サマータイム 歌詞。 サマータイムブルース 渡辺美里 歌詞情報

サーカス Mr.サマータイム 歌詞

サマータイム 歌詞

文字サイズの変更: | SUMMERTIME 夏になると不思議な風が吹いてくる。 20数年ぶりにマッコイ・タイナー・トリオのジャズを聴いた。 CDアルバム「サマータイム」 1988 を収納棚から探し出して、急に朝から聴きたくなったのだ。 全8曲初めから聴いていった。 とりわけアルバム2曲目のジョージ・ガーシュウィンの名曲『SUMMERTIME』に耳を傾けたくなったのだ。 マッコイ・タイナーのピアノ演奏はアレンジが強いので、ベースからいきなりの有名旋律を流して来るあたりは、あらためて解説どおりの意表をつくものだった。 名曲『SUMMERTIME』はガーシュウィンが1935年に作曲して以来、ありとあらゆる世界中のアーチストたちやジャズミュージシャンたちによって現在まで引き継がれているものだから、今更あれこれ言うべきものもないが、なぜか、急に珍しい風が吹いて、マッコイ・タイナーとビル・エヴァンスのアルバム『ワルツ・フォー・デビー』 1989 の2枚を棚から取り出した。 朝食後8時半頃からオーディオのスタンバイをして、音量をやや小さめに絞って演奏を聴き始めた。 この日は平日だから、もちろんこの後には仕事が待っている。 午前中からジャズ音楽を聴きながら商品出荷の仕事もするなんぞは、まったく贅沢とは思わないし、心やすらかにして優雅な職業をしているのかもしれない。 暑い灼熱の夏を迎えて、北欧の美しい町並を思い浮かべながら、日々あくせくするのもいいのではなかろうか。 名曲『SUMMERTIME』はもともと3幕9場のオペラ『ポーギーとベス』用にガーシュウィンが作曲したもので、その第1幕から歌われている。 20世紀前半アメリカのサウスカロライナ州チャールストンのアフリカ系黒人居住地キャットフィッシュ・ロウが舞台で、ベスの姉クララが赤ん坊をあやしながら子守唄の『SUMMERTIME』を歌うのである。 『ポーギーとベス』はヨーロッパのオペラとは一線を画して、特異な黒人社会を舞台としたオペラだ。 麻薬密売人が現われたり、賭博に明け暮れるすさんだ低階層のなかで、喧嘩や殺害も横行してしまう暗い黒人社会が描かれている。 そんななかにも20世紀のオペラ代表作品となっている所以は、ポーギーとベスの愛があふれた二重唱だったり、黒人霊歌や民族音楽を取り入れられながらも底流に包み込まれるガーシュウィンの音楽あってこそのようだ。 オペラ『ポーギーとベス』の原作者デュボース・ヘイワードは小説『ポーギー』を1925年に書き上げ、ガーシュウィン兄弟に作曲を託している。 『SUMMERTIME』の作詞はデュボース・ヘイワード自身が書いており、この歌詞こそがオペラ『ポーギーとベス』の中核で、1930年代当時の貧しい黒人社会の希望の象徴ともなっている。 あらためて私流に英文を勝手なニュアンスで捉えて詩的に翻訳してみた。 字余りの日本語訳のため、日本語では歌えないから、子守唄のように歌うなら断然英語のニュアンスだろう。 SUMMERTIME 作曲: George Gershwin 作詞: DuBose Heyward サマータイム 作曲: ジョージ・ガーシュウィン 作詞: デュボース・ヘイワード Summertime, And the livin' is easy Fish are jumpin' And the cotton is high Your daddy's rich And your mamma's good lookin' So hush little baby Don't you cry One of these mornings You're going to rise up singing Then you'll spread your wings And you'll take to the sky But till that morning There's a'nothing can harm you With daddy and mamma standing by Summertime, And the livin' is easy Fish are jumpin' And the cotton is high Your daddy's rich And your mamma's good lookin' So hush little baby Don't you cry 夏になりゃあ 暮らしやすいさ 魚はピョンピョン跳ねるし 綿の木は伸びてフッカフカだし あんたのパパはリッチになって あんたのママはますますキレイになって だから坊や、泣くのはおよし いつか、ある朝 あなたは立ち上がって歌を歌うでしょう 翼を広げて、空に向かって けれど、そんな朝を迎えるまでは あなたの身に何事もなく 無事でいられるように、ずっと パパもママもそばにいるからね 夏になったら 楽になるさ 魚はピョンピョン跳ねて 綿の木だって、たんまりさ あんたのパパは金持ちだし ママだってずっとずっと器量よしのまんまさ だから坊や、泣いちゃいけないよ (日本語訳 : 古川卓也) 黒人霊歌の定番曲の一つ『時には母のない子のように』は19世紀アメリカで生まれた伝統的な曲だが、元来この原曲を見事に謳い上げている一人にマヘリア・ジャクソンがいる。 YouTube ではまるで赤ん坊を抱えながら揺りかごに座って子守唄を歌っているかのようだ。 すばらしいの一言。 「Summertime and I Feel Like a Motherless Child 」の名曲をこれまでいろんなアーチストがそれぞれの個性でカバーしているので、もっと紹介してみたいところだが、暑い夏の日に、どこからともなく不思議な風が吹いて来て、心を癒す名曲に触れてみるのも、時にはいいものだ。

