テヌート 音楽。 音楽のアーティキュレーションとは?記号、演奏法が図解でわかる!?

テヌートとスタッカートの扱い

テヌート 音楽

「 リテヌート」とは「 ritenuto」という綴りをした イタリア語の一つです。 「 保持する」や「 保つ」と言ったイタリア語の「 テネーレ tenere)」が語源であり、その頭に「 ri」がつく形になります。 保持するという意味が転じ、「 抑える」「 引き止める」「 制止する」といったニュアンスで使われることもあります。 頭の「 ri」は英語で言う「 re」と同じ働きをしており、「 再度」「 再び」「 もう一度」と言った意味になります。 そのふたつを併せて考えると「 もう一度保つ」「 再度抑える」というような意味合いを持ちます。 それでは音楽用語のリテヌートとはどういう意味になるのでしょうか? テンポを表す 速度記号で「 前よりも遅く」という指示になり、楽譜にリテヌートが出てきたら 今までのテンポよりも遅く演奏する必要があります。 「ソテヌート(sotenuto)」は「各音の長さを十分に保って」という意味で、テヌートとさほど違いが無いように思われます。 しかしソテヌートはテネーレが語源ではなく、「 sostenere」から来ており「保持する」「持続する」と言った意味以外にも「 支える」「 持ち上げる」または「 耐える」「 援助する」と言った意味があります。 つまり 音の長さを保てるよう支える、というのがソテヌートの本当の意味です。 どうゆうことだと思われる方も多いと思います。 ソステヌートは曲想を作り上げるための発想記号にあたるから曖昧な表現になってしまうのでしょう。 その楽曲のテーマ、曲調そして構成などを読み取り、表現をする、そのための 発想記号です。 まあ、簡単に言ってしまえば どう表現するのがいいのかは演奏者次第ということになりますね。

次の

ピアノ豆知識:ソステヌートペダル

テヌート 音楽

強弱記号 強弱記号には一定の強さを表すものと、部分的に出てくるものに分かれます。 一定の強さを表す記号 記号 読み方 意味 ピアニッシモ 非常に弱く ピアノ 弱く メゾピアノ やや弱く メゾフォルテ やや強く フォルテ 強く フォルティッシモ 非常に強く 他にもpppやfffなど3つ、4つと並んでいるものもありますが、楽譜ではピアニッシモ・フォルティッシモぐらいまでがよく出てきます。 部分的に出てくる記号 【クレッシェンド】 だんだん強く弾く。 cresc. と英語で表記されている場合もあります。 【デクレッシェンド】 だんだん弱く弾く。 decrees. と表記されている場合もあります。 (滅多にない) 他に ディミヌエンドという音楽記号もあります。 デクレッシェンドと同じようにだんだん弱くという意味になります。 ディミヌエンドはdim. と表記され、だんだん弱くの場合は かdim. のどちらかで書かれている場合が多いです。 装飾に使われる記号 装飾音符 このように小さく音符が付いている場合です。 文字通り、装飾しているだけなので 短く音を付けて弾きます。 この音符は 拍数には入らない音符になります。 なので拍数が狂わないように、なるべく短く弾きましょう。 トリル 楽譜では1個の音ですが、この記号が付いていたら 2つの音を連続で弾きます。 このようにドの音にトリルが付いている場合。 こんな場合は ドとレを交互に弾きます。 交互に弾く速さはしっかりと決まっているわけではないですが、なるべく早く弾く場合が多いです。 音符で書いたらこんな感じですね。 アルペジオ 和音の音符になっていますが、弾くときは 下から順に弾いていきます。 上記の場合は下から順にドミソと弾いていきます。 順番に弾きますが、これは和音なので 最初に弾いた音は離してはいけません。 弾く速さとしては特に決まりはありませんが、装飾音符よりは少し遅いぐらいです。 オクターブ記号 オクターブとは、同じ音の上の音階や下の音階をさします。 例えばドの音の場合。 1オクターブ上げる記号 楽譜上でこんな記号が出てくるときがあります。 この記号が出てきたら 1オクターブ上で弾きましょう。 この楽譜は これと同じですが見づらいですよね。 なので楽譜では 見やすくする為にオクターブ記号を使って簡単に読めるようになっています。 1オクターブ下げる記号 こちらもこの記号が出てきたら 1オクターブ下げて弾きましょう。 これと同じ意味ですが、やはり見づらい… もっと上や下に線が増えたらすぐに読めないよ… 独学でピアノを弾く 大人になってから趣味でピアノを弾こうと思うと、まずは楽譜の読み方につまづくのではないでしょうか。 でも 楽譜の読み方は一度覚えてしまえば、どんな曲だって読めます。 楽譜が読めたらきっと弾きたくなりますよ! 楽譜は1冊買おうと思うと高いです。 そんな時は欲しい曲が1曲から買えるがとっても便利です。 自宅で購入してプリンターで印刷できる、とってもお手軽な楽譜です。 初級・中級・上級と分かれており、 自分のレベルに合った楽譜を購入することが出来ます。 一応楽譜によく出てくる記号は載せたつもりです。

