アウトキャスト。 建築について詳細に解説するぞ!【コナンアウトキャスト】

アウトキャスト

アウトキャスト

メンバー [ ] 前期 [ ]• 水谷淳(、)1948年6月17日生まれ。 もと津田竜一とブルーエース、のちを経て、、の• 轟健二(リードボーカル、)1948年3月21日生まれ。 のちを経ての(元代表取締役、現BOGUS RECORDS共同代表)• ()1948年2月12日生まれ。 もとテディーボーイズ• 中沢啓光()1948年3月19日生まれ。 のち邦楽師、音楽講師の、1970年とニューディメンショングループにゲスト参加 前期脱退メンバー• (ギター)初代ギター。 短期間の在籍で、デビュー前に脱退• (ギター)片桐脱退後に加入。 後に、、、トライアングルプロダクション社長。 ()1948年1月24日生まれ。 もとテディーボーイズ、もとジャニーズ・ジュニア、のち、、後に、アムバックス音楽出版社長 後期 [ ] 4月の再デビュー時以降のメンバー。 大野プロへ移籍、前期メンバーだった水谷、轟は「」へ。 大野良二、または大野良治(ベースギター)後に、レコーディング・ディレクター、からオクテットレコード代表• 岡本修(リードボーカル)• (ギター)後にへ移籍。 の次男。 本名・大谷克己。 (オルガン)• (ドラムス) なお、プロフィールは現役当時のもの。 沿革 [ ] 1960年代前半に活動していたの「津田竜一とブルーエース に在籍していた水谷 当時は水谷竜緒 とそれに大野が中心となって結成された。 渡辺プロダクション 以下「渡辺プロ」と略 所属ジャズピアニスト津田竜一 とそのグループブルーエースでは2枚のエレキインストロメンタル・アルバムを発表し、などでは同じ所属でソロ歌手の、らをゲストに、またスタジオ録音やテレビ出演のバックバンドとして活動していた。 ここにスカウトされ先に加入していた水谷に勧誘され轟(水谷の中学時代からのバンド仲間)がゲスト歌手の一人に加わった。 渡辺プロではかつての・ブームから直近の人気状況を見て新しいスタイルのバンド、歌手が常駐するエレキバンドの所属追加を構想し、募集は新規結成でブルーエースの水谷と共同 で進めソロ歌手契約だった轟に渡辺プロで他バンドに参加していた大野 、次にスカウト、オーディションを重ね藤田の参加で陣容が揃い1966年6月渡辺プロ初のグループサウンズのバンド として1967年にレコードデビューした。 1967年夏に藤田(のち「」)、秋に穂口が離脱し、4人となって活動していたが1968年3月には解散。 轟と水谷はを結成、大野は渡辺プロを離れ大野プロへ、新たなメンバーで新生アウトキャストを再興し、6月にシングル「空に書いたラブレター」を発表しなどのバック・バンドを務めていたが次作シングル制作が取り辞めになり大野の心機一転次の活動計画から1969年初頭で活動を終え、大野は大阪からを誘い「雄ちゃん・英ちゃんと良ちゃん」を結成し1969年6月からシングル「ミヨちゃん」を発表した。 水谷を中心にスカウト、オーディションで集合した為に団結力が弱くまとめ役 バンド・マスター は大野が務める一方オリジナル楽曲を創るメンバー重複による齟齬、プロダクションの意向で活動は短命に終わってしまった。 アルバム()を発表したグループサウンズのバンドでは異例だった。 後年にや、作家となるメンバーも多く、実力はあったが人気に恵まれないグループサウンズの代表格とも言われており、当時は評価されなかった。 近年行われた水谷へのインタヴュー から、のアルバム「ヒューマン・ルネッサンス」 へ録音サポートしたことが明らかになった。 同時代の渡辺プロダクション所属アーティストでソロ歌手のステージ伴奏や収録ではスタジオミュージシャンを務め、などの録音に参加している。 アウトキャスト解散後はなどが務めた。 バンドボーイには「」を歌ったが1967年頃に、その後前述の「雄ちゃん・英ちゃんと良ちゃん」の一員となった泰英二郎(現の横山エントツ)が務めていた。 ディスコグラフィー [ ] シングル [ ]• 愛することは誰でもできる/電話でいいから(1967年4月)• レッツ・ゴー・オン・ビーチ/エンピツが一本(1967年7月)• 一日だけの恋/僕のそばから(1967年10月15日)• 愛なき夜明け/ふたりの秘密(1968年1月10日)• アルバム [ ]• I LOVE YOUの原曲はでが邦題と日本語詞で発表している。 映画 [ ]• (1967年10月28日、。 「一日だけの恋」の(歌なし版)を演奏) 関連項目 [ ]• 脚注 [ ]• 近代映画 1967年12月号 近代映画社 131頁。 メンバーには大野の他に、穂口雄右が在籍したアマチュア・バンド。 から現名に。 グループ離脱後は、 一門に師事、堅田啓光・堅田啓輝・望月啓光など名義で邦楽打楽器奏者、研究家として活動、歌舞伎公演、古典邦楽保存録音に、平行活動で村岡実とニューディメンショングループに帯同、ロック音楽で和太鼓を伴うセッション、和太鼓演奏の入門書など出版に携わった。 のちに参加する森田巳木夫も在籍。 現「津田龍一」• の勧誘や助言がきっかけとする異説がある。 渡辺プロを退社した1966年を結成、寺内は水谷のギター師匠の一人。 渡辺プロ所属時代のサポート・メンバーか門下兄弟バンド・メンバーとされる。 1963年から在籍の寺内タケシとブルージーンズをエレキ・インストロメンタル・バンドと見なした場合。 もとブルージーンズのは短期間に、7月渡辺プロへ移籍しを結成」した。 2017年2月13日時点の [ ]よりアーカイブ。 2017年2月13日閲覧。 水谷の前歴も渡辺プロ所属でアウトキャストはビートルズ・ブームなどを見てグループサウンズ・ブームの萌芽期にプロダクションが主導した結成だった。 の存在が1968年3月解散の原因とする意見も有るが悪化したメンバー関係にプロダクションが引導を渡す結果となった(「水谷公生の音魂日記・僕の音楽人生その5」「プロダクションから解散して違うグループを作りなさいと言う、半ば強制的な指令が下った。 「エレキ・ギター・ブック7」P. 27「グループサウンズの草創期を駆け抜けたギタリストたちPART-2、水谷公生」シンコー・ミュージック、平成13年5月刊• 発売はアウトキャスト脱退後の1968年11月25日• 一番の理由はザ・タイガースが多忙を極めスタジオ収録作業に不慣れだったことにある。 映画「」で聞ける演奏力はレコードとの乖離があり水谷らは収録サポートと同時にステージに向けて演奏指導も務めていたと思われる。 のクロコダイルにて2016年6月21日開催。 リンク [ ]• Musicman's RELAY第141回松崎澄夫氏(音楽プロデューサー)インタビュー• ピアノバーリヨン・津田龍一プロフィール 参考文献 [ ]• 「『熱狂! GS グループサウンズ 図鑑』:「アウト・キャスト」」、、1986年。

