やはり暴力。 米中露で拡大する「軍隊の民営化」その語られざる実態(河東 哲夫)

正論をしつこく押し通そうとするのも、やはり暴力の内ですか?

やはり暴力

父親と弟、みんな慶応生の超エリート家族の裏側にやはり、DVがありました。 報道によると、中学生のころから、父親に暴力を振るわれていたそうです。 DVだけでなく、言葉の暴力もあったそうで、父親の権力で押さえつけていたのではないかと。 いつかやり返してやろう、そんな気持ちで果物ナイフを部屋に隠し持っていたそうです。 なぜ、口論となった時点で、母親は止めに入らなかったのだろう、よくあることだから?自分自身も守りたかったから? 今、一番思うのは、お金や地位や名誉よりも、子供を守ってほしかったと。 あの加害者となってしまった慶応生の悲しい、寂しい目に、母親は気が付いていたと思います。 その優雅に見える暮らしを守りたかったのでしょうか? 父親からのDVは、どれだけ子供の心を傷つけるか。 わが娘も、つい最近まで、いつも寂しそうな顔をしているねと友達に言われていたそうです。 でも、人生大逆転、今は、楽しく暮らしているし明るくなりました。 母親として、一番大事なのは、お金や地位ではなく、子供の未来だと気づいてほしかったです。 最悪の結末を迎えてしまいました。 前の記事では、素敵な人、可哀想と書きましたが取り消します。 (美人でしたが) もしかしたら、経済的な不安で、熟年離婚も子供を連れて逃げる勇気もなかったのかもしれないと思いました。 そして、今日もまた事件がありました。 母親を守るために、父親を刺〇。 18歳、高校二年生が逮捕されました。 そのニュースを見て思いました。 DV家庭の被害者は、やはり一番は子供です。 やられっぱなしの母親を見ていては、いつか自分がやらなければと思ってしまうと思うのです。 私のこの記事をDV被害者の方がご覧になっているとしたら、ぜひ逃げる勇気をもってほしいと思います。 そして、DVといかないまでも、両親が争う姿というのは、子供には悪影響しか与えません。 子供の未来までも、悪影響を与えてしまいます。 旦那デスノートに旦那〇ね!とひそかに書き込むのは、いいと思います。 どこかでうっぷんをはらすのはありだと思います。 でも子供の前で、言ってはだめです。 子供は、お母さんを守るのが正義だと思い、本当にやってしまう可能性もあると思うからです。 わが息子も、今、人生大逆転のために、必死に勉強しています。 国立大学の二次試験に向けて、人生で最大の勉強をする!と意気込んでいます。 DVやモラハラ家庭で育っても、人生は逆転できる、幸せになれると、私は信じています。 最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

