いささか先生の犬。 サザエさん

先生、モモンガの風呂に入ってください!―「鳥取環境大学」の森の人間動物行動学

いささか先生の犬

A ベストアンサー めどはやまと言葉ではないでしょうか。 もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。 広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく 不親切です。 朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。 解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、 ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。 目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です) Q 摂取カロリーがすべてと言われているので、ちょっとためしてみようと思い、最近ところてんや白滝、ゼロカロリーゼリーなどで低カロリーしかとってません。 一日の摂取カロリーは500いきません。 私は体重は朝起きてすぐ、トイレに行ってから計ってますが、最初の日の次の朝800グラム増えてました。 次の日400、次の日は600、と一週間で3キロ近く増えてます。 摂取カロリーは一日500カロリー未満ですが、おなかいっぱい食べてます。 でもカロリーが低ければ太らないはずでは?? この調子だと、カロリーは低いのに段々太っていくってことですよね? よく一時的に増えても食べ物の重さで、すぐもどる、といわれてますが、いつか減っていくんでしょうか? それとも低カロリーでもおなかいっぱい食べちゃいけないんでしょうか?

次の

サザエさんの登場人物

いささか先生の犬

今の磯野家のお隣(右隣)は、伊佐坂一家ですが、現在までで2回入れ替わっています。 2代前は、知る人ぞ知る旧 伊佐坂一家です。 おおよそNo1000以前に登場していたと推測 されます。 私自身も数度しか見たことありません。 (2008. 10月 追記)1970. 143 「巨匠イササカ氏あらわる」にて初登場。 お別れの回があったかどうかは不明。 (初代) (旧 伊佐坂夫妻) (旧 甚六) (旧 うきえ) (猫) 現在の伊佐坂一家と違うところは、飼っているペットが猫であること、甚六さんが大学生であること、 うきえさんも高校生ではなさそうなことです。 それ以外の詳しいことは判りません。 1代前は、覚えている方もいると思いますが、浜さん一家です。 洋画家の浜さんと太り気味の奥さんと 娘のミツコと犬のジュリーの一家です。 (2代目) (浜さん) (浜さんの奥さん) (娘のミツコ) (犬のジュリー) 浜さん一家の初登場は、「浜家登場」にて間違って磯野家に上がりこんでくるというエピソードが 「」さんにて語られています。 では、いつごろ登場したのでしょうか? 私のわかる範囲で調べてみますと、作品No1158〜1392の間に初登場ということが判明しました。 ということは、放送開始から9〜10年目(1977年〜1978年)あたりです。 (2008. 10月 追記)1978. 1330 「突然のお隣りさん」にて初登場。 その浜さんも1985年3月にNo2399「伊豆長岡の別れ その一」、No2400「伊豆長岡の別れ その二」にて 奥さんの病気療養という理由で伊豆に引っ越すことになります。 この理由としては、広告代理店宣広社のプロデ ューサーの松本美樹さんが辞めたことと、長谷川先生と制作側の問題(別の作品の「似たもの一家」の 登場人物の伊佐坂一家を無断で登場させたことからの権利関係の問題)が解消されたこと等がいわれて いますが、詳しいことは関係者のみぞ知るです。 浜さん引越し後4ヵ月後に、No2448「おとなりの大先生」にて現在の伊佐坂一家が初めて登場します。 (浜さん一家の住んでいた家に引越しという形で家の概観、間取りも同じです。 )引越し直後は、大八さん (お軽の末弟で大学8年生)が居候としていましたが、やがていつの間にかいなくなり、現在の伊佐坂一家 になっています。 (現在:3代目) (難物)(お軽)(甚六)(うきえ)(ハチ) (大八).

次の

サザエさん市場 お隣の歴史

いささか先生の犬

第6弾ともなると、いささかマンネリになるのではと心配しながら読み始めたが、面白さは健在であった。 それどころか、今回は、新たな進展を見せているのである。 著者らは、鳥取県ハ頭郡智頭町芦津の山村の森でニホンモモンガの観察を続けているのだが、この地区の住民と連携して、地域の活性化に乗り出したのだ。 「思い立ったら、すぐ行動」を信条とする著者が、ニホンモモンガ、ニホンヤマネを初めとする、さまざまな生き物が棲息する芦津の森をアピールすることが地域の利益に繋がると呼びかけたところ、地区の人々から想像以上の反応が得られたのである。 どのアイディアも面白いが、私が一番、興味を惹かれたのは、著者提案の「モモンガの森のミニ地球」である。 ミニ地球というのは、掌に載るくらいの大きさの透明なプラスチックの円形容器の中に、地球の生態系を形成する「生産者(植物)」「消費者(草食動物)」「分解者(カビやキノコ)」を、土や水とともに入れて密封した、ミニ・ミニ・サイズの「地球」のことだ。 著者が全く独自の試行錯誤の末に辿り着いたこのミニ地球には、遊び心と自然を楽しむ気持ち、そして、子供を含めた一般の人々に生態系の原理を理解してほしいという著者の願いが込められている。 具体的には、先ず、プラスチック・ボール1つに土と枯れ葉を入れ、ごく小さな木(これがシンボル・ツリーになる)、草、コケ、ドングリや木の実などを植え込む。 最後にダンゴムシを1匹入れ、もう1つのプラスチック・ボールをかぶせてパチッとはめ込めば出来上がり。 水はやらなくていい。

次の