次の

アウト・キャスト

アウトキャスト

Contents• 箱の中身の復活まで ハイエナの箱と同じで、取得後24時間経過しないと、中身がおそらく復活しないと思われるので注意。 ポトマックイベントセンターの波止場の次 ミッション中の、ポトマックイベントセンターに入る方法を探すエリアに、アウトキャストの箱はある。 敵を殲滅後、イベントセンターの建物内に入る直前を左の小道に入る。 画像の簡易マップを参考にするとわかりやすい。 フェデラル・エマージェンシー・バンカー書類保管庫の先 メインミッション『フェデラル・エマージェンシー・バンカー』の道中にアウトキャストの箱はある。 火災が発生している書類保管庫が目印で、そこを抜けてすぐの通路の角にある。 ルーズベルト島の袋小路 ルーズベルト島には、アウトキャストの箱が2つある。 その1つ目が、拠点に入る方法を探している道中。 飛行機の翼にロープで登ったあとの通りで、横に入れる袋小路がある。 簡易マップを見ていた方がわかりやすいかも。 木板で塞がれているが、壊して通れる。 DCD本部の管理棟 メインミッション『DCD本部』にてアウトキャストの箱を見つけられる。 管理棟の2階でターミナルを操作するが、そのターミナルの近くに1階へと下る階段がある。 降りた先に箱がある。 ルーズベルト島の地下通路 拠点ミッション『ルーズベルト島』の二つ目のアウトキャストの箱は、内部拠点に入って波止場に向かう際の地下通路内にある。 意識して探さないと気づかないなあ、コレ。 DCD本部南西の米州機構 メインミッション『DCD本部』開始地点から南西の広場のような場所。 コンスティテューション・ホールエリア内の右下。 リアルでは米州機構のある場所と思われる。 口から水を出しそうな獅子が目印。 幽霊屋敷の南西の噴水広場跡 コンスティテューション・ホールにあるコントロールポイント『幽霊屋敷』の南西に、噴水広場があり、そこにアウトキャストの箱がある。 噴水広場といっても、噴水の代わりに火が焚かれていたりと、噴水の面影はないが……。 階段を上がった先に施錠されている場所があるので、U字ロックを壊して入ると箱がある。 コンスティテューション・ホールの汚染エリア内 コンスティテューション・ホールの汚染エリア内にアウトキャストの箱がある。 道なりに進んで奥の書庫にある。 汚染エリアへの入り方を一応記述する。 黄色いクレーン車の付近からパルクールで登って入れる。 入った先でもパルクールで登って進む。 行き止まりの窓の向こうへ行けば、あとは迷わないと思う。 コントロールポイント『ツタのトンネル』からの地下通路の先 コンスティテューション・ホールにあるコントロールポイント『ツタのトンネル』にパトカーがある。 その近くに扉があって、進むと地下通路となる。 地下通路をひたすら右壁沿いに進めばたどり着く。 ただし、 下り階段は無視。 広い部屋の2階で施錠付きの扉があるので、その中にアウトキャストの箱がある。 コントロールポイント『ツタのトンネル』の北にあるトラック内 コンスティテューション・ホールにあるコントロールポイント『ツタのトンネル』から、通りに出て北に進むと、道を塞ぐようにして青いトラックが止まっている。 後ろの扉が開いており、その中にアウトキャストの箱がある。 コントロールポイント『タクシーの墓場』の上 フォギーボトムにあるコントロールポイント『タクシーの墓場』にアウトキャストの箱はある。 梯子を使って上に登り、西側にU字ロックで施錠された一角がある。 そこの中。 コントロールポイント『トルーマン』南南西のコンテナ置き場 コンスティテューション・ホールにあるコントロールポイント『トルーマン』から、通りを南下して西ポトマック公園のエリアに入ったあたりで、広いコンテナ置き場がある。 