ストレンジャー シングス スージー。 【ストレンジャーシングス】シーズン3 ネタバレ感想と考察|Netflixドラマ

『ストレンジャー・シングス』イレブンを演じるミリー・ボビー・ブラウンの魅力に迫る!

ストレンジャー シングス スージー

もくじ• ストレンジャーシングス3のあらすじ 舞台は、1985年夏、 インディアナ州の架空の町・ホーキンス。 マイクとエルは、 恋人関係になっていましたが、 エルと暮らすジム・ホッパー(警察署長)は、 それをよく思っていません。 そんな時、ホーキンスでは、 大規模な停電・ネズミの異常行動などが発生。 新聞社でインターンをするナンシーとジョナサン、 裏側の世界に行ったことのあるウィル、 そしてウィルの母親・ジョイスも異変を感じ始めます。 また、ユタ州にいる遠距離彼女のスージーと トランシーバーで交信しようとしたダスティンは、 ロシア語の何か怪しげな暗号を聞いてしまい… 新しくできたショッピングモール 「スターコート」のアイスクリーム店で働く スティーブ・ロビンと共に暗号解読に乗り出すことに。 一方、エルは超能力で、 マックスの兄・ビリーをスパイし、 プールのライフガード仲間のヘザーを 監禁していることを知ってしまいます。 各々の行動によって徐々に、 閉じたはずの裏の世界への扉が 開きかけていることに気付き始め… 再び、奇妙な生物との闘いに巻き込まれるというストーリーです。 ストレンジャーシングス3を観た感想 子どもたちの成長と関係性の変化が斬新 まず、シーズン3で1番驚いたのが、 子どもたち成長しすぎ!ということ。 マイクやウィルなんて、 すんごく小さくて可愛かったのに、 背がすごく伸びちゃって…。 また、成長による変化は身体だけではなく、 子どものまま、今のままでいたいウィルと、 変化を恐れないマイクたちのすれ違いが切なかったです。 次のシーズンでは、 また大人に近づいていく彼らを観るのが楽しみ。 ホラー感と暴力描写が増えて恐ろしさMAX ストレンジャーシングスと言うと、 裏側の世界の得体の知れない怖さがメインでしたが… 今回は、そのホラー感に加えて、 ソ連の登場によって、 人間対人間の闘いが多く、 暴力やグロテスクな描写が非常に恐ろしかったです。 そういうのが苦手な夫は… お、終わったら言って…! と顔を背けてました。 笑 少年たちがメインキャストではありますが、 ここまで来るとある程度の年齢じゃないと、 観れないドラマだなと思います。 (ドラマにもR指定が付くアメリカならではですね) 数か所同時進行で後半はスピード感のある展開• 前半は4か所同時進行で、 それぞれが動いていて… 後半にそれらの全てが繋がってから、 一気にスピード感が増して、 最後の3~4話は続きが気になって、 一気に見てしまいました。 そして最後に、 ダスティンの彼女が登場、 2人で唄う「the never ending story」が最高! ダスティンとスージーの歌声に束の間癒されましたね。 話は裏側の世界からソ連へ シーズン2までは、 ただ裏側の世界との対決という感じでしたが、 今回シーズン3で新しく出てきたのがソ連の存在。 シーズン2でエルの力によって 閉じたはずの裏側の世界へのドアが ソ連によって開かれようとしている…という設定に、 最初はかなり戸惑いました。 今後、ソ連の存在が キーになってくると思いますが、 このドラマがどこへ向かっていくのか、 正に未知の世界ですね。 スポンサーリンク シーズン4への伏線 バイヤーズ家の引っ越しで友情・恋愛の行方は? シーズン3の最後、 ホッパーを失ったエルは、 バイヤーズ家に引き取られることに。 バイヤーズ家の引っ越しにより、 マイク&エル、ナンシー&ジョナサンの恋愛、 ウィルと少年たちの友情はどうなるの? バイヤーズ家の引っ越しが今後、 シーズン4でどう影響するのか楽しみです。 エルの能力が消えた このドラマの1番の見どころ、 「エルの超能力」が今シーズン終盤で消えました。 シーズン4では、 その能力は回復するのか? エルの能力無くして ソ連や裏側の世界のモンスターに勝てるのか? 次回シーズン4の鍵になりそうです。 ソ連の緑の液体とデモゴルゴン(デモドッグ?) 今回、スターコートの地下倉庫に 運び込まれていた緑の液体。 (エリカが飲もうとしていたアレ) 結局、何だったのでしょうか? 特に説明がなかったので、 今後シーズン4で 何に使うのか出てくるのかな~?なんて。 また、最後に映った、 ソ連の基地のデモゴルゴン(デモドック?)。 ソ連が裏側の世界から連れ帰って、 飼いならしているのでしょうか? シーズン4で、 明らかになるのが楽しみです。 ジム・ホッパー署長は生きてる? また、同じく最後に映った ソ連の基地のような場所で、 「アメリカ人はやめとけ」 というセリフがありましたよね。 わざわざアメリカ人と言った点と ホッパーが死んだシーンが無かったことから….