次の

楽語~洗足オンラインスクール

テヌート 音楽

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2013年2月) 演奏記号(えんそうきごう)は、によるにあって、演奏をするために必要なさまざまな記号のうち、、、記号、、、などをのぞいた、重要であるが上必要不可欠な要素ではない記号をいう。 演奏記号には、文字を用いてことばによって示すものと、それ以外のマークやシンボルによるものとがある(どちらも記号と呼ばれる)。 文字を用いる記号を 標語という。 標語は基本的にで書かれる。 曲の場合にはその曲の歌詞の言語で書かれることもあり、曲でもやで書かれることもあるが、全体としては例外的である。 また、標語を含めた様々な音楽用語を と呼ぶことがある。 以下に示される訳の多くは、一般的な訳によっているため、必ずしも音楽表現に最適の訳とは限らない。 のように、「専門用語としてではなく、日常用語としての理解が必要」と特にイタリア語の音楽用語の紋切り型解釈を批判する人物もいる。 詳細は「」を参照 を表す記号には、一定の強弱を表すもの以外に、特定の音だけ強いことを表すもの、強弱の変化を表すものなどがある。 表記の方法としては、フォルテ()、ピアノ()およびこれらを組み合わせたもの、アクセント ()などの記号、 crescendo など文字での指定などがある。 速度記号 [ ] を表す記号 一定の速度を示すもの [ ] 表記 読み 意味 備考 グラーヴェ 重々しく ラルゴ 幅広くゆるやかに ラルゲット ややに Largoより速い アダージョ ゆるやかに レント のろく アダジェット ややに Adagioより速い アンダンテ 歩くような速さで 「歩くような」は雰囲気。 , リテヌート すぐに遅く , アニマート 元気に速く , コン・モート 動きをつけて その他の速度記号 [ ] 表記 読み 意味 備考 ア・テンポ 元の速さで による変化の前の状態に戻す テンポ・プリモ 曲頭の速さで 基本的には「1小節の最初と同じ速さに戻す」であるが、位置が違う場合もある リステッソ・テンポ 同じ速さで 1拍のが変わっても拍の速さを同じにする テンポ・ルバート 自由な速さで テンポを揺らして演奏する時にも用いられる 発想記号 [ ] 表記 読み 意味 備考 トランクィッロ 静かに sosten. ソステヌート 音を保持して マエストーソ 荘重に 速度記号として使われた場合は~程度 アジタート 激しく、苛立って アニマート 生き生きと コン・アニマ 生き生きと コン・ブリオ 活気をもって コン・フオーコ 火のように、生き生きと スピリトーゾ 精神を込めて コン・モート 動きを付けて カランド 和らいで と の両方をする指示である モレンド 絶え入りそうに スモルツァンド だんだん静まって ペルデーンドシ 消えるように マルカート はっきりと ペザンテ 重々しく アパッシオナート 熱情的に、激情的に カンタービレ 歌うように、表情豊かに ブリッランテ 華やかに、輝かしく ラメンタービレ 哀れに グラツィオーソ 優美に エネルジコ 力強く フェローチェ 荒々しく , エスプレッシーヴォ 表情豊かに ジョコーソ 楽しげに スケルツァンド 諧謔的に アマービレ 愛らしく ドルチェ 柔和に、柔らかく グランディオーソ 壮大に リゾルート 決然と コモド 気楽に カプリチョーソ 気まぐれに レガート 滑らかに , レジェロ 軽く アッラ・マルチャ 行進曲風に カルマート 静かに アーティキュレーションを示す記号 [ ] 表記 読み 意味 備考 テヌート 音を保って スタッカート 音を切り離して 一般に音価の半分の長さ鳴らすと説明されるが、実際には場合によってこれより長くなることも、短くなることもありうる。 メゾ・スタッカート 音を保ちつつ切り離す のように書かれる。 スタッカートとレガートの間。 実際的には場面に応じて様々に演奏され得る。 スタッカートとスラーとが組み合わせの場合には、スタッカートが音符の内側に位置するが、スタッカートとテヌートとの組み合わせの場合には、スタッカートが音符の外側に位置するのが標準的である。 時には気紛れに、スタッカートとテヌートとが組み合わせの場合に、スタッカートが音符の内側に位置することもあるが、それが意図的に、よりテヌート寄りのメゾ・スタッカートを意味していることもある。 