あさり の 砂 抜き 簡単。 あさりの砂抜きを上手にする方法。塩抜き方法も一緒にどうぞ

5分で砂抜きする裏ワザ!? 貝専門店に聞いた「しじみ・あさり・はまぐり」砂抜きの基本

あさり の 砂 抜き 簡単

もくじ• 塩水であさりの砂抜きをする方法 あさりの砂抜きには、適度な塩加減と時間が必要です。 材料を準備(あさり、水、塩、容器、新聞紙)• あさりの洗い方、注意すること• アサリの砂抜きの目安になる塩分濃度とは• 平らなバットにあさりを並べる(塩水の量を確認)• 砂抜きにあると便利なアイテム• もっとも砂抜きさせる場所とは 材料を準備(あさり、水、塩、容器、新聞紙) あさりの砂抜きのための材料を準備します。 あさり• 水+塩 (海水があれば、なお良い)• あさりを入れる容器は、平らなバットが最適です。 なければ、ボールやお鍋などなるべく底が平らなものがあるといいでしょう。 鉄ナス、古くぎ• 新聞紙 あさりの洗い方、注意すること 潮干狩りで収穫したアサリは、しっかりと洗いましょう。 最初はボールに水をためてアサリ同士をこするように洗い、だいたいの汚れが取れてきたら、流水でやさしくこすり合わせるように洗います。 大量に洗う場合は、手が痛くなるのでゴム手袋を使うといいでしょう。 アサリの砂抜きの目安になる塩分濃度とは 材料 あさり 300g 水 300ml 塩 小さじ 2弱ほど 水300mlに対して9~10gの塩で塩分濃度は約3%になります。 海水の塩分は、およそ3. 5%くらいだと言われています。 だいたい3~3. 5%の塩水であさりの砂抜きをすると、吐きやすいようです。 水は水道水そのままでもOKですが、時間があれば、カルキ抜きした方がいいです。 カルキ抜きの手順は2パターンあります 水道水のカルキは容器に汲んで放置しておくだけで抜けます。 簡単ですね。 ただ、場所によって放置しておく時間が違ってきます。 室内でカルキ抜きをする場合は、2~3日は放置しておく• 屋外でカルキ抜きをする場合は、6時間以上は放置しておく 天気のいい日に日光を当てることが最大のポイントです。 スポンサーリンク 平らなバットにあさりを並べる(塩水の量を確認) 平らなバットや網付きバットにあさりを並べます。 塩水はあさりの頭が少し出るくらいの、ヒタヒタ分量が目安です。 海水が多すぎないほうが、よく砂を吐き出すようです。 平らなバットがなければ、ボウルや鍋でもできますが、あさり同士が重なると、上のあさりが吐き出した砂を下のあさりが吸い込んでしまうことがあるので、様子をみて海水を取り替えるといいでしょう。 砂抜きにあると便利なアイテム 黒豆のつやを良くするために入れる鉄たまごは、アサリの砂だしを早くするとも言われています。 鉄製の包丁や、古くぎがありましたら入れてみるといいですよ。 手元にない方も、ご興味のある方は試してみてくださいね。 >> もっとも砂抜きさせる場所とは あさりがリラックスできる環境は、涼しくて暗いところです。 玄関や日陰のベランダで風通りがいい場所に、新聞紙をかぶせて影を作ってあげるといいです。 室内におく場合は、あさりが元気がいいとたくさん海水をとばしますので、海水が飛んでもいいように周囲は片付けておきましょう。 新聞紙をかぶせてあるからといって、100%安心ではありません。 海水が多いと大量に噴出しますので、海水はヒタヒタになるように多くしないほうがいいですよ。 塩なしであさりの砂抜きをする方法 肉や野菜がびっくりするほど美味しくなると話題になった、50度洗いでアサリも砂抜きができます。 この方法だと、短時間であさりの砂抜きができるので、時間がない場合はお試しいただければと思います。 では、手順を確認していきましょう。 50度洗いであさりの砂抜き手順と冷凍保存• 潮干狩りで獲ったアサリは、水道水で土や海藻などの汚れをきれいにとります。 鍋にお湯をはり、45~50度に沸かします。 お風呂の温度より少し高めの温度なので、手を入れてチェックをしてもOKですが、やっぱりちょっと怖いですよね。 温度計はホームセンターで300円ほどなので、購入を検討されてもいいかもしれません。 45~50度のお湯をあさりが、完全に浸かるくらいまでゆっくり静かにそそぎます。 そのまま15分~20分おきますと、次々あさりが口を開いてきます。 砂抜きをしたアサリは、冷凍保存袋に空気を抜いて入れ、冷凍庫で保管します。 一度に使う量ごとに冷凍しておくと、無駄がでませんね。 失敗しないあさりの砂抜き手順と注意することのまとめ 潮干狩りであさりを獲ってきた方は、海水も一緒にもって帰るようにすると、砂抜きの割合がぐ~んと高くなります。 荷物も多く、日に当たるから体力的にもぐったりだとは思いますが海水忘れないようになさってください。 あさりがたくさん獲れるといいですね。 気をつけてお出かけくださいね。

