フリウェル uld 避妊効果ない。 医療用医薬品 : フリウェル

ルナベルuldの避妊効果について

フリウェル uld 避妊効果ない

薬剤名等 臨床症状・措置方法 機序・危険因子 副腎皮質ホルモン プレドニゾロン 等 三環系抗うつ剤 イミプラミン 等 セレギリン塩酸塩 シクロスポリン テオフィリン オメプラゾール これらの薬剤の作用が増強するおそれがある。 本剤はこれらの薬剤の代謝を抑制すると考えられる。 チザニジン これらの薬剤の作用が増強するおそれがある。 本剤は肝の薬物代謝酵素(CYP1A2)を阻害し、この薬剤の代謝を抑制すると考えられる。 リファンピシン リファブチン 本剤の効果の減弱化及び不正性器出血の発現率が増大するおそれがある。 これらの薬剤は肝の薬物代謝酵素(CYP3A4等)を誘導し、本剤の代謝を促進すると考えられる。 バルビツール酸系製剤 フェノバルビタール 等 ヒダントイン系製剤 フェニトインナトリウム 等 カルバマゼピン ボセンタン モダフィニル トピラマート 本剤の効果の減弱化及び不正性器出血の発現率が増大するおそれがある。 これらの薬剤は肝の薬物代謝酵素を誘導し、本剤の代謝を促進すると考えられる。 テトラサイクリン系抗生物質 テトラサイクリン 等 ペニシリン系抗生物質 アンピシリン 等 本剤の効果の減弱化及び不正性器出血の発現率が増大するおそれがある。 これらの薬剤は腸内細菌叢を変化させ、本剤の腸肝循環による再吸収を抑制すると考えられる。 テルビナフィン塩酸塩 黄体ホルモン・卵胞ホルモン配合剤との併用で、月経異常があらわれたとの報告がある。 機序不明 Gn-RH誘導体 ブセレリン酢酸塩 等 これらの薬剤の作用を減弱するおそれがある。 これらの薬剤は性ホルモンの分泌を低下することにより薬効を示すため、性ホルモンである本剤の投与によってこれらの薬剤の効果を減弱する可能性が考えられる。 血糖降下剤 インスリン製剤 スルフォニル尿素系製剤 スルフォンアミド系製剤 ビグアナイド系製剤 等 血糖降下剤の作用が減弱するおそれがある。 血糖値その他患者の状態を十分観察し、血糖降下剤の用量を調節するなど注意する。 本剤は耐糖能を低下させ、血糖降下剤の作用を減弱させると考えられる。 ラモトリギン モルヒネ サリチル酸 これらの薬剤の血中濃度が低下するおそれがある。 本剤はこれらの薬剤のグルクロン酸抱合を促進すると考えられる。 テラプレビル エチニルエストラジオールのAUCが低下するおそれがある。 機序不明 HIVプロテアーゼ阻害剤 ネルフィナビルメシル酸塩 ホスアンプレナビル(リトナビル併用時) エチニルエストラジオールの血中濃度が低下するおそれがある。 機序不明 リトナビル ダルナビル(リトナビル併用時) エチニルエストラジオールの血中濃度が低下するおそれがある。 リトナビルは薬物代謝酵素を誘導し、本剤の代謝を促進すると考えられる。 ロピナビル・リトナビル配合剤 エチニルエストラジオールの血中濃度が低下するおそれがある。 この薬剤は薬物代謝酵素を誘導し、本剤の代謝を促進すると考えられる。 非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤 ネビラピン エチニルエストラジオールの血中濃度が低下するおそれがある。 機序不明 HIVプロテアーゼ阻害剤 アタザナビル インジナビル 本剤の血中濃度が上昇するおそれがある。 これらの薬剤は本剤の代謝酵素(CYP3A4)を阻害すると考えられる。 非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤 エトラビリン 本剤の血中濃度が上昇するおそれがある。 この薬剤は本剤の代謝酵素(CYP2C9)を阻害すると考えられる。 アプレピタント ホスアプレピタント 本剤の効果が減弱されるおそれがある。 機序は解明されていないが、これらの薬剤との併用により本剤の代謝が亢進すると考えられる。 フルコナゾール 本剤の血中濃度が上昇するおそれがある。 フルコナゾールは本剤の代謝酵素(CYP3A4)を阻害すると考えられる。 ボリコナゾール 本剤の血中濃度が上昇するおそれがある。 ボリコナゾールの血中濃度が上昇するおそれがある。 ボリコナゾールは本剤の代謝酵素(CYP3A4)を阻害すると考えられる。 本剤がボリコナゾールの代謝酵素(CYP2C19)を阻害すると考えられる。 アセトアミノフェン 本剤の血中濃度が上昇するおそれがある。 アセトアミノフェンの血中濃度が低下するおそれがある。 アセトアミノフェンはエチニルエストラジオールの硫酸抱合を阻害すると考えられる。 本剤が肝におけるアセトアミノフェンのグルクロン酸抱合を促進すると考えられる。 ルフィナミド 本剤の効果が減弱化するおそれがある。 機序不明 セイヨウオトギリソウ(St. John's Wort、セント・ジョーンズ・ワート)含有食品 本剤の効果の減弱化及び不正性器出血の発現率が増大するおそれがあるので、本剤投与時はセイヨウオトギリソウ含有食品を摂取しないよう注意すること。 この食品は肝の薬物代謝酵素を誘導し、本剤の代謝を促進すると考えられる。 副作用.

