グループline ビデオ通話。 LINEでグループ通話をする方法 始め方や招待、切り方まで【iPhone/Android/PC】

LINE、グループビデオ通話と音声通話を大幅にアップデート

グループline ビデオ通話

かかってきた通話に出る 1.グループメンバーの誰かが通話を開始すると、参加者全員に通知が飛びます。 トークタブの通知• スマートフォンの通知 2.通知からトークルームを開き、[参加]をタップすると通話に参加できます。 画面の表示方法を変更する 音声通話の画面を変更する 左上のマークをタップして画面の表示方法を切り替えます。 上下にスクロールして参加者のアイコンを一覧で見ることができます。 グリッド表示:一画面に9人分のアイコンを表示することができます。 リスト表示:アイコンを小さく表示し、縦型に一覧表示します。 ビデオ通話の画面を変更する 左上の四角マークをタップして画面の表示方法を切り替えます。 グリッド表示:一画面に6人まで画面を分割して表示します。 フォーカス表示:特定の参加者を大きく表示することができます。 画面下部から参加者をタップしてフォーカスを切り替えます。 通話しながらLINEでトークをしたり、LINEアプリ内を移動してタイムラインやニュースなどを閲覧したりできます。 縮小された画面は自由に動かすことができます。 縮小画面をもう一度タップすると通話画面に戻ります。 音声通話• 関連記事• UPDATE 2020.

次の

LINEでビデオ通話をする方法

グループline ビデオ通話

グループ通話の人数制限グループ通話への参加に人数制限はなし。 ただし、グループビデオ通話の画面表示は5人まで。 (切替可能) ともに グループのメンバーなら何人でも参加okです。 (ライブ配信は200人まで) 最大50人のと違って参加人数には制限がありませんよ。 でも、グループビデオ通話の画面については表示できるのは4人までとなっています。 分割表示・全体画面どちらの場合でも画面内の参加者一覧から友だちを選び、タップやスワイプで切り替えできます。 途中で招待もok!ライングループで複数で通話するやり方【かけ方・受け方】 がわかったところで、実際にやってみましょう。 LINEグループでの音声通話・ビデオ通話のかけ方・受け方を紹介していきますね。 まずかけ方については、3人以上の複数でも1対1のトークのときとまったく同じです。 グループのトークルームを開いたら「電話のマーク」をタップすれば音声通話・ビデオ通話・Liveが選択できますよ。 ここは1対1のときと違って電話が鳴るのではなく、スマホのポップ通知・LINEのトークに通知がぴょこんと表示されますよ。 音声通話・ビデオ通話を受ける、つまりグループ通話に参加するには「参加」をタップすればokです。 (ふつうにトークから「参加」をまた押せばok) また、通話に参加していないメンバーを招待することもできます。 画面右上の人型アイコンをタップし、招待したいメンバーを選んで「招待」をタップすれば送れますよ! もちろんグループ通話はしていないと使えません。 複数の友だちで話したいならまずはグループを作りましょうね。 通話できない・音が聞こえない原因• メンバーが自分しかいない• スピーカー・マイクの設定 それぞれもう少し説明しますね。 まず、グループ通話が始まらないときは「メンバーが自分だけ」という場合です。 音声通話・ビデオ通話どちらもスピーカーとマイクのオン・オフを切り替えできます。 これ、間違えがちなので気をつけてくださいね! ちなみには関係ありません。 たとえメンバー内の誰かとブロック関係にあっても グループ通話ではブロック相手とも通話可能なんですよ。 まとめ さいごに、今回の「LINEグループ通話」のポイントをまとめて並べておきますね。