次の

『ストレンジャー・シングス』シーズン3について知っておくべき17のコト

ストレンジャー シングス スージー

出典:tv. com イレブン(愛称:エル) 超能力を持つ少女。 S2で警察署長のホッパーに養子にされたので彼の名字をもらいS3ではイレブン・ホッパーになっている。 晴れてマイクの彼女になった。 ウィル・バイヤーズ S1では失踪した少年。 S2最終話で大型の黒い影を体内に迎え入れてしまった。 マイク、ダスティン、ルーカスと親友。 ジョイス・バイヤーズ ウィルとウィルの兄ジョナサンの母親。 元夫ロニーと離婚していて新恋人だったボブはS2で殺されてしまう。 ジョナサン・バイヤーズ ウィルの兄。 マイクの姉ナンシーと付き合っている。 ジム・ホッパー ホーキンス警察署の署長。 ジョイスとは高校時代の同級生。 癌で娘を亡くして以来、酒に溺れていたけどエルと出会い匿うことになる。 マイク・ウィーラー ウィル、ダスティン、ルーカスの親友。 エルの彼氏。 ナンシーの弟でもある。 ダスティン・ヘンダーソン ウィル、マイク、ルーカスの親友。 彼女のスージーとは遠距離。 ルーカス・シンクレア ウィル、マイク、ダスティンの親友。 同級生の転校生、マックスと付き合っている。 マックス・メイフィールド S2でウィル達の学校に転校してきてマイク達とつるむようになりルーカスと付き合う。 ビリー・ハーグローブ マックスの義理の兄。 (親が再婚したため) エリカ・シンクレア ルーカスの妹。 スティーブ・ハリントン S1ではナンシーの彼氏だった。 S2からダスティンの友人。 ロビン・バックリー モールのアイスクリーム店で働く。 スティーブとは同僚、後の友人。 マレー・バウマン ホーキンス研究所を調べる陰謀論者でロシア語が話せる。 アレクセイ S3で登場するソ連人の科学者。 エルとマックス 前回、エルとマックスがモールでマイク達とバッタリ会い、エルがマイクに別れを告げてましたね。 エルとマックスは女子会を開いてる様子。 (笑) エルの能力を使ってマイク達を透視してる。 マイク達は「ひどい扱いだよ!俺が何をしたんだ」って女の愚痴を言いながらゲップしてる所をバッチリ見られてる。 エルは爆笑してるけど。 (笑) そこにジョイスがレストランに来ずイライラしてる酔っ払いのジムが帰宅してまたマイクと一緒だと思って扉を開けるけどエルとマックスに「何?今日マックス泊まっていいよね」と言われ安堵の表情のジムはすっかりエルの保護者。 エルとマックスはエルの能力で誰を透視するかゲームをしてて当たったのがビリー。 ビリーを透視すると事故を起した車と横たわる同僚の女の子に「じっとしてろ」と話しかけるビリーを見て怯えはじめるエル。 女の子の叫び声と共に霧が消えて行くけどビリーにはエルの姿がブレて見えてるみたい。 驚いて透視を止めるエル。 ジョイスとジム 二日酔いでシャワーを浴びて出てきたジム宅にジョイスが押しかけてきて冷蔵庫の前で磁石が落ちるところを見せて磁気を失ってる原因を解説してるんだけど、昨日スコット先生に教えてもらったとか言うもんだからジムは「俺との約束をすっぽかして謝罪の電話もないのか」とお怒り。 そりゃそうだ。 ジョイスはまた「奴らの仕業かも。 研究所に連れて行って」と言うけどジムがグチグチお説教してる間にジョイスは研究所に行く準備万端で結局「くそぉ!」って言いながらジョイスの後を追うことになるジム。 (笑) ライフガードの笛を見つける エルとマックスはビリーの部屋に忍びむけど、そこにはビリーの姿はなく部屋を物色しているとライフガードの女の子が付けてた血のついた笛を見つける。 エルとマックスはライフガードの女の子が働いてた市民プールに笛を届けに行き持ち主を聞くとヘザーの笛だと知るけど、彼女は出勤してないと聞いて自分達でヘザーの居場所を探すことに。 シャワー室でエルが透視するとお風呂場の浴槽からヘザーが現れ「助けて」とエルに言うと叫び声をあげながら沈んでいってしまった。 夜になりエルとマックスはヘザーの自宅に行くとそこにはビリーがヘザーの両親達と食事をしてる。 彼女はどこだ?とビリーに問いただすエルだけど、そこにまさかのヘザー登場。 2人は帰っていくけどその後ろ姿を見てるビリーの目にはS2でエルによってゲートが閉じられた記憶が蘇ってきてるみたい。 