セカンドパートナー 40代。 バツイチ・セカンドパートナー…40代の女性から学ぶ濃厚恋愛事情について

セカンドパートナーを募集できるサイト

セカンドパートナー 40代

もくじ• セカンド パートナーとは? セカンドパートナーとは 「友達以上恋人未満」の関係を築く既婚者同士の男女のことです。 結婚をして法律上結ばれた配偶者とは異なるパートナーを作ることですが、いわゆる「不倫」と何が違うのか気になります。 またお相手が独身でもOKとみなす場合もあります。 一緒に食事をしたり、映画を観たり、手をつないだりすることは不倫にはあたりません。 つまり! 不倫は法律違反ですが、 セカンドパートナーを持つことは法律違反ではないということです。 セカンドパートナーは身体の関係NG 先述しましたが、配偶者以外の異性と性的な交渉をもつことは法律違反であり、罰せられる可能性があります。 よって、 セカンドパートナーとの身体関係は絶対NGです! あくまでも精神的なつながりを求めているのがセカンドパートナーになります。 不倫相手ではなくセカンドパートナーを持つことを選んだということは、 ご自身の家庭が大切なはずです。 「家庭を壊したくない、でも配偶者では満たされない心の隙間を埋めてほしい」 お互いが家庭を大事にしたいもの同士がパートナーになるので、一時的な欲求によって身体の関係をもつことは許されません。 >> セカンドパートナーのメリット・デメリット 実は僕にはセカンドパートナーがいます! 自分の実体験や周囲からの話をもとに、 セカンドパートナーのメリット・デメリットをお伝えしていきます。 セカンドパートナーのメリット:自分磨きに精がでる 家庭内では見向きもされなかった自分が、異性から男として扱われるわけですから自信が湧きやすいです。 毎日同じことの繰り返しだった毎日が、セカンドパートナーの存在だけで変わってみえてきます。 たとえば僕の場合、興味が薄れていたファッションに関心がわきだしました。 たるんだ身体を引き締めようかと、今は筋トレに励んでいる最中です。 男女問わず、好きな相手から「素敵」と思われたい方が大半ではないでしょうか。 恋をするというのは、自分を改善することに対して大きな影響があるなーと再確認できます。 セカンドパートナーのメリット:配偶者からの評価もあがる セカンドパートナーのことを想い取り組む自分磨きが、嫁の心を揺さぶることもあります。 実際、最近服やヘアスタイルがお洒落になったと嫁から褒められました! 子供が生まれてからスキンシップがなかった僕たち夫婦ですが、褒められることはやはりうれしいです。 僕にとって嫁はほかには代えられない存在になります。 嫁に対してトキメキや安らぎはありませんが、失いたくもありません。 セカンドパートナーの存在がきっかけだとしても、嫁から再度男の部分を評価された事実は大変大きな収穫です! セカンドパートナーのメリット:家庭内の相談ができる 普段なら一人で悶々と考えてしまうような家庭内のちょっとしたトラブルも、セカンドパートナーには気軽に相談できます。 以前、使ったコップを洗わずにシンクに置きっぱなしにしていた僕に、ものすごい剣幕で嫁が怒ってきたときがありました。 「そんなに怒らなくても・・・」と頭にきましたが、セカンドパートナーに愚痴ったところ「旦那あるある」だということが判明したのです。 育児は想像以上に疲れるから、そこへ旦那の面倒までみてると思うと無性に腹が立つんだよ、とのことでした。 嫁の口から聞けばおそらく喧嘩になっていたであろう理由ですが、 第三者のセカンドパートナーから聞くとストンと気持ちに落ちてきます。 僕が嫁の気持ちに寄り添えるようになっているので、セカンドパートナーができる前より夫婦の仲は落ち着いています! セカンドパートナーのデメリット:不倫と勘違いされやすい 不倫とは違い身体の関係がないので、セカンドパートナーとは堂々と会えるはずです。 でも、実際はそうはいきません。 僕と嫁のことを知っている人から見たら、 嫁とは違う女性と会っている=不倫になります。 身体の関係の有無は、他人からしたら大して大きくないのでしょう。 不倫と勘違いされやすいために堂々と会えないことが、セカンドパートナーのデメリットです。 