マスク 意味がない。 手作り布マスクの効果はない!ガーゼマスク・不織布マスクのウイルス対策の違いも

アベノマスク 、布マスクも「ウイルス侵入率は100%」 専門家が実験。マスク選びの注意点は?

マスク 意味がない

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、マスクの着用が当たり前になっている。 安倍首相が4月1日に表明した全世帯への布製マスク配布方針には、驚きも広がった。 だが、品不足はまだ続く。 建築・都市環境工学、とりわけ人の周りの空気環境の研究を続ける村上周三・東大名誉教授にインタビュー、改めてマスクの功罪と正しい使い方について聞いた。 街を行く人もマスク姿が多くなりました。 自分への感染を防ぐためにマスクを着けている人が多いと思います。 水道水の安全性に不安があるときに、ペットボトル、プラスチックによる海洋汚染が問題になってからはマイボトルを持ち歩く人が増えました。 しかし、空気の場合、自分用の空気を持ち歩けません。 そこで空気に含まれる危ないものを吸わないようにいわばペット空気の代用としてマスクを着けているものと想像します。 私の場合もそうですが、マスクを着けていると安心感があります。 でも実は、本人への感染防止効果は限定的です。 私たちはマスク着用時の空気の流れを数値流体力学の手法を用いて分析しました。 北九州市立大学の白石靖幸教授がコンピューターによるシミュレーション解析を行ったところ、マスクを着けた場合、吸っている空気のうち、マスクを通して吸引している空気は少量、マスクの顔への密着度がよくない場合は約1割で、横の隙間から吸っている空気が大半、約9割に達するという結果が出ました。 空気には、なるべく抵抗の少ないところを通るという性質があるからです。