次の

フリウェルLDの避妊効果について

フリウェル uld 避妊効果ない

月経困難症を適応症とするルナベル配合錠は黄体ホルモンとして半世紀を超える使用実績のあるノルエチステロン NET 、卵胞ホルモンとしてエチニルエストラジオール EE を含有するエストロゲン/プロゲスチン製剤です。 そして、2013年6月に月経困難症治療薬として「ルナベル配合錠ULD」が承認されました。 フリウェル配合錠LD 「フリウェル配合錠LD」は、「ルナベル配合錠LD」のジェネリック医薬品です。 「ルナベル配合錠LD」と同じ、月経困難症の適応を持つ薬剤で、 薬剤の特徴および目的は、ルナベル配合錠LDに準じたかたちになります。 後発医薬品ですので、患者様の薬剤費の負担が安く抑えられるというメリットがあります。 ヤーズ(超低用量ピル)は子宮筋腫など器質性疾患の有無にかかわらず月経困難症の軽減目的で発売され、現在発売されている低用量ピルよりもエストロゲンの量がさらに少ない量となっています。 既存の低用量ピルのエストロゲン量は0. 03~0. 04㎎に対し、ヤーズのエストロゲン量は0. 02㎎ また、含まれる黄体ホルモンは日本では初めての合成ホルモンであるドロスピレノン DRSP を含み、生体内の自然な黄体ホルモンの働きに近いため副作用が出にくいとされています。 海外では主に避妊薬として認可を受けており、避妊効果もあるのですが、日本ではそれを目的で使用できません。 また、海外ではPMSやにきびの治療薬としても認可されています。 ルナベル・フリウェルとヤーズの違いについて ルナベル・フリウェルは子宮内膜症に伴う月経困難症および機能性月経困難症の治療薬です。 月経に伴う疼痛を改善され子宮内膜症性のう胞の縮小と、子宮内膜症の血液マーカー CA125 の低下が認められています。 ルナベル・フリウェルはの内容はOC(低用量ピル)『オーソ』と全く同じ成分なので、エストロゲンの量は『ヤーズ』に比べて多いです。 機能性月経困難症の治療には『ヤーズ』『ルナベル・フリウェルは』のどちらを選択するかは、ご相談ください。 ヤーズフレックス ヤーズフレックス配合錠は、国内で初めて連続服用が可能となったLEP製剤です。 定期的な休薬期間(月経のような出血)がないため、休薬期間に多くみられるホルモン関連症状(骨盤痛、頭痛、腹部膨満感、乳房痛など)の減少が期待できるほか、自由に月経をコントロールすることができます。