【年代別】セカンドパートナーの作り方 セカンドパートナーを作りたい!でもどうやって出会っているのでしょうか。 自身の体験も含めて 20~50代において各年代別に紹介していきます! セカンドパートナーの作り方:20代編 まだまだ若い20代、結婚したてで付き合っているときとのギャップを感じている方も多いのではないでしょうか。 職場の後輩は29歳ですが、社内で新入社員のパートの子と仲良くしています! お互い好きなようですが、家庭や子供が大切なので一線を越えていないようです。 まだまだ若く、セカンドパートナーのようなプラトニックな関係を維持できるのか心配な年代でもありますが、 20代の出会いはどこでも転がっている印象。 ほかにもTwitterやインスタで趣味友をつくって恋愛発展していくパターンもあります。 セカンドパートナーを作るうえでの注意点 セカンドパートナーを作りたいときに 注意してほしい点を3つお伝えします。 心得たうえでセカンドパートナーが必要かどうか、ご自身でご判断ください! 性的欲求を満たすことはできない 嫁には求められない癒しやドキドキを感じるための相手なので、 性的欲求を満たすことはできません。 一緒にいるとどうしようもない愛しさに負けそうになるときが多々ありますが、理性で抑えています。 何度も言いますが、 セカンドパートナーは精神的な拠り所です。 肉体関係を持ってしまえば、セカンドパートナーとはもちろん、 大切な家庭まで失うことになります。 パートナーは慎重に選ぶ セカンドパートナーの相手は慎重に選びましょう! 精神的に自立した大人な相手が理想です。 依存しすぎてセカンドパートナーから離れられない• 家庭を捨ててまでセカンドパートナーを求める• セカンドパートナーと肉体関係を持とうとする 以上の場合は非常にリスキーなので、きちんと相手のことを知る必要があります。 自分を律することができるかどうかが大きなポイントです! 互いの配偶者が訴える可能性あり 法律上では不倫にはあたらなくとも、自身およびセカンドパートナーの配偶者が「精神的苦痛を受けたので慰謝料を請求する」と申し出たら、 慰謝料を払う義務が生じます。 身体の関係は持っていないと訴えたところで、証明するものはありません。 なかには、 肉体的なつながりよりも精神的なつながりのほうが許せない配偶者もいます。 セカンドパートナーでも配偶者の理解を得ずに行っているのであれば、裏切っているということに違いはないということです。 セカンドパートナーの出会いアプリを厳選 セカンドパートナー専用のアプリとして 「sepa」があります。 ですが、利用者が極端に少ないことや運営会社が不明な会社は怪しいので僕はおすすめできません・・・。 そこで、 僕いちおしのマッチングサイトが「わくわくになります! >> 800万人を超える利用者数がわくわくおすすめする最大のポイントですが、業者がたまにいるのが難点。 しかし、 今すぐ会いたいステータスの相手を避ければ、まず業者ははじけますのでご安心ください。 利用方法を簡単に説明します。 Step1. 無料登録・プロフィールを作成 まずは無料で登録します。 女性が興味を持ってくれるようにプロフィールはしっかりと記載すると好印象です。 Step2. マッチングしそうな女性を探す プロフィール作成終わったら、好みの子を探していきましょう! プロフ検索すると、近場の女性がたくさんでてきます。 プロフィール閲覧だけで2ポイントいるので、吟味してくださいw Step3. メッセージのやり取り・少しずつ仲良くなる いいなと思った女性とコンタクトできたら、ゆっくり焦らず仲良くなりましょう。 わくわくメール内でメッセージやり取りできますが、もちろんポイント必須で 1送信で5ポイント消費です。 「お金が勿体ない」という気持ちもわかります! ですが、ポイントは惜しまず、無理強いはしないことは忘れてはいけません。 即刻で連絡先聞くのはがっついてるみたいで、 心のゆとりがなく見苦しいです。 既婚者男性の懐の深さ、みせてやりましょう。 セカンドパートナーになるためには、心の器が大きいことも魅力のひとつです! 連絡を取り合うことが日常化してきてから連絡先を聞くとスムーズにいきます。