次の

マスクをしない人の4つの心理とは?原因は○○が低い?対処法も書いてみた。

マスク 意味がない

朝日新聞が4月2日に公開した「」との記事が物議をかもしています。 具体的にはタイトルでは「どんな状況でも勧めない」とあるのに対し、記事末では専門家が「他人にうつさないという目的を考えれば、『つけない』という選択肢はない」と話しておわっているためです。 おそらく記事を書いた人と見出しをつけた人が別々のためこのようなタイトルになっているのだと思われますが、そもそもの話として見出しになっているWHOの案内は一般人に向けたものではありません。 WHOの案内は専門家や医療従事者向け WHOが「布マスクはどんな状況でも勧めない」と案内しているのは、以下のページです。 Cloth e. cotton or gauze masks are not recommended under any circumstances. クロス 例えば綿やガーゼ マスクはどんな状況でもお勧めしません。 出典: ただ、概要に書いてあるようにこの案内は「公衆衛生および感染予防および管理 IPC の専門家、医療管理者、医療従事者、および地域の医療従事者を対象」としています。 つまり私たちのような一般人向けのものではありません。 これをもって「布マスクはどんな状況でも勧めない」と一般論のように取り上げるのは不適切ではないでしょうか。 布マスクの感染率が高い論文は医療用マスクとの比較 この「布マスクは効果がない」論を補強するものとして、ネット上では医療用マスクと布マスクの効果を比較したがよく取り上げられています。 この論文はベトナムの病院において、医療従事者を勤務中はつねに医療用マスクをつけるグループ・同布マスクのグループ・マスクのつけ外し自由の3つのグループにわけ、呼吸器疾患・インフルエンザ・ウイルス性呼吸器感染症にどれだけ感染したかを調べたものです。 その結果、つねに布マスクをつけていたグループの感染率が有意に高いことがわかったとまとめられています。 また、マスクのつけ外し自由のグループ内で医療用マスクのみをつける人、布マスクのみをつける人にわけて比較したところ、やはり布マスクのみをつけるグループの感染率が高かったとのことです。 この結果をもって「布マスクは効果がない」とされているのですが、この論文は医療従事者における医療用マスクと布マスクの効果を調べたものであって、布マスクとマスクをまったくつけない人を調べたものではありません。 ちなみにマスクのつけ外し自由のグループでは、そもそもマスクの着用率が非常に高かったとのことです。 WHOタイ「具合が悪い場合は、布か紙のマスクを着用してください」 このほか「布マスクはどんな状況でも勧めない」の反論として、WHOタイが2020年3月26日に発表したレポートもよく引き合いに出されています。 WHOタイのレポートでは「公衆への勧告と助言」として「具合が悪い場合は、布か紙のマスクを着用してください」と案内されています。 If unwell, wear a cloth or paper mask. Do not use N95 respirators as supplies are limited and they are critically needed for healthcare workers. 具合が悪い場合は、布か紙のマスクを着用してください。 N95レスピレーターは、供給が限られており、医療従事者にとって非常に必要であるため、使用しないでください。 出典: 他人にうつさないために、布マスクをつけましょう さまざまな情報が流れており混乱しそうですが、簡単にまとめるとこうです。 WHOが布マスクを勧めないのは医療従事者• 医療用マスクと比較して布マスクの感染リスクは高い• 布マスクはきちんと洗浄・乾燥しないと汚染される• 最近のWHOレポートでは具合が悪い人に布・紙マスクを勧めている• 布マスクは手についたウイルスが口や鼻に触れるのを防げる• 布マスクは他人にうつさない効果を期待できる というわけで布マスクの効果は医療用マスクと比較すると低くなりますが、他人にうつさないためにも布マスクをつけましょう! 4月3日12時16分追記 布マスクの効果について本文に書いていないとの指摘があったため、朝日新聞の記事から紹介しておきます(簡略化された内容は上段で紹介した記事にも掲載されています)。 大西さんによると、マスクには三つの役割があります。 ウイルスがフィルター部を通過しない。 手についたウイルスが口や鼻に接触するのを防ぐ。 顔に密着させ、マスクの間からウイルスが侵入するのを防ぐ。 「布マスクは、2. については効果がありますが、1. については全く効果がありません」と大西さん。 コロナウイルスの直径は0. 1マイクロメートル。 布マスクを容易に通過してしまいます。 (中略) 「つけない」という選択肢はない では、布マスクにはまったく効果がないのでしょうか。 大西さんは「他人にうつさないという目的を考えれば、『つけない』という選択肢はない」と言います。 たとえばせきやくしゃみをした瞬間、ウイルスの何割かはマスクの外に出ますが、大きな飛沫をせきとめてくれる可能性があります。 つまり、自分の感染予防ではなく、他人への感染予防につながるアイテムだ、という意味です。 また、保湿効果によりマスクに覆われた部分をウイルスの増殖しにくい環境にする、のどの保湿によりウイルスの侵入を防ぐ、などの効果が期待できるそうです。 出典: このほか朝日新聞はも案内しています。 なお、この記事の本意は「布マスクをつけましょう(布マスク効果なしの記事に誘導されて感染者が布マスクなしで出歩くのは勘弁して欲しい)」であり、安倍政権による布マスク2枚配布の政策を擁護するものではありません。 布マスク配布発表時の筆者の反応は以下です。 ようは「マスクじゃなくてお金配れ」と批判しています。 こちらからは以上です。