次の

「今、あらためて考える-暴力団排除運動の原点とは」

やはり暴力

半田 浩輔 管理者兼児童発達支援管理責任者 今日も皆さんと一緒に発達障害等に関する学びや情報交換の場所なることを願って投稿させて頂きます。 今日のトピックは「 暴力的な子」についてです。 あるブログが話題になりました。 ブログの執筆者がの自分の子どもを保育園に迎えに行ったときに、子どもが他の男の子に肩を殴られているのを見てしまった。 止めに入ったが、自分まで叩かれだしたので、思わず大声で、強く説教してしまったー。 このブログの執筆者の行動は賛否がありましたが、あなたなら同じシチュエーションに立ちあった時にどうしますか? 昨今、このような暴力的な子が増えてきているのではないかと言われています。 暴力的な子は、どうして乱暴をしてしまうのでしょうか。 また、どのように注意をすればよいのでしょうか。 一緒に見てみましょう。 暴力的な子どもが増えている?! 2018年度の、小学生の暴力行為の発生件数は36,536件でした。 前年度2017年が28,315件、2013年が10,890件なので、年々暴力行為が増えていることがわかります。 (文部科学省問題行為より) 小学校の教員も、「気に入らないことがあると手がでてしまう子どもが増えた」「感情をうまくコントロールできない子がいる」など、思うところがあるようです。 子どもたちに一体何が起こっているのでしょうか。 どうして暴力的な子どもになってしまうのか? ~しなさいと言われ続けると… 子どもは、親や先生に 「~しなさい!」と言われ続けると、暴力的になってしまう傾向にあるようです。 親に、自分の価値観を受け入れてもらったことがあまりない子どもは、同じようにほかの人の価値観を受け入れることができず、暴力行為をしたりや暴言を吐いてしまうようになるのです。 虐待を受けている可能性がある 2018年度の統計では、児童相談所に相談された児童虐待の件数は約16万件にのぼることがわかりました。 親の影響で、暴力的な言動が日常的になってしまう子どもがいます。 親に愛されている実感がない子が、 親の興味を引くために暴力的な言動を行ってしまうケースもあります。 また、愛される子どもになろうとして、ストレスでキレやすい子どもになってしまうこともあるようです。 自分の感情をわかってほしいから 自分の心の中のモヤモヤとした気持ちを言葉でうまく表現できずに、感情が行為になって現れてしまうことがあります。 「むかつく」「ばかやろう」など、暴言を吐くのも自分の気持ちをうまく表現できず、感情を整理することができないないからなのです。 逆に、 未就学児の幼児であれば自分の気持ちを表す言葉を知りません。 どうしていいかわからなくなった結果、力任せに表現している可能性があるでしょう。 発達障害がある可能性がある 自分の気持ちをコントロールするのが苦手な子は、暴力的になってしまう可能性があります。 発達障害がある、とくにADHD傾向がある子どもは、ADHDの特性で見られる衝動性や多動性が原因の場合があるのです。 また、自閉症スペクトラム障害の傾向がある子どもは、物事が思い通りに進まなかったときにパニックになってしまうことがあり、癇癪をおこしてしまうこともあります。 そのストレスが親に暴力として現れてしまうケースもあるのです。 子どもの暴力は、誰に向けられることが多いのでしょうか。 ケースごとに対処法も調べてみました。 きょうだいを叩いてしまう きょうだい通し喧嘩になると、必ず手が出てしまう…。 など、きょうだい通しの暴力沙汰も多いものです。 この場合は、どちらか一方に肩入れしてはいけないという思いで、喧嘩両成敗としてしまう場合が多いのですが、何が正しくて何が正しくないのかを伝えるチャンスです。 「とても腹が立ったことは分かるけど、先に手を出したお兄ちゃんが悪いと思う」「こんなときは暴力をふるわずに話し合わなきゃ」など、 気持ちを理解してあげて、暴力をふるう前に諭してあげましょう。 パパ・ママを叩いてしまう 親に暴力をふるう場合は、やはり自分の気持ちをうまく表現できずにいたり、かまってほしい気持ちがあって暴力をふるうケースがあります。 場合によっては、親のことを下に見ている可能性もあります。 このような家庭内暴力には、親も毅然として対応することが大事です。 「大事なあなたに叩かれて、お母さんはこんなに辛いのよ」など、正直に伝えることが大切です。 家庭内暴力の中に、どのようなメッセージがあるのかを考えて、普段のかかわり方を見直してみましょう。 友達を叩いてしまう ほかの子を叩いてしまった場合は、根気強く 「暴力はだめだよ」と注意し続けることが大切です。 もしも、先に嫌なことをされたときに暴力で返してしまった場合は、その気持ちは理解してあげたうえで、暴力や乱暴はだめだよと諭してあげましょう。 一番いけないのは、「こうやって叩かれたら痛いでしょう? 」と、親が子供に痛い思いをさせることです。 痛みで覚えさせるよりも、叩かれた相手がどう思うかを考えさせて、納得させる言葉がけをしてあげることが大切です。 暴力的な子どもにはどうやって注意すればいいの? 暴力をふるってしまう子どもには、どのように注意すればいいのでしょうか。 具体例を見てみましょう。 「痛い」「悲しい」ときちんと伝える 子どもの中には、叩いたり乱暴したりすると相手がどう思うかの想像をまだできない子もいます。 暴力を見かけたり、実際に暴力を受けたときには、「痛い」「叩かれた人は痛い思いをするんだよ」ということをきちんと言葉にして伝えることが大切です。 また、物に当たる場合も同様です。 「そんなに叩かれたらおもちゃも悲しいよ」など、物の立場にたって諭してみることも有効でしょう。 言葉で伝えることを教える たとえば、嫌なことがあったときに暴力をふるってしまう子どもには、言葉で嫌な思いをしたことを伝えるように教えてあげましょう。 脊髄反射で手が出てしまう場合もありますが、その時は根気強く、「今、あなたはどんな気持ちで叩いているの? 」など、気持ちの整理をさせてあげることが大切です。 まずは、子どもが嫌な思いをしたことを認め、その上で暴力はいけない手段であること、言葉で伝えることが有効であることを教えてあげましょう。 怒りの感情をコントロールすることを教える 暴力的な子どもは、感情のコントロールが苦手な子が多いです。 例えばおもちゃを買ってもらえず感情が爆発し、暴力をふるいだしたときは、「乱暴する子にはおもちゃを買いません」などと、毅然とした対応をすることが大切です。 ここでおもちゃを買い与えてしまうと、暴力をふるえばおもちゃを買ってもらえると思ってしまう危険性があるからです。 暴力をふるっても、欲しいものは手に入らないと教えましょう。 また、「静かにするんだよ」と声をかけてゆき、怒りや暴力が静まってきたタイイングで「そうそう」「静かにできて偉いね」などとほめてあげることも大切です。 下記の動画は感情のコントロールが苦手な子に対する対処法が分かりやすくまとめられています。 なるほど。 このように接してあげるといいのですね。