次の

あさりの砂抜きが10分で出来る裏ワザ

あさり の 砂 抜き 簡単

お湯でアサリの砂抜きをする方法! 実は砂抜きはお湯を使うととっても簡単に出来るんです。 なぜかというと、冷たい水の中にいるアサリがお湯に触れることでその温度にびっくりし、びっくりした拍子に砂を吐きだしてくれるからなんですね。 びっくりしてしまうなんてアサリさん、かわいいですよね。 砂をきちんと吐かせると、汚れなども一緒に吐き出してくれるので、買ってきたら使う前に必ず行うのがおすすめです。 やり方は・・ 1、深さのある容器にアサリを入れる。 そこに温度50度のお湯を注ぐ。 2、5分くらい待つ。 最後に1分程度こすりあらいをお湯の中ですると汚れが取れてきれいになります。 たったこれだけです! 観察しているとわかるのですが、お湯を注いで割とすぐに口が開いてピピッと砂を吐きだします。 5分程度待ったら最後に砂が出た汚れたお湯を捨て、きれいに洗って料理に使ってください。 50度のお湯を作るには、同量の水と沸騰したお湯を混ぜると約50度にすることができます。 なぜ適温は50度なのか ではなぜ50度のお湯がいいのかというと、あまり高い温度だとアサリが死んでしまって砂を吐いてくれなくなってしまうからです。 逆にぬるすぎてもびっくりさせることができないので、効果が弱まります。 50度って意外と難しい気がするのですが、給湯器の設定で設定できる範囲内のご家庭も多いと思うので、火傷に注意して50度に設定しお湯を作ってかければ大丈夫です。 我が家もこの方法をよく使いますが、我が家の場合は先に容器に貝を入れた後水を半分浸るくらいまで入れて、ケトルで沸かしたお湯を直接触れないようにして注いで温度調節をしています。 この方法でも死なず、きちんと砂を吐いてくれるのでおすすめです。 塩を入れる王道のやり方 「塩を入れる」という方法も有名ですね。 やり方は・・ 1、3%の食塩水を作る。 水500mlに塩大さじ1が目安です。 2、あさりは重ならないように平らに並べる。 3、食塩水をひたひたに入れる。 新聞紙などをかぶせて1時間おいておく。 ちなみに塩を入れる場合でも浸しすぎは鮮度が落ちてしまうので、短い時間ですぐに料理に使うのがおすすめです。 ただ、うまみは舌が敏感な人が感じられるレベルでは塩を入れて砂抜きする方がうまみが残るそうです。 効果のないやり方・おすすめしないやり方 巷で言われている方法で、「釘を入れる」「新聞紙をかぶせて暗くする」などの方法がありますが、 「釘を入れる」のは全く効果がないそうです。 「新聞紙をかぶせる」というのは住んでいた環境に似せて暗くするという意味合いがあり、鮮度を保ちたい時に使う方法なので新聞紙だけだと砂抜きには実際あまり関係がありません。 常温で1時間置くとうまみがアップ! また、 砂抜き後に1時間常温でアサリを水の中に入れておくとうまみがアップします。 最後の力をふりしぼってうまみを出してくれるんですね。 簡単なので時間があるときにはやってみたいですね。 まとめ この方法、少し前に知って私もそれから何度かやっていますが、本当にびっくりするくらい簡単ですし、短い時間で出来るので思い立ったときにやれて助かっています。 実際に何度かやってみた感想としては、ちゃんと砂が抜けていてじゃりじゃりしないのが一番のおすすめポイントですね。 短い時間だと本当に砂が抜けているのか心配になることがあると思うのですが、今のところ一個もジャリッという嫌な食感に当たっていないのでちゃんと砂が抜けているんだと思います。 すぐお料理に使いたい時に本当におすすめですし、びっくりして砂を吐く様子は見ていてもとても面白いのでお子さんと一緒に(火傷には注意しながら!)やるのもおすすめですよ。 以上『 お湯を使った簡単なあさりの砂抜きのやり方』のご紹介でした。 ぜひ試してみてくださいね。 おすすめ関連記事 当サイト『』ではその他にもあさりのレシピをご紹介しています。 是非ご覧ください。