のように書かれる。 スタッカティッシモ または マルテッラート 音をきわめて短く切る 音符の上に付ける場合の記号一般に音価の4分の1の長さ鳴らすと説明されるが、実際はもっと短くされることが多い。 音符の下に付ける場合の記号 音を結びつけて 音符の上に付ける場合の記号。 同高の音を結んでいる場合()はとなる。 音符の下に付ける場合の記号 反復記号 [ ] 表記 読み 意味 備考 からここに戻る。 曲頭では普通省略される。 直前のまたは曲頭に戻る。 何も断りがなければ1回だけ戻って反復する。 とが同じ所に背中合わせに重なった場合に使う記号。 1番カッコ 反復の1回目のみここを演奏する。 あわせてのように使われる。 最初は1番カッコに入って直前のまたは曲頭に戻り、反復時は1番カッコに入らずその直前から2番カッコに飛ぶ。 また、同じように3番、4番カッコなどもある。 2番カッコ 反復の2回目のみここを演奏する。 最初から。 曲頭に戻る。 または D. のあとでは一般に反復は省略される。 その他でもにおけるような慣習的な反復記号は、演奏者の解釈により省略されることがある。 セーニョから。 に戻る。 「記号」の意味。 ダルセーニョからここに戻る。 ヴィーデ 「見よ」の意味。 同じ記号の所を見よ(同じ記号の所に飛べ)という意味だが、一般には D. するか D. したあとで結尾(コーダ)に飛ぶときに使われる。 ただし、省略可能な部分にこの記号が書かれることもある。 などではコーダマークと呼ばれることがある。 to トゥー・コーダ D. するか D. したあとで Codaに飛べ。 ではこのように書かれることが多い。 コーダ D. するか D. したあとで to からここに飛べ。 ポピュラー音楽では合わせてひとつの記号のように使われる。 クラシック音楽でもとCodaが一緒に現れることが多い。 とCodaはもともとは別の概念。 フィーネ 終わり かわりにを書くこともある だんだん小さくして終わる の下に書かれている場合、の間を数回繰り返しながらだんだん小さくして終わる 装飾記号 [ ] このほか、の項目を参照。 表記 読み 意味 備考 その音とその上の音を速く反復させて音を揺らす (この記号の上にがある場合は上の音を変化させる) しばしば波線を伴う。 その場合には(なくても多くの場合は)、波線の続く間トリルを続ける。 、を伴うことがある。 後打音がなくても通常トリルの終わりで一回2度下の音を鳴らす。 の場合にはの意味になることがある ターン・逆ターン この記号がある所で上の音—その音—2度下の音—その音と、音を揺らす。 音符の真上でなく、次の音との間に書かれている場合には、その音を演奏してから、次の音に移る直前に2度上の音—その音—2度下の音—その音と、音を揺らす。 上ないし下に変化記号のある場合には、2度上の音ないし2度下の音にその変化記号を付ける。 プラルトリラー (逆モルデント) その音—2度上の音—その音のように音を揺らす。 上に変化記号のある場合には、2度上の音にその変化記号を付ける。 記号が長い場合には2回揺らす モルデント その音—2度下の音—その音のように音を揺らす。 下に変化記号のある場合には、2度下の音にその変化記号を付ける。 記号が長い場合には2回揺らす 和音を同時でなく、下から順にずらして弾く などで使われる。 和音を同時でなく、上から順にずらして弾く 省略記号 [ ] 表記 読み 意味 備考 8 オッターヴァ アルタ 記音の1上を弾く 音や和音のみに単独で付ける場合には、音符の上や下に記号を記入し、一連の楽句に付ける場合には、上や下に点線でその範囲を囲む。 8や 8 vaとだけしか記されていない場合には、音符の上や下のどちらに書かれているかと、点線の終わりの鍵の向きだけで、オクターヴ上か下かを判読しなければならないことになる。 元の記音に戻す場合に誤解を防ぐため、特に現代音楽の複雑な楽譜においては、 locoと書き添えられることもある。 音域を広く活用する現代音楽において、2移高する記号が流行しはじめた頃は、見やすさの点で 15ではなく 16が使われることもよくあった。 次第に 15を使う人が増え、現在では殆どの作曲家が 15を2として正確に表記している。 