次の

暴力的な子が増えている!?暴力をふるう子どもに対する対処法を調べました

やはり暴力

父親と弟、みんな慶応生の超エリート家族の裏側にやはり、DVがありました。 報道によると、中学生のころから、父親に暴力を振るわれていたそうです。 DVだけでなく、言葉の暴力もあったそうで、父親の権力で押さえつけていたのではないかと。 いつかやり返してやろう、そんな気持ちで果物ナイフを部屋に隠し持っていたそうです。 なぜ、口論となった時点で、母親は止めに入らなかったのだろう、よくあることだから?自分自身も守りたかったから? 今、一番思うのは、お金や地位や名誉よりも、子供を守ってほしかったと。 あの加害者となってしまった慶応生の悲しい、寂しい目に、母親は気が付いていたと思います。 その優雅に見える暮らしを守りたかったのでしょうか? 父親からのDVは、どれだけ子供の心を傷つけるか。 わが娘も、つい最近まで、いつも寂しそうな顔をしているねと友達に言われていたそうです。 でも、人生大逆転、今は、楽しく暮らしているし明るくなりました。 母親として、一番大事なのは、お金や地位ではなく、子供の未来だと気づいてほしかったです。 最悪の結末を迎えてしまいました。 前の記事では、素敵な人、可哀想と書きましたが取り消します。 (美人でしたが) もしかしたら、経済的な不安で、熟年離婚も子供を連れて逃げる勇気もなかったのかもしれないと思いました。 そして、今日もまた事件がありました。 母親を守るために、父親を刺〇。 18歳、高校二年生が逮捕されました。 そのニュースを見て思いました。 DV家庭の被害者は、やはり一番は子供です。 やられっぱなしの母親を見ていては、いつか自分がやらなければと思ってしまうと思うのです。 私のこの記事をDV被害者の方がご覧になっているとしたら、ぜひ逃げる勇気をもってほしいと思います。 そして、DVといかないまでも、両親が争う姿というのは、子供には悪影響しか与えません。 子供の未来までも、悪影響を与えてしまいます。 旦那デスノートに旦那〇ね!とひそかに書き込むのは、いいと思います。 どこかでうっぷんをはらすのはありだと思います。 でも子供の前で、言ってはだめです。 子供は、お母さんを守るのが正義だと思い、本当にやってしまう可能性もあると思うからです。 わが息子も、今、人生大逆転のために、必死に勉強しています。 国立大学の二次試験に向けて、人生で最大の勉強をする!と意気込んでいます。 DVやモラハラ家庭で育っても、人生は逆転できる、幸せになれると、私は信じています。 最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

次の