ケンタッキーフライドチキン 店舗。 「緊急事態宣言」 解除に伴う店舗営業に関するお知らせ

ケンタッキー・フライド・チキン

ケンタッキーフライドチキン 店舗

ケンタッキーフライドチキンの店舗(撮影=編集部) ケンタッキーフライドチキン(KFC)が売り上げの減少で苦しんでいる。 全店売上高は7月こそ大幅減だった前年同月の反動で大きく上回ることができたが、6月まで9カ月連続で前年割れを起こしていた。 直近では、6月が3. 1%減、5月が4. 9%減、4月が6. 3%減と大幅な減収だった。 2018年3月期は前年比1. 7%減、17年3月期が0. 9%減となっており、売上高の減少が止まらない状況にある。 KFCの18年3月末時点の店舗数は1153店だが、そのうちの約3割が直営店で、残りの約7割がフランチャイズ(FC)店だ。 このうち直営店に関しては既存店の客数を公表しており、それを確認してみると、近年、客離れが起きていることがわかる。 これが全店売上高を押し下げる要因となっている。 全店売上高同様、直営既存店客数は7月こそ前年同月を上回ったものの、6月まで9カ月連続で前年割れとなっている。 6月が5. 5%減、5月が8. 1%減、4月が8. 5%減と大幅な減少となった。 18年3月期は前年比4. 2%減、17年3月期が2. 5%減となっており、客離れが長らく続いている状況だ。 運営会社の業績も厳しい。 8月8日に発表された日本KFCホールディングスの18年4〜6月期連結決算は、売上高が前年同期比18. 7%減の154億円、本業の儲けを示す営業損益は5. 1億円の赤字(前年同期は1億円の赤字)だった。 最終的な儲けを示す純損益は、3. 2億円の赤字(同6. 3億円の黒字)となっている。 約370店を展開していた ピザハット事業を昨年6月12日に売却したことが減収の大きな要因となったが、それに加えKFC事業の不振も影響した。 KFC事業の不振は減益要因にもなっている。 同社はピザハット事業を1991年から始めたが、経営は困難を極めた。 変則決算や事業セグメントの変更などがあるが、この10年でセグメント利益が黒字だったのは2回だけだ。 不振が長らく続き、収益の改善が見込めないことから売却に踏み切ったとみられる。

次の

ケンタッキーフライドチキンのメニュー・配達店舗情報・クーポン|parallel

ケンタッキーフライドチキン 店舗

岐阜県から絞り込み• 高山市 0• 関市 0• 美濃市 0• 瑞浪市 0• 羽島市 0• 恵那市 0• 可児市 0• 山県市 0• 瑞穂市 0• 飛騨市 0• 郡上市 0• 下呂市 0• 海津市 0• 羽島郡笠松町 0• 養老郡養老町 0• 不破郡垂井町 0• 不破郡関ケ原町 0• 安八郡神戸町 0• 安八郡輪之内町 0• 安八郡安八町 0• 揖斐郡揖斐川町 0• 揖斐郡大野町 0• 揖斐郡池田町 0• 本巣郡北方町 0• 加茂郡坂祝町 0• 加茂郡富加町 0• 加茂郡川辺町 0• 加茂郡七宗町 0• 加茂郡八百津町 0• 加茂郡白川町 0• 加茂郡東白川村 0• 可児郡御嵩町 0• 大野郡白川村 0.