8 オッターヴァ バッサ 記音の1下を弾く 8va 8 va b クィンディチェジマ アルタ 記音の2上を弾く クィンディチェジマ バッサ 記音の2下を弾く 前のと同じ シミレ 前のと同じ 斜線の数に相当するの数の音符で刻む(同音(和音)反復する) 例の場合は4分音符を32分 3つ で刻む。 8個の32分音符になる。 親音符が8分音符以下の場合にはそのの数を合わせたの数の音符で刻む。 たとえば、8分音符 1つ に斜線が2本付いたら32分 3つ で刻む。 楽譜に表すとの様に演奏することとなる。 トレモロ 斜線の数に相当するの数の音符で2音(和音)間を往復する のように書かれる。 この場合は2分音符を16分(2つ)で刻む。 8個の16分音符で4回往復することになる。 また、親音符が4分音符の場合には(4分音符を32分でバッテリー)のようにから離して書かれるのが本式である。 この場合は4分音符を16分 2つ で刻む。 4個の16分音符で2往復することになる。 黒音符の場合には、に接している斜線は親音符のと見なすのが本式であるが、接する斜線があっても親音符を4分音符ととらえるべき楽譜も多い。 なるべく早く刻む 上2項に伴って用いられる。 の数にこだわらず、なるべく速く反復する。 この指示がなくても、不可能なほど速い刻みを求められた場合は、なるべく速くの意味にとっていい。 楽器に特有の奏法を示す記号 [ ] 表記 読み 意味 備考 ペダル ペダルを踏む など。 のような表記もある。 センツァ ペダルを離す u. ウナ・コルダ 1本の弦で ピアノで弱音ペダルを踏む t. トレ・コルデ 3本の弦で ピアノで弱音ペダルを離す 下げ弓、ダウン、重音ピッツィカートを低音から高音に 上げ弓、アップピッキング、重音ピッツィカートを高音から低音に pizzicato 指ではじく 木で。 弓の木の部分または木の部分と毛の部分でこするか叩く アルコ 弓。 単音で。 通奏低音において、鍵盤楽器が和声付けを行わず、低音旋律のみ演奏すること。 その他 [ ] 表記 読み 意味 備考 (音符等の上 ) (音符等の下) 程よく伸ばす・拍を停止する 音符に付けられた場合には、拍節を止める意味の場合が多く、音符が音価よりも長く伸ばされることが多い。 (まれに短くする場合がある)また、この場合、直後に a tempoがなくても元のテンポに戻すとされる。 コンマの上に書かれた場合は、息継ぎが伸ばされる意味となり、拍を数えない空白が挿入される。 また、では、の終わりの意味である。 この場合音符が長く伸ばされる場合もあり伸ばされない場合もある。 複縦線に書かれた場合は、 Fineと同じで、楽曲の終わりを意味する。 滑るように演奏して 2つの音の間の音を滑らせて演奏する 運んで 次の音との間に短くグリッサンドを入れる シーミレ 同様に 続けて 次のへ休みなく続くとき使う タチェット 楽章にわたり休止 楽章を通してする。 に用いる オッシア あるいはまた 代替可能な楽譜を示すときに用いられる 前置詞、接続詞、修飾語 [ ] 表記 読み 意味 備考 モルト 非常に 英語のvery アッサイ きわめて 英語のmuch ポッシービレ できるだけ un ウン・ ポコ 少し 英語のlittle un ウン・ ポケティーノ ごくごく少し スビト 急に 英語のimmediately ポーコ・ア・ポーコ 少しずつ 英語のlittle by little ピウ さらに、より 英語のmore メノ より少なく 英語のless ma マ・ ノン・トロッポ しかし あまりはなはだしくなく 英語の but not too much ma マ・ ノン・タント 英語の but not so much センプレ 常に 英語のalways クアジ あたかも~のように コン ~と共に 英語のwith センツァ ~なしで 英語のwithout アッラ 〜風に エ そして 英語のand エド イタリア語の接尾辞 [ ] 表記 読み 意味 備考 -イーノ 小さく イタリア語ので、語尾の母音を除いてこの接尾辞を付ける。 「小さい」、「少し」、「やや」の意味がある。 -イーナ -エット -エッタ -チェッロ -チェッラ -オーネ 大きく イタリア語の ()で、語尾の母音を除いてこの接尾辞を付ける。 「大きい」、「多く」、「非常に」の意味がある。 -イッシモ 最も イタリア語の最上級を作る接尾辞で、語尾の母音を除いてこの接尾辞を付ける。 「最も」、「非常に」の意味がある。 -イッシマ 関連項目 [ ] に関連の辞書項目があります。

次の