コンテナの上にアウトキャストの箱があるので、パルクールで登ってとる。 近くに携帯機器もあるので、初来訪であれば場所はすぐわかる。 リンカーン記念堂の北西の広場 上述したコンテナ置き場の南西あたり。 高めの位置で貨物部が横転したトラックがあるので、それを目印にたどり着ける。 座標は、N1180、E1414。 リンカーン記念堂の北面 メインミッション『リンカーン記念堂』の北側に面した場所に、アウトキャストの箱がある。 夜にくると灯りが灯っていてわかりやすい。 リンカーン記念堂西のテント脇 メインミッション『リンカーン記念堂』の西にアウトキャストの箱がある。 テントはいくつかあるが、ポトマック川に近いテントの脇にある。 コントロールポイント『スリーピング・ジャイアント』の南南東 フォギーボトムにあるコントロールポイント『スリーピング・ジャイアント』のすぐ南側交差点のあたり。 Virginia Ave NW。 茶色い建物がよく目立っている。 わかりやすく置かれているが、目的を持ってこないと意外と気が付かないかも。 コントロールポイント『スリーピング・ジャイアント』の南南東の建物内地下 茶色い建物内に入り、道なりに進むと地下1階にアウトキャストの箱がある。 セーフハウス『トルーマン』の北 フォギーボトムのセーフハウス『トルーマン』を北上した曲がり角のあたり。 外壁の内側なのだが、コンテナ側から登って入れる。 座標はN1650、E1651のあたり。 セーフハウス『トルーマン』西T字路 フォギーボトムのセーフハウス『トルーマン』の西のT字路に、金網フェンスで仕切られた一角がある。 U字ロックを外して入れば、アウトキャストの箱がある。 南に見える建物はアメリカ平和研究所かな。 コントロールポイント『茂み』裏の粗大ごみ置き場 ウェストエンドのコントロールポイント『茂み』の脇にある小道を通って裏にいくと、駐車場のような場所に出る。 そこから北東側の小道に入ると、U字ロックされた粗大ごみ置き場らしき場所があり、そこにアウトキャストの箱がある。 セーフハウス『アティック』の東 ウェストエンドのセーフハウス『アティック』から『H St NW(Hストリート・ノースウェスト)』の通りを2区画ほど東に移動する。 すると黄色のパラソルが通りに見えてくる。 そこの北側に面した建物の屋上にて、白のパラソルの下にアウトキャストの箱がある。 現実世界ではジョージ・ワシントン大学経営大学院がある場所のようだが、その面影はないような……。 建物の屋上にあがるには、扉を抜けて梯子を登る必要があるが、扉は鍵がかかっている。 これは裏側からU字ロックを銃撃して壊せばいい。 上の画像は開けた後のもの。 建物に向かって右側高所の壊れたフェンス越しに、扉の裏を狙い撃てる。 フォギーボトム内の北東にある区域 近くにランドマーク的なものがないので説明に困る。 フォギーボトムの地域内の北東。 ダウンタウン・ウェストの渡る手前。 リアルではチャールズ・E・スミス・センターがある場所。 座標でいえば、N1930、E1734のあたり。 外階段を一番上まで上り、屋上にパルクールで上がる。 その屋上の東側にアウトキャストの箱がある。 ダークゾーンウエスト付近の埠頭(ガレージ外) ダークゾーンウエストから南下し、ロック川を渡ると埠頭らしき場所がある。。 建物の西の、これ以上行けないという場所にアウトキャストのクレートはある。 ダークゾーンウエスト付近の埠頭(ガレージ内) ダークゾーン西から南下してロック川を渡った先の埠頭には、ガレージの中にもアウトキャストの箱がある。 右4つ目のガレージが開けられ、目の前にある。