ビリーの中にいるモンスターがエルを思い出したみたい。 エル達が帰った後、ヘザーの母親が倒れて、ヘザーが父親をボトルで殴りつけて「すぐ終わるから」と何かを嗅がせてた! ネズミが肥料を食い荒らす ナンシーは自分が働く新聞社にここ最近、肥料だけじゃなく殺虫剤や洗浄液、軽油が無くなってることを上司に伝えるけど上司は「君の言いたいことはイカれたネズミが町を走り回って化学製品を食い散らかしてる、証拠もあってホーキンスのネズミは毒が好きってか」と笑い飛ばして馬鹿にされたナンシーは会社を出る。 その後ナンシーは彼氏のジョナサンにドリスコル家の病気のネズミを保健所で血液検査してもらって証拠を掴もうと提案してジョナサンは協力することに。 ドリスコル家に行くとドリスコルさんが出てこないから倒れてると思って部屋に侵入すると地下で凄い形相で肥料を食い散らすドリスコルさんの姿が。 スティーブとダスティンはスパイ中 スティーブとダスティンは例のロシア語の傍受をしてからスパイを見つけ出そうとモール内をスパイ中。 怪しい男を見つけて後をつけるけど見当違いだった間抜けっぷり(笑)。 その頃、スティーブが働くアイスクリーム屋の同僚のロビンがロシア語の暗号を解読している所に宅配の職員がやってきて、制服の背中には猫のプリントが。 暗号の一部「銀のネコ」の意味だと思ったロビンはモールの中心部に行き辺りを見渡すと、暗号はモールの建物内部を示してることを見つける。 夜になると雨の中3人は配送業者の後を付けて建物の中に侵入。 ウィルの闇 ウィルとマイクとルーカスはボードゲームをしてるけどノリノリなのはウィルだけ。 マイクとルーカスは彼女のことで頭がいっぱい。 ウィルは怒って家を飛び出してしまってマイクが止めても「君が女とキスをしたくて友情を壊してんだ!」と泣きながら雨の中を自転車で走り去ってしまう。 これは嫌な予感…。 ウィルは森の秘密基地に籠り過去の楽しかった仲間達の思い出を振り返っているけど悲しみが増して秘密基地を破壊してしまう。 マイク達が探しにきたところ「奴が戻ってきた」と怯るウィル。 ビリーの中にいるモンスターにウィルの首にいるモンスターが共鳴したみたい! 研究所 ジョイスとジムはS2で悲惨な現場となった研究所に行くけど誰もいないし穴も埋められてる。 ジムはジョイスが過去に囚われていると思ってる様子。 ジョイスが引っ越ししようとしてることも知ってると言って二人は胸の内を話してるところに物音がして物音がする方へ行くといきなり背後からあの1話にいた研究所の男に襲われるジム。 ジョイスが駆けつけるとジムが倒れていてバイクで逃げ去る男の姿を目撃する。 ストレンジャー・シングス第3話を観た感想 モンスターに憑依されたビリーは同僚のヘザーもモンスターに捧げたってことだと思うんだけど、エルが透視で2人の身に起こったことが見れるのは、もう2人は死んでてあの暗い世界にいるから? と思ったんだけどウィルが生きてたように、どこかで生きてる可能性もあるね。 ヘザーの両親を襲った理由は何?! あのモンスターの養分になるとかかな。 そしてネズミの肥料を食い散らすドリスコル婆さん。 破裂したあのネズミもモンスターから派生したって感じかなと。 ドリスコス婆さんは破裂したネズミ(モンスター)に憑依されたのかなと推測。 他のチームって何かと足らない感じがするんだけど、スティーブとダスティン、新しく加わったロビンとも良い感じだったし、みんなスパイ活動を楽しんでそうだった(笑)。 何か応援したくなるチームだよね。 そして最後にウィル。 ウィルの悲しみって周りは恋に夢中で自分だけがボードゲームに熱中してるからで、みんなが離れて行ってしまうような孤独感を持ってたんだろうね。 過去のようにみんなでボードゲームに熱中してた時が一番好きだったんだね。 まぁこれって仕方ないとも思うんだけどね。 みんなが子供のまま楽しめたらそりゃ一番いいけど、周りの環境が変わる時、環境の変化に乗る人と、環境の変化に乗らずに時が止まったように同じ環境を維持したい人がいると思うんだよね。 ウィルがモンスターに憑依されてしまったのは、やっぱりそういった孤独感が誰よりも強かったせいなのではと思うね。 そしてボコボコにされてしまったジム。 大丈夫かな? あの研究所にいた男、かなり強いね…。 あんなのと対等に戦えないと思うんだけど…。