次の

【歌詞カタカナ】Summertime

サマータイム 歌詞

1935年、ミュージカル「ポーギーとベス」のために作られた一曲です。 ポーギーとベスの初演は、評価はまちまちだったものの興行的には不成功でした。 その2年後にガーシュインは死んでしまいます。 「黒人キャストによってしか演じてはならない」という作者による指定も、この芝居の普及を阻んだ要素のひとつでしょう。 ストーリーも黒人の悲惨な生活を扱った暗い、見方によっては不道徳なものです。 しかしガーシュインの死後、このミュージカルは正当な評価を得ます。 舞台を見たことのない人にもこの曲の美しさは知られるようになりました。 劇中、この歌は三回唄われます。 まず一幕の冒頭「鯰横丁 Catfish Row 」の暑い夜、漁夫ジェイクの妻クララが幼い子供を抱いて唄います。 歌劇的解説でサマータイムは「クララの歌うアリア」とされるのはこのためです。 二度めは嵐の中、漁に出かけた夫の身を案じながらクララが唄います。 そして三幕、今度は子供を抱いたベスによって唄われます。 なぜベスが唄うのか。 それはクララもジェイクも嵐で死んでしまってこの子は孤児になったからです。 「父さん母さんが見守っているから」と唄う素朴な子守唄。 しかしその歌詞の意味合いは一幕と三幕ではまったく変わっています。 ベスも一幕では貧しくも穏やかな生活でしたが、この歌を唄うときには運命に翻弄される身の上。 哀しい状況のなかで、平穏な頃を思い出しながら、そして希望を求めて唄われる子守唄。 それがサマータイムです。 Summertimeは多くの人が唄っていますがわりあいと「アメリカンクラシック」のような録音が多く、ちょっと「たるい」感じなものも少なくありません。 そのなかで私にとって最も印象深いものはジャニスジャプリンが「チープスリルズ」で唄ったバージョンです。 見事なロックバラードに仕立てなおされたその唄は「サマータイム」という曲の印象を大きく変えるものでした。 サマータイムのオリジナルはオーケストラのスコア譜なのでコード指定はついていません。 案外複雑な和音なので解釈によってさまざまなコードがついています。 FGODは、少し単純化した進行をつかっています。