次の

急増中!セカンドパートナーとは?セカンドパートナーのメリット3つ

セカンドパートナー 40代

セカンドパートナーが欲しい人とは!? セカンドパートナーは、既婚者同士の交際スタイルです。 また、肉体関係なしの恋愛ごっこと定義されることが少なくありません。 そのため、友達以上恋人未満のピュアな男女交際と言えるかもしれません。 とはいえ、セカンドと名がつくことから、お互い既婚者であることが多いです。 そのため、配偶者から浮気・不倫と認定されれば、トラブルになりかねません。 それでも、セカンドパートナーが欲しい人も少なくありません。 単純に夫婦仲が良くないことからセカンドパートナーが欲しい人から・・ 老後の不安感から、セカンドを求める男女がいるようです。 そのため、セカンドパートナーが欲しい理由も人それぞれのように感じます。 また、お互い恋愛に近い感情を持つことで成立する関係ということもあり・・ 金銭的な支援で繋がるパパ活とは大きく異なる男女の交際スタイルと言えそうです。 セカンドパートナーの作り方とは!? 次は、セカンドパートナーの作り方を見ていきましょう。 セカンドパートナーの作り方は、大きく分けるとネットかリアルの2つです。 リアルでの出会いとなると、独身同士に比べると・・ 身バレ防止も含め、より慎重にお相手を選別する必要があるかもしれません。 また、お互い既婚者同士で惹かれ合うのは奇跡的な確率のようにも感じます。 長期的なスパンでパートナーを探す必要があるため・・ すぐにでもセカンドパートナーが欲しい男女にはおすすめできません。 そのため、もう一つの方法として、ネットでの出会いがおすすめです。 ネットのセカンドパートナー探しとなると、不安を感じる人もいるかもしれません。 しかし、関係性の薄いコミュニティーでの出会いとなるため・・ フィルターがかからない状態で、よりセカンドパートナーを選別できるでしょう。 また、リアルのコミュニティに比べて、妻や旦那にバレる確率も低くなります。 サイトやアプリの選定さえ間違わなければ・・ より多くの会員から自分にあったパートナー探しができるかもしれません。 セカンドパートナー募集で掲示板はヤバイ!? 次は、セカンドパートナー募集で掲示板がヤバイ理由を見ていきましょう。 セカンドパートナーの募集方法としては、掲示板をイメージする男女は少なくないでしょう。 しかし、最近では、掲示板からの出会いがトラブルの元になることもあります。 そこで、セカンドパートナー募集で掲示板がヤバイ理由をまとめてみました。 セカンドパートナー募集で掲示板がヤバイ理由3つ• 会員登録が不要• 本人確認がない• 不特定多数に投稿が見られる セカンドパートナーの募集掲示板では、会員登録が不要なサービスもあります。 一見すると、思い立った時に書きこみが出来て、メリットと思えるかもしれません。 しかし、誰でも書きこめることから、お相手の氏素性がわかりません。 また、掲示板システムには、本人確認がないサービスがほとんどです。 年齢が違うだけならまだしも、性別すら違うかもしれませんw 会ってみるまでわからないとなると、無駄に時間を費やすことになりかねません。 さらに、会員登録不要の掲示板となると閲覧制限がありません。 となると、不特定多数の男女に閲覧され、より多くの人の目に留まるかもしれません。 そのため、人伝でパートナーにバレる危険性も感じられます! 掲示板は気軽に投稿出来る事もあり、インスタント的な男女の出会いが実現可能です。 とはいえ、リスクと表裏一体の部分もあるため・・ セカンドパートナーの募集掲示板の選定には、充分注意した方が良いかもしれません。 まとめ セカンドパートナーの募集掲示板がヤバイ理由はいかがでしたでしょうか。 幾ら、セカンドパートナーが欲しいとはいえ・・ 出会うチャネルの選定を充分にしておくことで、トラブル回避に繋がります。 また、今のところ、セカンドパートナー募集に特化したアプリはありません。 しかし、目的別の出会いが探せるアプリとして、ワクワクメールがおすすめです。 ワクワクメールは、運営歴15年以上を誇るコミュニティサイトです! 会員数800万人を超えるため、目的に応じた出会いが見つかりやすいサービスです。 パパ活・セカンドパートナーも含め、バラエティーに富んだ出会いが期待できます。 また、人気女性誌などへの露出も多く、より素敵なセカンドパートナーが見つかるかもしれません。 男女共に登録無料なので、ぜひ登録してみてはいかがでしょうか。