次の

【海外ドラマ】ストレンジャー・シングス シーズン3第1章「スージー応答せよ」レビュー(ネタバレ)

ストレンジャー シングス スージー

世界的ブームを巻き起こしてる「ストレンジャー・シングス 未知の世界」シーズン3。 相変わらず、ヤバイ!おもしろい!感動! 特に最終第8話「スターコート・バトル」は嬉し泣き、悲し泣き。 さまざまな感情が爆発し、涙をこらえることが難しかったのではないでしょうか。 でも、ちょっと待ってください。 その涙、この記事を読めばいろいろと意味あいが変わってくるかもしれないですよ。 以下、「ストレンジャー・シングス」シーズン3のエンディングシーンの考察をしていきます。 エンドクレジット中のカムチャッカ半島にて…• アイツはまだ生きている…• シーズン4の伏線… おっと、ここからは ネタバレ全開でいきますので、そこんとこよろしくお願いします。 ソ連カムチャッカ半島の収容所• 二人の看守が囚人を選ぼうとする• 看守の一人は「アメリカ人はいい」(英語だと No. Not the American)と言う• 看守はアメリカ人の隣にいる、ロシア語を話す囚人を地下へと連れて行く• ロシア語を話す囚人はデモゴルゴンのエサとなってしまう がシーズン3のラストシーンですね。 ここのポイントは、• デモゴルゴンはやっぱりまだ生きていた• ソ連がまたしても何かを企んでる のではなく、 「アメリカ人 はいい(No. Not the American)」のセリフ。 ここのシーン、どう思います? このセリフをわざわざ最後に入れてくること。 ソ連版ターミネーターことグリゴリが、ジムのことをアメリカ人(American)と常に呼んでいたこと。 どう考えても怪しくないですか? どう考えても、ジムがまだ生きてることを臭わせてないすか? とはいえ、これだけでは証拠不十分。 そこで、以下にて 「ジム・ホッパーはまだ生きてる=シーズン4に再登場する」4つのヒントを解説していきましょう。 メインキャラが死ぬときは、その瞬間を映すこと。 もしくは、死後の姿(たとえば死体)を映すこと。 のルールが守られていないこと。 つまり、メインキャラの一人であるジムは「死んでいない=生きてる」可能性が極めて高いとも言える。 手紙のBGMは復活の呪文 「スターコート・バトル」の3か月後。 ジョイス家と共にホーキンスから引っ越すことになったエルは、ジムが書いた手紙を発見する。 読み始めると、ジムのナレーションがはじまる。 この感動的シーン、注目してほしいのは、 BGM(音楽)と 手紙の内容。 まずは、音の方から。 手紙を読み終えるときにかかる曲はピーター・ガブリエルの「Heroes」。 (デヴィッド・ボウイのカバー曲) 当然、ウィルの遺体は偽物であることがすぐに分かる。 次のエピソードで、まだ生きてることが判明する。 つまり、 ピーター・ガブリエルの「Heroes」演奏の流れは、「ウソの死=まだ生きている」を示唆しているのかもしれない。 ウィルが生きていたように、ジムもまだ生きているのかもしれない。 「Heroes」が、まるで復活の呪文みたいな役割だったりして。 手紙の内容は裏側の世界へと行ったサイン 続いては手紙の内容。 以下にて英文、字幕の日本語、ポイントを書きだしてみた。 重要な点だけ知りたい方は赤字とポイントだけ読んでください。 ) There's something I've been wanting to talk to you both about. I know this is a difficult conversation, but I care about you both very much. And I know that you care about each other very much, and that's why it's important that we set these boundaries moving forward so we can build an environment where we all feel comfortable, trusted, and open to sharing our feelings. Feelings. Feelings. Jesus. The truth is, for so long I'd forgotten what those even were. I've been stuck in one place. In a cave, you might say. A deep, dark cave. And then I left some Eggos out in the woods and you came into my life. For the first time in a long time, I started to feel things again. I started to feel happy. But lately, I guess I've been feeling distant from you. Like you're pulling away from me or something. I miss