ラファエレティモシー 国籍。 ラファエレティモシーはイケメンだけど結婚してる?インスタや背番号も調べてみた|ワダイナビ

ラグビー代表・鉄人ラファエレが明かす「志村けんさんとの思い出」(FRIDAY)

ラファエレティモシー 国籍

関連記事: フィジーやアメリカ、サモアなどが参加した 2019年のパシフィック・ネーションズカップの 日本代表メンバーにも選ばれており、 8月には、ワールドカップの代表に 選出されていました。 日本代表 対 世界選抜チームのラグビー観戦させてもらいました! 凄過ぎる! およそ2万人の観客! 興奮した! ティモシーの単独トライ! 日本代表の皆様、世界選抜の皆様お疲れ様でした! バツウケテイナーは花園ラグビー競技場がある東大阪篇です! 川西アニキの地元です! 毎週見てくだせぇ! — アインシュタイン 稲田 tosakomainada ラグビー自体、 サッカーなどと比べると 知名度が高くはないので 今回のワールドカップで ラファエレ選手のことを知った、 という人も多いかと思います! そこで今回は、 ラファエレ・ティモシー選手のプロフィールやポジションなどのほか 気になる彼女の噂をまとめてみました! 過去には、 怪我で代表を外された とも噂されていた ラファエレ選手なので、 そのあたりについても 調べてみました! ラファエレ・ティモシーの彼女は?結婚して妻になった? 少し調べてみましたが、 ラファエレ選手の交際相手については 話題になっていたみたいですね。 186cmの高身長で、 これだけ顔が整っているので どのような女性と お付き合いされていたのか、 気になっている ファンが多いようです。 あまり最近の情報は わかりませんでしたが、 コカ・コーラレッドスパークスの本拠地がある 福岡に在住していた時代には 彼女がいたそう。 ラファエレ選手の 彼女は ニュージーランド出身(日本在住)の JOJOさんだと噂されていました。 学生時代からラファエレ選手と交際しており、 2016年に、 結婚していたようです。 JOJOさんは、とても陽気な性格だそうで、 ラファエレ選手は、 結婚した1年後に 帰化(日本国籍取得)していました。 ティモシーって日本国籍持ってるん?そういや姓名が逆転してるな… — ラグビーずきのせんしLv53 RugSen9 愛するパートナーがいるからこそ 日々の練習を 頑張れるのかもしれません。 ラファエレ・ティモシーのポジションはどこ? 左足での、高精度かつ 飛距離のあるキックに加え どの体勢からでもすばやく出せるパスに 定評がある ラファエレ選手ですが ポジションは、BK(バックス)の CTB(センターバック)です。 SO(スタンドオフ)の 外に位置するセンターバックは、 SOからWTB(ウイング)への パスの中継ぎや 敵陣スペースへのキックで チャンスを広げる役割を担っており、 モールやラックにも参加します。 自らラインを突破したり 守りの際には タックルをすることも。 パススキルだけでなく、 あたりの強さが 求められるポジションです。 ) 今回のW杯でのラファエレ選手は、 背番号13番(アウトサイドセンター)での活躍が 期待されています。 過去には、 SO(スタンドオフ)のポジションも 任されていたラファエレ選手。 スタンドオフは、SH(スクラムハーフ)とともに ハーフバックと呼ばれ 高度なパスやキック、 ランの技術が必要になるポジション。 攻撃を組み立てる 司令塔的な中心メンバーです。 しかしながら、 今年(2019年)1月は 日本代表の候補とサンウルブズの遠征不参加選手を 対象とした NDS(ナショナル・デベロップメント・スコッド)合宿の メンバーに入っていなかったようで 秋の欧州遠征時に 左肩を怪我したためだと 思われます。 状態を心配されたラファエレ選手ですが、W杯には間に合いそうですね。 ティモシーたぶんもう大丈夫。

