マリックスライン。 マリックスライン

事業内容

マリックスライン

沖縄に残っている唯一の長距離航路、鹿児島〜奄美群島〜沖縄本島で、沖縄本島の那覇から鹿児島県の与論島まで「フェリーあけぼの」に乗船しましたが、その帰り道「クイーンコーラルプラス」に乗船しました。 帰りも141kmで4時間弱の昼間の航海になります。 船は前日の夕方に鹿児島港を出港してきたものです。 与論島のフェリーターミナルは、岸壁から少し離れた高台の上にあります。 水色のラインが特徴的な建物です。 ターミナルの中は新しく綺麗です。 椅子が並んだスペースがメインで、売店と軽食コーナー、授乳室、トイレ、自動販売機などがあります。 チケット窓口は通常は無人のようで、乗船受付時間になると係員がやってきて販売開始です。 14:10発の那覇行では12:40〜13:50が受付時間のようです。 出港20分前でも13:50には係員は居なくなるようでした。 この日は約20分遅れの14:00入港予定とのことでした。 マリックスラインのチケットは縦長でした。 那覇まで2,820円です。 14時には300m 徒歩4分 離れた岸壁に移動するように案内があって、チケットカウンターの係員は帰っていきました。 まだ船が来ていない岸壁に移動します。 13:45、北側から「クイーンコーラルプラス」がやってきました。 沖で一旦ストップして向きを変えてバックで入港してきます。 5,910総トンの船体は、長距離航路としては小さなサイズですが、離島の港で見るととても大きく感じます。 船が着岸すると、船尾のランプウェイが開き短い停泊時間に荷役が始まりました。 定刻では13:40入港14:10出港の30分間です。 このときすでに14時近くになっています。 まず、タラップを与論島で下船して来る人が降りてきます。 沖縄本島に近い島なので鹿児島・奄美側からは少ないかなと思いましたが、結構多くいました。 続いて乗船する人が乗船します。 チケットはタラップを入口で係員に見せます。 この日も使用されていたのは4Fだけのようでした。 本船も2等メインで個室は数えるほど オレンジ色の部分 しかありません。 実際に利用率は2等が多いようです。 指定された2等室は区画が仕切られていない昔ながらのスタイルでした。 利用者が多く狭く感じましたので2等室は使用せず、レストランなどの休憩スペースで過ごすことにしました。 こちらは、2等洋室です。 ドアが開いていて見える範囲ではあまり利用が無いようで広々としていました。 これとは別に8名部屋の2等寝台があり、この2つは別の等級になって料金も異なっています。 部屋の人数が少ないだけで特に違いはないようですが、不思議な設定です。 レストランは営業時間外も開放されていて休憩スペースになっていました。 ここもテレビでオリンピックの観戦場所になってました。 最上階の5階は、広い甲板になっています。 船首のクレーンも使ってコンテナを下ろしていました。 真ん中の白い屋根のある構造物が岸壁の待機場所です。 本船には与論島からのタンクローリーも乗船していましたので、危険物積載船を示すA旗を揚げています。 那覇から朝タンクローリーを積んできて、与論島に到着して2時間で積荷を下ろして那覇に戻っていくようです。 14:20、約10分遅れで与論島を出港しました。 出港のときに汽笛を1回鳴らしていました。 岸壁から少し離れて前進すれば大海原の真ん中にすぐ出ることができます。

次の

マリックスライン

マリックスライン

「クイーンコーラルプラス」は、「クイーンコーラル」の代替船として2008年に鹿児島〜沖縄航路に就航しました。 約730kmの距離を途中離島に寄港しながら航行するため、約25時間かけてのゆっくりとした航海になります。 沖縄航路は、離島航路のため通常の長距離フェリーとは異なり、貨客船と呼ばれる乗客が車を直接載せないコンテナ貨物中心の航路になります。 また、途中狭い離島の港に出入りするため比較的小型の船体になっています。 鹿児島〜沖縄航路は、マルエーフェリーと1日毎に交互にそれぞれ2隻の船で運航していて、マリックスラインの便は1日毎ですが、その他の日はマルエーフェリーの便が出ています。 鹿児島港や那覇港での折返しまでの時間も長いため、遅延が生じても折り返し便に影響が出ることはあまりありません。 荒天による欠航は長距離フェリーよりは多いかと思います 客室は、バス・トイレ付きの特等から、雑魚寝の相部屋の2等までひと通り揃っています。 1等には1名個室もあり、沖縄航路の中では充実した客室構成です。 パブリックスペースは、レストランや売店、ペットルーム、コインロッカーのほか、沖縄航路としては唯一大浴場があります。 ・ ・.