playing board games every night, making triple decker Eggo extravaganzas at sunrise, watching Westerns together before we doze off. But I know you're getting older, growing, changing. I guess, if I'm being really honest, that's what scares me. I don't want things to change. So I think maybe that's why I came in here, to try and make stop that change. To turn back the clock. To make things go back to how they were. But I know that's naive. It's just not how life works. It's moving, always moving, whether you like it or not. And yeah, sometimes it's painful. Sometimes it's sad. And sometimes, it's surprising. Happy. So you know what? Keep on growing up kid. Don't let me stop you. Make mistakes, learn from 'em. When life hurts you, because it will, remember the hurt. The hurt is good. It means you're out of that cave. But, please, if you don't mind, for the sake of your poor old dad, keep the door open three inches. 2人に伝えたいことがある 簡単な話ではないが 心配してると分かってほしい お互いを大切に思う 気持ちも分かる だからこそ境界線を引いて 環境を整えたい 皆が快適だと… 思える状況で… お互いを信頼する 隠さずに… 気持ちを伝える 気持ちだ 気持ちか まったく 正直に話す 長い間 感情を忘れてた気がする 俺は閉じこもってた 洞窟と言える 深く暗い洞窟にいた だが森にワッフルを置いたら お前が現れた かなり久しぶりに 感情を持ち始めた 幸せを感じたよ でも近頃 お前とは… 距離を感じる まるで俺から 遠ざかってるようだ 毎晩 ゲームをして 早朝 3段重ねの豪華ワッフルを作った 一緒に西部劇も見たぞ だがお前は年を重ね 成長する 変化していく 気持ちを… 正直に言おう 変化が怖い 変わるのは嫌だ 俺がここに来た理由は 変化を恐れてたからだ 時計を戻して 過去に戻りたかったのだろう だが分かってる 人生は そう単純ではない 変化していく いやが応でも変化していく 時々 苦痛に感じるし 時々 悲しい でも時々 驚くこともある 幸せも いいか? 成長し続けろ 俺に構うな 間違いを犯し学習しろ 心が痛む時も必ずあるが 痛みを忘れるな 痛むことは いいことだ 洞窟にいないと実感する でもお願いだ 検討してほしい 気の毒な父親のために 7センチ以上 ドアを開けてくれ 手紙の重要ポイントをまとめると、 でもお願いだ 検討してほしい 気の毒な父親のために 7センチ以上 ドアを開けてくれ 深く暗い洞窟に閉じこもる。 距離を感じる。 エルから遠ざかる。 ドアを開けてくれ。 うーん。 絶対にここじゃん。 ジムは 死んだのではなく、裏側の世界へと行ったんじゃん。 「ドアを開けてくれ。 」 エル(がマイクとキスしているか)を監視するための「ドアを開けてくれ。 」でしょうか? それとも、裏側の世界の「ドアを開けてくれ。 」でしょうか? ミリー・ボビー・ブラウン(演:エル)のインタビューではジムの死を断言していない シーズン3配信直後、ミリー・ボビー・ブラウン(演:エル)が応えたインタビュー内容を分析すると、「ジム生きてる説」とも捉えられるヒントが隠されている。 Or was it just you in your head? (前略)the way I reacted was pure devastation and sadness, and a distraught child that just lost her father or so she thinks. ザックリ翻訳 質問: (ジム)ホッパーの手紙を読むシーンは、何かに反応しながら読んだの? それとも、頭のなかで想像しただけ? 答え: (前略)私の反応は純粋な荒廃と悲しみ。 そして父親を失ったばかり、 あるいはそう思ってる、取り乱した子供のように。 おもしろいことに、ミリー・ボビー・ブラウン(演:エル)はジムが死んだと断言していない。 「そう思ってる(or so she thinks)」と、あやふやな感じでインタビューに応えている。

次の