 《石原さとみがポンプやりながら喘いでてくそエロかったんだが》 《石原さとみのポンプで興奮したのは俺だけじゃないはず》 思い掛けない石原の〝お色気シーン〟に、ドラマへの期待も一層高まった!?

次の