愛子 さま 大学。 愛子様の偏差値は本当に72?嘘でしょ?東大やハーバードに行くのか調査!

愛子さまと悠仁さま、入学報道で「明暗」くっきり

愛子 さま 大学

Contents• 文/編集部 18歳の誕生日を迎えられた愛子さまとその進学先 今月12月1日、愛子内親王は18歳のお誕生日を迎えられた。 来年3月には学習院女子高等科を卒業するが、4月からの進学先に大変な注目が集まっているが、現在多くの皇室ジャーナリストらの間で、学習院大学に内部進学される可能性が濃厚であるとみられているようだ。 「愛子さまの進学先としてこれまで数々の有名大学が候補として挙げられてきました。 内部進学のご決断には美智子さまのご意向も影響 愛子さまが内部進学を決断された背景には、雅子さまの 「慣れ親しんだ学び舎で、落ち着いた環境で学問に取り組んでほしい」というかねてからの想いが影響したといわれているが、また同時に美智子さまのご意向も強く影響したようだ。 ある皇室関係者は次のように語る。 「 去年の夏ごろから、雅子さまはしばしば愛子さまの進学先に関して、美智子さまにも相談されておりました。 また、その後に発生した悠仁さまの刃物事件などの影響もあり、やはり知っているご学友が多く在籍し、警備体制も整っている学習院大学の方が他大学より安心ではないか、といった結論に達せられたようです」(皇室関係者) 愛子さまの東大進学に反対される美智子さま こうして、美智子さまとの相談の結果もあり学習院への内部進学が決定したのだが、実は美智子さまが雅子さまへ 「愛子さまの内部進学」を勧められた真の意図は別のところにあるのではないか、と考える関係者もいる。 「確かなことは言えませんが」と前置きしたうえで、ある天皇家に近い皇室関係者は、美智子さまのお気持ちに関して次のように語った。 「美智子さまは、上皇陛下が生前退位され、皇室の中心から退かれて以降、実は その後皇室の中心的存在となった雅子さまや愛子さまに強い対抗心を抱かれているようなのです」(天皇家に近い皇室関係者) 実は少し以前「婦人公論」(2019年10月8日号)の読者アンケートで、 「あなたが注目している女性皇族はどなたですか? 」という質問に対して、 1位が雅子さま(56%)、2位が愛子さま(23%)、3位が美智子さま(10%)という結果が掲載されたことがある。 これからの皇室の中心的存在となられていく雅子さまと愛子さまのお二方で約8割を占めたことから、国民から愛され、大変な注目と尊敬を集めているという事実を美智子さまは心強く思われると同時に、やはり急激に国民からの関心を失っていったご自身の境遇に寂しさも感じられていたようだ。 「現在、その優れた知性とカリスマ性により、国民から大変な尊敬を集められている雅子さまとその一人娘である愛子さまですが、もしかすると、 美智子さまは、そんな愛子さまが日本の最高学府である東大に進学されることで、さらにその人気とカリスマ性の増大に拍車がかかることを懸念されたのかもしれません。 もちろん、学習院大学が愛子さまにとって落ち着いた環境で、安心して勉学に励まれることの出来る素晴らしい環境であることは事実ですが、美智子さまが愛子さまの進学先に学習院を勧められた理由には、そのように 愛子さまを東大に行かせたくないという思いがあったという可能性は否定できません」(同前) ある時、雅子さまが、愛子さまの進学先を相談された際に美智子さまは 「東大は皇族向きではありません」とハッキリ仰られたこともあるという。 美智子さまは、雅子さまや愛子さまのご活躍を大変心強くお感じになられると同時に、上皇后陛下という一線を退かれた立場から複雑な思いでその活動を眺められてもいるようだ。