次の

沖縄ー奄美群島ー鹿児島を繋ぐフェリー。マリックスラインとマルエー。

マリックスライン

沿革 [ ]• (昭和28年): 照国海運株式会社が、鹿児島 - 奄美航路を開設。 (昭和34年): 照国郵船株式会社を設立。 翌年、グループ親会社の照国海運から鹿児島-奄美航路を承継。 (昭和47年) : 鹿児島 - 奄美大島 - 与論航路をフェリー化、旅客重視構造の「クイーンコーラル」(初代)就航。 1972年(昭和47年): 鹿児島 - 奄美大島 - 与論航路を沖縄(那覇港)まで延長。 (昭和50年): による更生手続きを開始(事実上の倒産)。 会社更生法の申請に至った理由として、同年9月に照国海運がタンカーの大量発注など誤った施策により破綻・倒産した影響のほか、のによる一時的な観光需要に合わせて就航させた旅客重視の大型船建造、当時の子会社()による「」シリーズの多額の建造費、後の燃料費の高騰などが経営に悪影響を及ぼしたとされる。 倒産後は更生管財人の下、新体制にて会社再建を行うこととなる。 (平成 2年) : 会社更生法による更生手続きの終結に伴い社名を マリックスライン株式会社に変更。 (平成13年): への寄港を開始。 (平成22年) : 社名変更20周年の記念行事として、無料招待による「マリックスラインおかげさまで20周年記念事業錦江湾クルージング」を実施。 航路 [ ]• - () - (亀徳港) - (和泊港) - (与論港) - -• 全区間にて、(鹿児島航路限定)と相互利用可能。 鹿児島港 - 奄美大島(名瀬港)の区間のみ、と相互利用可能。 奄美大島名瀬港以外各離島とも使用港が外海と面していて天候などの影響を受けやすく、欠航しないまでも寄港地の変更や寄港しないこと(抜港)などの条件付き運航もあり荒天が予想されるときには大きな影響が出ることがある。 台風や冬場の季節風などによる荒天によって、欠航便が発生した後、運航再開時に臨時便や変則運航が設定されることがある。 フェリーとして各離島間の物流の要として機能しているため、農繁期や引っ越し時期など貨物量が増加する時期は各離島経由する運航形態により各寄港地の停泊予定時間を超過し、遅延が寄港する度に加算され最終目的地で大幅に遅延することもある。 船舶 [ ] は紺色ラインの中にアルファベットの「M」が白色で書かれている 船体の塗装は上半分がアイボリー、下半分が青、船体前方側面に「MARIX LINE」と書かれている。 就航中の船舶 [ ]• 1999年3月竣工、同年9月就航。 4,945総トン。 全長140. 81m、全幅20. 0ノット(最大24. 1ノット)。 旅客定員300名 臨時定員798名)。 積載数:トラック 8t 27台・乗用車72台・コンテナ 10ft 242個など。 川尻工場建造。 と共有。 船体規模に対しエンジン出力が大きい為、 船体振動や騒音が大きい [ ]。 2008年12月3日就航。 5,910総トン、全長143. 30m、幅21. 4ノット。 旅客定員470名(臨時定員800名)。 積載数:大型車26台・乗用車44台・コンテナ 10ft 238個など。 神田造船所川尻工場建造。 建造費約40億円。 鉄道建設・運輸施設整備支援機構と共有。 「クイーンコーラル」の代替として就航。 従来船に無い設備として、1等1名室、2等洋室(2段ベッド)、ペット室などを設ける。 また、現存する沖縄航路のフェリーでは唯一大浴場を設けている。 船名のPLUSは、" Pleasant, Luxury and Utility Ship"の略、「楽しく、心地よい、多目的・実用的な船」の意味がある。 かつて就航していた船舶 [ ]• 照国丸 1,500総トン。。 はいびすかす 2,500総トン。 貨客船。 1972年7月就航、1986年10月引退。 6,385. 84総トン、全長128. 55m、幅17. 4m、出力9,000ps、航海速力23. 0ノット。 積載数:乗用車75台。 林兼造船長崎造船所建造。 フェリー化第1船。 1983年に引退後復帰したが「クイーンコーラル7」就航にともない引退。 