ウインディ 育成。 【ダブル】ウインディの育成論と対策【ポケモン剣盾】

【ポケモン剣盾】ウインディの型紹介①物理耐久型②チョッキ型③アタッカー型④物理特殊両受け型【ウインディ育成論】

ウインディ 育成

ウインディ育成論です。 高スペックで技に恵まれているにもかかわらず、雨と砂やドラゴンに弱い点が目立ち、ガチ環境ではあまり使われていません。 でも見た目はカッコイイし環境次第で一線級になれる可能性があるポケモンです。 「バンギラスに強い炎タイプ」という点だけでも十分強いと思います。 色々考えていたのですが、このポケモンには鉢巻を持たせるのもアリだと思いました。 使い方は鉢巻カイリューと似ています。 AぶっぱするとL50実数値178で、陽気鉢巻カイリュー(A186)の神速と威力がほとんど変わりません。 HPが1でも残っていたら残しておく価値ができます。 一般的に、ウインディで鉢巻は使われません。 それはなぜか? 自分より素早いポケモンに対しとどめの神速を打ち込めない点や、広い技範囲からの打ち分けができないと考えられているからです。 しかしウインディは炎ポケモンであり、鋼が受けに出てくることはまずありません(ヒードランもインファイト持ちには出しにくいでしょう)。 そこで BW2で取得した逆鱗が一貫して入るのです。 耐久水が出てきても、スイクンクラスの物理耐久がなければ逆鱗2発で落ちます。 A178の鉢巻逆鱗=A182ガブリアスの逆鱗とほぼ同じ威力が出ます。 不一致とはいえけっこうな火力になります。 ウインディの逆鱗は一般的ではないのでドラゴンに後出しされやすいポケモンですが、そんな後出しは許しません! 逆鱗を使う以上、命の珠を持たせるよりはこだわってしまって問題ないです。 さきほども言いましたが、HPが1でも残っていればカイリューと同じように終盤の鉢巻神速で抜いていく使い方ができます。 神速を持っている点はウインディを使う大きな理由でもありますからね。 またシャンデラやギャラドスに対して、本来ならかみくだくやワイルドボルトによってピンポイントな対策技を選択しなければならなかったのが、逆鱗なら等倍120でどちらにも入ります。 (ギャラにはワイルドボルトがないと勝つのは厳しいですが) 基本は高速紙耐久ポケモンは神速2発で落とし、ウインディより素早さの低いポケモンは鉢巻フレドラか鉢巻逆鱗で落としにいく使い方になります。 インファイトもそれなりに一貫性はありますが、耐久減が気になるので、格闘弱点ポケ対面時に打つか逆鱗で固定されたくない場合に打ちます。 (2発目の逆鱗を鋼に受けに来られても大丈夫なのですが、3ターン続いてしまうと困ることもあります^^;) 技が固定されてしまい神速に切り替えることができないデメリットはありますが、このウインディは今までのウインディと違って 使い捨てのような感じではなく、逆鱗を打ち込んでピヨったら引っ込んで最後に神速で抜いていくという使い方をします。 入れ替え時にいかくを入れ直せるメリットもあります。 まあデメリットはありながらも、個人的には使い勝手は良好でした。 命の珠だと微妙に落としきれないことが多いですし消耗が激しすぎる点が気になったので、それを解消できたのは大きかった。 BW2で逆鱗を取得したことで鉢巻を持たせる意味は出てきたと思います。 ウインディ 特性:基本的には「いかく」推奨 性格:いじっぱり 持ち物:こだわりハチマキ 命の珠 達人の帯 技:フレアドライブ インファイト しんそく げきりん その他選択肢:オーバーヒート ワイルドボルト かみくだく 鬼火 寝言 どくどく ほえる など 努力値 AS振りをベースに 素早さに振るのは最速80族(カイリューやマンムー)を抜いておきたかったのと、特にキノガッサやヒードランを意識しています。 カイリューはタイマンなら大体勝てます(竜舞ジュエル逆鱗やスカーフ型以外)ので、ヒードランのついでに抜いておくといいと思います。 火力を捨ててまで最速にするメリットはあまり感じられませんでした。 また鉢巻を持たせることで193-127ヒードランが超高乱数1発 93. テラキオンの一致インファイトと同じくらいの火力ですね。 無振りでも威嚇込みなら陽気ガブの地震やマンムーの地震を 確定で耐えます。 耐久に少し振ればいじっぱりスカーフガブの地震も耐えます。 使用感としては、フレアドライブの試行回数を稼ぐためにHP振りにするのもアリだと思いました。 ウインディは物理型だと耐久がごっそり削れてしまう欠点を持ちますので両刀もありですが、基本的には物理型推奨です。 物理型にするのはインファイトや神速とのシナジーがあるからですが、 ウルガモスに有利という点が大きいです。 鉢巻フレドラで一般的なウルガモスは確定1になります。 ただし昨今のウルガモスはめざ地を持っている可能性がありますので、交換時に舞われたら鉢巻神速で落としにいきます。 (HP振りウルガモスが神速で確定2発。 ガモスが特攻にあまり振ってなければ1舞めざ地を耐える可能性もありますがどちらにせよ神速しかないです。 ) めざ地ウルガモスを特に意識するのであれば、 蝶舞1積みめざ地を耐える程度の耐久調整もアリだと思います。 (C187ウルガの1舞めざ地ならHPに少し振るだけで耐えます。 C205想定だとかなり振らないといけないです。 だいもんじ+めざ地確定耐えは数字が足りない^^;) 炎物理は「鬼火」や「炎の体」がきかないのでやけどに強い点がいいですね。 あと物理型は技の命中率が安定している点も大きなポイントです。 炎タイプは地面と岩の両方に弱いので、相性補完のポケモンを用意し辛いのが欠点ですが、ウインディは威嚇を持っているため、後続の受けの負担が軽くなるのもメリットですね。 あとはまあ・・・色々書きたいことはありますがこの辺で(笑) ウインディはつるぎのまいを覚えたら間違いなく剣舞珠神速型で使っていたと思います(さすがに強すぎか?w) 正直、地面無効だけでもあればガチで使えそう。 ツウ 鉢巻ウインディは僕も使用してますが、使い勝手は十分いいですね。 威嚇込みの結構優秀な耐久と神速、技の命中のおかげで腐ることはほとんどないです。 ぶっちゃけ鉢巻きとは好相性だと思いますね。 使い方はおっしゃる通り、ほぼ同じです。 僕の場合はげきりんのところがかみくだくですが。 ちなみにかみくだくはスカーフシャンデラをほぼ1撃で持っていけます。 特化ブルンゲルは確2、特化ヤドランが中乱数くらい。 フレドラ、インファ、しんそくは確定で、パーティによってかみくだく、ワイボル、げきりんのどれかって感じですかね。 タイマン性能に特化するならHAベース珠が強いんでしょうけど、こちらは珠では落としきれない相手を一撃で落とすもしくは他のポケモンの先制技圏内まで一気に削ることも多いですし、とっておけばおっしゃる通りいかく巻きにしんそくでの掃除に期待できますし。 まぁこだわることに関してはもちろんデメリットもありますが、もっと増えてもいい気はしますね。 ウインディはポテンシャルは非常に高いのに、環境のせいで中堅呼ばわりされてある意味不遇ですよね。 まぁフリーでは十分強ポケクラスだと思いますが。