次の

愛子さまが「ICU」ではなく「学習院文学部」を選ばれた“意味” 天皇陛下も「本人の意向を尊重」

愛子 さま 大学

Contents• 愛子さまの学力とご苦労 愛子さまは、2006年4月に 大学まで一貫教育の 学習院幼稚園に入園されています。 学習院は、皇族の為の学校と言っても過言ではないぐらいで、昭和天皇、今上天皇、皇太子さまなど歴代の皇族方が学習院大学を卒業されています。 2008年には、小学校はそのままエスカレーターで 学習院初等科へ進学されます。 愛子さまの学力は、小学校の頃から優秀で、 通知表は常にオール5で学年トップだったそうです。 国語が特にお好きだったようで、知らない言葉や漢字はご自身で辞典を開いて調べていらっしゃったようですよ。 数学が唯一苦手だったそうですが、そこは雅子さまが付きっきりで指導され、成績は5だったそうです! ただ、低学年の頃は愛子さまの周りは、皇室とお近づきになろうとする父兄の子供ばかりだったようで、苦労もされたようです。 更に2〜3年生の頃には、クラスに乱暴な男子生徒がおり、 怯えてしまい不登校になられる事もありました。 この頃は、勉強好きな愛子さまも勉強に集中することができず、成績は中の上ぐらいになっていたそうです。 この事はニュースでも報じられ、心配されましたが、愛子さまはこの状況を乗り越え、高学年の頃にはチェロやバスケットボールにも興味を持たれ、ご友人も増えて笑顔が戻られました。 2014年には学習院初等科を卒業され、 学習院女子中等科へ進学されます。 中等科時代は、勉強とスポーツに打ち込まれ、ご公務もこなされるなど精力的に活動をされていました。 2017年には学習院中等科を卒業され、発表された卒業文集の作文「世界の平和を願って」は、修学旅行で広島を訪れ原爆の悲劇を見て感じた平和を築いてゆく願いを綴り、多くの国民の感動を呼びました。 中等科をご卒業されてからは、エスカレーターで 学習院高等科へ入学されます。 2年生になられた2018年には、 7月22日〜8月9日までイギリスに短期留学をされました。 高校の海外研修プログラムで、ロンドン郊外のイートン校で英語教育を受けられ、ポーツマスやオックスフォードでは英国の文化を体験されました。 2018年10月現在、高等科の2年生として勉学に励まれています。 Sponsored Link 皇太子夫妻の大学進学の考え 愛子さまが、まだ初等科に通われていた頃、 皇太子ご夫妻は学習院以外への進学のお考えがあったといいます。 それは、 皇太子ご夫妻がともに海外の大学を卒業されている事が根底にあったようです。 皇太子さまは、 イギリス・オックスフォード大学へ留学され、その後のライフワークとなる水運史を学ばれました。 雅子さまは、 アメリカ・ハーバード大学に留学された才媛で、海外で学ぶことの重要性を理解されています。 愛子さまが将来、皇室外交を担うためにも、海外の文化を知ることも必要だとのお考えだったようです。 海外の大学進学への布石として、2018年のイギリスへ短期留学された可能性が高いと思われていました。 しかし、進路をおおよそ決める高校2年生のクラス選択では、どうも別の進路を選択されたようなのです。 高2のクラス選択から推察する進路 学習院高等科では、高校2年からは5クラスのうち2クラスに、学習院以外への大学への受験を希望する生徒が振り分けられるそうですが、 愛子さまはその2クラスに入らなかったそうです。 つまり、噂されていた雅子さまの母校である東大や上智、一橋、眞子さまが卒業され、現在、佳子さまが籍を置くICU(国際基督教大学)などの受験をやめて、 学習院大学への内部進学を決められた可能性が高いという事です。 学習院女子高等科では、約7割の生徒が内部進学で学習院大学に進み、外部の大学を受験するのは3割程度だと言われています。 中等科のときから愛子さまと仲のよかったお友達の多くは、他大学の医学部や獣医学部を受験されるそうですが、愛子さまが「内部進学を決断された背景」には、どうやら「 あの人」の一件があるようなんです。 進路決断の背景にあるもの 学習院大学への進学の決断の背景には、 「眞子さまと結婚が延期になった小室圭さんの一件」が影響を及ぼしているようなんです。 眞子さまと小室圭さんは、ICUのキャンパスで出会われましたが、小室圭さんの借金トラブルが報じられ、眞子さまのご結婚が延期になってしまいました。 もし学習院大学以外に進学された場合、愛子さまが同じような事に巻き込まれないとは言い切れません。 なので、歴代の皇族方が卒業されている学習院大学に進学すれば、皇族方を支えたいと考えているOB、OGの人脈も残っています。 関係者の間では『学習院で将来のお相手をお選びになれば安心だ』という声が多く聞かれるようになったようです。 宮内庁関係者の方も次のような見解を示しています。 雅子さまとしては、むしろ皇族の受入れ態勢がしっかりしている学習院のほうが、愛子さまが学生生活を送れるとお考えになったのでしょう。 愛子さまも、昨年は外国の要人と英語で懇談されるなど、皇族としてのご活動にもやりがいを見出されているように感じられます。 世界中の王族や要人も東京に集まりますから、皇太子さまや雅子さまと一緒に、愛子さまもご接遇のため、お出ましになるに違いありません。 皇室としても、絶対に小室さんのような事は起こしてはいけないと安全な道を選択したようです。