次の

ラファエレティモシーの嫁はどんな人?国籍や馴れ初めが気になる! | ホットワードブログ

ラファエレティモシー 国籍

神業パスの持ち主、ラファエレティモシーのテクニックや経歴が気になりませんか? ワールドカップの対ロシア戦、およびアイルランド戦における日本のトライ。 その多くが、ラファエレティモシー選手のプレイをきっかけに生まれています。 「相手ディフェンスのプレッシャーをかいくぐるクイックパス」 「倒れこみながらのノールックパス」 華麗な技術で得点をアシスト、見るものを虜にするラファエレ選手。 本記事ではそんなラファエレティモシー選手の「パス」に着目。 「どこがすごい?」「いつからラグビーを始めた?」などなど・・・ ラファエレ選手の魅力や疑問に迫ります。 興味を持たれた方、ぜひご覧くださいませ。 ラファエレティモシーのすごいパス動画を紹介! 「これさえ見れば、ラファエレ選手のすごさがわかる!」 そんな動画を厳選、紹介していきます。 百聞は一見に如かず、という言葉もありますね。 まずはご覧ください。 2019年9月20日 ワールドカップ 対ロシア戦 ロシアのゴールライン間際まで攻め込む日本。 田村選手からボールを受け取ったラファエレ選手は、力強い突破で相手ディフェンスを引き付けます。 ここで倒れこみながらも、後ろから回ってきたトゥポウ選手に ノールックパス。 数的優位な状況が生まれ、松島選手のトライに繋がっています。 このプレイで注目してもらいたいのは、ラファエレ選手が出した パスの精確さ。 前を向いた状態で出したノールックパスなのに、 トゥポウ選手の手元に「ピタッ」と放り込まれていますよね。 これがもし乱れたパスであれば、松島選手に素早くパスを回せず、トライは生まれなかったかもしれません。 フェイントを入れ力強いアタック、相手ディフェンスが何人も引き付けられていますね。 ここで外側で待つレメキ選手へオフロードパス。 日本チームの陣地を大きく進めています。 ここでもやはり、ラファエレ選手のパスが光ります。 相手ディフェンスのタックルを受けながらも、レメキ選手の手元へ届ける高度な技術。 一流のラグビー選手でも、なかなか狙ってできるものではないでしょう。 スポンサーリンク ラファエレティモシーのラグビー経歴は? 1991年8月19日、 サモアの首都アビアで出生。 現在28歳です。 4歳の頃にニュージーランドのオークランドへ移住。 家族や親類の影響を受け、 6歳からラグビーを始めます。 ニュージーランドといえば、代表チーム「オールブラックス」で有名ですね。 html 幼いころから、 オールブラックスのカルロススペンサーに憧れていたラファエレ選手。 super-rugby. ラファエレ選手のプレイスタイルにも影響しているようですね。 高校は デラセラカレッジへ進学。 スポーツ全般に力を入れている学校です。 特にラグビーでは超強豪校。 ニュージーランド代表選手を何名も輩出しています。 実は高校まで、バレーなど他のスポーツも行っていたラファエレ選手。 入学時、父親から 『1つのスポーツを選んで集中してやりなさい』と言われたそうです。 それ以降はラグビーに専念。 人生をかけて取り組むように。 デラセラカレッジ在学中、ニュージーランド国内王者にもなっています。 日本の大学に進学したラファエレ選手 高校3年の頃、ワールドユースに選抜。 その中で、日本で遠征試合をする機会がありました。 ニュージーランドへ帰国したラファエレ選手。 彼のもとに、 山梨学院大学からのスカウトが届きます。 ご両親からも賛成され、日本行きを決心したラファエレ選手。 2010年高校卒業後、満を持して来日。 山梨学院大学へ入学します。 今では日本語ペラッペラのラファエレ選手ですが、当時はもちろん全く喋れなかったそうです。 ラグビーは意思疎通が重要なスポーツ。 周囲の協力のもと、一生懸命勉強に励みます。 ラファエレ選手の生真面目さ・実直さが伝わってきますね。 日本のラグビー事情についての知識もなく、来日後に教わったそうです。 その中で、日本の国内リーグ「トップリーグ」の存在を知ります。 それ以降、 トップリーグでプレイすることを目標に。 日々激しい練習に明け暮れます。 2014年山梨学院大学卒業後、国内トップリーグチームの コカ・コーラレッドスパークスに加入。 出典 : 公益財団法人日本ラグビーフットボール協会 大学で培った実績・実力が評価され、念願が叶います。 加入当初は、試合途中での起用が多かったラファエレ選手。 しかし、そのチャンスを逃さずに結果を残し、周囲からの信頼を獲得。 徐々に出場機会も増え、チームの中心選手となります。 2016年には日本代表に選出。 2017年からはサンウルブズに加入。 国際リーグのスーパーラグビーに参戦し、活躍の舞台を広げています。 2019年には神戸製鋼コペルコスティーラーズに移籍。 神戸製鋼は、平尾誠二、大畑大介など数々のスーパースターを輩出した名門チーム。 「より高レベルの環境で自分を試したい」という考えから、移籍を決意したとのこと。 また、2017年に日本国籍を取得。 ニュージーランド人の奥さん、愛犬と共に日本での生活を続けています。 好物は寿司。 舌もすっかり日本に馴染んだみたいですね。 スポンサーリンク ラファエレティモシーのパスは神業!ラグビー歴もすごかった!! ラファエレティモシー選手の神業パス、ラグビー経歴や来日の経緯などについてお話してきました。 いかがでしたか? パスの技術のみならず、突破力や走力もハイレベルなラファエレ選手。 今後も日本の中心選手として、チームを牽引してくれることでしょう。 余談ではありますが、ラファエレ選手は奥様を大切にする良き夫であり、柴犬のJax君を溺愛する愛犬家。 サモアに住むご家族も大事にされていて、人としての魅力に溢れています。 ラグビーの腕に加えて、こういった内面を持つラファエレティモシー選手。 応援せずにはいられませんね! 本記事をご覧いただき、ありがとうございました。