のち、日本国外()に売却。 2000年に解体。 (1975年開催)を控えて観光客輸送を重視した仕様とされたため、離島航路にも関わらずトラックやコンテナが積載不可能だった ほか、個室や娯楽空間を多く設けるなど行楽客を意識した船内設備や、優美な外観とするためランプウェイが特殊構造 となるなど、照国郵船の子会社「日本高速フェリー」(現在の)の「」と同様な「豪華フェリー」として建造された。 航路事情に合わない豪華船だったため、1975年末の会社更生法申請(事実上の事業破綻)の要因のひとつとなってしまった。 1975年4月就航。 1983年6月引退。 フェリー化第2船。 クイーンコーラルの拡大型として、同様な豪華フェリーのコンセプトで建造された。 引退後はの所有となり、「くいーんふらわあ2」に改名のうえにされた。 1995年2月、日本国外に売却。 1982年11月就航、1993年10月「クイーンコーラル」(2代目)就航にともない引退。 1986年10月就航、1999年9月「クイーンコーラル8」就航にともない引退、中国のフェリー会社に売却された。 1993年3月竣工、同年10月就航、2008年12月引退。 4,924総トン、全長140. 01m、全幅20. 50m、出力13,500PS、航海速力20. 1ノット(最大22. 2ノット)。 旅客定員500名。 積載数:トラック27台・乗用車66台・コンテナ 8f 236個。 林兼船渠長栄造船所建造。 僚船の「クイーンコーラル8」のほか、同航路を運航するの船舶とも速度差があったため、運航時刻が別立てになっていた。 また、引退前にはたびたび機器故障が発生していた。 2008年12月、「クイーンコーラルプラス」就航にともない引退後、()に売却。 改修後「」と改称のうえ、の悲願であった「環日本海横断定期航路」 に2009年6月29日に就航した。 関連会社 [ ]• マリックス物流サービス株式会社 - 貨物自動車運送事業、船舶給油 代理店)、船給納入• 鹿児島通運株式会社 - 貨物自動車運送事業、通運取扱業、JRコンテナ輸送• 薩摩倉庫運輸株式会社 - 貨物自動車運送事業、倉庫業• 明昭産業株式会社 - 九州運輸局指定民間車検工場、指定工場、損害保険代理店• トランスネット沖縄株式会社 - 船舶代理店業、自動車運送事業、貨物運送取扱事業、貨物利用運送事業 CM [ ] CM曲 『』が船内で流れる。 CDは公式で購入可能。 参考文献 [ ]• にっぽん全国たのしい船旅2007-2008 - イカロスMOOK(2007年8月発行)• 『名船の條件 照国郵船クイーンコーラル』島海龍雄・著(p. 100-p. 101)• 日本船舶明細書I 2008年版 - 社団法人 日本海運集会所(2007年12月30日発行) 脚注 [ ] []• - マリックスライン(2011年4月29日閲覧)• - 南日本新聞(2008年11月29日付、2009年3月1日閲覧)• 但し、離島航路船として生鮮食料品等の輸送のため、当初より船内に冷蔵貨物倉を設けていた他、1977年には船橋前の前甲板と煙突後方のプール撤去後のスペースに12ftコンテナを積載するよう改装され、限定的ながら貨物輸送能力が付加された。 開口部に蝶番式の蓋を設けた格納式になっていたが、1977年2月に通常の大型サイドランプに改造された。 クイーンコーラルと同様に冷蔵貨物倉を有していた他、こちらは少数ながらトラックの積載が可能で、左舷側に大型サイドランプを設けていた。 後に甲板上に12ftコンテナの積載能力を設ける改装を受けた点はクイーンコーラルと同様。 、 - マリックスライン• 航路は、(韓国・)-(日本・)-(・)。 DBSクルーズ公式HP -(2010年6月7日閲覧) 関連項目 [ ]• - 同じ区間の貨客航路などを運航する奄美市の海運会社。 - かつての子会社である日本高速フェリー(現 )が就航させた豪華フェリー。 また、商船三井フェリーとで使用されているブランド名。 - 映画。 照国郵船時代に、クイーンコーラル(初代)が日本高速フェリー「さんふらわあ」と共に撮影で使用されている。 外部リンク [ ]•

次の