次の

アウトキャスト シーズン1|FOX|FOX ネットワークス

アウトキャスト

アウト・キャストは、東京で活躍していた渡辺プロ所属バンド "ブルー・エース" の水谷淳と大野良治に、轟健二、中沢啓光、穂口雄右、片桐周一の6名で1966年春に結成されたが、デビュー前に片桐周一が離脱する。 代わりに藤田浩一が参加。 結成からレコード・デビューまでには時間が掛かってしまったが、翌年の1967年1月25日「友達になろう」でレコード・デビューを果たした。 デビュー間もない夏から秋にかけて、メンバーも2名が抜け、1967年秋には4名での活動となってしまった。 ギターテクニックだけでは生存出来ぬ世界ゆえなのか、はたまた事務所の都合なのか、GSとしては黄金期の1968年3月に解散してしまった。 最後まで残った大野良二に "トニー谷"の次男である谷かつみら4名を加えて同年4月1日には再結成するもシングル「空に書いたラブレター」1曲だけのリリースとなり1969年には解散に追い込まれていった。 また、離脱した 水谷淳と 轟健二は「アダムス」、 藤田浩一は「ラヴ」 を結成し、GSとしての再起を図った。 アウト・キャストは、 実力が有るだけでは人気に恵まれなかったグループの 代表格 ではなかっただろうか。 その後プロに転向、渡辺プロ所属 エレキ・バンド "ブルー・エース" でリズムギターを担当していた。 アウトキャスト解散後、轟健二と共に " " を結成。 その後、ジャズ・ミュージシャンである市原宏祐率いるセッション・バンド "LOVE LIVE LIFE" に参加。 更に、"ピープル" 、"水谷公生&トライブ" と経て、スタジオミュージシャンとして、また作曲家としても活躍した。 2003年には、元 "フローラル" 柳田ヒロとのデュオ・ユニット "MA-YA" を結成。 現在は、浜田省吾の音楽パートナーとして、音楽制作チーム "Fairlife" のサウンド・プロデューサーである。 轟 健二 (本名 : 松崎澄夫) 1948年3月20日/東京・渋谷生まれ アウトキャスト解散後、水谷淳と共に " " を結成。 その後は、"キャンディーズ" の音楽プロデューサーなども務め、1988年5月(株 パブリッシャーハウスアミューズ(現・ 株 アミューズ)入社。 2005年4月に代表取締役社長に就任する。 2007年6月、取締役副会長になり現在は引退。 その後、同氏が育てたビギンの地元石垣島の焼酎を販売する会社とプロデュース会社を設立、現在も継続中。 最近では、ベーシストの大野良二さん、元アイドルスの田中光男さん、元寺内タケシとブルージーンズ(第三期)のドラマー山本進一さんと銀座のライブハウスでオールディズのバンドを 趣味で結成し活動しているそうです。

次の