首 後ろ こり。 首の付け根にこりが起こる原因とは?簡単にできる対処法を紹介

首の筋肉がこると、神経や血管を圧迫し、不快な症状を発症する。

首 後ろ こり

TBSテレビ「ゲンキの時間」4月26日で、首コリの原因・チェック・ほぐし方・解消法が取り上げられましたので紹介します。 解説:青山・まだらめクリニック 院長 班目健夫医師 首コリの原因は? 頭の重さは約5kg、首を60度傾けるとなんと27kgも首に負担をかけるといいます。 スマホを操作する時などはまさにそんな姿勢で、現代人は首に負担をかけているんだとか。 この首に負担をかけた姿勢を続けると血行不良が生じ、首コリの原因になるといいます。 つまり首コリは、血行不良が原因で起こる症状なんだとか。 さらに首コリは、首コリだけでとどまらず、脳への血流量が低下し全身の体調不良にもつながるといいます。 首がこると首の後ろをもんだり、叩いたりしがちですが、実は首の後ろを刺激すると、筋肉の血液循環障害を悪化させる場合があり、かえって逆効果になることもあるといいます。 班目医師によると首コリをほぐすには前を温めることがオススメだといいます。 さらに首の前をほぐすと首の前側を通る副交感神経の一部である迷走神経が刺激され、副交感神経の働きが活発になり、胃腸の働きもよくなるといいます。 首コリチェック方法 (1)右手を左耳の上に置く。 (2)左手は右肩の上に置く。 (3)そのままゆっくり首を右に倒す。 反対側も同様に行う。 耳が手に着かない場合、その逆側の首がこっていることになる。 首コリの正しいほぐし方は? 先ほど言ったように、首の後ろをもんだり叩いたりするのは間違いです。 首コリの正しいほぐし方は、次のように行います。 (1)肩を動かさず、しっかりと右を向く。 このとき浮き出る、鎖骨の先端から耳の下に伸びる筋が胸鎖乳突筋。 (2)鎖骨と胸鎖乳突筋がぶつかるところを、後ろ側から親指で押す。 指を深く押し込むことがポイント。 円を描くようにマッサージをし、筋に沿って徐々に上に移動しながらほぐします。 左側も同様に行う。 1日1回、片側1分程行う。 三面鏡を使うと筋の位置がわかりやすい。 首がこる癖がついているのである程度行わないとすぐに元に戻るという。 温めたあと行うのがオススメで、お風呂でアゴまで浸かりほぐすと楽だといいます。 首コリほぐしを行った後に首コリチェックをするとほぐれていることがわかるといいます。 首コリ解消法は? 首コリ解消法としては、次の2つが有効です。 1.温めよう お風呂に入る前に胸鎖乳突筋の上下2か所にドライヤーをかけ首を温める。 皮膚から10cm以上離し、温かいと感じる程度にそれぞれ3秒程度が目安。 加熱してからお風呂に入ると熱のトンネルができ熱が通りやすくなりほぐれやすい。 2.1時間に一度は上を向こう へそを天井にむけるように身体全体を反らして上を向くと、腰までつながる首の後ろの筋肉が緩めることができる。 ちなみに首をぐるぐる回すのはダメだといいます。 これは関節がすり減るためです。 まとめ スマホが普及することで首コリなど首の不調を訴える人が増えているようです。 首が凝ると、首のうしろをもんだり、首を回したりしていましたが、コレってダメなんですね。 知りませんでした。 首の前を温めたり、マッサージするのが正解なんですね。 今後はこの方法を試してみようと思います。