次の

愛子さまと悠仁さま、入学報道で「明暗」くっきり

愛子 さま 大学

文/編集部 愛子さま、学習院大学文学部にご進学 新型肺炎に揺れる日本。 皇室に於いても軒並み公務が中止となり、自粛の動きが続いている。 先月23日の天皇陛下お誕生日の一般参賀が取りやめられ、4月19日に予定されている「立皇嗣の礼」も中止に向けての方針が定まらない。 このような不安定な時勢ではあるが、今月22日には愛子さまが学習院女子高等科をご卒業され、4月には学習院大学文学部日本語日本文学科に進学されるという慶事も控えている。 昨年、天皇陛下が御即位されてからというもの、天皇ご一家がおそろいの姿を拝する機会が増えた。 愛子さまは今後、成年皇族となられてから公務も本格的に始動されていくとのことで、今からそのお姿を楽しみにする国民が多い。 あちらの3人は、親が親だから仕方ないです。 馬子と鹿子はICUに4年も通って、留学もしてるのに 拙い英会話くらいしかできないしね。 高い税金を使って、いったい何を学んできたの? 敬宮様は雅子皇后様の指導を受けて、外国の方とも 会話がお出来になるようですが。 一体この差は何なんだろうか? 馬子さんは、今崖っぷちの状態のようですが 秋家の方々からは、 危機感と言うものを感じることは出来ません。 秋夫婦は公務三昧だし、眞子さんはあの男とは来る日も来る日も 連絡を取り合っているし。 余りにも暢気すぎると思う。 その間にもあの男に、血税は垂れ流され続けていますよ秋さん。 破談と言う英断を下してくださいませ。 破談と言う朗報を、ずっとずっと待ち続けていますよ国民は。 何とかしてくれ、もうウンザリです。 早くから障害を公表していたら、 今とは比較にならないくらい、坊やは国民に愛されていたと思います。 幼児時代は、可愛らしい笑顔の子でした。 今は、抑圧生活のせいか、表情が歪んでいます。 そして、利発さが見られない代わりに、 女児への関心など、好色さの片鱗は覗いていると思います。 アーヤのみならず、平成さんも大正天皇も好色なのでその遺伝子を受け継いでいる子です。 これから僅か数年で第二次性徴を経て、青年となり、ヒゲ、スネ毛が生えて大人の男性になります。 あっという間です。 市井の少年だと、そろそろ母親に反抗する時期が訪れるわけですが、その時期が来ても来なくても、何だか心配で不穏な気持ちにさせられます。 鬼妃が息子の反抗期を上手く乗り越えられる気がしないし、 逆に反抗期が無いまま鬼妃の操り人形のまま大人になるのも気色悪い事です。 最悪の事態(同級生女子や女官へのセクハラ)が起きそうで怖い。 電車内の痴漢の動機はストレスからが多い。 敬宮殿下に追い付き追い越せでガリ勉させられているのでしょう? 本当に、障害持ちの、いち親王として生涯を送るのが、一番幸せだと思う。 なのに鬼妃の野望の手駒にされて不憫でならない。 でもその為の高齢出産で生まれてきたんだなあって思うと溜息しかない。 戦前の、女子に高等教育が許されていない時代 「帝国大学」は男子のみ入学。 昭和に入ると東北帝国大学はわずかに女子の入学を認めましたが、そのため文部省と喧嘩しました) 東京女子高等師範学校など女子高等師範学校は、唯一の実質的な女子の高等教育機関でした。 当時の女子にとっての東京帝国大学のような位置づけです。 戦後になって、性差別なく女子も大学に行くのが当たり前になり、それぞれの大学で、性別関係なく能力を発揮してゆくようになると かえって国立大学に女子大学がある意味は?、伝統というだけで女子大学であるのはおかしい、と風当たりが強くなり 性差別の象徴「男系男子」だから将来の天皇ということになっている悠仁さまの、箔付けに利用される身になったというのは、皮肉というか何というか。 親の過去の行いが子供の学舎選びに影響してるのでしょうね。 親が学校でやりたい放題やってしまった秋篠宮御夫妻…。 紀子様が論文発表数が少なくても忖度でお茶の水で博士号。 忖度で研究室を与えられ息子は忖度で無試験いわば裏口でお茶の水と…。 紀子様のみで他の研者は察して下さいと…。 さて中学までしかないのに高校はどこに裏口ですか? 学習院は両親と姉二人ともやらかしてるから入れてくれるかね~。 得意の大人の事情ですか紀子様 笑 後は悠仁様をいつ公の場で話をさせて御披露目するかですね。 個人的には出すタイミングを完全に失った気がしますが…。 なんならベルギー王室のようにありのままの彼を早めに世間に見せた方が正解だったのかなと。 その点愛子様は世間の心ない人達に障害児と疑われた時点でホームビデオを公開したり事あるごとに顔を出されていましたからね。 進学先に関してもしっきりと相談されて決めていると先々を見据えている。 国際基督教大でしたっけ? 神道の皇室がキリシタン大学じゃダメでしょ…。 まぁ~キリスト教大学に入っても礼拝はあっても信教は強制されませんが何の為の学習院か理解していたら学習院一択ですよ。

次の