次の

ケンタッキーフライドチキンのメニュー・配達店舗情報・クーポン|parallel

ケンタッキーフライドチキン 店舗

全国の直営店でiPadを有効活用し、防犯カメラ映像のクラウド化によって多店舗運営の大幅な業務改善に成功 日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社 導入事例 卸売・小売業、飲食店 1,001名~ モバイル・タブレット活用 情報共有・会議システム サービス&サポート(たよれーる) 多店舗・多拠点展開 営業・業務プロセス効率化 コスト削減・売り上げ向上 ITの運用・保守の負荷軽減 ケンタッキーフライドチキンの外食ビジネスを全国展開している日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社は、全ての直営店にiPadを導入し、アルバイト向けの教育ツールや店舗のチェックリストなどのペーパーレス化を図り、動画を使った情報共有などを実現。 これにより、多店舗運営における大幅な業務改善を図ることに成功している。 同時に各店舗に設置している防犯カメラのクラウド化を実現することで、防犯カメラの映像を本部側でリアルタイムに確認できる環境を整備。 各店舗のリアルタイムの混雑状況が一目で分かるようになった。 日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社(以下、日本KFC)は、1970年3月に大阪で開催された日本万国博覧会にKFCインターナショナルの実験店を出店。 非常に好評だったことから、同年7月に三菱商事とKFCコーポレーションとの折半出資によって設立された。 以来、カーネル・サンダース氏から受け継いだ手づくりのフライドチキンをスピーディーかつスマートに提供する外食ビジネスを展開し、全国に店舗を拡大している。 2014年に近藤 正樹氏が代表取締役社長に就任してからは、これまで以上に品質を重視。 「安全・安心・手づくり」のモットーを前面に打ち出し、チキンは全て国内産に切り替え、各店舗で、手づくりで調理を行っていることをあらためてアピールすることに努めている。 特にケンタッキーフライドチキンの国内の顧客はファミリー層が多く、クリスマスや誕生日などの特別な日に家族でにぎやかに食する印象が浸透している。 しかし、その反面、ほかの外食店舗に比べて、若者などが一人で店舗に訪れる割合は少ないという。 そのため、現在は一人でも気軽に立ち寄れるような店舗づくりや商品・サービスの拡充にも取り組んでいる。 さらに、2020年には設立50周年を迎えるため、それに向けた中期経営計画を策定し、従来の常識にとらわれない新商品の開発や新規事業の開拓も計画している。 同時に人手不足を補うために、IT活用による業務の効率化や労働生産性の強化にも力を注いでいる。 「既に中国などの海外のKFCでは、スマートフォンのアプリを利用したWeb予約販売や電子決済が日常的に利用されています。 日本でも一部の店舗で同様のサービスを実施していますが、まだまだ浸透していないのが実状です。 特に日本は、少子高齢化などにより、外食産業の人手不足が深刻化しています。 そのため、人が介在しなくてもできることはITで補うことで労働生産性を高め、逆に人にしかできないことはスタッフが行うことで、より良いサービスを提供していきたいと考えています」と経営企画部 経営企画課 課長の亀井 英樹氏は語る。 ペーパーレス化の推進など店舗運営の業務改善に着手 日本KFCは、設立50周年に向けたIT活用の一環として、直営店の全店舗にiPadを導入する施策を実施している。 そのきっかけとなったのは、近藤社長から「これからはタブレット端末を活用して、店舗の業務効率や労働生産性を高める必要があるので、その具体的なコンテンツの内容を考えてほしい」と経営企画部が打診されたことだった。 というのも、それまで各店舗では、店長などの一部の社員だけがノートPCを使って本部と情報のやりとりなどを行っていたので、さまざまな不都合が生じていた。 「以前は、新商品の調理マニュアルなど、アルバイト向けの教育ツールは全て紙ベースでした。 各店舗のノートPCに送られてきた資料を店舗内のプリンターで印刷してアルバイトに配布していたのですが、その数は年々増え続ける一方でした」と亀井氏は語る。 