次の

5分で砂抜きする裏ワザ!? 貝専門店に聞いた「しじみ・あさり・はまぐり」砂抜きの基本

あさり の 砂 抜き 簡単

ボウルやザルもそんなに大きなものはないし、第一、 一晩つけておくなんて面倒だし邪魔。 新鮮なアサリを新鮮なうちに食べたいのに、かえって腐ってしまうかも??? それに、この方法で時間かけても、あさり自体が口を開かず、結局食べたときにジャリジャリするときもあるのです。 アサリの砂抜きは実はこんなに簡単! それでは、最近話題になっている超簡単な方法をお教えしますね。 なんで「50度」かって言うと、本来 (1)は「 50度のお湯を用意する」 となるところですが、 水の温度をいちいち計るなんて、面倒じゃないですか。。。 (温度計だって持ってないし。。。 ) そこで、 沸騰したお湯と同量の水を混ぜると、ほぼ50度になるってわかったんです。 だから、手順としてはこの方が簡単ですよね。 でも、分量は目分量でなく、しっかり 計量カップで計ってくださいね。 というのも、水の温度が高すぎると、あさりが煮えてしまいますし、 低すぎると効果もないし、細菌も繁殖するというのです。 とても簡単な方法ですので、是非分量だけはきっちり計って「50度洗い」をしてください。 あさりの砂抜きがすぐできて早い 上で紹介した「50度洗い」、やってみると本当に簡単で早いです! 中には、同じやり方で「5分で大丈夫」という人もいるけど、 私の経験では、やっぱり15分くらいかな? でも、室温やアサリの量にも寄りますので、数回やって、あなたにとっての ベストタイムを見つけてくださいね。 とにかく「早い」これは本当に嬉しいです。 この方法であれば、屋外でのバーベキューなどでもアサリを早速に食べられますし、採った浜辺ですぐに食べるのもいいですね。 この「50度洗い」をすると、あさりの口が少し開くんですね。 それは、実は あさりが苦しくなるからなんです。 実はこの方法で、 あさりが生きているか死んでいるかも判別できます。 「50度洗い」をすると、もう死んでしまったアサリは、苦しいということがないので、口も開きません。 死んだアサリは、逆に最初に水道で洗っているときに衝撃によって蝶つがいがはずれて開くことがあるので、 ・まずアサリをこすり合わせるようにして洗った時点で、口が開くあさり ・50度のお湯に15分つけて、逆に口が開かないあさり この2つの観点で、「死んだアサリ」は取り除きましょう。 新鮮な生きたアサリは、 ・アサリをこすり合わせるようにして洗った際には固く口を閉めます。 ・50度のお湯に15分つけると、苦しくなって口を少し開きます。 これを取り出して、その少し開いた口に水道水を入れてすすぎ、砂が完全に出るように洗います。 これって本当に「早い」です。 是非やってみてくださいね。 あさりの美味しい食べ方 それでは、アサリの砂出しもできたし、いよいよ美味しいお料理に取りかかりましょう! ここで、アサリを美味しくいただくコツは、 「加熱しすぎない」ということです。 一般的なやり方だと、加熱すると「生きているアサリは口を開き」「死んだアサリは開かない」という俗説を信じて、みな「煮過ぎ」になってしまうのです。 そうすると、あさりのぷっくりした身自体が固くなり、まったく美味しくありません。 死んだアサリでも、実は、加熱をすると最後には口を開くんですよ。 だって、死んでいるのでもともと「口を閉じろ」という指令はなく、加熱によって蝶つがいが緩くなっていずれは開いてしまうんです。 だから、ほとんどの方は、みな開くまでじっくり煮込んでしまうのですね。 生きているアサリと死んでいるアサリは、料理中に見分けるのではなく、上記の 「50度洗い」の段階で見分ければよいので、料理に使う段階では、生きているアサリだけ さっと火を通すだけの方が美味しいですよ。 あさりの身にしっかり火を通すには、85度以上の加熱を1分以上する必要があるようです。 だから、1分煮たら、もうそれ以上に加熱する必要はありません。 なので、アサリの味噌汁を作る場合には、 さっと煮たらすぐにアサリを取り出してしまいます。 そこにダシや味噌を溶いて味噌汁を作り、 お椀にアサリと一緒に入れると、本当にぷっくりと柔らかく美味しいお味噌汁ができますよ。 味噌汁だけでなく、他の料理を作るときにも、「火はさっと通すだけ」というのが鉄則です。 是非こちらもやってみてください。

次の