次の

ウインディ育成論

ウインディ 育成

ページ:• 投稿者:錯誤• コメント 19 みんなの評価 :• 投稿者:わに• コメント 8 みんなの評価 :• 投稿者:よしぞー• コメント 6 みんなの評価 :• 投稿者:わきやく• コメント 14 みんなの評価 :• 投稿者:レオリオ• コメント 11 みんなの評価 :• 投稿者:すている• コメント 4 みんなの評価 :• 投稿者:うれい• コメント 8 みんなの評価 :• 投稿者:てゐ• コメント 11 みんなの評価 :• 投稿者:さばcan• コメント 0 みんなの評価 :• 投稿者:玄宗• コメント 1 みんなの評価 :• ページ:• 投稿者:ニケ• コメント 9 みんなの評価 :• 投稿者:dodai353• コメント 17 みんなの評価 :• 投稿者:露草• コメント 11 みんなの評価 :• 投稿者:ナン• コメント 4 みんなの評価 :• 投稿者:米粉• コメント 18 みんなの評価 :• ページ:• 投稿者:ぶんそん• コメント 3 みんなの評価 :• 投稿者:大天使 ポケモン復帰• コメント 11 みんなの評価 :• 投稿者:ニケ• コメント 44 みんなの評価 :• 投稿者:黒柄• コメント 4 みんなの評価 :• 投稿者:ヤマト• コメント 25 みんなの評価 :• 投稿者:000 Forポケモン ウインディアン• コメント 13 みんなの評価 :.

次の

ゴツメ物理受けウインディ(ポケモンSM)