次の

ラファエレ日本代表の誇り胸に「母国サモアに勝つ」

ラファエレティモシー 国籍

プロフィール [ ]• 出身(・生まれ)。 ポジションは・センター• 身長 186cm、体重 96kg• ニックネームはティム。 は23。 (2019年10月現在)• U18オークランド代表に選ばれたことがある。 2017年(平成29年)10月に日本に。 略歴 [ ] 6歳からラグビーを始めた。 、デラセラカレッジ卒業後 、に入る。 、卒業後、に加入。 同年に行われたジャパンラグビートップリーグ第6節の戦にて先発出場で公式戦初出場を果たす。 に行われた戦にて途中出場で日本代表初キャップを獲得し 、同年12月にはの2017年スコッドに入った。 、に加入。 また同年8月、の日本代表に選出された。 出典 [ ]• ラグビー共和国. 2018年1月31日閲覧。 ラグビー共和国(2016年10月21日). 2018年1月31日閲覧。 - 毎日新聞• ジャパンラグビートップリーグ公式サイト. 2018年1月31日閲覧。 コカ・コーラレッドスパークス公式サイト. 2018年1月31日閲覧。 ジャパンラグビートップリーグ公式サイト. 2018年1月31日閲覧。 日本ラグビーフットボール協会. 2018年1月31日閲覧。 サンウルブズ(2016年12月12日). 2018年1月31日閲覧。 神戸製鋼コベルコスティーラーズ公式サイト 2019年3月15日. 2019年6月23日閲覧。 日本ラグビーフットボール協会(2019年8月29日). 2019年9月8日閲覧。 関連項目 [ ]• - 山梨学院大学時代の同級生。 外部リンク [ ]• TimLafaele -• timlafaele - この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の