次の

今中高年の間で増えつつある男女の関係セカンドパートナーとは

セカンドパートナー 40代

話題のセカンドパートナーとは、配偶者、つまり妻や夫以外の男女と蜜に交際をするパートナーの存在のことを言います。 配偶者のことをパートナーと言い、その次に位置する男女の存在をセカンドパートナーというんだとか。 これは、恋人の様だけれども肉体関係を持たず、不倫とはまた違った関係です。 お互いの配偶者の存在はわかっており、自分の家庭が基本です。 若者の中でもソフレ・ハフレ・サンフレなど様々な恋愛のカタチがありますが、こちらは既婚者にある新しい恋愛のカタチになります。 境界性がきちんとある上でなりたっているセカンドパートナーですが、具体的に言えばどういったものなのかをご紹介していきたいと思います。 セカンドパートナーと何をしているの? *週の間に、二人のデートなどを行う。 *SNSやLINEをする。 *夫や妻に話せない悩みごとなどを相談したりする。 *キスをしたりする。 恋愛感情はあり、お互いの配偶者では埋められないときめきや恋の楽しさをセカンドパートナーに求めているのだそう。 アラフォー・アラフィフ世代の子育ても落ち着いた世代に特に多いんだとか。 理解されないことも多いセカンドパートナーですが、恋愛の楽しさを取り戻したいという気持ちは何となくわかる気もします。 セカンドパートナーは不倫とは違うの? セカンドパートナーには、【肉体関係にはならない】と言う絶対的ルールが存在します。 つまり男女の関係にはならず、あくまでプラトニックな関係を貫くので、不倫とは異なる恋愛関係ということです。 ただ、恋愛関係である二人が、自分たち自身で守るしかないルールですし真実は周りも確かめようがないというのが正直なところ…。 中には配偶者に認めてもらっているカップルもいるそうですが、実際は肩書きを偽って紹介することも多く、もし夫や妻と死別した時は一緒になる約束をしているカップルも!!なかなか複雑な関係ですが、とにかく肉体関係を持たない点で、不倫とは異なる大人の恋愛なのです。 セカンドパートナーを作るには、配偶者の理解と許可が必要 セカンドパートナーは、配偶者の理解が必須になります。 配偶者の許可もないまま二人の時間を取り、連絡を取り合い、デートを重ねる好意は「浮気」だと見られてしまっても仕方ありません。 セカンドパートナーは、配偶者の理解と許可があってこそ成り立っているとも言えます。 また、ある取材によるとセカンドパートナーを選択する男性は有名大学を卒業して大企業に勤める40代以上が多く、女性は有名大学から就職し、20代の内に結婚して退職している30代以上が多いんだとか。 あくまでも一例ですが、セカンドパートナーがいる男女には意外な共通点があるのです。 一番の存在は配偶者 *セカンドパートナーを作った事によって、夫婦仲が以前よりもよくなった。 *日常の生活が明るくなり、生活にもメリハリが出来てきた。 *頼れる存在がいる事で、心にも余裕が出来、夫や妻に優しく接するようになった。 *夫や妻以外の異性に接する事で、自分の刺激にもなり、前より容姿に磨きがかかった。 *もし辛い事などがあって、夫や妻に相談できなくてもセカンドパートナーに悩みを打ち明ける事が出来るようになった。 *夫や妻が気にもとめていない事などにも、気づいてくれる。 というように、熟年カップルやアラフォー世代の恋愛関係がなくなってしまった夫婦にとってメリットもあります。 捉え方次第では、セカンドパートナーが夫婦関係を改善するきっかけになったとも。 配偶者からの本音 セカンドパートナーと言う存在を理解しているつもりであっても、やっぱり内心は……そんな方も実は沢山いるのも現状です。 自分ではない異性と嬉しそうに出かけていく姿を見送っているとやっぱり「嫉妬」してしまうこともあるわけです。 また、セカンドパートナーから妻や夫を「略奪」されてしまうことも危惧してしまいます。 「いってらっしゃい」と口には出しても内心は心配で仕方ないと思う配偶者の方も沢山いるようです。 また、【世間の視線】の問題もあります。 ご近所様にセカンドパートナーの存在が知られてしまうと、夫婦関係の事を噂されてしまったり、自分ではない誰かと二人で出かけていたり手を繋いだり、キスをしていると知られてしまうのが嫌だと思っている方もいます。 夫婦間では「セカンドパートナー」の存在に納得をしていても、世間からの視線は納得できないという意見もまだまだ存在しています。 セカンドパートナーは一線を越えないように!.

次の