次の

首の筋肉がこると、神経や血管を圧迫し、不快な症状を発症する。

首 後ろ こり

肩こりを感じていない部位がこりかたまっているケースもあり、回復の妨げとなることも 肩こりはどのあたりに感じるかをチェックしてみましょう。 一言で肩こりといっても、注意深く観察すると、• 後頭部から首の後ろにかけて凝りがひどい• 首スジから肩にかけて凝りがひどい• 首の付け根が凝っている• 背中の上部まで凝っている など、その範囲には個人差があるものです。 肩こりの感じる部分に問題があるように思えますが、実際は、コリのある部分以外の部位が、肩こりの原因となっている場合もあります。 たとえば、首に問題がある場合の肩こりです。 自覚症状として肩こりを感じる部分が背中の上部だとしても、そのコリは首の可動制限が原因で生じている場合が考えられます。 この場合は、頭の位置を動かす際に使われる筋肉が硬くなっている場合が多いですが、首自体の筋肉にはコリの自覚症状が感じられないケースがあるのです。 肩こりの原因を特定する方法……「姿勢確認」と「生活習慣チェック」 首自体にはコリは感じなくても、首の動きが悪くなっている時には首周辺の筋肉を触ってみましょう。 硬くなっていたり、押すと痛んだりする場合があります。 筋肉のコリは首の後ろに限らず、横前側の筋肉が硬くなっている場合もあります。 では、このような状態になりやすい人の傾向は何なのでしょうか? 以下の6つの項目をみて、首の状態を確認してみましょう。 座り姿勢のとき、ふと気がつくとアゴを前へ突き出したような格好になっている• 頭を傾けたり、振り向いたりする時に、首の関節がボキッとなる。 または、ミシミシ音がする• 整形外科のレントゲン検査などで「首のカーブが真っすぐだね」と、ストレートネックやクレーンネックを指摘されたことがある• 整形外科のレントゲン検査で、「首の関節と関節の間が詰まっている」と言われたことがある• 頭の向きや角度によっては首が痛む• 最近、今まで使っていた枕が合わないような気がする。 朝目覚めると、首が痛くてつらい この中にあてはまる項目がある方は、首の関節への負担が強い可能性があります。 後々、この負担が頚椎の疾患につながる場合もあるため、なるべく早めの対策をおすすめします。 頚椎疾患は、首の痛みだけではなく、手、腕のしびれや脱力感などの症状が出ることもあります。 首の筋肉を柔らかくして頚椎疾患を予防しましょう。 首の動きのセルフチェック法……痛みが出ない範囲で行うこと 首の動きの制限をチェックするには、頭の位置を変えて(頭を、前・後・左・右横倒し、左・右向き)首に痛みが出るかどうかという簡単な方法があります。 ただし、顔を天井方向へ向けて、首の後ろが詰まるように痛い場合は首の関節を痛めやすい状態かもしれませんので、首をぐるぐる回すような肩こり体操には注意しましょう。 今回ご紹介する方法は、顔を左右に向ける動きをメインに、首の動きを確認する方法です。

次の

首の後ろが痛い!病院で見落とされやすい5つの病気はこれだ!

首 後ろ こり

【首は重い頭を支えている】 人間の頭はLサイズのスイカほどの重さです。 その重さは、およそ6キログラムほど。 首はこんなに重い頭を支えているため、首の筋肉は、横になっているとき以外はずっと働いています。 それでも均等に使っていれば問題は起きにくいのですが、パソコンに長時間向かったり、スマホやタブレット、読書、調理、ネイルなどなど、下向きに長時間固定される姿勢を続けていると、15分ほどで首の後ろの筋肉が疲労状態になってしまいます。 これが「首こり」です。 長い間この状態を繰り返していると、筋肉がガチガチになって石のように硬くなってしまいます。 また、首になんらかの外傷が加わった場合も、首の筋肉に異常が起きることが多いようです。 その筋肉の間に神経が走っています。 とくに首の後ろの筋肉の隙間には、頭痛(後頭神経痛・緊張型頭痛)を生じさせる大後頭神経が走っていて、首の筋肉の周辺には、脳や脊髄から出た神経の末梢部が縦横に分布しています。 そこで、首の筋肉が異常にこってしまうと、周辺の神経や血管を圧迫し、頭痛や自律神経の失調、それにともなうさまざまな不調などの原因になると考えられるわけです。 この首こりによって、内分泌や自律機能の調節を行う総合中枢である脳の視床下部の関与の可能性もあります。 日頃より、頭を長時間下向きに固定しない、頭を前に突き出したりせず、バランスの良い姿勢を心がけることが、首こりの予防には何より大切です。 また適時、首の後ろの筋肉をゆるめてあげるなど、こうした些細に思えるような取り組みが、重大な体調不良からあなたを守ることになります。

次の