しかし、iPad上で調理マニュアルなどを直接確認できるようにすれば、店舗のペーパーレス化を図ることが可能になる。 そのうえ、社長や新商品の開発者のメッセージなどを動画で配信することで、各店舗のアルバイトとの意思疎通も円滑に行えるようになる。 「新商品の開発意図やおいしく作るためのポイントを動画で紹介すれば、紙の資料に比べて格段にイメージが伝わりやすくなります」と亀井氏は語る。 また各店舗では、商品の品質を維持するために、冷蔵庫の温度チェックなどを午前と午後に2回実施しているが、以前は紙のチェックリストに結果を記入し、本部に報告していた。 「チェック項目は多岐にわたるため、チェック作業に非常に手間がかかっていました。 しかし、チェックリストをデジタル化し、iPad上で直接入力して本部の管理者側でリアルタイムに確認できる環境を整えれば、作業効率が格段にアップします」と亀井氏は語る。 同社は、このようなiPadを活用した業務基盤を具現化するために、ITベンダー数社に提案を依頼。 その中で最終的にITパートナーに選ばれたのが大塚商会だった。 「大塚商会さんのiPadを活用した提案内容が一番使いやすく、セキュリティ対策も万全でした」と亀井氏は語る。 iPadを効果的に活用し3カ月の早期開発を実現 iPadを活用した店舗業務システムを開発するにあたっては、同社の要望事項を実現するために、具体的にどのようなアプリケーションを使用するかが大きなポイントだった。 調理マニュアルや社長メッセージなどの動画に関しては、大塚商会のオンラインストレージサービス『たよれーる どこでもキャビネット』を活用。 これにより、教育ツールのペーパーレス化を実現している。 具体的には、iPadからWi-Fiの無線LANを利用して『たよれーる どこでもキャビネット』にアクセスすることで、各店舗のアルバイト向けのコンテンツを閲覧できるようになっている。 また、店舗側からも報告書などをアップロードすることも可能だ。 「例えば、調理機器などが壊れた場合に、その写真をiPadで撮影し、どこでもキャビネットに登録することで、本部の管理者に即座に状況を伝えることができます。 わずか2アクションくらいで作業が完了するので、とても便利です」と亀井氏は語る。 店舗のチェックリストのデジタル化については、電子帳票ソリューション『ConMas i-Reporter』を活用。 これにより、本部で作成したチェックリストをiPad上で直接記録できるようになり、チェック項目の入力作業や報告業務が迅速に行えるようになった。 「以前のように紙のチェックリストに手書きで記入する必要がないので、その分手間が省けるようになりました。 そのうえ、店舗側で入力したチェック内容は、本部やエリアマネージャー側でリアルタイムに確認できるので、日々の点検作業がきちんと行われているかどうか、すぐに分かる仕組みになっています」と亀井氏は語る。 iOSで利用できるテレビ会議『FaceTime』も有効活用している。 例えば、『FaceTime』を使って店舗側で新しいショーケースのレイアウトやPOP広告などを映し出し、それを本部の管理者側で確認することで、商品の入れ替えや配置の指示などが迅速かつ的確に行えるようになった。 「エリアマネージャーなどが各店舗に直接出向かなくても、フェース・ツー・フェースでさまざまな指示が行えるので、とても重宝しています」と亀井氏は語る。 また、社内のグループウェアとして活用している『サイボウズ ガルーン』をiPad上で利用できる仕組みを構築し、新製品の情報などをアルバイトが閲覧できる環境も整えている。 また今回のシステム構築に伴い、インフラ環境も整備した。 タブレットの運用管理を支援する『たよれーる デバイスマネジメントサービス』をはじめ、セキュアなリモートアクセスや拠点間通信を安価に実現する『どこでもコネクト』。 スマートデバイスの紛失・盗難によるリスクを軽減する『どこでもワークプレイス』などを活用し、万全なセキュリティ対策を施している。 「今回の一連のシステム構築作業をわずか3カ月で実現し、現在は全ての直営店と一部FC店舗にiPadを約500台導入して、本格的な運用を行っています。 