次の

サマータイムブルース 渡辺美里 歌詞情報

サマータイム 歌詞

アメリカ・カナダ(一部除く) 3月第2日曜日午前2時~11月第1日曜日午前2時• メキシコ(一部除く) 4月第1日曜日午前2時~10月最終日曜日午前2時• ヨーロッパ各国(一部除く) 3月最終日曜日午前1時~10月最終日曜日午前1時• オーストラリア(西部のみ) 10月第1日曜日午前2時~翌年4月第1日曜日午前3時• ニュージーランド(一部除く) 9月最終日曜日午前2時~翌年4月第1日曜日午前3時• ブラジル 毎年10月第3日曜日午前0時~翌年2月第3日曜日午前0時 国や地域によってサマータイムの実施時間が異なります。 また、サマータイムを導入していても、地域によってはサマータイムを実施していないことも。 例えば、アメリカはサマータイム導入国ですが、アリゾナ州は実施していません。 海外旅行に行く方は事前に確認しておくと安心ですよ。 サマータイムとは?メリット・デメリットを簡単にわかりやすく説明 サマータイムのメリットとデメリットを紹介していきますね。 まず、サマータイムのメリットとデメリットを簡単にまとめると、こちら。 【メリット】 【デメリット】• 照明の節約• 経済の活性化• 野外での運動量の増加• 余暇の充実• 各種システムの更新、移行コスト• 健康への悪影響• 大気汚染 特にメリットに関しては、『時計の針を1時間すすめる』イコール 『太陽が沈むのが1時間遅くなる』と捉えると分かりやすいと思います。 実際にカナダでサマータイムを経験してみて、一番感じているメリットは 余暇の充実です。 カナダ以外にも冬が過酷な国では、『太陽を最大限にエンジョイすること』の意義をしみじみと感じることが多いのではないでしょうか。 照明の節約 明るい時間に仕事をすれば、照明の節約につながります。 サマータイムは時計の針を1時間進めます。 実際の時間では(冬時間だと)午後4時でも、時計は午後5時を指しています。 夏の4時はかなり明るいですもんね。 太陽で外が明るいうちに仕事をして、照明の電力を1時間分削減できるというわけです。 導入国は、省エネやCO2削減にも効果が期待できるとしていますが、実際のところは『うーん…』。 家庭の照明代は減るが、冷房費が増える• 削減効果は1%程度(効果なし) こんな厳しい意見が多いようです。 私が住むカナダでは、エネルギー節約効果よりも、次にあげる『野外での運動量の増加』『余暇の充実』効果が大きいなと感じています。 野外での運動量の増加 サマータイムを導入すると、仕事がいつもより1時間早く終わることで、戸外で運動しようという人が増えます。 日光を浴びる時間が変わるため、生活時間や居住地によっては、皮膚内のビタミンD生成を促すなどのメリットが期待できます。 起床時間を早めることで、うつ状態の改善にも効果が期待できるとか。 その逆を指摘する方や皮膚がんのリスクもあるので一概には言えませんが、戸外で運動する時間が増えるのはうれしいことですよね。 余暇の充実 時間が1時間早まることで、アフター5をより充実して過ごすことができるのが1番のメリットではないでしょうか。 いつもより帰宅時間が早ければ、寄り道したり、友人と飲みに行ったりと、余暇を楽しむ時間が増えます。 実際に、カナダではサマータイム中、アフター5を楽しんでいる人がとても多いです。 カナダの冬は過酷すぎるため、 『お日様の光に対する喜び』が私たち日本人とは違う気がします。 もう春先頃から、夏への情熱が爆発している…そんな感じです。 雪が溶けて芝生に青さが戻り、日差しが照り始めると、とにかく外で過ごそうする人の多いこと多いこと! 芝生に座って話している人も多いですし、レストランやカフェのテラス席は争奪戦というか(笑)平日の夕方に家族でピクニックしている人も多いです。 そんな姿を見ていると、太陽の光を楽しむ時間が1時間増えるというのは意味のあることだなぁと感じています。 環境も考え方も違う日本では、残業が増えたり、仕事の飲み会が増えたりしそうで怖いね。 経済の活性化 1時間時計を進めるということは、通常よりも1時間早く仕事に行くことになります。 会社での取引が早く始まることで経済の活性化が期待されています。 終了時刻ももちろん1時間早いので、その分お金を使う方が増えるという面も経済の活性化につながっていますね。 ただし、次のデメリットで紹介する『システムの更新や移行コスト』によって、せっかくの経済効果も打ち消されてしまうという意見もあるようです。 サマータイムのデメリット 次に、サマータイムのデメリットをご紹介します。 各種システムの更新や移行コスト サマータイムを導入することで、時計の調整や各種システムの更新などに多くのコストもかかります。 2020年の東京オリンピックに向けて、日本でもサマータイム導入が検討されましたが、わずか1〜2年でシステムを修正するのは無理だと大論争が起こっていましたね。 すでにサマータイムが根付いている国でも、このような手間やコストはかかるでしょうし、サマータイムのメリットに挙げられる経済効果ではまかないきれないという意見にも頷けます。 健康への悪影響 サマータイムは様々な健康への影響が指摘されています。 <例えば…>• 心臓発作のリスクの増加• 野外の活動が増で皮膚がんのリスクの増加• 睡眠時間の減少や睡眠の効果の低下 これらを理由に、サマータイムの中止を提言する国も多いようです。 実際に、2018年夏には、EUではサマータイム廃止がほぼ決定しています。 たしかに、サマータイムの始まりと終わりは、体がきついです。 たかが1時間といえども、時間をずらすのは体調に変化を感じましたね。 大気汚染など エコや省エネを目的として導入を検討されることが多いサマータイム。 ところが、予期されていなかった悪影響として『大気汚染』が指摘されています。 1時間活動時間がはやまることで、早朝に起きる渋滞と排気ガスが、日中よりも過酷な大気汚染を生じさせると問題視されています。 まとめに サマータイムについてもう一度おさらいしておきましょう。 サマータイムとは、簡単にわかりやすく説明すると、夏を中心とする時期に『時間を一時間すすめて、明るい時間を有効に使いましょう』という仕組みのことを言います。 サマータイムは、省エネや余暇の充実というメリットもありますが、睡眠不足などの健康への影響や各種システムの更新の移行コストや労力がかかるなど、デメリットが多くあることも事実です。 私が実際に、カナダでサマータイムの始まりと終わりを経験してみて言えるのは、こちらの3点。 夜遅くまで野外で余暇を楽しんでいる人は多い• 1日が長くなり、気分が明るくなった• サマータイムが終わった直後は体がきつい サマータイムについては賛否両論ありますが、太陽の光を最大限に楽しむことができるのは良い点だなと思います。 ただ、年間を通して夏時間に統一しても、そんなに問題ないんじゃないかというのが正直なところです(笑) サマータイム廃止がほぼ決定したEU、続行予定のアメリカやカナダ。

次の