ウインディ 育成

エルフーンの基本データ HP 60 タイプ くさ こうげき 67 フェアリー ぼうぎょ 85 特性 いたずらごころ とくこう 77 すりぬけ とくぼう 75 夢特性 ようりょくそ すばやさ 116 エルフーンの特徴 特性「いたずらごころ」でサポート 「いたずらごころ」は補助技を先制で打つことができる特性です。 エルフーンは優秀な補助技が多くあり、どの技を持っているかの判断が難しいため、相手が考慮すべき択が多くなることが強力です。 ふくろだたきによる「せいぎのこころ」コンボが強力 エルフーンはあくタイプで複数回攻撃できる ふくろだたきを覚えます。 これにより、 特性「せいぎのこころ」をもつポケモンにふくろだたきを打つとこうげきランクを4段階上昇させることができます。 特性「せいぎのこころ」を持つ主なポケモン… ウインディ 、 ルカリオ エルフーンの技 有用な攻撃技 ムーンフォース タイプ一致技。 エナジーボール タイプ一致技。 ふくろだたき 「せいぎのこころ」コンボを成立させるために必要な技。 マジカルシャイン タイプ一致技。 全体を削りたい時に。 がむしゃら 自分の残りHPになるように相手を攻撃する。 きあいのタスキと相性が良い。 ギガドレイン タイプ一致技。 ダイマックス型での採用がみられる。 ソーラービーム タイプ一致技。 ダイマックスわざの威力を高めたい時はこちら。 有用な補助技 おいかぜ 味方のすばやさを4ターンの間2倍にする。 今作からはおいかぜを打ったターンからすばやさ判定が適用され、強化された。 うそなき 相手1体のとくぼうを2段階下げる。 隣に特殊アタッカーがいる時に使いたい。 ちょうはつ 相手の補助技を3ターンの間無効にする。 トリックルームで切り返してくる相手に打つことがある。 アンコール 3ターンの間前使った技しか出せなくする。 ダイマックス中はアンコールが効かないため注意。 てだすけ 物理ポケモンのサポートもしたい時に。 サイコフィールド時でも使用できる。 にほんばれ 主にサンパワーリザードンを始動するために使用する。 ひかりのかべ 味方の特殊耐久を5ターンの間高める。 なやみのタネ 相手の特性をふみんにする。 特性が強力なポケモンが多いため、採用価値はある。 トリックルーム おいかぜのイメージが強いが、トリックルームも使える。 あまえる 相手の物理ポケモンのこうげきランクを下げる。 すりかえ 相手のポケモンと道具を入れ替える。 相手を機能停止にさせるような道具を持たせたい。 おきみやげ 即時退場して、裏のポケモンにつなげたいときに。 初手からダイマックスで圧力をかけるために、いのちのたまでの採用です。 いのちのたまを持たせることでダイマックスドラパルトをダイジェット+ダイフェアリーで落とせたり、トリトドンの処理を早めたりすることができます。 この型のエルフーンを採用したパーティ 集計期間 順位 10位 6位 2位 3位 4位 4位 4位 3位 3位 2位 4位 3位 2位 5位 2位 3位 5位 5位 13位 15位 16位 13位 9位 7位 7位 9位 6位 エルフーンとの主な組み合わせ ウインディ 特性「せいぎのこころ」のウインディと ふくろだたきを覚えたエルフーンによるコンボが並びとして強力です。 ジュラルドン エルフーン+ジュラルドンがシーズン1終盤から流行っています。 ダイマックスするジュラルドンをエルフーンがおいかぜやうそなきでサポートする組み合わせです。 リザードン エルフーンはおいかぜ、うそなき、にほんばれを先制で打つことができるため、 特性「サンパワー」のリザードンと相性が良いです。 ドラパルト エルフーンと共に採用されるドラパルトは 特殊型であることが多く、ダイマックスしたドラパルトの火力を上げるために うそなきでサポートします。 ウオノラゴン+ヒヒダルマ エルフーン+ウオノラゴン+ヒヒダルマの3体に、ダイマックスで圧力のあるポケモンを加えることで基本選出を作ることができます。 非ダイマックスで高火力の出るこの2体はおいかぜ中に相手を倒しきることに適してます。 また、 このゆびとまれはでふくろだたきを吸うことで「せいぎのこころ」コンボを阻止することができます。 トゲキッス このゆびとまれでふくろだたきを吸うことで「せいぎのこころ」コンボを防げます。 トリックルーム 「メンタルハーブ」や「サイコフィールド」、「このゆびとまれ」を利用してトリックルームを張ることで安定して エルフーンの「おいかぜ」展開を阻止することができます。 さいごに ダブルバトルにおけるエルフーンの育成論と対策について紹介しました! みなさんのパーティ考察や育成の参考になれば幸いです。 記事内容は追加され次第更新していく予定です。 運営代表であり病弱でもある。 体力づくりのためにランニングをしているが、実はそれが原因で体調を崩していることに気付いていない。 すきなパーティはレヒレグロス。 <主な実績> ゲーム部門WCS2018、WCS2019 Day1出場 関連する記事• 2020. 06 レンタルチームID: 0000 0002 0G14 C2 目次 1. はじめに2. 構築経緯3. 構 […][…]• 2020. 28 レンタルチームID:0000 0005 WKLN 3N 以下の記事の日本語訳です。 Dallas P […][…]• 2020. 06 レンタルチームID: 0000 0000 GHW5 3G 目次 1. はじめに2. 構築経緯3. 構 […][…]• 2019. 28 目次 1. はじめに2. シーズン2から使えるキョダイマックスポケモンたち2. バタフリー(キョ […][…]• 2019. 31 目次 1. はじめに2. オーラスフィアとは3. オフレポ3. 会場へ3. 予選開始!3. 3 […][…].

次の