大塚商会さんに当社専用のヘルプデスクも設置していただいたので、運用面の負担も大幅に軽減されました」と亀井氏は語る。 監視カメラ映像のクラウド化で本部や外出先から店舗状況を把握 同社は、IT活用の一環として、防犯カメラ映像のクラウド化も進めている。 防犯カメラは既に直営店に設置していたが、その映像は店舗にあるレコーダーに保存されているので、本部の管理者側から直接見ることはできなかった。 そうした中、近藤社長から「防犯カメラをもっと活用したい」と経営企画部に要請があり、その対応策について大塚商会に相談したのが始まりだった。 その際、全ての直営店の防犯カメラを丸ごとクラウド型のものに入れ替えると、多額の費用がかかってしまう。 そこで、既存の防犯カメラをそのまま活用し、レコーダーだけをクラウド型に交換することで、コストを最小限に抑える工夫を行っている。 具体的には、『T-Recs アナログ フルHDレコーダー』と、大塚商会のハウジングサービス『たよれーる マネージドネットワークサービス 2Uハウジング』を活用することで、防犯カメラの映像をクラウド上でリアルタイムに閲覧できる環境を実現。 これにより、顕著な導入効果をもたらしている。 「各地域の複数の店舗をエリアマネージャーが管理していますが、キャンペーンの初日などに各店舗の状況を確認したくても、全ての店舗を回りきれず、これまでは店長に電話で聞くしか手段がありませんでした。 その点、現在は、各店舗に設置されている防犯カメラの映像をクラウド上でリアルタイムに見ることができるので、遠隔地からでもノートPCでお客様がいらっしゃる店内の状況などが一目で把握できます」と亀井氏は語る。 今回新たに設置した防犯カメラのレコーダーには、高精細な映像を約半月分は記録しておけるため、店舗のトラブル解消や防犯面でも効果を発揮している。 例えば、紙幣の図柄などもはっきり見えるので、いつ誰が釣り銭を間違えたのかすぐに分かるという。 「実際に店舗では、『昨日買った商品の数が足りなかったので、お金を返してほしい』といった詐欺行為をする人も少なくありません。 しかし、そのときに、『それでは、昨日の防犯カメラの映像ですぐ確認してみましょう』と言うと、すぐに退散していきます。 そのため、以前に比べて詐欺の被害が激減し、犯罪の抑止効果にも寄与しています」と亀井氏は語る。 防犯カメラのクラウド型のレコーダーは、全国の直営店が改装などを行うタイミングで順次入れ替え作業を行っており、3年後には全店舗に設置される予定だ、一方、iPadは全ての直営店に1台ずつ導入済みだが、活用ひん度が増えたので増設も検討している。 今後は、iPadを活用したペーパーレス化をさらに推進するとともに、人手不足を解消する手段として、AIやIoTを活用した業界初の取り組みを実践することも視野に入れている。 今回導入した製品・サービス・ソリューション• ビジネスシーンを変えるだけでなく、ビジネスの流れ、スピードも大きく変えていきます。 洗練されたデザインを持つiPadの存在は、美しさ以上に、その機能性の高さからビジネスに大きな効果をもたらすでしょう。 企業内や企業間での円滑なファイル共有をはじめ、社内データやFAX画像などをスマートデバイスから確認することもできます。 大容量データの送受信が可能なうえ、アクセスログが管理できるので、情報漏えいの防止に役立ちます。 メンテナンスや点検作業では、紙の指示書や手順書に沿って作業を行うのが一般的です。 必要事項を書き込んだり、デジタルカメラで現場を撮影する場合も発生します。 問題はこの後の工程です。 社に戻り、その紙を見ながら作業日報に情報を入力したり、撮影した写真データの貼り付け作業が発生していませんか? この工程は転記ミスを起こしたり、何よりも時間の無駄となってしまいます。 そこで、「紙の帳票のいいところをそのままタブレット端末の中で利用する」というコンセプトを基本に作られたソリューションがi-Reporterです。 共有によるコスト削減と、専有だからこその手厚いサポートを両立させました。 これにより、お客様サーバーの高度な運用支援はもちろん、仮想サーバー1台分のレンタルでも、ハウジングを安心してお任せいただけます。 その他の導入システム• 防犯カメラ用レコーダー『T-Recs アナログ フルHDレコーダー』.

次の