次の

フリウェル配合錠LD「あすか」 フリウェル配合錠ULD「あすか」

フリウェル uld 避妊効果ない

薬剤名等 臨床症状・措置方法 機序・危険因子 副腎皮質ホルモン プレドニゾロン等 三環系抗うつ剤 イミプラミン等 セレギリン塩酸塩 シクロスポリン テオフィリン オメプラゾール これらの薬剤の作用が増強するおそれがある。 本剤はこれらの薬剤の代謝を抑制すると考えられる。 チザニジン これらの薬剤の作用が増強するおそれがある。 本剤は肝の薬物代謝酵素 CYP1A2 を阻害し、この薬剤の代謝を抑制すると考えられる。 リファンピシン リファブチン 本剤の効果の減弱化及び不正性器出血の発現率が増大するおそれがある。 これらの薬剤は肝の薬物代謝酵素 CYP3A4等 を誘導し、本剤の代謝を促進すると考えられる。 バルビツール酸系製剤 フェノバルビタール等 ヒダントイン系製剤 フェニトインナトリウム等 カルバマゼピン ボセンタン モダフィニル トピラマート 本剤の効果の減弱化及び不正性器出血の発現率が増大するおそれがある。 これらの薬剤は肝の薬物代謝酵素を誘導し、本剤の代謝を促進すると考えられる。 テトラサイクリン系抗生物質 テトラサイクリン等 ペニシリン系抗生物質 アンピシリン等 本剤の効果の減弱化及び不正性器出血の発現率が増大するおそれがある。 これらの薬剤は腸内細菌叢を変化させ、本剤の腸肝循環による再吸収を抑制すると考えられる。 テルビナフィン塩酸塩 黄体ホルモン・卵胞ホルモン配合剤との併用で、月経異常があらわれたとの報告がある。 機序不明 Gn-RH誘導体 ブセレリン酢酸塩等 これらの薬剤の作用を減弱するおそれがある。 これらの薬剤は性ホルモンの分泌を低下することにより薬効を示すため、性ホルモンである本剤の投与によってこれらの薬剤の効果を減弱する可能性が考えられる。 血糖降下剤 インスリン製剤 スルフォニル尿素系製剤 スルフォンアミド系製剤 ビグアナイド系製剤 等 血糖降下剤の作用が減弱するおそれがある。 血糖値その他患者の状態を十分観察し、血糖降下剤の用量を調節するなど注意する。 本剤は耐糖能を低下させ、血糖降下剤の作用を減弱させると考えられる。 ラモトリギン モルヒネ サリチル酸 これらの薬剤の血中濃度が低下するおそれがある。 本剤はこれらの薬剤のグルクロン酸抱合を促進すると考えられる。 テラプレビル エチニルエストラジオールのAUCが低下するおそれがある。 機序不明 HIVプロテアーゼ阻害剤 ネルフィナビルメシル酸塩 ホスアンプレナビル リトナビル併用時 エチニルエストラジオールの血中濃度が低下するおそれがある。 機序不明 HIVプロテアーゼ阻害剤 リトナビル ダルナビル リトナビル併用時 エチニルエストラジオールの血中濃度が低下するおそれがある。 リトナビルは薬物代謝酵素を誘導し、本剤の代謝を促進すると考えられる。 HIVプロテアーゼ阻害剤 ロピナビル・リトナビル配合剤 エチニルエストラジオールの血中濃度が低下するおそれがある。 この薬剤は薬物代謝酵素を誘導し、本剤の代謝を促進すると考えられる。 非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤 ネビラピン エチニルエストラジオールの血中濃度が低下するおそれがある。 機序不明 HIVプロテアーゼ阻害剤 アタザナビル インジナビル 本剤の血中濃度が上昇するおそれがある。 これらの薬剤は本剤の代謝酵素 CYP3A4 を阻害すると考えられる。 非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤 エトラビリン 本剤の血中濃度が上昇するおそれがある。 この薬剤は本剤の代謝酵素 CYP2C9 を阻害すると考えられる。 アプレピタント ホスアプレピタント 本剤の効果が減弱されるおそれがある。 機序は解明されていないが、これらの薬剤との併用により本剤の代謝が亢進すると考えられる。 フルコナゾール 本剤の血中濃度が上昇するおそれがある。 フルコナゾールは本剤の代謝酵素 CYP3A4 を阻害すると考えられる。 ボリコナゾール 本剤の血中濃度が上昇するおそれがある。 ボリコナゾールの血中濃度が上昇するおそれがある。 ボリコナゾールは本剤の代謝酵素 CYP3A4 を阻害すると考えられる。 本剤がボリコナゾールの代謝酵素 CYP2C19 を阻害すると考えられる。 アセトアミノフェン 本剤の血中濃度が上昇するおそれがある。 アセトアミノフェンの血中濃度が低下するおそれがある。 アセトアミノフェンはエチニルエストラジオールの硫酸抱合を阻害すると考えられる。 本剤が肝におけるアセトアミノフェンのグルクロン酸抱合を促進すると考えられる。 ルフィナミド 本剤の効果が減弱化するおそれがある。 機序不明 セイヨウオトギリソウ St. John's Wort、セント・ジョーンズ・ワート 含有食品 本剤の効果の減弱化及び不正性器出血の発現率が増大するおそれがあるので、本剤投与時はセイヨウオトギリソウ含有食品を摂取しないよう注意すること。 この食品は肝の薬物代謝酵素を誘導し、本剤の代謝を促進すると考えられる。 99 1. 9 9. 6 90. 30 ノルエチステロン 標準製剤 錠剤、1mg 13. 30 1. 5 9. 2 90. 70 エチニルエストラジオール フリウェル配合錠LD「サワイ」 0. 034 1. 8 15. 7 1. 339 エチニルエストラジオール 標準製剤 錠剤、0. 035mg 0. 029 1. 3 16. 9 1. 96 1. 7 9. 2 90. 34 ノルエチステロン 標準製剤 錠剤、1mg 14. 07 1. 8 8. 2 93. 22 エチニルエストラジオール フリウェル配合錠ULD「サワイ」 0. 028 1. 6 8. 6 0. 242 エチニルエストラジオール 標準製剤 錠剤、0. 02mg 0. 028 1. 3 8. 6 0. 260.

次の