次の

まるでSkype!同時に3人以上とビデオ通話ができる!LINEでグループ通話をしよう

グループline ビデオ通話

LINEグループビデオ通話の使い方!全機能を解説 ついにLINEがグループビデオ通話に対応しましたね。 音声電話ができるグループ通話じゃないですよ。 顔を見て話せるグループビデオ通話。 もちろん無料です。 ママ友会、女子会、家族会議、仕事の打ち合わせ、クラブや学校のグループでワイワイなどいろんな使いみちがあります。 ではさっそく使い方と機能を解説したいと思います。 グループビデオ電話のかけ方と出方 大前提としてあらかじめグループか複数人トークを作っておいてください。 グループ通話ができるのはそのグループだけです。 つまり誰でもかれでもビデオ通話に参加できるわけではなく、あらかじめそのグループに招待しておかなければなりません。 トーク画面上部のメニューの「招待」からできますので先に招待をしておいてください。 準備ができたらさっそくビデオ通話です。 電話のかけかた 電話アイコンをタップして、ビデオ通話をタップします。 たったこれだけです。 電話の受け方 電話を受けるのは簡単です。 通知がされるので通知をタップします。 トーク画面が開くのでビデオアイコンをタップすると通話開始です。 通知からじゃなく、友だち一覧からもどのグループ通話に招待されているか一目瞭然です。 立ち上げるとこんな感じ。 2人しか参加していませんが、下半分があなたです。 カメラの下部に名前が出るのでわかると思います。 グループ通話自体はなんと200人までできます。 ただ顔を見て話せるのは4人までです。 5人以上は右にプロフィールアイコンが並び、タップした人の顔が見れるという仕組みです。 注意!電話を切るときはちゃんとボタンを押すこと 普通の電話のように相手が切れば自動的に切れる、スリープになれば切れるということはありません。 電話を切るときはちゃんと電話を切るボタンをタップしなければずっと繋がったままです。 思いがけず相手に会話が聞かれることもありますのでちゃんと終了ボタンを押すようにします。 いろんな機能がある 基本的には上記だけでグループビデオ通話が開始されますが、いろいろ機能があります。 立ち上げたらこんな感じ。 顔を画すために下半分は表示していますが、メニューは左上のLINEアイコンだけのシンプルな画面です。 左上のLINEアイコンをタップするとメニューが立ち上がります。 左上の数字はグループの人数とそのうち参加している人数です。 右上のアイコンをタップするとカメラが閉じます。 ビデオ通話を閉じて他のメンバーを招待したり、他のアプリを使ったりできます。 さらに右上のメニューをタップするとインカメラと切り替えたり、他のメンバーを招待したりできます。 ハウリングするときは? キーンとか、ホワーンホワーンホワーン・・・と甲高い音が出るとき(ハウリングするとき)はミュートにしてみましょう。 画面下にもメニューがあり、マイクアイコンがミュート機能です。 普段は透明なアイコンですが、タップして白くなればミュート機能が有効になり、あなたの音声は相手に聞こえなくなります。 周りが騒がしいときやあなたが話さないときなどはこれを有効にしておき、余計な雑音はショットアウトしましょう。 寝起き、すっぴんなど見られたくない人は 夜に通話するときなどすっぴんで見られたくないときもあるでしょう。 また、プライベートな部屋を見られたくない人もいると思います。 そのときはカメラ機能をオフにすることもできます。 あなたのカメラ機能を無効にすることができます。 メニューのビデオカメラのアイコンをタップしましょう。 アイコンが白くなっていればカメラは無効です。 あなたは写っていませんので安心してください。 ただ、電話に出た瞬間はカメラ機能は有効になっていますので注意が必要です。 前回無効にしていても出る瞬間は有効になっていますのでカメラの穴を塞いでおくなど対処しましょう。 自撮りをデコるエフェクト機能がある ビデオ通話を10倍楽しくする新機能「スタンプ」があります。 いろいろ感情を表現できておもしろいですよ。 メニュー左下の顔のアイコンをタップします。 アイコンが出てくるので感情に合わせたアイコンをタップします。 上記は目がハートのアイコンをタップしたところです。 こんなのも。 ネットワークが不安定と表示されたら グループビデオ通話は音声、画像けっこうな通信量となります。 そのため、他のアプリが立ち上がっているとWifi環境でもすぐにネットワークが不安定ですという表示が出ます。 グループビデオ通話をしている間は極力他のアプリを立ち上げないようにしましょう。 また、それでも重いと思ったら、カメラをオフ、音声をミュートするなどすると軽くなりますので試してみてください.

次の