次の

飛沫感染、マスクの予防効果は?:朝日新聞デジタル

マスク 意味がない

マスクは本当に意味ないのか? 実際に今まで行われてきた研究で、 マスク着用のみの対策では予防効果は認められないといった報告がみられます。 まず 風邪もしくはインフルエンザに対するマスクの有効性について記載している論文を三つご紹介します。 日本の医療機関のスタッフを対象に、 マスク着用の有無により風邪症状に対する感染予防効果があるのかといったことを調べた論文です。 マスクを着用しているグループ、 着用していないグループに分け、のどの痛み、鼻水、咳などの風邪症状を77日間かけて記録する調査が行われました。 結果、 マスク着用の有無によって風邪症状の発症日数や風邪症状の重症度に差はなかったと報告されています。 参考文献 Use of surgical face masks to reduce the incidence of the common cold among health care workers in Japan: A randomized controlled trial Jacobs J. , Ohde S. , Takahashi O. , Tokuda Y. , Omata F. , Fukui T. 2009 American Journal of Infection Control, 37 5 , pp. 417-419. インフルエンザ発症者がマスクを着用することで家庭内感染を防ぐことが可能であるか検討した調査です。 インフルエンザ陽性患者のいる家族を対象として、 マスク着用しているグループと 着用していないグループに分け、5日間調査を実施しました。 結果、調査期間中に家族がインフルエンザ様症状を示した割合は、 マスク着用しているグループは16. 2%、 着用していないグループは15. 8%で有意差はなく、 マスク着用による感染予防効果は認められませんでした。 Surgical mask to prevent influenza transmission in households: a cluster randomized trial. PLoS One. 2010;5 11 :e13998. Published 2010 Nov 17. doi:10. pone. 医療機関を対象に、 サージカルマスクの着用状況とアウトブレイクについてアンケートによる調査を行ったうえで、 サージカルマスクによるインフルエンザ予防効果を検討した論文です。 参考文献 岡﨑悦子,森山由紀,小林寬伊. サージカルマスクのインフルエンザ予防効果. 医療関連感染. 2017年,10巻,1号,p. 9-17. , 参照2020-02-14. マスクの有効性を追求するためにも、さらなる研究が必要といった現状です。 マスク着用のみの対策で有効性が肯定できるような論文が発見でき次第、随時更新していきます。 マスクは意味ないと言い切れない理由 筆者的にはマスクは意味がないとは言い切れません。 何故言い切れないかという理由を解説していきます。 人は無意識に顔を1時間に〇〇回触ってる 人は無意識に顔を触ることがあり、 顔(目・鼻・口など)を触ることで感染するリスクは当然高まります。 実際に どれくらい無意識に顔を触っているかを調べた研究があります。 結果、 1時間に平均23回、無意識に顔を触っているといった報告されれいます。 感染経路となる顔の粘膜部位(口や鼻、目など)接触では、 口が最も多く、次いで鼻、目といった順番でした。 このことから、マスクをすることで 口、鼻への直接的な接触を避けられるため、マスクをする意味が少なからずあるのではないかと考えられます。 マスクだけではなく手洗いも大事 上記で 人は無意識に顔を触る習慣があると述べました。 無意識に顔を直接的に触らないためにもマスクするのには意味があるといった考察をしましたが、 目は覆えないのでマスクしてようがしてまいが関係ありません。 汚れた手で目をこすってしまうことで感染が起こることもあります。 そこで、次はなにが大事になってくるかというと、 手指衛生です。 流水と石けんを用いた手洗いと アルコール消毒を 用いた手指消毒が大切です。 手洗い・うがいなど基本的なことでも、正しくできるかがポイントです。 正しい手洗い方法は消毒剤や洗浄剤、医薬品、食品を製造する化学・日用品メーカーであるサラヤ株式会社の「」をご参照ください。 マスクは意味ない?まとめ マスク着用のみの対策が有効という報告は、今のところ見つかりませんでした。 かといって、意味がないとも言い切れるための条件がそろっているわけでもなさそうなので、ないよりはある方が良いと考えて使用して頂いて良いかと思います。 万が一、今回のコロナウイルスのような飛沫感染が考えられる病気にかかっていた場合に、周囲の人になるべくうつさないためにも、マスクをすることは大事です。 咳等の症状のある人が、マスクを着用をすることで、 咳やくしゃみをした時の飛沫(しぶき)を防ぎ、感染拡大を抑えることがマスクの着用の目的です。 加えて、基本的な 手洗い・ 消毒・ うがいも大事です。 自分でできる最低限の予防はこなし、健康な生活を送りましょう。 以上が マスクは意味がない?についての記事でした。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 他になにか気になることがありましたらお気軽にお問い合わせください。

次の